3つ数えて目をつぶれ

映画と本の感想のみを綴ります。特に映画。ご連絡はhoto5now★yahoo.co.jp(お手数ですが★を@に変えてください)まで。

本・題名は行

『白骨 犯罪心理捜査官セバスチャン』

M・ヨート&H・ローセンフェルト著、ヘレンハルメ美穂訳
 トレッキング中の女性が山中で白骨死体を発見した。掘り起こされた遺体は6体。頭蓋骨に銃弾があり、他殺と見られる。トルケル率いる殺人捜査特別班は、犯罪尻学者のセバスチャンを伴い、現地に赴いた。一方、移民の女性シベカは夫の失踪の真実に関する手がかりを求め続けていた。
 (物語の都合上)どこかに繋がりがあるはず、でもどういう形で繋がるのか?という謎の提示で引っ張る。シリーズ1,2作目とは事件の背景、方向性は大分異なるが、より今の時代ならではの事件と言える。これは、トルケルらにしてみたら憤懣やるかたないというか、納得できないよな・・・。そして事件はさておきセバスチャンの暴走には拍車がかかっている。ある願望で目がくらみ、理性がおろそかになっているのだ。本作には彼の他にも理性がおろそかになっている人、判断力が鈍っている人がちらほら(どころではなく)登場し、やはり暴走、ないしはちょっと調子をおかしくしていく。彼らの根っこにあるのは孤独と自己顕示欲、必要とされたいという切実さではないか。これ、この先どうするのよ・・・というすごい終わり方をするので唖然。ここで終わるか!




『犯罪心理捜査官セバスチャン(上、下)』

M・ヨート&H・ローセンフェルト著、ヘレンハルメ美穂訳
 心臓をえぐりとられた少年の死体が発見され、トルケル・ヘーグルンド率いる国家刑事警察の殺人捜査特別班に救援要請が出された。4人の敏腕捜査官の元にトルケルの判断により合流したのは、犯罪心理捜査官のセバスチャン・ベリマン。有名かつ有能な心理学者で著作も多々あるセバスチャンだが、自己顕示欲が強く他人を見下し、セックス依存症という厄介者だった。
 前述のようにセバスチャンは自己顕示欲が強くて(女たらしであるということを割愛しても)面倒くさい男なのだが、本作に登場する主要な人たちは概ね自己顕示欲が強い。特に鑑識官のウスルラと刑事のヴァニヤにはその傾向が顕著だ。なまじ優秀な人たちなので他人からコケにされることが許せない、でも他人をコケにし見下すことには抵抗がない(というか無意識)という、セバスチャンに通じる厄介さを持つ。全編敵味方問わずマウンティング合戦が繰り広げられるのだ。事件本筋よりむしろそこが怖いよ!一緒に働きたくない!能力ないのにマウンティングに乗り出してくるうっかりさんもいるしな・・・。そして最後に驚愕の事実が明らかになり次作への引きもばっちり。著者チームは元々ドラマ脚本家だそうで、納得。




『母の記憶に』

ケン・リュウ著、古沢嘉通他訳
 不治の病にかかった母は、できるだけ長い間娘を見守る為ある選択をするが、それは娘と母とを隔てていくものでもあった。表題作を始め、ケン・リュウ版『羆嵐』とでもいうべき(しかし更にひねりのある)『烏蘇里羆』、疑史小説であり歴史の語り直しのような『草を結びて環を銜えん』『訴訟王と猿の王』『万味調和 軍神関羽のアメリカでの物語』、SFハードボイルド『レギュラー』(かっこいい!)、SFネタとして王道な『シミュラクラ』『パーフェクト・マッチ』など、16篇を収録した短編集。
 実に多作!短編を量産する一方で長編もばんばん書いてるもんなー。本作では表題作が短いながらもやはり印象深い。親が先に死ぬというのは自然なことではあるが、その一方でいつまでも若々しく元気な姿でいてほしい、自分より先に死んでほしくないという気持ちが(私には)ある。なのでこの作品の母親の行為は愛として受け止められるけど、これが気持ち悪い、非常に違和感を感じるという人も絶対いると思う。その気持ち悪さ、違和感を逆に前面に出したのが『シミュラクラ』だろう。愛故の行為が親と子を逆に隔てていく。親と子、世代と世代の狭間を描く作品が印象に残る短編集だった。そういった作品や時代小説的なものとは一風違うが、最後に収録された『『輸送年報』より「長距離貨物輸送飛行船」』が一番好き。大きなドラマがあるわけでもなく、飛行船とその内部、そして操縦士夫婦の生活描写に終始しているのだが、人と人との普遍的な関わりに言及されている。機械の細部の描写も魅力。





『本屋、はじめました 新刊書店Title開業の記録』

辻山良雄著
 2016年、東京・荻窪に新刊書店「Title」を開業した著者。元はリブロの社員として各地の書店に勤務し、店舗運営、イベント企画などを担ってきたいわゆる名物書店員だった著者が、なぜ書店経営に踏み切り、どのような過程で店が出来上がってきたのかを綴る。
 著者は書店員を経て書店経営を始めたわけだが、書店以外でも、「自分の店」を始める時ってこういう感じなんだなと、大変面白かった。ある仕事のルポとしてはもちろん、今、自営の店をやっている人、これから始めたい人の参考にもなるのではないかと思う。なんと巻末に事業計画書と開店初年度の営業成績表も掲載するという太っ腹。特に事業計画書をあらかじめ作っておいたということで、銀行からの貸付にしろ不動産賃貸契約にしろ、有利になる部分が大きかったそうだ。本文の中でも具体的なお金の話が結構出てくるので、大体こういう感じなんだなというイメージがつかみやすいし参考になる(支払のタイミングのずらし方とか、出版業界ならではなのかもしれないけどなるほどなと。図書カードでの支払いがどういう扱いになっているのか、最近よく見るiPadを使ったレジシステムのコストはどのくらいかなど、色々新鮮)。著者はあくまで自分の経験として綴っているが、文体のごくごく抑えたトーンといい、客観性が高く読みやすい。言うまでもなく書店というジャンルは厳しい状況にある。その中で今、個人で出店するのはなぜか、「良い書店員」とはどんな存在か、本作を通して見えてくるように思う。
 なお、Titleの棚は見応えがある。読書好きならどこかしら訴えかけられるものがあると思うし、明らかに力のある書店員が作っているとわかる。近くにいらした方はぜひ立ち寄ってお買いものしてほしい。



善き書店員
木村俊介
ミシマ社
2013-11-13


『プルーストと過ごす夏』

アントワーヌ・コンパニョン、ジュリア・クリステヴァ他著、國分俊宏訳
プルーストの『失われた時を求めて』を、8人の筆者がそれぞれの切り口で解説する。テーマは個々の登場人物であったり、時間であったり、芸術であったりと様々。
8人はいずれもプルーストの熱心な読者で、研究書の出版や映像作品の製作を手掛けたいわば手練れだが、意外なほど読みやすく平易な書き方になっている。本作に掲載された内容は、元々、ラジオ番組(「~と過ごす夏」という教養番組シリーズがあるそうだ)の為の講演内容だそうで、間口は広く設定してある。プルーストというとどうも敷居が高いし、そもそも『失われた時を求めて』を完読したわけでもないし・・・としり込みしていたが、本作はむしろまだ読んでいないけどちょっと興味があるという人、今読んでいる途中だという人にお勧めしたくなる。『失われた~』の研究、批評というよりも、この作品にはこういう魅力がありますよ、プルーストはこういう意図を込めているんですよというナビゲーションとして機能している。私は『失われた~』は光文社古典新訳文庫で読んでいる為に、まだ読みかけなのだが、早く続きを読みたくなった。プルーストがちょっと身近に感じられる。特にプルーストの読書についての言及は、深く納得がいくもの。彼は読者、鑑賞者としても優れていたんだろうなとわかるのだ。

プルーストと過ごす夏
アントワーヌ・コンパニョン
光文社
2017-02-16


『羊飼いの暮らし イギリス湖水地方の四季』

ジェイムズ・リー・バンクス著、濱野大道訳
 イギリス湖水地方で600年以上続く羊飼い一族に生まれ、。オックスフォード大学を卒業後、家業を継いだ著者。1年を通した羊飼いの仕事、伝統的な飼育法と現代のテクノロジーとの兼ね合い、そして湖水地方の四季を語る1冊。
 湖水地方というと美しい自然、伝統的な生活というイメージで見てしまう。でも現地で実際に「伝統的な生活」をしている人からすると、外野が何自然保護とか言ってるんだよ!って話なんだよなぁ。著者の言葉からは、代々の住民の暮らしの場としての湖水地方と、ツーリストにとっての湖水地方のギャップが見えてくる。そこで暮らす人にとっての自然保護と、国や自然保護団体にとっての自然保護は必ずしも一致しないのだ。ツーリストたちが湖水地方を自分たちが発見したもののように扱うのは、元々住んでいる人にとってはやはり奇妙なものだろう。
 著者は幼い頃から羊飼いになるつもりで、学校も途中でドロップアウトした。しかし祖父の引退により父親との関係がぎくしゃくしはじめたことがきっかけで、文学の世界に興味を持ち、オックスフォード大学に進学(学校への不適応や文字を書くことの困難さへの言及からすると、多少発達障害的な部分のある人なのかなという気もする)したという紆余曲折のあるキャリアを経ている。本作、羊飼いの仕事や湖水地方の自然の描写はもちろん面白いのだが、著者と祖父、父親との関係を追う、ビルドゥクスロマンとしての側面もある。祖父という絶対的な親愛と尊敬の対象がいたことで、父親との関係が更に拗れていくのがわかるし、著者本人にもその自覚がある。文学という(家族とは共有しない)自分の世界が出来たこと、進学により一旦家業と距離を置いたことで関係が修復されていくというのは、親子関係のあり方として何かわかる気がする。どこかの時点で自分の核を作るスペースが必要なんだろうなと。

羊飼いの暮らし イギリス湖水地方の四季
ジェイムズ リーバンクス
早川書房
2017-01-24






『プラージュ』

誉田哲也著
 たった一度、魔が差したせいで薬物に手を出し、仕事も住む場所も失った元サラリーマンの貴生。怪しい不動産屋から紹介されたのは、「プラージュ」というシェアハウスだった。住人達は皆個性が強く、貴生同様に訳ありらしい。家主の潤子が1階で営むカフェを手伝いつつ、人生をやりなおそうとする貴生だが。
 貴生視点のパートが比較的多いものの、プラージュの住人達それぞれの視点が入れ替わる群像劇と言った方がいいかもしれない。その視点変更する構成を使ったミステリも仕込んであるのだが、これは正直中途半端かなぁ・・・。こういう仕掛けがあった方がよかろうと、無理矢理ねじ込んだ感じがする。やるならもっと徹底してやってほしい。住民の中では貴生が一番アクがなく、良くも悪くも普通の人なのだが、こういう人でも何かの歯車がずれると、人生とんでもないことになってしまうという生々しさはある。誰にでも起こりうることなのだ。そして、人生のレールは一度外れると軌道修正するのは至難の業であり、過去の過ちはレッテルとしてずっと剥がれない。だから脛に傷持つ人に対してもう少しフラットな姿勢があってもいいのではという希望、とは言えやってしまったことはなかったことにならない、その上でどうやりなおしていくのかだという決意がシェアハウスを支えている。ただ、この希望と決意の物語化がわりと典型的なので、あまり深みのある味わいにはなっていない。さらっと読むように書いたのかなという雰囲気。ドラマ化されたそうだが、そのさほど深くはない所がアレンジしやすくて映像化素材に向いているのかも

プラージュ (幻冬舎文庫)
誉田 哲也
幻冬舎
2017-06-28


豆の上で眠る (新潮文庫)
湊 かなえ
新潮社
2017-06-28

『本屋さんのダイアナ』

柚木麻子著
 ギャンブラーだったという父親に付けられた「大穴(ダイアナ)」という名前がコンプレックスとなっていた少女は、同級生の彩子に『赤毛のアン』に出てくる「腹心の友」の名前だと言われた。育った環境も見た目も正反対な2人は、本がきっかけで親友になる。
 2人の少女が小学生から中学生、高校生になりやがて大人になっていく過程を描く成長物語。2人とも読書が大好きで、様々な本の題名が登場するところが楽しい。生きていく中でなぜ本、ことに小説が必要なのかということが描かれており、読書好きは共感するのでは(作中作があんまりおもしろくなさそうなのが難点なのだが・・・)。この切実さは、分からない人にはずっとわからない(そしてその方が生きやすい)のかもしれないけど・・・。
 ダイアナは洗練され知的な彩子とその両親を素敵だと思い憧れるが、彩子は彩子で型破りなダイアナと母親の自由さ(と彩子には見える)に憧れる。ダイアナも彩子も実は美形で、それぞれの親にはそれぞれ違った良さと難点があることが読者には徐々にわかってくるのだが、2人にはそれは見えていない。2人はあることがきっかけで絶縁状態になってしまうが、その原因もまたお互いにお互いのある部分が見えていなかったことによるものだと思う。しかし、そうであっても友情があったことには変わりはなく、時間を経ても、よみがえるものもある。2人の仲立ちをするのがやはり本だという所がにくい。なお、ダイアナも彩子も成長するにつれ、様々な問題、トラブルに直面していく。特に彩子が直面するものが、彼女が女性だから生じる(彼女に責任があるわけではなく、女性だからいけないということでもない)ものだというのが辛い。彩子は聡明でしっかりした人のはずなのに、そういう人でも世間がこうだと思い込んでいる「女性」としての立ち居振る舞いに準じてしまうものなのかと。そういうものから自由になる手がかりとなるのもまた、友人であり本であるのだ。


赤毛のアン―赤毛のアン・シリーズ〈1〉 (新潮文庫)
ルーシー・モード・モンゴメリ
新潮社
2008-02-26



『ホリデー・イン』

坂木司著
元ヤンでホストの沖田大和と突然彼の前に現れた小学生の息子・進。彼の出現により宅配便会社で働くようになった大和と進の生活を描く『ワーキング・ホリデー』シリーズから、スピンオフの短編集。これまでの作品で登場した脇役たちが主役を務める。
スピンオフといっても、本編を読んだのが大分前なので誰が誰だったか記憶があやふや・・・。読んでいるうちに、そういえばこんな人いたな、こういう人だったなと思いだし始めた。著者の作品は基本的に人に対する優しさ、信頼があるので、ちょっと難ありだったり冷たい面がある人でも、その裏にはこんなものがあるんだよとどの短編でもそっと提示してくる。さらっと読める、というかさほど読み応えはないのでファンに対してのおまけ的な短編集か。とはいえ、進が大和を訪ねていった経緯の話などは、母親の対応含めちょっといい。改札からは出ないとか、ちょっとした拘りに説得力がある。

ホリデー・イン (文春文庫)
坂木 司
文藝春秋
2017-04-07





ワーキング・ホリデー (文春文庫)


『バルコニーの男 刑事マルティン・ベック』

マイ・シューヴァル&ペール・ヴァールー著、柳沢由実子訳
ストックホルム中央の公園で、暴行され下着を奪われた少女の死体が発見された。彼女は前年、不審な男に話しかけられたことを警察で証言していた。その2日後、別の公園でまた少女の死体が発見される。果たして連続殺人なのか?公園で多発している強盗事件と関係はあるのか?刑事マルティン・ベックらは事件に取り組むが、手がかりは乏しく捜査は行き詰っていく。
角川文庫は、マルティン・ベックシリーズを新たに全巻発行する予定なのかな?だとしたらうれしいなー。本作はシリーズ4作目。スウェーデンの元祖警察小説、警察小説の金字塔と言われるだけのことはあり、安定した面白さがある。警察の捜査に焦点を当てた作品なので、いわゆるどんでん返しミステリ的な派手さはないのだが、地道な捜査の中で点と点がつながる瞬間や、「仕事」としての捜査のしんどさや刑事たちの人間模様等、地味ながら読ませる。慢性的な人員不足で全員疲労困憊というところには、先日読んだ『フロスト始末』(これはイギリスの話だけど)を思い出した。どこの国でも警察は大変だ・・・。また犯人がやったことは到底許されることではないのだが、本作の犯人の描写を読んでいると何だか悲しくなってきた。ここに至るまでに(特に現代であれば。本作は60年代の話だから)何か軌道修正することができたんではないかと。こういう人が行き着く先って、これしかないんだろうかとやりきれなくなる。なお、殺人犯対する恐怖から市民が自警団を結成して怪しげな人物を買ってに取り締まることに、ベックは強い憤りを見せる。ここに警官としての責任感と、司法国家とはどういうことかという自覚が見えた。

バルコニーの男 刑事マルティン・ベック (角川文庫)

マイ・シューヴァル
KADOKAWA
2017-03-25


刑事マルティン・ベックロセアンナ (角川文庫)
マイ・シューヴァル
KADOKAWA/角川書店
2014-09-25
ギャラリー
最新コメント
アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ