3つ数えて目をつぶれ

映画と本の感想のみを綴ります。特に映画。ご連絡はhoto5now★yahoo.co.jp(お手数ですが★を@に変えてください)まで。

『メインテーマは殺人』

アンソニー・ホロヴィッツ著、山田蘭訳
 資産家の老婦人が、自身の葬儀の打ち合わせをした直後に自宅で殺害された。彼女は死を予感していたのか?“わたし”こと作家のホロヴィッツは、ドラマの脚本執筆に協力してもらったことがある元刑事ホーソーンから、自分がこの事件を捜査するから取材して本にしないかと話を持ち掛けられる。傲慢なホーソーンとはうまが合わないものの、事件の不可解さに惹かれて執筆を引き受けるが。
 『カササギ殺人事件』で小説家としても高評価された著者だが、元は(今も)脚本家。本作には、ホロヴィッツがワトソン役で登場するというと同時に、ホロヴィッツが手掛けたドラマの題名や出演俳優の名前も次々と出てくる。また、ドラマ・映画界の住民がワトソン役なので、映像作品の制作にまつわる小ネタがふんだんにあるのも楽しい。あのビッグネーム映画監督2名が実名で登場するのには笑ってしまった(作中でこの2人が取り組んでいる作品は日本では興行大コケでしたが…)。そしてミステリーとしては、クリスティへのオマージュ、パロディがベースにあった『カササギ~』よりもよりスタンダードな本格。著者(と同名の人物)が語り手で実在の人物の名前が出てくるという変化球はあっても、複線の敷き方や犯人特定の道筋は、まさに犯人当ての王道。1冊で完結しているというのも好感度高い。
 探偵役のホーソーンは人としては少々不愉快、謎が多くしかし捜査官としては有能という癖のあるキャラクター。やはり探偵は癖があるキャラなのが王道か。ワトソンがほどよく抜けているのも王道。

 
メインテーマは殺人 (創元推理文庫)
アンソニー・ホロヴィッツ
東京創元社
2019-09-28


シャーロック・ホームズ 絹の家 (角川文庫)
アンソニー・ホロヴィッツ
KADOKAWA/角川書店
2015-10-24


 

『夫婦善哉 正続』

織田作之助著
豊かな商家「ぼんぼん」だった柳吉と、てんぷら屋の娘として生まれ芸者になった蝶子は所帯を構える。柳吉はふらふらと遊んでばかりで蝶子が芸者で稼ぎ、やがて商売を始めるが。他、主に戦中期の代表作を収録した中短編集。岩波文庫版で読んだ。
「おっさん」「おばはん」と呼び合い喧嘩が絶えないが別れることもできず、住まいと商売を転々としていく。とにかく商売を始めてはつぶし、また始めてはつぶし、その折々で柳吉が浮気するという繰り返し。このループのみで小説が成立してしまっているというのも何だかすごい。ループするうちに不思議なグルーヴ感が生まれてくるのだ。構成に締りがないようでいて、だらだら続くこと自体が小説の駆動力になっている。ずっとお金の話と夫婦の愚痴が続いているような話なのになぁ・・・。柳吉のだらしなさ、流されやすさには、こんな男とは絶対付き合いたくないと思うが、この夫婦のどこにでも流れて生きていける感じはちょっとうらやましい。少ないお金で生活していける時代だったというのもあるんだろうけど、土地にも商売の種類にも拘らずどんどん転がり続けるタフさというか、性懲りのなさがある。他の作品もとかくお金、お金なのだが不思議と息苦しくない。上に這い上がれない人には這いあがれない人なりの人生が用意されているからか。


夫婦善哉 正続 他十二篇 (岩波文庫)
織田 作之助
岩波書店
2013-07-18

夫婦善哉 [DVD]
森繁久弥
東宝
2005-02-25


ギャラリー
最新コメント
アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ