3つ数えて目をつぶれ

映画と本の感想のみを綴ります。特に映画。ご連絡はhoto5now★yahoo.co.jp(お手数ですが★を@に変えてください)まで。

『模倣犯 犯罪心理捜査官セバスチャン(上、下)』

M・ヨート&H・ローセンフェルト著、ヘレンハルメ美穂訳
 在宅中の女性が手足を縛られ首をかき切られ殺害されるという、連続殺人事件が起きていた。その手口は、かつてセバスチャンとトルケルらが捕まえた連続殺人犯ヒンデのものに酷似している。しかしヒンデは服役中で、外で殺人を犯すのは不可能。模倣犯の仕業なのか?セバスチャンはある下心もあり強引に捜査に加わるが、被害者たちには彼も予想できなかったある共通項があった。
 犯罪心理捜査官セバスチャンシリーズ2作目。セバスチャンはあいかわらずのクズっぷりで、グループワークに強制参加させられたことを根に持ってカウンセラーにとんでもない仕打をする。そしてその行為が、彼を窮地に追いやっていく。予想できるはずがないとは言え、今回のセバスチャンの行動は概ね裏目に出ている。本来聡明なはずなのに、ある事情により目が曇っているとしか思えないし、彼の性格の弱さが際立つ部分が多い。そして1作目から続く仲間内でのマウント合戦にも拍車がかかっているのだった。
 本作、様々な形での相手を支配したい、影響を及ぼしたいという欲望が人間関係の中に満ちていて、あーそこには絶対混ざりたくない・・・って思わせられる。今回は犯人の真意自体がそういうものなのだ。サイコスリラーではなく警察もの(セバスチャンは民間人だけど、一応警察の捜査なので)でこういった欲望が前面に出ているのは、アメリカその他のヨーロッパ地域ではあまり見ないような・・・。北欧ミステリだと結構散見するので、地域性なのかな。フィクションに反映されるくらい問題視されているということなのかも。





『もう生まれたくない』

長嶋有著
震災が起きた年の夏、その翌年、翌々年。マンモス大学の医務室に勤務する春菜、同僚のシングルマザー美里、謎めいた清掃員の神子、大学講師の布田やその教え子である遊里奈や素成夫ら、様々な人たちと「死」の交錯を描く群像劇。
「死」と言っても、芸能人など著名人の訃報であったり、知り合いの知り合いくらいの距離感のある人の訃報であったり、ごく身近な人の訃報であったりと、その距離感は様々だ。人の死は殆どの場合突然訪れる。当人にとっても他人にとっても脈絡なく生じる。だからショックだし混乱するのだ。そして、死んだ人の時間がそこで止まってしまうにもかかわらず、他の人の時間は死者にこだわりがあろうとなかろうと否応なしに進む。その強制的な進み方が、死者の関係者にとってはきつい、しかし同時に強制的であるから若干気が楽になってくるという面もある。題名は「もう生まれたくない」だけど、決してそういう否応なしに時間が流れる感じが、ある年のある時点からふっと次の年のある時点へ、中間を割愛して移行する章立てで強調されている。
相変わらず実在の固有名詞や個人名の使い方が上手い。本作の場合は過去のある時代、「死んだ」ものへのほのかな懐かしみ(といってもその対象と深い関係があるわけでもないのだが。そういう身勝手な郷愁ってあると思う)を感じさせる。

もう生まれたくない

長嶋 有
講談社
2017-06-29


問いのない答え (文春文庫)



長嶋 有
文藝春秋
2016-07-08

『亡者のゲーム』

ダニエル・シルヴァ著、山本やよい訳
 イタリアのコモ湖でイギリス人男性が殺された。男性は美術品密売にかかわっていると噂されていた元スパイ。国家治安警察から密かに捜査協力を頼まれたイスラエルの諜報機関員で絵画修復士でもあるガブリエルは、美術品密売ビジネスの裏に、ある独裁者の存在を嗅ぎつける。
 主人公が凄腕の元スパイであり絵画修復士としても腕利き、しかも妻も凄腕の現役(休職中だが)スパイというところがユニーク。美術の世界とスパイの世界とをリンクさせていくシリーズらしく、スパイ仲間や殺し屋の他にも美術品専門の泥棒や贋作家等、キャラクターのバラエティが豊か。前半はガブリエルが協力者を集めプランを立て実行していくという、ミッション遂行もののわくわく感がある。しかし、ある独裁者が事件の裏にいるとわかってからは、雰囲気はぐっと重くなる。1人の女性が背負うものが重すぎて、そちらに引きずられていくのだ。彼女が背負うものは、ある国が背負う悲劇でもある。ガブリエルは彼女を守ろうとするが、そこにすっきりしないものを感じるのは、彼もまたある国を背負っているからか。はたから見たら、どっちもどっちとなりかねないんじゃないかな(独裁は独裁でひどいんだけど、解決方法は結局暴力に帰結しそうなので)という危うさもあるのだが。

『もう過去はいらない』

ダニエル・フリードマン著、野口百合子訳
88歳のバック・シャッツは元メンフィス署の有名刑事。しかし老齢には勝てず、妻と共に老人ホームに入居することになった。老人扱いされることにもホームの方針にもうんざりしていたバックだが、78歳でバックとは因縁の仲の元銀行強盗イライジャが彼を訪ねてくる。命を狙われている、警察に保護してもらいたいというのだ。バックはイライジャは何かを企んでいると確信するが。『もう年はとれない』に続く、バック・シャッツシリーズ第2作。前作は孫と一緒に右往左往していて、ミステリとしては若干素っ頓狂な印象だったが、今回は謎解きもわりと堅実(笑)。同時に、バックの老いは更に進んでおりしかも満身創痍。バックは長年の経験と人脈を駆使してなんとか立ち向かっていくが、物忘れが頻繁だったり体が自由に動かなかったりともどかしい。老いていく状況のもどかしさがより切実だった。題名は「もう過去はいらない」と勇ましいのだが、バックもイライジャも、形は違えど過去を捨てて生きることはできず、おそらく死ぬまで縛られていく。その哀感も強く感じられた。

『もう年はとれない』

ダニエル・フリードマン著、野口百合子訳
元刑事で87歳になるバック・シャッツの元に、第二次大戦での戦友が臨終の床におり会いたがっていると連絡が入る。戦友は、ユダヤ人収容所でバックを痛めつけた将校が生きているかもしれない、その将校は金の延べ棒を隠し持っていると告げる。鵜呑みにはできなかったバックだが、金の延べ棒のことを嗅ぎつけ付きまとうやつらが出てくるのだった。ミステリとしては、ナチスの隠し財産が出てきたところで大分荒唐無稽なコメディっぽくなっちゃうのだが、年をとったというのはこういう感じなのか、といちいち納得させるバックの言動に味がある。自分の体の不調等より、妻の老い、彼女を失う日が近いのではという恐怖の方に、より「老い」を実感させるものがあるのだ。バックは実際に自分の祖父だったらかなり鬱陶しいしカチンときそう(なにしろ昔ながらのマッチョな方なので)だが、粘りに粘り、「不愉快な老人」であることを恐れない姿はある意味筋が通っている。

ギャラリー
最新コメント
アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ