3つ数えて目をつぶれ

映画と本の感想のみを綴ります。特に映画。ご連絡はhoto5now★yahoo.co.jp(お手数ですが★を@に変えてください)まで。

『ゆえに、警官は見護る』

日明恩著
 港区芝浦のマンション前で、重ねられた自動車タイヤの中に立たされた焼死体が発見された。更に西新宿、幡ヶ谷でも同様の死体が発見され、猟奇的な手口は世間の注目を集める。警視庁刑事総務課刑事企画第一係の潮崎警視はお目付け役の宇佐美、田上と共に捜査に参加する。一方、新宿署の留置所勤務になった武本は、深夜の歌舞伎町で酔って喧嘩になり拘留された男・柏木のことがひっかかっていた。
 シリーズ4作目だが、もしかすると今までの潮崎・武本シリーズの中で一番刑事ドラマっぽいかもしれない。今回主に捜査を行う(といっても周囲の目を盗んでグレーすれすれのものだが)のは潮崎。本人の風変りなパーソナリティと派手な背景ばかりが注目されるが、実は地道な捜査に耐える堅実さや目配りの確かさ(これが育ちのいいということなんだろうなと・・・)が十二分に発揮されている。今回は正に潮崎ターンと言ってもいいだろう。また、彼のお目付け役、しかし意外と潮崎以上に暴走しそうな傾向も見せる宇佐美がとてもいいキャラクターだった。彼の独自の合理性や正直さは、警察という保守的な組織とは明らかに相性が悪い。有能なので排除はされないが煙たがられる、それを恐れないハートの強さと我の強さ。潮崎とは別の方向性で手ごわいのだが、妙な所で素直で可愛くなってしまう。まだ警察という組織に染まりきっていない正木の「普通」さが2人のアクを中和しており、とてもいいトリオだった。
 事件の背後にあるものが誰かの悪意や欲望というわけではない(そういったものがないわけではないが、大元は違う)、運不運としか言いようがないものだ。そういうものによって個人の人生が取り返しのつかないものになってしまうということがやりきれない。世界の理不尽さに対する犯人の慟哭に対し同情しつつも、警官として真っすぐ対峙する潮崎らの姿が眩しい。

 
ゆえに、警官は見護る
日明 恩
双葉社
2018-11-21




やがて、警官は微睡る (双葉文庫)

日明 恩
双葉社
2016-02-10

『憂鬱な10か月』

イアン・マキューアン著、村松潔訳
 “わたし”は逆さまになって母親のおなかのなかにいる。美しい母親と詩人の父親は別居中だ。そして母親は父親の弟と浮気をしており、2人で父親を殺そうとしているらしい。
 巻末の解説でも言及されているように、胎児版ハムレットという一風変わった作品。ストーリーの主軸はハムレットのパロディだが、他のシェイクスピア作品からの引用も多々ある。語り手の“わたし”は胎児で外の世界を自分の目で見ているわけではないが、母親と父親や義弟との会話や周囲の物音、体を通して伝わってくる母親の感情から、外の世界のことをある程度知ってはいるし、冷静に周囲を観察している。語りが全く子供っぽくなく、思慮深さと成熟を感じさせる、どうかすると両親や叔父よりも全然大人な考え方をしているところがおかしい。とは言え音や皮膚感覚のみで世界を感知するには限界があり、本人大真面目なのに時々妙な誤解の仕方をしているあたりはユーモラスだ。彼の周囲で起きている事柄はありふれた安いメロドラマでありサスペンスなのだが、胎児の目と、彼のしごく真面目でもったいぶった語り口を通すことで、新鮮かつ陰惨だが滑稽な味わいになっている。

憂鬱な10か月 (新潮クレスト・ブックス)
イアン マキューアン
新潮社
2018-05-31


ハムレット (岩波文庫)
シェイクスピア
岩波書店
2002-01-16


『ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン』

ピーター・トライアス著、中原尚哉訳
 第二次大戦で日本とドイツが勝利し、アメリカ西海岸が日本の統治下にされた「日本合衆国」。検閲局に勤める石村大尉は、特高の槻野課員の訪問を受ける。彼女は石村のかつての上司である六浦賀将軍の行方を追っていた。高名なゲーム開発者だった六浦賀は、アメリカが戦争に勝利した世界を舞台とするゲーム「USA」を密かに開発し、アメリカ人抵抗組織に協力している疑いを掛けられていた。
 表紙絵の巨大ロボと口絵のコンセプトアートにはテンションが高まるが、実はこれ、表紙絵詐欺と言ってもいい。ロボは登場するが、それがメインというわけではないのだ。ロボが活躍するシーンの描写、そしてパイロットの言動には確かに熱くなるが・・・。本作はむしろフィリップ・K・ディック『高い城の男』を引き継ぐような歴史改変SFとして、所属する国と民俗に翻弄される人々を描いており、爽快感は薄い。むしろ息苦しく、悲観的だ。実際の戦中・戦後のアメリカでは日系人が迫害されたわけだが、本作では日本「以外の」血を持つ人たちが差別される。戯画的な「皇国」や日本軍の情景は露悪的でもあるが、どこの国であれ、軍国化すると似たり寄ったりな醜悪さを見せるものなのではとも思える。そして、自由と平等をうたうアメリカ人抵抗組織にしても、どこかファナティックで決して正義の味方的な描き方はされていない。もし彼らが権力を持ったら似たりよったりな醜悪さを見せるのではないかという、距離感がある。石村の行動の底にあったものが明らかになる最後のエピソードは、そういったイデオロギーや民族、国家を超えたところにあり、だからこそやりきれないのだ。
 なお、日本的な部分はむしろ、巻末の解説でも触れられているようにB級グルメ等の描写に色濃い。なぜそこにそんなに力を入れる?と首をひねったくらい。石村がB級グルメフードに対して妙に饒舌なのもそれっぽいなぁと思ったが、これは万国共通なのかな・・・。



高い城の男 (ハヤカワ文庫 SF 568)
フィリップ・K・ディック
早川書房
1984-07-31


『幽霊ピアニスト事件』

フレドゥン・キアンプール著、酒寄進一訳
ピアニストのアルトゥルは死んでから50年後の1990年代の世界になぜか蘇った。生きている人たちにも彼の姿は見えるし話も出来る。音楽大学の学生ベックの助けを得て、風変わりな学生たちと同居生活を始めるが、奇妙な出来事が相次ぎ、ついに殺人事件が起きる。自分と同じような死者が関わっていると気づいたアルトゥルは、犯人を探し始める。死者も生者も順応力がありすぎる!蘇ったアルトゥルが現状を理解するのはともかく、アルトゥルに自分は実は死者なんだと打ち明けられたベックがあっさり受け入れ、しかも住処を提供して友情が芽生えるまでの展開が速い!頭柔らかいなぁ。奇妙な味わいのミステリだが、現代のパートと、アルトゥルが生きていた第二次大戦中、ナチスの侵略が始まりつつあったフランスでのエピソードが交互に配置されており、徐々にアルトゥルがなぜ死んだのか、彼は何に負い目を感じているのかが明らかになる。これはアルトゥルだけでなく、あの時代の多くの人たちが負った負い目なのだろう。そして犯人が抱えた怒りも、あの時代に生きた一部の人たちが抱えていたもの(だからといって犯人の行動は正当化されないが)だろう。一見コミカルなのだが、ある時代の悲劇が背後にあり、色濃く影を落としている。最後、あっけなく終わるようにも見えるのだが、アルトゥルが蘇った理由はここにあったという潔さもある。

『雪と珊瑚と』

梨木香歩著
シングルマザーの珊瑚は赤ん坊の雪を抱え、どう働けばいいか途方に暮れていた。そんな折、「赤ちゃん、お預かりします」という張り紙を見かけ、年配女性くららに雪を預けることになる。親との縁が薄く他人に頼ることを知らなかった珊瑚が、徐々に周囲と関係を強めていく。珊瑚は何でも自分で何とかするのが当然という境遇で育ち、自立していると言えば自立しているが、その世界は狭く世間知らずでもある。彼女が少しずつ世界を広げていく様は成長物語のようでもある。ただ、彼女の生き方を本作は手放しで賞賛しているわけではない。肯定はしているが、彼女を否定する人もいるだろう、見方を変えればこう見えるだろうということをちらつかせる。珊瑚自身が、同情をかっているように見えるのではないか、「かわいそうだから応援しよう」的な接し方をされているのではないかと神経を使っている。彼女はそのように見られたくないし、施しは受けたくない。だからこそ頑なに一人でなんとかしようとしている(本作は、そこからいかに柔らかくなっていくかという話でもある)。しかしそれでも、そういうふうに見る人はいる。終盤、珊瑚は1通の手紙を受け取るのだが、これが強烈だ。ただ、珊瑚は反感買うだろうなと言うのはわからなくはない。真面目すぎる人、ストイックすぎる人が傍にいると、何となく自分が責められているような気分になる人もいるんじゃないかなー。

ギャラリー
最新コメント
アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ