3つ数えて目をつぶれ

映画と本の感想のみを綴ります。特に映画。ご連絡はhoto5now★yahoo.co.jp(お手数ですが★を@に変えてください)まで。

『楽園の世捨て人』

トーマス・リュダール著、木村由利子訳
 カナリア諸島のフエルテヴェントゥラ島。海辺に遺棄された車から、およそ三カ月の男の子の餓死死体が発見された。タクシー運転手兼ピアノ調律師のエアハートは、警察が事件をうやむやにしようとしていると知り、何かに掻き立てられるように事件の真相を調べ始める。
 舞台はカナリア諸島だが、優れた北欧ミステリに授与されるガラスの鍵賞受賞作。著者はデンマーク人で、主人公のエアハートはデンマークからスペインへの移住者なのだ。島ではどこか「よそ者」感ぬぐえないエアハートの立ち位置が、事件を探る探偵役としての視線に繋がっているように思った。しかしこの探偵役、あまりにも危なっかしい。1章に1回くらい、えっちょっと落ち着いて行動しては・・・とたしなめたくなるような突飛な行動に出る。その行動は絶対裏目に出るぞ!と読んでいて思うし実際負のスパイラルでエアハート自身にも収拾がつかなくなっているのだが、なぜそうしてしまうのか、という部分について具体的な説明はない。彼の推理や行動は、多分に「こうあってほしい」というフィルターがかかっているものだ。恋人たちには愛し合っていてほしい、母親は子供を愛しいつくしんでほしいと言うように。それは自己満足的なものでもあり、危なっかしい。彼は世捨て人のように生きているが、まだ悟りの境地には程遠く、失ったものを諦めきれず、未練たらたらなのだ。彼の未練に物語自体が引き回されているようだ。

『ラスト・ウェイ・アウト』

フェデリコ・アシャット著、村岡直子訳
 テッド・マッケイは脳腫瘍を苦に自殺を企てる。拳銃を頭にかまえた時、玄関の扉が激しく叩かれる。訪問者の男・リンチは、ある組織からテッドに依頼があると言う。その依頼内容とは、テッドと同じような自殺志願者を殺してほしいというものだった。
 テッドが奇妙な出来事にどんどん巻き込まれていく、と思ったらえっそっちのジャンル?!しかし更に読み進めるといややっぱりそっち?!という風に、どんどん変容していく小説で、先が気になり大変面白い。何を言ってもネタバレになりそうで困るなぁ。語りのレイヤーや伏線の置き方等複雑な部分もあり、何度もページを逆走して確認したりもしたのだが、その煩雑さも気にさせない、一種のノリの良さみたいなものがある。途中で登場してくるローラという女性の造形がなかなかよかった。野心家ではあるが、ちょっと専門バカみたいな所があり、駆け引きはするが悪女というわけではないという、紋切型ではない具体性がある。もっとも彼女に限らず、登場人物にしろその場の情景にしろ、描写は具体的でディティールが細かい。そんな中、テッドという人の個性はいまひとつ掴めないまま話が進む。しかしこれも作者の企みのうちだろう。最後まで気を抜けない。
 

『ラスト・ウィンター・マーダー』

バリー・ライガ著、満園真木訳
父親である殺人鬼ビリーを追い、連続殺人を阻止しようとするジャズは、トランクルームに閉じ込められ意識を失う。目覚めると、そばには2つの遺体。このままでは自分が容疑者になると考えたジャズは何とか脱出しようとする。一方ジャズのガールフレンド・コニーは、ビリーに捕えられていた。『さよなら、シアルキラー』『殺人者たちの王』に続く、3部作完結編。1作目、2作目以上にジャズは追い詰められており、彼が一線を越えてしまうのではないかとずっとハラハラさせられる。息苦しくスリリングなので、もう大変!そして終盤になるにつれ更に大変になる。ジャズは親のやったことも、いわゆる肉親の絆も否定していく。確かに親子は親子だが、それ以前に個人と個人であり、別の人間だ。それは、ジャズとコニーの関係にも言える。黒人であるコニーの父親は白人に対して不審感があり、ジャズとコニーの交際にもいい顔をしない。しかし、白人/黒人である以前にジャズはジャズで、コニーはコニーだ。あなたはあなただということ、人はそれぞれ個人であり、隷属したりくくられたりされなくていいんだということが、ジャズの葛藤を通して何度も語られているように思った。

『楽園のカンヴァス』

原田マハ著
2000年の日本。大原美術館の監視員、早川織絵は、突然ニューヨークのニューヨーク近代美術館との交渉役に抜擢される。彼女を指名したのはティム・ブラウン。1983年、ティムはスイスの富豪バイラーの屋敷に招かれる。織絵も新進気鋭の研究者として招かれていた。そこで見たのはアンリ・ルソーの大作「夢」と非常に似た作品だった。これはルソーの未発見作品なのか、それとも贋作なのか。バイラーは正しく真贋判定した者に作品を譲ると言い、手掛かりだという古書を読ませた。古書に記されたフィクションともノンフィクションともつかない物語が挿入されつつ、ティムが絵画の謎に迫っていく。キュレーターの仕事や美術館、日本における展覧会開催システムなど、実在の美術館や美術作品を交えたディティールが面白い。が、肝心の絵画の謎があんまり・・・。最後の方は後出しジャンケンみたいだった。ルソー作品の魅力の表現もどうも月並みでぱっとしない。ルソーについてそんなに詳しくない読者にはちょうどいいのかもしれないけど、多少美術を好む読者には物足りないのでは。そういえば著者の『キネマの神様』を読んだ時も、映画批評について同じようなことを思ったなぁ。
ギャラリー
最新コメント
アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ