3つ数えて目をつぶれ

映画と本の感想のみを綴ります。特に映画。ご連絡はhoto5now★yahoo.co.jp(お手数ですが★を@に変えてください)まで。

本・題名は行

『響きと怒り』

ウィリアム・フォークナー著、高橋正雄訳
アメリカ南部の名門コンプソン家。当主のジェイソンは酒に溺れ、妻キャロラインは夫に不満を持っている。長男クェンティン、長女キャンダシー、二男ジェイソン四世、三男ベンジャミンと彼らに使える黒人一家の生活の変化を描く。
1910年パートと1928年パートがある。各章の主人公が異なるが、第一章、知的障害があるベンジャミンのパートは彼の主観が非常に強く、彼が今現在見聞きしているものと過去の記憶とが頻繁に行き来し混じり合う。この章が一番読みにくい。ベンジャミンの知覚に振り回されてしまうのだ。クェンティンの章、ジェイソンの章と進むうちに、客観性が強くなり主人公の感覚、記憶の入り混じった表現は減っていく。クェンティンは内省的な人物だが、ジェイソンは現実的で内面人物。2人の性格の違いが文章にも表れているのだ。コンプソン家の両親は過去のものとなりつつありつつある南部の伝統的な世界の中で生き、自分達が没落していくことを直視しようとしない。クェンティンとキャンダシーはそれぞれ異なるやりかたで伝統や因習にあらがっているように見えるが、結局は因習に絡め取られ自由にはなれない。最も時代に即し没落を自覚しているジェイソンは、家族が抱える伝統・因習に足を引っ張られる。家族を憎みつつも見捨てられないジェイソンの不自由さは最も現代に近いかもしれない。著者の『八月の光』では「放蕩娘」を父親が追い出し、父親は娘の間違いを許さない、一方母親はそれでも一緒に暮らし続けるというような記述があったが、本作のシチュエーションは逆。母親のプライドは娘の奔放さを決して許さないのだ。


響きと怒り (講談社文芸文庫)
ウィリアム・フォークナー
講談社
1997-07-10


エミリーに薔薇を (福武文庫―海外文学シリーズ)
ウィリアム フォークナー
福武書店
1988-05

『八月の光』

ウィリアム・フォークナー著、黒原敏行訳
 お腹の子供の父親を追って旅するリーナ、当所もなくさまようクリスマス、支離滅裂な言動により辞職を求められた牧師ハイタワー、リーナに一目惚れし彼女を気に掛けるバイロン。アメリカ南部の町ジェファーソンに辿りついた人々の運命は、ある事件へと集約されていく。
 難解だと定評のあるフォークナーだが、この度新訳がリリースされたので思い切って読んでみた。こまめに付けられた注釈が、読み進める為の補助線になっている。本作、時間の流れ、時制の切り替えが曖昧でかなりわかりにくいので、そこを指摘してもらえるだけでも大分楽。これから読む人には迷わず光文社古典新訳文庫をお勧めする。
 黒人の血が流れていると噂されるクリスマスは、その噂を否定することなくむしろ自ら噂を広めるかのような振舞をする。当時のアメリカ南部でそれをやることは、自らの死に繋がりかねない。クリスマスが噂を否定しないのは、自分の出生に誇りをもっているというわけではなく、緩慢な自殺のように見える。一方で、黒人の血が流れていることを一つのスティグマのように捉え、武器として使っているようにも思える。クリスマスという名はキリストとの関連を示唆するが、彼は何かを救う為に犠牲になるわけではない。スケープゴード的な立ち位置ではあるが、それにより何かがなされるわけではないのだ。彼のアイデンティティは大分屈折しており、特に女性に対してその屈折が如実に現れる。
 女性との関係で言うと、ハイタワーは妻に実質逃げられているし、バイロンは童貞。女性への憎悪や軽蔑、偏見(本作が書かれた当時はそれが「普通」ってことだったんだろうけど)がちょっとしたところに滲んでいるのでなかなか鬱陶しい。クリスマスやハイタワーの造形と比べると、リーナの造形はテンプレの「母」「女」的で陰影がない。
 クリスマスとハイタワー、屈折した2人の生い立ちを序盤と終盤に配置すること、そしてリーナの旅が冒頭と終盤に配置されたことで、円環構造のような趣を見せる。シチュエーションとしては旅立ちだが、果たして旅立てているのだろうかと不安になる。また本作、南北戦争の禍根がハイタワーの生い立ちとそこから生まれる妄想等に見え隠れしているのだが、終盤に登場する若者たちには現代に通じるものを感じぞわぞわした。物事をあまりに単純に見ており、独善的。いつの時代もこういう人たちがいたのか。


八月の光 (光文社古典新訳文庫)
ウィリアム フォークナー
光文社
2018-05-09


『ハンティング(上、下)』

カリン・スローター著、鈴木美朋訳
 郊外の車道で車にはねられたという、意識不明の女性がERに運び込まれた。彼女は裸で体には拘束・拷問された跡があり、肋骨が一本抜き取られていた。ジョージア州捜査局特別捜査官ウィル・トレントは現場に急行し、森の中で地下に掘られた拷問部屋を発見する。部屋の形跡からは、女性はもう1人いたのではないかと思われた。
 ウィル・トレントシリーズ3作目(日本での出版は2作目。実際の順番とちぐはぐでわかりにくいな・・・)。シリーズ前作『砕かれた少女』で初登場した人物が再登場し、えっあの後そんなことになっていなのか!とびっくりしたり心配になったりするところも。事件は相変わらず血なまぐさいのだが、地元警察に足を引っ張られることで話が長くなっている(捜査が進まない)ように思える。特別捜査官てそんなに嫌われるの?アメリカの捜査機関の縄張り意識のニュアンス、いまいちわからないんだよなー。犯人の特定が少々唐突で都合良すぎる気もするが、その唐突な登場は犯人の周到さ、粘着さを表すものでもある。
 なお、ウィルと周囲の女性たちとの関係が相変わらずもたついている。ウィルは自分の生い立ちや識字障害を頑なに隠そうとし、その気持ちはわかるのだが、その部分を整理しないとアンジーとの関係はこう着状態だし他の女性(に限らず他人)との関係が深まることもないんだろうな。

ハンティング 上 (ハーパーBOOKS)
カリン・スローター
ハーパーコリンズ・ ジャパン
2017-01-25


ハンティング 下 (ハーパーBOOKS)
カリン・スローター
ハーパーコリンズ・ ジャパン
2017-01-25


『星の文学館 銀河も彗星も』

和田博文編
星モチーフの小説と言えば外せないであろう稲垣足穂『星を造る人』、宮澤賢治『よだかの星』。天体観測にちなんだ森繁久彌や中村紘子のエッセイ。宇宙を想う谷川俊太郎の詩や埴生雄高の評論など、星にまつわる作品36篇をあつめた文学アンソロジー。
アンソロジーの面白さは、普段なら手に取らない作家の作品や全く知らなかった作家の作品、また、この人こんな作品書いていたのか!という意外性と出会えるところにあるだろう。本作はそんなアンソロジーの楽しみを十二分に味わうことができる。三浦しをんや川上未映子など現代の作家のものから、川端康成や内田百閒など古典作品まで、また小説家だけでなく歌人や歴史学者、批評家などの幅広い作品がそろっている。個々の作品だけでなく編集者の力量を実感できお勧め。個人的には、森繁久彌のエッセイ『ハレー彗星』がユーモラスで楽しかった。文才もある人だったんだなー。また宮本百合子『ようか月の晩』は正に夜と星のイメージに溢れた美しい童話。これも、この人こういうの書いてたんだ!という意外さがあった。


天体嗜好症: 一千一秒物語 (河出文庫)
稲垣 足穂
河出書房新社
2017-04-06






『ピンポン』

パク・ミンギュ著、斎藤真理子訳
 中学校でいじめられ続けている「釘」と友人の「モアイ」。2人は原っぽで卓球台を見つけ、卓球に興じるようになる。卓球用品店主セクラテンに卓球史を伝授され、ハレー彗星の到来を待つが、ハレー彗星ではなく巨大なピンポン玉が下降してくる・・・
 本の背表紙にあらすじが紹介されているが、なんとこのあらすじ終盤までの展開をほぼ全て説明しちゃっている!ただ、それでも全く問題ないと思う。というよりもあらすじから想像するのとは大分違う感触の作品なのでは。確かに終盤は超SF的な展開になるが、それまでは語り手である釘とモアイの辛い学校生活が延々と続くのだ。いじめっ子チスとその取り巻きの悪質さ、それに対する釘とモアイの対抗できなさはひょうひょうと書かれているものの生々しく辛い。対抗する意思が奪われちゃうんだよなと。チスがちょっといい奴っぽい面を見せてもその後、やっぱりこいつクズだな!という振る舞いになるあたりはリアルだと思う。
 釘らの生活も、彼らと比較的親しくなると言えるセクラテンの生活も、どこか悲哀と諦念を帯びている。彼らは皆、この世からのはぐれもののようなのだ。モアイの従兄弟が好きだった作家の小説が作中作として紹介されるが、その内容もまた世界からずれた人たちの話だ。釘によると自分らは世界に「あちゃー」された存在。この言い回しのニュアンスが本当に上手いし翻訳も素晴らしい。そんな彼らが世界の命運を握る。継続するのかアンインストールするのか、釘の決断を見てほしい。

ピンポン (エクス・リブリス)
パク・ミンギュ
白水社
2017-05-27


カステラ
パク ミンギュ
クレイン
2014-04-19



『ビューティフル・デイ』

ジョナサン・エイムズ著、唐木田みゆき訳
 元海兵隊員のジョーは、人身売買された女性の救出を専門とするフリーランサー。ある日、仲介役のマクリアリーから、誘拐された上院議員の娘の救出という案件が入る。娘が働かされている娼館を見つけ、首尾よく侵入したものの、思わぬ邪魔が入る。娘の誘拐の背後には更に大きな陰謀があった。
 私がすごく好きなタイプの小説だった!1行目から香り高く味わい深い。ストーリーは殺伐としており文章はクールだが、訳者解説でも言及されているように所々に乾いたユーモアがある。文章のちょっとしたところにぐっとくる。これは翻訳もいいんだろうなぁ。
 ジョーの振る舞いは徹頭徹尾真面目なのだが、バカ真面目感がある。徹底したプロとしての、時に融通が利かないようにさえ見える振る舞いがそう感じさせるのだ。もちろん、身を守ることを考えてそういう行動になっているのだが。ジョー当人は自分はちょっと狂っている、まともではないが何とかまともに見せているという自覚を持っている。彼の行動は暴力的だが、ある部分では自分をまともさに留め置くためのもの、彼にとっての良識の発露でもあるように思える。というよりも、彼以外があまりに下衆で悪辣だ。多分ジョーは、当面自殺衝動からは遠のいていられるのではないか。怒りが自身の苦しみを忘れさせるのだ。ごく短い(ハヤカワ文庫にあるまじきぺらぺらさ)作品なのだが中身は濃密だ。あと、やっぱり金槌は強い。手斧も推したいが、入手しやすさ・携帯しやすさでは金槌に負けるな。

ビューティフル・デイ (ハヤカワ文庫NV)
ジョナサン エイムズ
早川書房
2018-05-19


『羊と鋼の森』

宮下奈都著
 山で育った外村は、高校生の時に学校のピアノの調律を目の当たりにし、自身も調律師を目指す。専門学校を卒業し、調律師として江藤楽器店に就職した外村は、先輩調律師の柳や、調律を目指すきっかけとなったベテラン調律師の板鳥と働くようになる。2016年、第13回本屋大賞受賞作。
 外村は山で育ち、世間知らずと言えば世間知らずで自分の世界が狭い。しかし彼は山のイメージ、森のイメージを生活の中でもピアノの音に対しても持ち続けており、そういう面では世界に広がりがある。・・・というふうに描きたかったのかもしれないが、どうにも浅いし薄い。どういう音を目指しているのか、ここでどういう音楽が流れているのかという説得力が希薄。双子の少女の演奏に対する姿勢もやたらとあっさりとしており表層的に思えた。どろどろしていればいいってものではないが、薄味すぎでは。ふわふわとしたイメージの断片を繋げただけで、軸となるものが弱い気がする。調律の専門学校ではどういう勉強をするのか、調律作業がどういう手順で行われるのかという具体的な部分は悪くないが。

羊と鋼の森 (文春文庫)
宮下 奈都
文藝春秋
2018-02-09






『ふりむけばそこにいる 奇譚蒐集家 小泉八雲』

久賀里世著
 歌手だった母親を亡くしたオーランドは、名門である亡き父の一族に疎まれ、北イングランドの寄宿制神学校に送られる。学校へ向かう汽車の中で、風変りな少年が声をかけてきた。かつて汽車の中から姿を消した子供が、生者を道連れに誘うのだと言う。若き日のラフカディオ・ハーン=小泉八雲が怪異を解き明かす連作集。
 ハーンは作中ではパトリックという名で呼ばれており(ハーンの出生名はパトリック・ラフカディオ・ハーン)、彼が作家「ラフカディオ・ハーン/小泉八雲」になる前の青春譚とも言えるだろう。性格等のキャラクター造形はほぼオリジナルと言ってもいいと思うが、生い立ちや目が悪かったこと等は史実通り。日本への憧れに繋がる伏線も出てくる。古典作家の「キャラ」化が最近盛んだが、八雲は実際に相当クセのある人だったみたいだし、キャラ化に向いているのかも。
 妖怪・幽霊譚を取り入れたミステリは、「この世」が担当する部分と「あの世」が担当する部分の兼ね合いが難しいように思う。本作も、これだったら全部妖怪・妖精の仕業にしてしまってもいいのでは、あるいはオカルトを否定するミステリとしてもいいのではという部分があり中途半端な印象はある。とは言え、遭遇する怪異を通してオーランドが母親に対する思いのわだかまりをほどいていく過程や、学園ドラマ的な同級生とのやりとり等はこなれていて読ませる。



小泉八雲集 (新潮文庫)
小泉 八雲
新潮社
1975-03-18

『ペインスケール ロングビーチ市警殺人課』

タイラー・ディルツ著、安達眞弓訳
 ロングビーチの高級住宅街で、下級議員の息子ベントン三世の妻と幼い子供2人が殺害された。妻の遺体は拘束された上切り裂かれており、強盗から政治がらみの怨恨まで様々な動機が考えられるものの、決め手に欠ける。重傷による休職から復帰したばかりのダニーと、相棒のジェンは捜査に奔走する。
 シリーズ2作目。事件自体は独立しているのだが、ダニーの状態が前作の出来事から引き継がれているので1作目を読んでから本作を読むことをお勧めする。1作目は地味な刑事小説という感じで若干フックに欠けたが、本作は展開がよりスピーディ。特に序盤の動かし方が上手くなっており引きが強い。ダニーは過去の記憶に由来する心の痛みだけではなく、肉体的な痛みにも苦しめられる。その痛みを図るのが「ペインスケール」なのだ。
 残忍な事件だが、事件の背景には被害者はそういう扱いをしてもいい存在だと思っている人がいるという現実があり、それがやりきれない。前作の被害者にも、彼女が男性だったら受けないような仕打を受けた過去があったが、本作にもその要素はある。そもそもそんなことでこの惨劇か!という真相なのだが、「そんなこと」と思えないほど価値観がずれてしまった人がいるということだし、事件の発端から全ての歯車がずれていたとも言えるのだ。その為すっきりしない後味なのだが、警察の仕事を描いているという意味ではこれもありか。






『ボックス21』

アンデシュ・ルースルンド&ベリエ・ヘルストレム著、ヘレンハルメ美穂訳
 リトアニアジン娼婦リディアは、激しい暴行を受け病院に搬送された。搬送先の病院で、彼女は予想外の行動に出る。医師と研修医たちを人質に、爆弾を持って立てこもったのだ。病院で薬物依存者死亡事件を捜査していたグレーンス警部は立てこもり事件の対応にあたるが。
 なかなかのイヤミスだった『制裁』の著者によるシリーズ作品だが、今回もなかなかのイヤさ。グレーンスが常にイライラしているし何だか情緒不安定な言動なので、『制裁』よりも読み進めにくいように思う。リディアは騙されてスウェーデンに連れてこられ、悲惨な境遇で生きてきた。そこからの起死回生ではなくこのような道を選ばざるを得なかったことには、怒りとやりきれなさを感じる。そして、彼女の声を封殺しようとする人たちがいることにも。よりによってお前がそれをするのか!と。自分たちがしてきたことを全否定するようなことなのにそれでもやるの?それで守れるものって何なの?ともやもやが止まらない。ラストは触れ込み通り確かに衝撃なのだが、そっちの方向での衝撃かー!その衝撃欲しくなかったわー!罪と罰、ではなく罪と恥の物語。恥を隠し続けることこそ恥なのだが、彼らにその意識はあるのだろうか。しかもシリーズまだ続くというあたりが怖い・・・。

ボックス21 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
アンデシュ ルースルンド
早川書房
2017-11-21


制裁 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
アンデシュ・ルースルンド
早川書房
2017-02-23



ギャラリー
最新コメント
アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ