3つ数えて目をつぶれ

映画と本の感想のみを綴ります。特に映画。ご連絡はhoto5now★yahoo.co.jp(お手数ですが★を@に変えてください)まで。

『灯台へ』

ヴァージニア・ウルフ著、御輿哲也訳
 スコットランドのスカイ島にある別荘に滞在している、ラムジー夫妻と8人の子供達。ラムジー氏は哲学者で、ラムジー夫人は世話好きな美人。一家の他にも、画家のリリー=ブリスコー、ラムジー氏を尊敬する青年チャールズ=タンスリー、詩人のカーマイケル氏らが招かれていた。
 3章により構成されるが、章ごとの時間の流れが全く違う。第1章「窓」は一番長いのだが、ある1日のみが描かれる。同じ時間を様々な人の視点から構築していき、読んでいると時間が引き延ばされたような感覚がする。第2章「時は流れる」は1章とは逆に、時間は圧縮されあっという間に10年が過ぎる。この章は登場人物の視点ではなく、世界を俯瞰する視点で描かれる。さらに第3章では1章の10年後、ラムジー氏らが再び別荘を訪れ、1章と同じくそれぞれの視点で描かれる。第2章の圧縮度は劇的なのだが、人間の意識にとって時間は均一に流れるものではなく伸び縮みするものだと実感させる。第2章の時代背景には第一次世界大戦の開戦・終戦も含まれており、渦中の人々にとっては本当にあっという間だったのかもしれない。具体的に登場人物たちの言動が描かれるのは第1章と第3章の計2日だけなのだが、それが却って年月の経過を感じさせる。時間の経過はコントロールできないものだが、同時に非常に主観的なものとなる。
 登場人物それぞれの思考、他の人に向ける感情を読んでいると、ああこういう人いる!と共感したり反発したり。この人とこの人は絶対相性悪いなとか、相性のいい人同士でもこういうふうな態度だと拗れるなとか、とても面白かった。特にラムジー氏とラムジー夫人は、どちらも全く別のタイプの独りよがりさを持っているように思った。ラムジー氏は周囲が自分を丁重に扱うものと思っているし、ラムジー夫人は誰に対しても献身的だがその献身は彼女が「よかれ」と思うことにすぎない。母の献身を父に横取りされたラムジー家の幼い息子ジェームズが父への敵意を持つくだりなど、こういうことってあるよなぁと。今言わなくていいことを「正しい」から口にしてしまうラムジー氏の行動には、こういう人と結婚しちゃうと火消が大変!とイライラする。また、承認欲求とミソジニーをこじらせたようなタンスリーは、現代の青年としても全然通用しそう。

『特捜部Q 吊された少女』

ユッシ・エーズラ・オールスン著、吉田奈保子訳
 コペンハーゲン警察の未解決案件専門部署・特捜部Qに電話がかかってきた。電話の主は退官直前の警官。どうしても話したい事件があるというが、カール・マーク警部補は多忙を理由に電話を切ってしまう。後日、この警官、ハーバーザートが退官式で自殺する。彼は17年前の少女ひき逃げ事件を追っていた。跳ね飛ばされた少女が木に逆さづりになったまま絶命したというその事件に、ハーバーザートは憑りつかれ、妻子にも愛想を突かされていた。マークたちは捜査を開始する。
 シリーズ6作目。相変わらずとても面白いし、カール、アサド、ローセの関係性の変化も見所。作中でカールが、アサドやローセと出会ってもう7年かと思い返すくだりがあり、作中時間そんなに経過していたのか!と驚いた。そりゃあカールも丸くなるよなぁ・・・。今回はとある事情でアサドやローセのトラウマが呼び起され、彼らの過去が垣間見える。アサドは依然ガードが堅いのだが、ローセのトラウマは結構深刻そうで、今後のシリーズにも影を落とすのではないか。
 愛する者を愛ゆえに直視しない、見なかった振りをするという状況が異なる形で何度か現れており、特に子供に対する期待が入り混じった親の「見ない振り」は辛い。また本作の事件の背景に新興宗教団体が現れてくるのだが、ある種のカリスマは薬にもなりうるが毒になる可能性の方が高いのかもしれない。「彼」がそんなに魅力的でなければ事件は起きなかった、あるいはもっと単純に解決されていたかもしれない。「彼」の磁力みたいなものにより、どんどんミスリード要素が増えていくのだ。巻き込まれた方はたまったもんじゃないどころか、大きな悲劇が見えてきてやりきれない。

『とうもろこしの乙女、あるいは七つの悪夢 ジョイス・キャロル・オーツ傑作選』

ジョイス・キャロル・オール著、栩木玲子訳
金髪の少女を生贄として「とうもろこしの乙女」にしようとする少女たちを描く表題作、あかちゃんが生まれ姉になった少女とネコの秘密「私の名を知る者はいない」、強い兄と虚弱な弟の双子の相反する人生の顛末を描く「化石の兄弟」等7編を収録した著者の傑作選。
どの物語もミステリともファンタジーともつかず、不気味で不穏。登場人物の精神の不安定さ、現実と妄想が入り混じっていく様に読んでいる側も引っ張り込まれるような居心地の悪さ、怖さを感じる。しかしその妄想や不安の元にあるのは彼らの生き辛さや孤独、愛されていないという寂しさだ。それだけに、不穏さと同時に痛切な悲しみを感じ、よりやりきれない。自分の世界を強化していく為に犯罪行為に走ってしまう少女たちも、双子の兄弟の愛憎も、愛のやりばを無くして新しいパートナーとの出会いを夢見る未亡人も、皆どうかしているのに皆すさまじく孤独に見え、やりきれない。

『とにかくうちに帰ります』

津村記久子著
豪雨で交通手段が途切れる中、職場から家へ帰ろうとする人々を描く表題作と、とある中小企業で働く女性の視線で職場の人々を描く連作「職場の作法」。どちらも職場あるあるとでも言うか、働く人のリアリティ、特に熱心でも不真面目でもなく「普通」に働き、日々の困難もやりすごしていく人たちの姿の、リアリティの掴み方が相変わらず素晴らしい。同僚に感じるちょっとした違和感や反発、仕事の愚痴や達成感等、大きくはないが、当人にとっては捨て置けない事柄に満ちている。近すぎず遠すぎず、自分の内面は明かしすぎずという、職場での人と人との距離感ってこういう感じだよなぁという部分の描き方が上手い。同僚にしろ取引先にしろ、仲がいい人もいるだろうが、素の自分を見せるということは、お互いにあまりないと思う。だからこそ、素を垣間見る/見せてしまう瞬間にはつい心揺さぶられるのだ。そして、本作に登場する人たちは、大なり小なり難点や癖はあるが、基本的に皆大人だ。成熟しているというよりも、大人として振舞うべき時はそう偽装できる程度には大人なのだ。表題作に登場する会社員サカキは、共に帰宅難民となった小学生ミツグの為に、最後にある行為をするのだが、そこになんだか泣けてしまった。いわゆる「いい話」だからというより、サカキはサカキで色々事情があり本当はそれどころではないかもしれないけど、なにはともあれ大人はこういう時こうしなければ、という矜持のようなものを感じた。

『時計じかけのオレンジ』

 近未来、不良グループのリーダー・アレックス(マルコム・マクダウェル)は、暴力とセックスに明け暮れていた。しかし強盗に押し入った館で殺人を犯してしまい、投獄される。一日も早く出獄するため、攻撃性を抑制する治療の実験台になるが。原作はアンソニー・バージェスの同名小説。監督はスタンリー・キューブリック。1971年の作品。
 公開された当時は過激な表現でセンセーショナルになった作品で、後々の映画や文学等への影響も大きいということは知っていたが、今回初めて見た。あれ、言われているほど過激でも斬新でもないような・・・。そもそもどこかでこういうのずいぶん見たことあるような・・・。これは本作が斬新ではないということではなく、フォロワーが多くて今となってはフォロワーの作品の方に先に触れる機会が多く、元ネタである本作を見た時にはすでに新鮮さが失われているということだろう。逆転現象が起きてしまう。これは、発表された当時斬新と言われ、広く影響を与えた作品の宿命なんだろうけど、皮肉といえば皮肉かもしれない。映画の質と、経年に耐えられるのかというのはまたちょっと違う種類のことなのだろうか。瞬間風速的なすごさというのもあるんだろうな。
 ただ本作、おそらくキューブリックの監督作としてはベストというわけではないんだろうなという感じも。『博士の異常な愛情』の方が断然キレがいいし、スケールやショットの一つ一つの美しさで言ったら『2001年宇宙の旅』とかの方がいいんじゃないだろうか。本作、構成がちょっとユルくて緩慢に感じた。もっと短くできないかなーとか思ってしまう。

『凍氷』

ジェイムズ・トンプソン著、高里ひろ訳
ヘルシンキへ転勤したカリ・ヴェーラ警部。ロシア人富豪の妻が拷問殺人された事件を捜査するが、上層部から圧力がかかる。同時に、フィンランドはユダヤ人虐殺に加担したのではないかという、歴史の極秘調査と証言のもみ消しを命じられていた。ひどい頭痛に悩まされつつ、カリは捜査に奔走する。前作同様、カリの捜査は場当たり的な印象がある。物語を稼働させていくのは、謎解きよりもむしろ、カリが警官としての一線を越えそうな危うさ、そして、カリと妻ケイト、ケイトの妹弟との関係だ。前作ではアメリカ人であるケイトとの間にカルチャーギャップがあったが、今回はケイトの妹弟が、フィンランド文化に対する外からの目の役割を果たしている。また、国民性や文化だけでなく、本作では歴史を踏まえたロシアやドイツとの関係、歴史認識そのものについても言及されている。見たくないものは見ない、臭いものには蓋をするというのは、なかなか耳が痛い話だ。国の歴史だけでなく、カリとケイトの子供時代のトラウマも徐々に見えてくる。ケイトはカリに対して、本心を話してほしい、なんでも打ち明けてほしいという。カリはそれには時間がかかるんだと答えるが、彼が全てを妻に打ち明けることはないのではないか。愛や信頼があることと、何でも打ち明けあうこととは別のことだと考える人もいる。カリはおそらくそういうタイプなのだろう。それが破局につながりそうな予感がして不穏だ。

ギャラリー
最新コメント
アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ