3つ数えて目をつぶれ

映画と本の感想のみを綴ります。特に映画。ご連絡はhoto5now★yahoo.co.jp(お手数ですが★を@に変えてください)まで。

本題名た行

『ただの眠りを』

ローレンス・オズボーン著、田口俊樹訳
 72歳となった私立探偵フィリップ・マーロウ。メキシコで隠居生活をしていたが、保険会社からある依頼を受ける。溺死した不動産業者が本当に事故死だったのか調べてほしいというのだ。マーロウは妻で若く美しいドロレスと出会う。
 フィリップ・マーロウシリーズの「新作」として書かれたという本作。チャンドラー作品へのオマージュであるのはもちろんなのだが、チャンドラーの文体の模倣をちょっとやりすぎていて(笑)レトリックがくどい。妙に迂回する構造というか、どんどん足元がおぼつかなくなっていくストーリーラインも踏襲されている。ただ、読み進めていくうちにこなれていく(読む側が慣れるだけかもしれないけど)。カリフォルニアとメキシコの行き来をする話なのだが、それぞれの土地の雰囲気、異国感の描写が楽しい。また、マーロウの最晩年とまではいかないがそこそこ老化したなというちょっとした描写には、老人小説としての味わいがある。諸々の欲が薄くなっている感じだ。マーロウって若い時分のまま加齢していったら結構なクソおやじだったと思うのだが、そこはうまいこと丸くなったというか、老いに逆らっていない。ただ、弱い者を踏みにじる者への怒り、そういう行為を見逃せない所は健在。
 なお、さすがに殴られて気絶するお約束はもうやらないかなーと思ったら、気絶はちゃんとしていた。なぜか日本要素がちょいちょい出てきて(80年代が舞台なのだが流行していたのか?)、なんちゃって日本感(特に仕込み杖)に笑ってしまった。

ただの眠りを (私立探偵フィリップ・マーロウ)
ローレンス オズボーン
早川書房
2020-01-09


大いなる眠り (ハヤカワ・ミステリ文庫)
レイモンド チャンドラー
早川書房
2014-07-24


『他人の城』

河野典生
 作家の高田は、医者の三村から失踪した妹を探してほしいと頼まれる。箱入り娘として育った妹・真理は外泊を重ねた後、帰宅しなくなったというのだ。方々のバーで遊びまわっていたという真理は、ケイという男と懇意にしていたらしい。ケイは真理と何をしようとしていたのか。
 バーに集う自由だが怪しげな若者たちやヤクザ、ケイが所持していた麻薬など、何か大きな陰謀があるかのようににおわせつつ、ごく小さな箱の中の悲劇に集約されていく。作中ではチャンドラーというあだ名の登場人物(そのあだ名になった経緯はチャンドラーのある作品を読んでいないとぴんとこない、サービス的なもの)がいたり、何かと引き合いに出されるし、探偵が殴られて気絶するところも踏襲されている(マーロウはだいたい1作に1回は殴られて気絶するよね)が、作品のモチーフはむしろロス・マクドナルド的。若い人や弱い人への優しさ、とまではいかないが辛辣ではないところもロスマク的か。古い価値観で自分も身近な人も押しつぶしてしまう大人が複数名登場するが、そちらに対しては少々辛辣。さすがに時代を感じさせる部分もあるが、時代風俗を含めディティールの描写がいいハードボイルド。カバー装画(講談社文庫版)が司修でちょっと驚いた。

他人の城
河野 典生
アドレナライズ
2015-07-24


『血の収穫【新訳版】』

ダシール・ハメット著、田口俊樹訳
 ポイズンヴィルと呼ばれる町にやってきた、コンティネンタル探偵社の調査員である「私」。依頼者は地元の新聞社の編集長だが、到着するなり依頼人が殺されてしまう。ポイズンヴィルは鉱山会社の社長である依頼者の父親によって牛耳られていたが、社長が労働組合対策として呼び入れたギャングたちによって支配され、汚職まみれの町になってしまったという。社長から改めて町の浄化を依頼された「私」はギャングの抗争に足を踏み入れていく。
 旧訳で読んだときには、正直どういう話なのかぴんとこない所があったのだが、新訳は展開がよりスピーディに感じられた。スピーディであると同時に、「私」もギャングたちも妙に行動的に感じられる。そのくだり本当に必要?という部分もあるので、決してバランスのいい長編というわけではないのではないか。とは言え、プロット(全体的なプロットというよりも局地的な伏線の仕込み方がいいというか)も登場人物の造形もなかなか楽しかった。いわゆる「いい人」が「私」含めほぼ出てこない。悪人ではないけどちょっと嫌な奴とか性格に難ありな人ばかり。特に「私」も翻弄される女性の、とにかくお金が好きなの!姑息な取引やるけど文句ある!?的な堂々とした振る舞いがいい。

血の収穫【新訳版】 (創元推理文庫)
ダシール・ハメット
東京創元社
2019-05-31


血の収穫 (創元推理文庫 130-1)
ダシール・ハメット
東京創元社
1959-06-20


『ついには誰もがすべてを忘れる』

フェリシア・ヤップ著、山北めぐみ訳
 ケンブリッジの川でブロンドの女性の死体が発見された。被害者の日記によると、彼女は著名な作家マーク・ヘンリー・エヴァンズの愛人。しかしエヴァンズは彼女は単なるファンの一人で日記の内容は誇大妄想だと主張する。
 一見男女関係のもつれが絡んだありきたりなミステリだが、ある設定によりひねりが加えられている。作中世界では、記憶が1日で失われるモノ、2日で失われるデュオの2種に人間が分けられている。そのためiDiary(スティーブ・ジョブズが発明したんだって・・・)に毎日日記を記録し、それがその人にとっての過去の記憶になる。SF的な設定を加えた、特殊条件下ミステリと言える。日記に書かなかったことはなかったことになってしまうし、他人によって日記を書きかえる=記憶を改ざんすることも可能だ。日記の内容は基本的に「信用できない語り」となるし、その日記に基づき考え行動する人たちの言動もまた信用できない。どこまでが本当でどこが嘘なのか?誰が誰に罠をしかけたのか?という二重三重の謎がある。こういう条件の中で容疑者たちがどのように行動するのか、警察はどのように捜査していくのか(何しろ記憶があるうちに解決しないと案件の難易度が一気に上がる)という部分も面白い。
 デュオとモノの間にある記憶格差とでもいうべき差別意識や、長期記憶があったら世界は悪化する(恨みや怒りを維持することになるから)と考えられている等、背景設定が本作のポイント。記憶があるというのは大きなアドバンテージにもなるし人を狂わせることにもなる。ただ、終盤でいきなりトンデモ度が上がるんだよな・・・。やりたくなるのはわかるんだけど、ちょっと盛り過ぎでは。

ついには誰もがすべてを忘れる (ハーパーBOOKS)
フェリシア ヤップ
ハーパーコリンズ・ ジャパン
2019-02-16






『償いの雪が降る』

アレン・エスケンス著、務台夏子訳
 大学生のジョーは、課題として身近な年長者の伝記を書くことになる。介護施設で紹介されたカールは、30数年前に少女暴行殺人事件で有罪となり、末期がんで余命わずかな為に仮釈放されたと言う。カールはインタビューに応じるが、ジョーは彼に下された有罪判決に疑問を持ち始める。
 カールは本当に犯人なのか、彼の過去に何があったのか、そして彼がなぜ裁判の後口を閉ざし、今話す気になったのか。更にジョーはなぜ課題の一環という枠を越えて事件を追い続けてしまうのか。ジョーやカールだけでなく、登場する人々それぞれの過去が現在を追いかけ続けているような構造。過去からの逃げられなさが切ない。ジョーは自分が過去に犯したと感じているある罪の償いの為に、掻き立てられ続けているように見える。その焦りが時に軽はずみな行動をとらせ、危なっかしい。頭は悪くないし意外と腕っ節も強い(バーの用心棒経験があり見た目より動ける)のに、肝心な所で思考がフリーズしているみたいだ。彼は家庭環境にも問題があって、大学進学したものの家族が足かせになり続ける。愛情故に家族を断ちきれない所がまた切ないし痛ましい。それはあなたのせいではないんだよ、とジョーにも彼の隣人ライラにも言ってあげたくなる。なお邦題は原題とはだいぶ違うのだが、翻訳がいい仕事していると思う。

償いの雪が降る (創元推理文庫)
アレン・エスケンス
東京創元社
2018-12-20





さよなら、シリアルキラー (創元推理文庫)
バリー・ライガ
東京創元社
2015-05-10

『第七の太陽(上下)』

ケント・レスター著、石垣憲一訳
想定外の大規模自然災害「ブラック・スワン事象」の予知プログラムをニューロシス社で開発していたダン・クリフォードは、社長と対立し解雇されてしまう。社長の強引な方針に何か裏があると感じたダンは、ホンジュラスの自社工場で不審な点を発見。更にダイビング中に死体を発見する。その死体の関係者である生物学者レイチェルと共に事件を追うことに。ニューロシス社の動きの背後には、更に大きな策略が潜んでいた。
海洋サスペンスに企業間の謀略、ダイイングメッセージに更に収拾つかなそうな大問題の発生という、盛りに盛ったサービスの良さ。あらゆるジャンルを詰め込めるだけ詰め込んだ感じだ。とはいえ、荒唐無稽になりすぎていない(いや荒唐無稽ではあるけどなんとなく納得させられちゃう程度の科学「ぽさ」が設定されている)匙加減がちょうどよかった。ストーリー展開は結構目まぐるしく派手なのだが、主人公であるダンは意外と普通の人で、強い個性はない。真正直でちょっと頑固なくらいだ。彼とコンビを組むことになるレイチェルの方が、冒頭の南極での一幕でもわかるように気風が良く大胆でキャラが立っている。レイチェルに限らず、脇役の方が個性がはっきりしているように思った。ただ、これは作品の難点ではなく、周囲が目まぐるしいからダンの普通さが中和剤になっているのだ。バランスがとれている。

第七の太陽(上) (海外文庫)
ケント・レスター
扶桑社
2018-07-01





第七の太陽(下) (海外文庫)
ケント・レスター
扶桑社
2018-07-01

『トム・ハザードの止まらない時間』

マット・ヘイグ著、太谷真弓訳
 トム・ハザードは歴史教師としてロンドンの学校に赴任する。彼がこの街に戻ってきたのは400年振りだった。彼は「遅老症(アナジェリア)」と呼ばれる非常に老化が遅い体質だった。周囲と違う時間を生きる彼は、住む土地を点々とし人目を避けていたが、遅老症の人々による組織「アルバトロス・ソサエイティ」が彼に接触し、身分とお金を提供するようになったのだ。彼のたった一つの望みは、同じ体質の自分の娘と再会すること。
 老化が遅いトムは、愛する人と一緒に老いることはできない。一定期間同じ場所に住んでいたら外見の変わらなさを疑われ、化けもの扱いされる。彼の母親は魔女狩りに殺され、それはトムの心に深い傷を残している。アルバトロス・ソサイティは、自分たちにとって愛は忌避すべきものだとトムを諭す。しかしトムはそこまで自分の心をコントロールすることはできず苦しむ。
 彼は一般の人とは人生の長さが違うし体感している時間も違うだろう。しかし時間そのものは普通の人にも遅老症の人にも同じように流れている。同じ時間を生きていれば他の人に惹かれることも情が深まることもある。しかし何らかの関係が出来てもそれは壊していかざるを得ない。全く別の世界を生きるわけにいかないという所が辛いのだ。この切なさが全編に満ちている。人が生きている上で、誰かとの深い関わり、愛情というものがいかによすがになっているか、それを禁じられているトムの視線を通しているからこそ際立つ。愛情を恐れなくなった時、トムは時間を恐れなくなるのだ。

『テニスコートの殺人』

ジョン・ディクスン・カー著、三角和代訳
 雨上がりのテニスコートで名家の青年の絞殺死体が発見された。遺体はコートの中央付近で仰向けに倒れているが、そこへ続く足跡は被害者のものと、遺体の発見者であり青年の婚約者であるブレンダのもののみ。彼女は無実を訴え、ブレンダに思いを寄せるヒューは、彼女を守りたい一心でアリバイ工作をしてしまう。しかし彼女が無実だとすると、殺人はどのように行われたのか?
 カーといえばオカルト感という先入観があったが本作はオカルト感一切なく、予想外の軽妙さ。若者たちの三角関係というベタなロマンス要素もあって楽しく読んだ。こいつは嫌らしいキャラですよ、という造形がなかなかうまく、嫌さの種類に実感がある。すごくモテるし愛されるタイプであるが故の嫌さの造形がいい。そして真犯人がとにかく下衆い!ヒューとブレンダの工作が状況の予想外の変化によりどんどん裏目に出ていくというくだりはコメディぽくも読めるし、展開が結構早くリズミカル。これは新訳の良さかもしれない。トリックは一応ちゃんと物理的な説明がついているのだが、トリックそのものよりその状況にもっていく口実に笑ってしまった・・・それはさすがに無理が・・・。なお解説によるとカー本人も認めている通り、小説の構成がひとくだり余分になっているところは勿体ない。無理に長くしようとしてしまったそうだ。

テニスコートの殺人【新訳版】 (創元推理文庫)
ジョン・ディクスン・カー
東京創元社
2014-07-20


三つの棺〔新訳版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
ジョン・ディクスン・カー
早川書房
2014-07-10


『タコの心身問題 頭足類から考える意識の起源』

ピーター・ゴドフリー=スミス著、夏目大訳
心、意識はどのように生じてきたのか。哲学者であり熟練のダイバーでもある著者が、生物の進化を追いつつ、脊椎動物とは全く異なる頭足類、タコやイカの仲間の生態の観察から、生き物の心の存在を考える.
本著の冒頭で、原文のmindに「心」、interlligenceに「知性」、consciousnessに「意識」という訳語を当てていることが編集部により記されている。加えて、英語のmindは心の機能の中でも思考、記憶、認識という人間で言う所の主に頭脳の働きを想起させる言葉だと解説されている(なので本著内で言う「心」は英語での意味)。いわゆる日本語で言う「心の動き」とはちょっと異なるということだ。タコの「心」、精神活動についてもこの英語/日本語の差異と似たところがある。人間が想像するタコの精神活動はあくまで人間の視点によるもの、タコの精神世界はタコ独自のもの、タコの身体に基づいたものだという本著の内容が、この前置きに既に現れている。タコの知能が高いという話は聞いたことがあったが、本著によると思っている以上に頭がいい(ただ人間にとっての「頭の良さ」とはちょっと違う所もある)。映画『ファインディング・ドリー』で描かれていたタコの行動はちゃんと事実に基づいていたんだな・・・。基本群れない生き物だが条件によっては小さい社会のようなものを形成するという所や、好奇心旺盛で「遊び」的な行動も見せるという所は新鮮だった。彼らの知能は定型を持たない身体と深く関わっているらしいという点も。ガワが決まると中身も決まるという側面はあるんだろうな。

『読書で離婚を考えた』

円城塔・田辺青蛙著
 芥川賞受賞者であるSF作家の夫と、フィールドワークを得意とするホラー作家の妻が、お互いに本を勧めあい感想文を書く、そしてまた相手へのお勧め本を提示するというリレー形式のエッセイ。
 本著、感想文、書評としてはあまり機能していないように思う。小説以外での円城の文章を読んだことがあまりなかったので、こういう軽い文も書くんだなと(すいません先入観が・・・)新鮮ではあったが、取り上げられている本を読みたくなるかというとそうでもない。本著の面白さは、感想文リレーをする夫婦の噛み合わなさ、方向性の違いがどんどん露呈していく様にある。本の好みはもちろんだが(円城はやはり論理と思念の世界の人で、田辺は実存・体験の人)、料理の作り方にしろ、観光の仕方にしろ、全くタイプが違う。本を勧め合うことによって歩み寄ろうという企画だったはずなのに、むしろどんどん乖離していくし理解が深まったというわけでもない。この2人なぜ結婚したの?!と突っ込みたくなるのだが、夫婦って往々にしてこういうものなのかもしれない。生活の上で協力し合える、一緒に暮らせることと、性格や好みの方向性は必ずしも一致しないのだろう。少なくともここだけ合っていればOK、みたいなポイントが組み合わせごとにあるんだろうな。いやー人間て本当に不思議・・・。なお私は円城が勧めている本の方が好み(既に読んでいるものもあったし)です。

読書で離婚を考えた。
円城 塔
幻冬舎
2017-06-22


ギャラリー
最新コメント
アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ