3つ数えて目をつぶれ

映画と本の感想のみを綴ります。特に映画。ご連絡はhoto5now★yahoo.co.jp(お手数ですが★を@に変えてください)まで。

本・題名ま行

『港の底』

ジョゼフ・ミッチェル著、上野元美訳
 港や河畔、桟橋等、ニューヨークの水辺で生きる人たち、また摩天楼を臨む町中、あるいは郊外に住む労働者たちのスケッチ。ニューヨーカーのスタッフライターで、同誌の最も優れたライターの一人と言われた著者の作品集。
 収録されている作品の初出を見ると、1940年代から50年代。しかし、全く古さを感じさせず、生き生きとしたタッチで描かれており未だ新鮮。恥ずかしながら著者のことは全く知らなかったのだが、こんな素敵な書き手がいたのか!とこれまた新鮮な気持ちになった。面白い出来事があったから書いた、というよりも、面白い人、興味深い人がいたからその人のことを書いた、という趣。登場する人たちの語り口がとても魅力的だ。特別にドラマティックなエピソードで盛り上げるわけではなく、また著者自身の見解や、書いている対象に対する強い思い入れ等も文面には殆ど出さない。しかし大変面白い。こういう面白さは、一見地味なんだけどなかなかやろうとすると難しいのでは。魚市場や牡蠣が養殖されていた海底(牡蠣が養殖されていたと初めて知った!海がきれいだったんだな・・・。ご多分に漏れず排水による汚染で牡蠣は取れなくなったんだとか)、またネズミがはびこるビルなど、大都市ニューヨークの華やかとは言い難い部分を好んで取り上げているが、どこ・誰に対しても著者の視点がフラットで、そこにあるもの、生きる人に等しく価値があるという姿勢が感じられる。

港の底 (ジョゼフ・ミッチェル作品集)
ジョゼフ ミッチェル
柏書房
2017-11-01


『モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語』

内田洋子著
 ヴェネツィアのある古書店の棚揃えに感心した著者が店主に修行先を訪ねると、代々本の行商人だったという意外な答えが返ってきた。トスカーナ州のモンテレッジォという山村では、村人たちは何世紀にもわたって、本を担いで行商に回り、生計を立ててきたのだという。この話に強く惹かれた著者はモンテレッジォ村に向かい、村と行商人たちの歴史を辿り始める。
 村民の多くが本の行商をしている山村、というと何だか小説の設定のようなのだが、実際にそういう村があり、毎年ブックフェスティバルも開催されているのだと言う。モンテレッジォは非常に過疎化した村なのだが、その時期だけは帰省者で人口が増えるのだとか。村出身者の強い郷土愛と、本の行商人たちの村であるということへの誇りが感じられるエピソードがたくさん。本好きの人が多かったから本の行商が始まったというわけではなく、山村ゆえに売れる農産物などもなく、出稼ぎの当てもなくなった時に苦肉の策で日本で言うところのお札みたいなものを売り始めたのがきっかけなんだとか。苦肉の策の商売が、書店は敷居が高くて入りにくいという庶民のニーズに段々沿うようになっていき、やがて文字=知識を運ぶことへの誇りと使命へとつながっていく。読書家ではないが売れ筋がわかる、質の良さをジャッジできるという商売人としての目が培われていくという所が面白い。また、当時の庶民層が意外と読書意欲が強かった(地域差はかなりあったようだが)というのも意外。専門的な歴史研究書というわけではないが、読み物として面白いし、物体としての本が好きな人にはぐっとくると思う。



『モーリス』

E.M.フォースター著、加賀山卓朗訳
 凡庸な少年時代を送ったモーリスは、ケンブリッジ大学に進学。学舎で聡明で博識なクライヴと知り合い、お互いに深い親しみと愛情を感じるようになる。モーリスは体が触れ合ううちに想いを募らせ、クライヴも愛の言葉を口にするが。
 新訳がとても読みやすく理解しやすいのでお勧め。青春小説としてこんなに面白かったんだなと新鮮だった。モーリスはどちらかというと俗人で知的好奇心が強い方ではないし、作中でも何度も鈍いと評されている。新しい知識、世界に積極的で感性豊かなのはクライヴの方だ。2人の学生生活はまさに青春!という感じでキラキラしており、恋愛の高揚感に満ちている。とは言え、この時代、同性愛は罪悪と考えられており、法的にも処罰された。先進的に見えたクライヴがやがてキリスト教的な罪の意識から逃れられなくなり、コンサバに見えたモーリスがそのあたりに無頓着になっていく逆転は面白いが切ない。モーリスはやがて同性を愛する自分を「治療」しようとまで思い詰めるが、最後には自分が同性愛者であることを受け入れていく。彼の苦しみの半分は時代によって規定された規範によるものだが、自分自身を受け入れていくという部分では普遍的なものがあるかもしれない。
 また、イギリスの階級社会を描いた作品としての側面もある。ここでもモーリスとクライヴの考え方の逆転が起きており、モーリスが旧来の規範や階級を突破していく(そういう意欲があるということではなく結果的にそうなってしまうのだが)人物だという印象が強まる。とは言え、労働階級の生活をモーリスが理解しているというわけではなく、アレックに対する呼びかけも世間知らずとしか言えないのだが・・・。その甘さがモーリスという人の特徴なのだろう。

モーリス (光文社古典新訳文庫)
E.M. フォースター
光文社
2018-06-08


モーリス restored version [DVD]
ヒュー・グラント
ハピネット・ピクチャーズ
1998-11-21


『模倣犯 犯罪心理捜査官セバスチャン(上、下)』

M・ヨート&H・ローセンフェルト著、ヘレンハルメ美穂訳
 在宅中の女性が手足を縛られ首をかき切られ殺害されるという、連続殺人事件が起きていた。その手口は、かつてセバスチャンとトルケルらが捕まえた連続殺人犯ヒンデのものに酷似している。しかしヒンデは服役中で、外で殺人を犯すのは不可能。模倣犯の仕業なのか?セバスチャンはある下心もあり強引に捜査に加わるが、被害者たちには彼も予想できなかったある共通項があった。
 犯罪心理捜査官セバスチャンシリーズ2作目。セバスチャンはあいかわらずのクズっぷりで、グループワークに強制参加させられたことを根に持ってカウンセラーにとんでもない仕打をする。そしてその行為が、彼を窮地に追いやっていく。予想できるはずがないとは言え、今回のセバスチャンの行動は概ね裏目に出ている。本来聡明なはずなのに、ある事情により目が曇っているとしか思えないし、彼の性格の弱さが際立つ部分が多い。そして1作目から続く仲間内でのマウント合戦にも拍車がかかっているのだった。
 本作、様々な形での相手を支配したい、影響を及ぼしたいという欲望が人間関係の中に満ちていて、あーそこには絶対混ざりたくない・・・って思わせられる。今回は犯人の真意自体がそういうものなのだ。サイコスリラーではなく警察もの(セバスチャンは民間人だけど、一応警察の捜査なので)でこういった欲望が前面に出ているのは、アメリカその他のヨーロッパ地域ではあまり見ないような・・・。北欧ミステリだと結構散見するので、地域性なのかな。フィクションに反映されるくらい問題視されているということなのかも。





『ミステリ原稿』

オースティン・ライト著、吉野美恵子訳
 夫、子供と暮らすスーザンの元に、20年前に別れた前夫から小説の原稿が送られてくる。小説家志望だった前夫エドワードはとうとう長編『夜の獣たち』を書きあげ、彼女に読んでほしいと言うのだ。スーザンは原稿を読み始めるが、その小説は1人の男トニーが暴力の最中へ投げ出される物語だった。『ノクターナル・アニマルズ』(トム・フォード監督)として映画化され、文庫版は映画と同題名とのこと。
 原稿の読者であるスーザン視点のパートと、作中小説である『夜の獣たち』のパートが交互に配置される。スーザンは『夜の獣たち』をよみながら小説の主人公トニーの視線に自分を重ね、かつ、トニーに前夫であるエドワードを重ねていく。更にスーザンの視線はトニーだけでなく、彼の妻子や彼らに絡んでくる男たちにも重ねられていく。彼らの中の暴力性はスーザンの中にもあり、そして小説を生んだエドワードの中にも潜んでおり、それが呼応していくかのようだ。読書という行為がどのようなものか、上手く描かれた作品だと思う。必ずしも小説の主人公に共感、主人公目線で読むわけではなく、小説内の様々な部分に感情や記憶を呼び起こされていくと同時に違和感を覚えもする感じ。スーザンはエドワードの原稿を読むことによって、彼が自分を揺さぶろうとしている、自分に影響を及ぼそうとしていると感じ、それに反発もするのだが、それが読書という行為(そしておそらく小説を書くという行為)だよなと。
 『夜の獣たち』には、理性的かつ非暴力的故に妻子を奪われたトニーが、徐々に暴力側に引き込まれていく様が描かれている。非暴力的であることが「男らしくない」と非難されるのって(おそらくアメリカでは顕著なのだろうが)辛いな・・・。暴力へのストッパーは社会的に絶対必要とされているのに、ストッパーがかかっていることを非難されもするとは。暴力が否定される一方で暴力を強要されるような二律背反がある。




血と暴力の国 (扶桑社ミステリー)
コーマック・マッカーシー
扶桑社
2007-08-28

『まほろ駅前狂騒曲』

三浦しをん著
 まほろ市で便利屋を営む多田の元に、高校の同級生・行天が転がり込んで同居生活もはや3年目。地域密着型の便利屋として営業を続ける多田便利軒は、親族の見舞い代行やバスの運行チェック等も相変わらず引き受けている。ある日、行天の元妻が、2人の間に生まれた実の子を便利屋として預かってほしいと依頼に来る。
 シリーズ3作目にして完結編。同題名で映画化もされた(お勧めです)。今回は、行天がなぜ過去を一切口にしないのか、家族と疎遠なのか、子供を忌避するのか、その行動の根っこにある部分が明かされる。多田も行天も家族にまつわる傷を持つが、それぞれ形は違う。その傷を理解できる、共感できる等ということは言わない所が、2人の距離感のある種の折り目正しさを感じさせる(実際の言動はお互い失礼なことばっかりだけど・・・)。多田が行天に対して言えるのは、お前は大丈夫だ、お前を信じているんだということだ。本シリーズ、ユーモラスな中にも苦さ寂しさが滲むのは、過去の変えられなさが常にまとわりつくところにあるだろう。しかし同時に、過去は変えられないが傷は痕が残るとしても塞がる、人生やり直しは出来ないかもしれないが仕切り直しは出来る。行先がほのかに明るいのだ。はるという、問答無用で前を向いている幼い子供の存在にひっぱられてのことであるのはもちろん、これまでのシリーズで登場した人たちがそれなりに、あるいは何となく元気に生きている、その中に多田も行天もいるのだという時間の積み重ねによるところが大きいように思う。

まほろ駅前狂騒曲 (文春文庫)
三浦 しをん
文藝春秋
2017-09-05


まほろ駅前狂騒曲 DVD通常版
瑛太
ポニーキャニオン
2015-04-15

『政と源』

三浦しをん著
つまみ細工の簪職人の源二郎と元銀行員の国政は幼馴染。2人の年齢を合わせて146歳になる長年の付き合いだ。弟子やその恋人がひっきりなしに出入りし賑やかに暮らす源二郎と、妻が娘夫婦の家に行き目下一人暮らしの国政は、身近な人たちのちょっとしたトラブルに関わり合っていく。
おじいちゃんブロマンスだが、さすが著者というべきかツボを押さえており危なげがない。源二郎と国政は性格も価値観も、暮らし方も対称的で一見反りが合わなさそうだ。しかしなぜか馬が合い、お互いの違いも尊重している。頻繁にお互い行き来しているわりには、内面には立ち入らない所があるのは、友情の折り目正しさというか、親友でも他人であるという距離感を弁えているからだろう。そして夫婦もまた他人である。国政と妻との人生終盤になってからの軋轢、というか軋轢があることに国政が全く気付かない所は、「あるある」感抜群なのだが、家族だからという安心感に甘えてきたつけが回ってきたと言うことなのだ。そもそもそれが甘えだと気付いていない所が厄介なんだけど・・・。全般的に源二郎の造形の方がファンタジー寄りで国政の方が実体感あるのだが、自分の身近にどちらのタイプが多いかで見え方が変わってきそう。
政と源 (集英社オレンジ文庫)
三浦 しをん
集英社
2017-06-22


ぐるぐる♡博物館
三浦 しをん
実業之日本社
2017-06-16




『幻の女』

ウイリアム・アイリッシュ著、稲葉明雄訳
 町をさまよっていたヘンダースンは、バーで奇妙な帽子を被った女と出会い、気晴らしに彼女をレストランと劇場に誘う。お互いに名前も聞かずに別れたが、帰宅したヘンダースンを待っていたのは妻の死体と警官、そして殺人容疑だった。ヘンダースンはアリバイとしてバーの女の存在を主張するが、バーテン始め、誰もその女を覚えていないと言うのだ。
 本作、出だしの文章のかっこよさ(もとい気障さ)で有名だが、大どんでん返し系ミステリとして面白かったんだな・・・。実は以前に読みかけたものの頓挫していたことを半分くらい読んでから思い出した。なぜ頓挫したかというと、おそらく証人探しの流れがご都合主義的で強引に思えたからだろう。ただ、終盤になるとそのご都合主義込でなるほど!というサプライズが待っている。正直強引なことは強引なのだが、力技で成立させてしまっている。誰も自分の言うことを信じてくれない、しかも他人からの証言が自分の記憶をいちいち否定していくという悪夢のような設定と、死刑のタイムリミットが迫る中での証人探しというスリリングさで読ませる。プロットの力技感と文章のスタイリッシュさのミスマッチに味があった。ところで、当時の女性にとって帽子ってそんなに重要なファッションアイテムだったんですかね・・・。他人と同じ帽子を被るなんて屈辱的!というテンションがいまいちわからない。

幻の女 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 9-1))
ウイリアム・アイリッシュ
早川書房
1976-04-30

幻の女 [DVD]
フランチョット・トーン
ジュネス企画
2010-05-25

『もう生まれたくない』

長嶋有著
震災が起きた年の夏、その翌年、翌々年。マンモス大学の医務室に勤務する春菜、同僚のシングルマザー美里、謎めいた清掃員の神子、大学講師の布田やその教え子である遊里奈や素成夫ら、様々な人たちと「死」の交錯を描く群像劇。
「死」と言っても、芸能人など著名人の訃報であったり、知り合いの知り合いくらいの距離感のある人の訃報であったり、ごく身近な人の訃報であったりと、その距離感は様々だ。人の死は殆どの場合突然訪れる。当人にとっても他人にとっても脈絡なく生じる。だからショックだし混乱するのだ。そして、死んだ人の時間がそこで止まってしまうにもかかわらず、他の人の時間は死者にこだわりがあろうとなかろうと否応なしに進む。その強制的な進み方が、死者の関係者にとってはきつい、しかし同時に強制的であるから若干気が楽になってくるという面もある。題名は「もう生まれたくない」だけど、決してそういう否応なしに時間が流れる感じが、ある年のある時点からふっと次の年のある時点へ、中間を割愛して移行する章立てで強調されている。
相変わらず実在の固有名詞や個人名の使い方が上手い。本作の場合は過去のある時代、「死んだ」ものへのほのかな懐かしみ(といってもその対象と深い関係があるわけでもないのだが。そういう身勝手な郷愁ってあると思う)を感じさせる。

もう生まれたくない

長嶋 有
講談社
2017-06-29


問いのない答え (文春文庫)



長嶋 有
文藝春秋
2016-07-08

『未来のイブ』

ヴィリエ・ド・リラダン著、斎藤磯雄訳
 青年貴族エドワルドは、ヴィーナスのような肉体と完璧な美貌を持つアリシヤを恋人にしていた。しかし彼女の魂は卑俗で、エドワルドは苦悩する。彼の苦悩を知った発明家のエディソンは、人造人間ハダリーにアリシヤを写した肉体を与える。
 エディソンとエドワルドが語る女性論は、1886年に発表された小説、また異端の作家の作品だということを差し引いても(だって1870年代にイプセンやトルストイやドストエフスキーがいるし、同時代にはモーパッサンやゾラがいるのに・・・。まあリラダンはリアリズム的に人間の心理や社会を描いた文学には興味がなかったんだろうけど)、ちょっとミソジニーがひどいんじゃないかな・・・。エディソンが発明した電話の発展形のような通信機器や、彼の屋敷の仕掛け、ハダリーの「中身」の描写等、SF的なエッセンスは時代を先取りしている感がありさほど色あせていない(一つの様式美として生き残っている)が、ピュグマリオン的願望とアリシヤに対するdisに関しては、当然のことながら現代の視線で読むとかなりきつい。エドワルドは理想の女性として人造人間を手に入れるが、彼にとっての理想の女性というのは、あくまで自分が想定している範疇から出ない存在であり、自分の延長線上の存在と言える。どこまで行っても自分でしかなく、そこに他者は存在しない。人形愛というのならわかるが、中途半端に人格を欲しているのが性質悪い。貞淑で聡明であれ、しかし自分より聡明であるなというのがな・・・。アリシヤの肉体を愛しつつ精神を軽蔑するエドワルドの苦悩にも、肉欲なら肉欲でいいじゃん!と突っ込みたくなる。このあたりは、さすがに時代を超えるのは難しいだろう。そもそも、それはアリシヤのせいじゃなくて肉体に惹かれてやまない自分の問題だよね・・・。

未来のイヴ (創元ライブラリ)
ヴィリエ・ド・リラダン
東京創元社
1996-05-01


メトロポリス / Metropolis CCP-315 [DVD]
アルフレート・アーベル
株式会社コスミック出版
2012-03-26

ギャラリー
最新コメント
アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ