3つ数えて目をつぶれ

映画と本の感想のみを綴ります。特に映画。ご連絡はhoto5now★yahoo.co.jp(お手数ですが★を@に変えてください)まで。

本・題名は行

『花木荘のひとびと』

髙森美由紀著
 盛岡市、北上川沿いにある小さなアパート、花木荘。1階に入居している志村こはくは買い物依存症気味で、部屋は荷物で崩壊状態。急に父親が訪ねてくることになり焦っているところを、管理人のトミと2階に入居している時計屋の青年に助けられる。
 花木荘を入居者3人が主人公となる連作短編集。3人とも全然タイプの違う人たちなのだが、人間関係に不器用で自分の感情の処理も苦手。どこか自分の人生、家族に対して負い目がある。そんな人たちがちょっとしたきっかけで交流し、徐々にこわばっていたものがほぐれていく。劇的に何かが変わるわけではないが、そっと背中を押してくれるものがあるのだ。じんわりと心温まる、月並みと言えば月並みなのだが生きることの寂しさが底辺にあるように思う。この生活も人の命もいつか終わるという予感が常にあるからか。


2017-12-14


東南角部屋二階の女 (通常版) [DVD]
西島秀俊
トランスフォーマー
2013-12-25


『爆発の三つの欠片(かけら)』

チャイナ・ミエヴィル著、日暮雅道・嶋田洋一・市田泉訳
 新しい広告やパフォーマンスとして定着した“爆発”を描く表題作をはじめ、ロンドン上空に氷山が出現する『ポリニア』、新しい形状の“死”が観測されるようになった『<新死>の条件』など短編28編を収録。
 ショートショート的なものも含むとは言え28編て多すぎないか?ミエヴィルの長編は練りに練って構築したという印象だけど、短編だとわりと走り書き(とか言うと怒られそうだけど・・・)的、イメージのスケッチ的な書き方のものもあって、これはこれで新鮮だった。映画予告編の脚本を模した作品もあり、ここからどのように膨らむんだろうと想像させる。ミエヴィル作品って具体的に描けば描くほど何を描いているのかわからなくなってくるところがあるな・・・。
 また、SFというよりもファンタジー、怪奇譚的なものが多いのは意外だった。バカンス先の田舎で奇妙な声を聞くようになるという『ゼッケン』はもろに呪いものホラーと言えるだろう。相手かまわず呪ってくるところが実にホラーだ。間借り人の様子がどこかおかしくなる『ウシャギ』も、呪術的な要素が色濃い。作品のクオリティがまちまちなのだが、『ポリニア』『<蜂>の皇太后』『祝祭のあと』あたりがバランスがいい。個人的に好きなのはこれコントだろ!と突っ込みたくなった『恐ろしい結末』、怪獣映画的な『コヴハイズ』。最後に収録された『デザイン』も端正で良い。そして漂うブロマンス感。




ジェイクをさがして (ハヤカワ文庫SF)
チャイナ ミエヴィル
早川書房
2010-06-30


『俳優探偵 僕と舞台と輝くあいつ』

佐藤友哉著
売れない若手俳優の「僕」麦倉は、2.5次元舞台『オメガスマッシュ』のオーディションに落ちる。舞台初日、同期の俳優・水口が主演としてスポットライトを浴びていた。しかし上演中、キャストの1人が突然舞台上から姿を消してしまうという不可解な事件が起きる。
実際に謎を解くのは麦倉のひきこもりの友人で、麦倉は探偵というよりも、謎を見出す係と言った方がいい。本作、というか麦倉のユニークさは、事件を探るというよりも事件を勝手に見出してしまう所にある。見出してしまうのにはそれが見たいという願望が混じっているからで、だから彼は探偵にはなれないのだ。その「なれなさ」は俳優としていまひとつ伸び悩んでいる原因でもあるだろう。特に2.5次元ジャンルでは。2.5次元演劇に対する麦倉の屈折と自己正当化は実に若く、甘っちょろさに苦味も混じった青春感がほとばしっている。中途半端な才能って、才能が全然ないよりもしんどいのかもなぁ。




『僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう』

山中伸弥・羽生善治・是枝裕和・山際壽一・永田和宏著
 京都産業大学での講演・対談シリーズ「マイ・チャレンジ一歩踏み出せば、何かが始まる!」を文字起こししたもの。各分野で既に「何者」かになった山中伸弥・羽生善治・是枝裕和・山際壽一に、細胞生物学者で歌人の永田和宏(当時は京都産業大学教授)が聞く。
 対談をした4人は既にその道の大家と言ってもいい存在だが、駆け出しの頃には五里霧中で手さぐりだった頃もある(羽生さんはあんまりそういう感じではないんですが・・・)。未知の領域に踏み出すことを躊躇しがちな今の学生たちの背中を押したいという意図で企画された対談だが、むしろ、今すごいことになっている人はやっぱり若い頃からすごかったということを突き付けられた気がする(笑)。なるべくして今のポジションにいるので、学生たちの参考になるかというと、正直あまりならないのでは。とは言え、各分野の第一線にいる人たちによる対談としてはとても面白いので、一読の価値はある。山際先生のお話は、先生のキャリア変遷云々というよりもゴリラ研究内容がすごく面白くて、むしろ全編ゴリラで!と思っちゃった(笑)。
 ただ、全員に共通しているのは、何かを始める時の思いきりの良さというか、先をそれほど考えずにえいやっと飛び込める所。これは(突出した才能有無に関わらず)生きていく上で結構大事だよなと思う。私には欠けている資質なので、ちょっと我が身を省みて辛くなりましたね・・・。



現代秀歌 (岩波新書)
永田 和宏
岩波書店
2014-10-22

『白骨 犯罪心理捜査官セバスチャン』

M・ヨート&H・ローセンフェルト著、ヘレンハルメ美穂訳
 トレッキング中の女性が山中で白骨死体を発見した。掘り起こされた遺体は6体。頭蓋骨に銃弾があり、他殺と見られる。トルケル率いる殺人捜査特別班は、犯罪尻学者のセバスチャンを伴い、現地に赴いた。一方、移民の女性シベカは夫の失踪の真実に関する手がかりを求め続けていた。
 (物語の都合上)どこかに繋がりがあるはず、でもどういう形で繋がるのか?という謎の提示で引っ張る。シリーズ1,2作目とは事件の背景、方向性は大分異なるが、より今の時代ならではの事件と言える。これは、トルケルらにしてみたら憤懣やるかたないというか、納得できないよな・・・。そして事件はさておきセバスチャンの暴走には拍車がかかっている。ある願望で目がくらみ、理性がおろそかになっているのだ。本作には彼の他にも理性がおろそかになっている人、判断力が鈍っている人がちらほら(どころではなく)登場し、やはり暴走、ないしはちょっと調子をおかしくしていく。彼らの根っこにあるのは孤独と自己顕示欲、必要とされたいという切実さではないか。これ、この先どうするのよ・・・というすごい終わり方をするので唖然。ここで終わるか!




『犯罪心理捜査官セバスチャン(上、下)』

M・ヨート&H・ローセンフェルト著、ヘレンハルメ美穂訳
 心臓をえぐりとられた少年の死体が発見され、トルケル・ヘーグルンド率いる国家刑事警察の殺人捜査特別班に救援要請が出された。4人の敏腕捜査官の元にトルケルの判断により合流したのは、犯罪心理捜査官のセバスチャン・ベリマン。有名かつ有能な心理学者で著作も多々あるセバスチャンだが、自己顕示欲が強く他人を見下し、セックス依存症という厄介者だった。
 前述のようにセバスチャンは自己顕示欲が強くて(女たらしであるということを割愛しても)面倒くさい男なのだが、本作に登場する主要な人たちは概ね自己顕示欲が強い。特に鑑識官のウスルラと刑事のヴァニヤにはその傾向が顕著だ。なまじ優秀な人たちなので他人からコケにされることが許せない、でも他人をコケにし見下すことには抵抗がない(というか無意識)という、セバスチャンに通じる厄介さを持つ。全編敵味方問わずマウンティング合戦が繰り広げられるのだ。事件本筋よりむしろそこが怖いよ!一緒に働きたくない!能力ないのにマウンティングに乗り出してくるうっかりさんもいるしな・・・。そして最後に驚愕の事実が明らかになり次作への引きもばっちり。著者チームは元々ドラマ脚本家だそうで、納得。




『母の記憶に』

ケン・リュウ著、古沢嘉通他訳
 不治の病にかかった母は、できるだけ長い間娘を見守る為ある選択をするが、それは娘と母とを隔てていくものでもあった。表題作を始め、ケン・リュウ版『羆嵐』とでもいうべき(しかし更にひねりのある)『烏蘇里羆』、疑史小説であり歴史の語り直しのような『草を結びて環を銜えん』『訴訟王と猿の王』『万味調和 軍神関羽のアメリカでの物語』、SFハードボイルド『レギュラー』(かっこいい!)、SFネタとして王道な『シミュラクラ』『パーフェクト・マッチ』など、16篇を収録した短編集。
 実に多作!短編を量産する一方で長編もばんばん書いてるもんなー。本作では表題作が短いながらもやはり印象深い。親が先に死ぬというのは自然なことではあるが、その一方でいつまでも若々しく元気な姿でいてほしい、自分より先に死んでほしくないという気持ちが(私には)ある。なのでこの作品の母親の行為は愛として受け止められるけど、これが気持ち悪い、非常に違和感を感じるという人も絶対いると思う。その気持ち悪さ、違和感を逆に前面に出したのが『シミュラクラ』だろう。愛故の行為が親と子を逆に隔てていく。親と子、世代と世代の狭間を描く作品が印象に残る短編集だった。そういった作品や時代小説的なものとは一風違うが、最後に収録された『『輸送年報』より「長距離貨物輸送飛行船」』が一番好き。大きなドラマがあるわけでもなく、飛行船とその内部、そして操縦士夫婦の生活描写に終始しているのだが、人と人との普遍的な関わりに言及されている。機械の細部の描写も魅力。





『本屋、はじめました 新刊書店Title開業の記録』

辻山良雄著
 2016年、東京・荻窪に新刊書店「Title」を開業した著者。元はリブロの社員として各地の書店に勤務し、店舗運営、イベント企画などを担ってきたいわゆる名物書店員だった著者が、なぜ書店経営に踏み切り、どのような過程で店が出来上がってきたのかを綴る。
 著者は書店員を経て書店経営を始めたわけだが、書店以外でも、「自分の店」を始める時ってこういう感じなんだなと、大変面白かった。ある仕事のルポとしてはもちろん、今、自営の店をやっている人、これから始めたい人の参考にもなるのではないかと思う。なんと巻末に事業計画書と開店初年度の営業成績表も掲載するという太っ腹。特に事業計画書をあらかじめ作っておいたということで、銀行からの貸付にしろ不動産賃貸契約にしろ、有利になる部分が大きかったそうだ。本文の中でも具体的なお金の話が結構出てくるので、大体こういう感じなんだなというイメージがつかみやすいし参考になる(支払のタイミングのずらし方とか、出版業界ならではなのかもしれないけどなるほどなと。図書カードでの支払いがどういう扱いになっているのか、最近よく見るiPadを使ったレジシステムのコストはどのくらいかなど、色々新鮮)。著者はあくまで自分の経験として綴っているが、文体のごくごく抑えたトーンといい、客観性が高く読みやすい。言うまでもなく書店というジャンルは厳しい状況にある。その中で今、個人で出店するのはなぜか、「良い書店員」とはどんな存在か、本作を通して見えてくるように思う。
 なお、Titleの棚は見応えがある。読書好きならどこかしら訴えかけられるものがあると思うし、明らかに力のある書店員が作っているとわかる。近くにいらした方はぜひ立ち寄ってお買いものしてほしい。



善き書店員
木村俊介
ミシマ社
2013-11-13


『プルーストと過ごす夏』

アントワーヌ・コンパニョン、ジュリア・クリステヴァ他著、國分俊宏訳
プルーストの『失われた時を求めて』を、8人の筆者がそれぞれの切り口で解説する。テーマは個々の登場人物であったり、時間であったり、芸術であったりと様々。
8人はいずれもプルーストの熱心な読者で、研究書の出版や映像作品の製作を手掛けたいわば手練れだが、意外なほど読みやすく平易な書き方になっている。本作に掲載された内容は、元々、ラジオ番組(「~と過ごす夏」という教養番組シリーズがあるそうだ)の為の講演内容だそうで、間口は広く設定してある。プルーストというとどうも敷居が高いし、そもそも『失われた時を求めて』を完読したわけでもないし・・・としり込みしていたが、本作はむしろまだ読んでいないけどちょっと興味があるという人、今読んでいる途中だという人にお勧めしたくなる。『失われた~』の研究、批評というよりも、この作品にはこういう魅力がありますよ、プルーストはこういう意図を込めているんですよというナビゲーションとして機能している。私は『失われた~』は光文社古典新訳文庫で読んでいる為に、まだ読みかけなのだが、早く続きを読みたくなった。プルーストがちょっと身近に感じられる。特にプルーストの読書についての言及は、深く納得がいくもの。彼は読者、鑑賞者としても優れていたんだろうなとわかるのだ。

プルーストと過ごす夏
アントワーヌ・コンパニョン
光文社
2017-02-16


『羊飼いの暮らし イギリス湖水地方の四季』

ジェイムズ・リー・バンクス著、濱野大道訳
 イギリス湖水地方で600年以上続く羊飼い一族に生まれ、。オックスフォード大学を卒業後、家業を継いだ著者。1年を通した羊飼いの仕事、伝統的な飼育法と現代のテクノロジーとの兼ね合い、そして湖水地方の四季を語る1冊。
 湖水地方というと美しい自然、伝統的な生活というイメージで見てしまう。でも現地で実際に「伝統的な生活」をしている人からすると、外野が何自然保護とか言ってるんだよ!って話なんだよなぁ。著者の言葉からは、代々の住民の暮らしの場としての湖水地方と、ツーリストにとっての湖水地方のギャップが見えてくる。そこで暮らす人にとっての自然保護と、国や自然保護団体にとっての自然保護は必ずしも一致しないのだ。ツーリストたちが湖水地方を自分たちが発見したもののように扱うのは、元々住んでいる人にとってはやはり奇妙なものだろう。
 著者は幼い頃から羊飼いになるつもりで、学校も途中でドロップアウトした。しかし祖父の引退により父親との関係がぎくしゃくしはじめたことがきっかけで、文学の世界に興味を持ち、オックスフォード大学に進学(学校への不適応や文字を書くことの困難さへの言及からすると、多少発達障害的な部分のある人なのかなという気もする)したという紆余曲折のあるキャリアを経ている。本作、羊飼いの仕事や湖水地方の自然の描写はもちろん面白いのだが、著者と祖父、父親との関係を追う、ビルドゥクスロマンとしての側面もある。祖父という絶対的な親愛と尊敬の対象がいたことで、父親との関係が更に拗れていくのがわかるし、著者本人にもその自覚がある。文学という(家族とは共有しない)自分の世界が出来たこと、進学により一旦家業と距離を置いたことで関係が修復されていくというのは、親子関係のあり方として何かわかる気がする。どこかの時点で自分の核を作るスペースが必要なんだろうなと。

羊飼いの暮らし イギリス湖水地方の四季
ジェイムズ リーバンクス
早川書房
2017-01-24






ギャラリー
最新コメント
アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ