3つ数えて目をつぶれ

映画と本の感想のみを綴ります。特に映画。ご連絡はhoto5now★yahoo.co.jp(お手数ですが★を@に変えてください)まで。

本題名さ行

『サイレンズ・イン・ザ・ストリート』

エイドリアン・マキンティ著、武藤陽生訳
 フォークランド紛争の余波で、さらなる治安の悪化が懸念される北アイルランド。スーツケース入った切断された死体が発見される。捜査を開始したショーン警部補は、スーツケースの持ち主だった軍人も何者かに殺害されたことを突き止める。当時の捜査ではテロの犠牲になったと考えられていたが、ショーンは現場の状況に不自然さを感じる。
 『コールド・コールド・グラウンド』に続くシリーズ第二弾。最初に派手な死体が登場、手掛かりも人員も時間も乏しいなか中盤すぎるまでショーンたち捜査陣が右往左往し、後半急展開するというパターンは著者の手くせなのか。面白いけど、あまり細部まで詰めて書くタイプの作家じゃない気がする(笑)。今回とうとうショーンは独断でアメリカでの捜査に踏み切るが、彼の責任感や正義感を屁とも思わない強固な背景が立ち現れる。この歯牙にもかけられない感じ、大国にとってのアイルランドの存在とダブるようで、ショーンの悔しさと諦めが苦い。またテロが常態化している地域で警官を続けることのプレッシャーと無力感も前作よりもより強くにじみ、ある悲劇が辛い。原因はそれだけではないだろうにしろ、もう耐えられなくなっちゃうんだろうな・・・。なお今回も時代背景を色濃く感じさせる音楽や映画等サブカルチャー情報の入れ方が楽しい。ショーンの音楽や読書の趣味がよくわかる。ショーン、前作でも披露されていたけど文学の素養が相当ある人だよね。カソリックだということを差し引いても警察内では異色なんだろうな。

『紳士と猟犬』

M・J・カーター著、高山真由美訳
 1837年、東インド会社はインドの大半を支配していた。読書好きの若き英国軍人ウィリアム・エイヴリーは、ジェレマイア・ブレイクという英国人に親書を届ける任務を命じられる。ブレイクはインドに精通し何か国語も操る有能な男だというが、東インド会社には反抗的で、隠遁生活を送る変人だと言う。ブレイクへの指令は、失踪した著名な詩人ゼイヴィア・マウントスチュアートの捜索。それにエイヴリーも同行することになった。大ファンであるマウントスチュアートの後を追う任務とは言え、現地に馴染んだブレイクの振舞いはエイブリーには理解できず、不満はつのるばかりだった。
 英国植民地下のインドが舞台だが、エイヴリーは現地の言葉は理解できないし文化にも無知で、インドに嫌気がさしこの国を見下している。野蛮な生活様式を英国文化で近代化できるのだから、英国が統治するのは妥当、むしろ良いことだというわけだ。これは当時の一般的な英国人の価値観で、エイヴリーが特に無知で愚かというわけではない(エイヴリーは決して頭のいい人ではないけど・・・)だろう。時代小説として、当時の植民地を巡る考え方、価値観が描かれている部分が(その嫌さを含め)面白い。自分たちの正しさを疑わないということは、どんな形であれちょっと恐ろしいのだ。その疑わなさをり
 エイヴリーとブレイクのバディシリーズ(日本では未翻訳だが続編がある)だが、本作ではまだバディとは言い難い。少々浅はかな若者であるエイヴリーの行動はブレイクをイラつかせ、インド文化を尊重するブレイクの言動はエイヴリーに不信感を持たせる。そんな状態が長いので、双方が少しずつ相手を認めていく様にはちょっとホロリとさせられた。またバディという面では、ブレイクとマウントスチュアートの「かつてのバディ」感を匂わせるやりとりにはニマニマしてしまう。続編が出たら読みたい。

紳士と猟犬(ハヤカワ・ミステリ文庫)
M・J・カーター
早川書房
2017-03-09


ジャングル・ブック (新潮文庫)
ラドヤード キプリング
新潮社
2016-06-26


『ソロ』

ラーナー・ダスグプタ著、西田英恵訳
 ブルガリアの首都ソフィアでうらぶれたアパートに暮らす盲目の老人ウルリッヒは、貧しく、家族も親族もいない。ご近所の厚意に助けられて暮らしている彼は、自分の子供の頃からの記憶をひもといていく。一方、ブルガリアの田舎町に生まれた少年ボリスは幼い頃に両親を亡くすが、音楽の才能を開花させていく。更にグルジアの首都トビリシで豊かな家に生まれたハトゥナとイラクリ姉弟は、共産主義の崩壊と共に没落の一途をたどる。
 第一楽章「人生」ではウルリッヒの、第二楽章「白昼夢」ではボリスとハトゥナ、イラクリの人生が描かれる。第一楽章と第二楽章は語り口のテイストやリアリティラインが微妙に異なり、なぜ一見ウルリッヒとは関係なさそうな人たちの話を?と思うかもしれない。しかし第二楽章は第一楽章の変奏、つまりウルリッヒの人生の変奏曲なのだ。第一楽章を読む限りでは、ウルリッヒの人生は何者にもなれなかった、全て徒労に終わったようなものと捉えられるかもしれない。ウルリッヒ自身も、そう思ってきただろう。しかし、彼の内的世界の豊かさは別の物語を作り上げる。それは決して徒労ではないし、みじめな行為ではない。自分の人生を受け入れる為の作業なのだ。第一楽章での様々な局面、要素が第二楽章に織り込まれており、ボリスもハトゥナもイラクリも、あったかもしれないウルリッヒの人生の一部だ。人間はなぜ物語を必要とするのか、物語の効用とはどんなものなのかを体現する作品だと思う。
 読み終わると、題名『ソロ』正にその通りの内容なのだと納得するだろう。また各楽章内の章タイトルは、メイン登場人物の属性や指向を象徴するのだろうが、時に彼らの人生との矛盾を感じさせ切なくもある。なお、功利と精神性を理解しない物質主義を体現したようなハトゥナの造形が、少々ミソジニーを感じさせるものなのは気になった。

ソロ (エクス・リブリス)
ラーナー・ダスグプタ
白水社
2017-12-23



東京へ飛ばない夜
ラーナ ダスグプタ
武田ランダムハウスジャパン
2009-03-12


『三人目のわたし』

ティナ・セスキス著、青木千鶴訳
 エミリーはある日、家族の前から姿を消した。愛する夫ベンと可愛がっているチャーリー、両親、そして双子の妹キャロラインを捨て、名前も変え、別人として新生活を始めたが、過去の出来事は彼女を苛み続ける。
 ミステリとしての巧みさというよりも、エミリーの語りは主観による断片的なものなので、とにかく彼女に何が起きたのか知りたいという好奇心によって先が読みたくなる。とは言え彼女に起きた悲劇の内容は割と早い段階で何となくわかってしまうし、多分ここで語りによるミスリードをしたいんだろうな、という部分もわかってしまう。触れ込み程には「衝撃」はない。とは言え飽きさせない作品ではある。そして飲酒とドラッグには本当に気を付けないと・・・特にエミリーのように決して強いわけではない人は。

三人目のわたし (ハヤカワ・ミステリ文庫)
ティナ セスキス
早川書房
2017-01-24


シンデレラの罠【新訳版】 (創元推理文庫)
セバスチャン・ジャプリゾ
東京創元社
2012-02-29







『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ』

辻村深月著
 チエミが母親を殺して行方不明になってから半年。幼馴染でフリーライターのみずほは、チエミの行方を追い、かつての級友や恩師を訪ねる。一見非常に仲の良い親子だったチエミと母になにがあったのか。
 地元の幼馴染、かつての同級生という狭いサークル内の人間関係は、時に親密だが時に息がつまりそう。都会に出たみずほと級友との「その後」の人生のそこはかとないギャップや羨望が、感情をざらつかせる。この人は自分が思っていたような人なのかどうか、という対人関係における問いが、常に突きつけられるのだ。級友らだけでなく、みずほの家族についても、そしてチエミについても。チエミがみずほにとって、みずほがチエミにとってどういう存在だったのか、みずほ自身が自覚していく過程でもある。短い第2章がぐっと心に迫る。こういう人だったのか!とはっとするのだ。


対岸の彼女 (文春文庫)
角田 光代
文藝春秋
2007-10-10






『生か、死か(上、下)』

マイケル・ロボサム著、越前敏弥訳
 死者4人を出した現金輸送車襲撃事件の共犯として、10年の刑に服していたオーディ・パーマー。盗まれた700万ドルの行方を知る人物と見なされていた彼は、獄中で散々脅されたが、情報を漏らすことはなかった。そして刑期満了の前夜、彼は突然脱獄する。明日、合法的に出所する予定の男がなぜ脱獄を図ったのか?
 オーディはなぜこのタイミングで脱獄したのか、オーディと同房だったモスにオーディ追跡を命じたのは誰なのか、そして襲撃事件の真相は。いくつもの謎が平行して解き明かされていく過程は、正にノンストップで抜群の面白さ。オーディが守ろうとしているものは何なのか、果たして逃げ切れるのか、ハラハラドキドキが止まらない。オーディの人物造形がとてもいい。勇気がある、頭がいい、優しい、あるいは腕っぷしが強い主人公は多々いるが、高潔さ・公正さで魅了する主人公はなかなか最近見ない所だった。終盤(本当に最後の最後のあたり)オーディがある人物と再会するシーンで、彼の高潔さが自分だけでなく周囲にも厳しい状況の中で自分を保つ勇気を与え、支えたのだとわかるシーンがあり、作中最もぐっときた。

生か、死か (ハヤカワ・ミステリ文庫)
マイケル ロボサム
早川書房
2018-03-06


容疑者〈上〉 (集英社文庫)
マイケル ロボサム
集英社
2006-10-01


『ジャック・グラス伝:宇宙的殺人者』

アダム・ロバーツ著、内田昌之訳
 遥か未来の太陽系、人類はウラノフ一族を頂点とする階層制度に組み込まれていた。その制度を脅かす宇宙的殺人者ジャック・グラス。彼が遭遇する事件は、絶対不可能に思えるものばかりだった。プロローグでいきなり「読者への挑戦」をかましてくる、ただし犯人はジャック・グラスに確定されているというなかなかの見得のきり方。
 著者にとっては古典SFと古典本格ミステリの融合を目指した作品だそうだが、SF要素はかなりハード、対してミステリ要素は一歩間違うとバカミスという(特に1本目のオチはそ、それ大丈夫なの~?!と吹きそうになる力技)かなり奇妙な味わい。しかしミステリとしての解答がSF設定と合致している、SFあありきのミステリなあたり、やはりSF濃度の方が高いんだろうなぁ。作中、流れ出た血が地面に平べったくなっているのを見て登場人物が違和感を感じるシーンがあるのだが、基本無重力に近い世界なので、液体は粒上になって空中に浮遊する、「地面に血が流れる」という現象自体が滅多にないということなんですね!




『声優 声の職人』

森川智之著
 1987年のデビュー以降、声優として第一線で活躍し続け、アニメの他に洋画吹替えの実績も多い著者が語る自身のお仕事歴と声優という職業。
 巻末の著者出演作一覧が圧巻のタイトル数。著作というより、聞き取りを文字起こししたような、敷居の低い読みやすさ。近年、人気声優による新書が複数リリースされているが、まさか岩波新書から出るとは・・・。内容は声優という職業に多少興味がある人にとっては特に新鮮味はないのだろうが、最近の業界傾向が垣間見える所、そして事務所社長でもある著者が考えるマネージメントの役割等に言及している所は面白い。最近の若手声優は声質、演技の方向性がわりと均一だなーという印象だったが、同業ベテランから見てもそうなんだな・・・。また洋画吹替え仕事が多い、何と言ってもトム・クルーズ声優である著者ならではのエピソードも。声優志望者がまず心がけることとして、「日本語をきちんと読み・喋れること」を挙げているのは盲点だった。普通のことすぎると思っていたけど、文章を正しく読む(文字通りの読む行為でもあり、文脈を理解する行為でもある)・全部の音をむらなく発声するのが必須だと言う。国語の勉強をちゃんとしろ!というとても基本的なアドバイスがあった。
 そして帝王森川といえばBLのお仕事だが、BL関連の章に掲載された写真に対する編集者註が他の章と比べて妙に饒舌、かつBLCDは編集者私物とわざわざ但し書きがあり、えっ岩波・・・ってなった。

声優 声の職人 (岩波新書)
森川 智之
岩波書店
2018-04-21


声優魂 (星海社新書)
大塚 明夫
講談社
2015-03-26

『喪失のブルース』

シーナ・カマル著、森嶋マリ訳
 バンクーバーにある探偵事務所の助手として、人探しを専門にするノラ。かつてはアルコール依存症に苦しみ、今も一見ホームレスのような暮らしをしている。ある日、ノラは裕福な夫婦から、失踪した15歳の娘を探してほしいと依頼される。その娘は、ノラがかつて産み、養子に出した子供だった。
 探偵事務所が入居しているビルの地下にこっそり間借りし、相棒の雌犬ウィスパー以外とは親密な関係を持たないノラ。非常に鋭い観察力で嘘を見抜くが、そのため自分が嘘をつくことにも強い抵抗がある。ストーリー展開がちょっと右往左往する(一盛り多くないかな?という気がする)のだが、彼女の独自のルールに基づいた行動に引き付けられた。ノラは、娘の存在を知らされ自身の過去を掘り起こさざるをえなくなっていく。封印した過去と再び向き合うというパターンのミステリ作品は多々あるが、本作はノラが過去から逃れようとしても逃れらない様がひしひしと苦しそう。過去が襲ってくるというのはこういうことか。苦しいから調査にも積極的ではないのだが、やがて後戻りできない領域に踏み込んでいく。彼女を突き動かすのは娘への愛とは少し違うだろう(責任感ではあるだろう)。過去への怒りや憎しみを振り切る為、自分の人生を再び掴む為のものに思えた。

喪失のブルース (ハーパーBOOKS)
シーナ カマル
ハーパーコリンズ・ ジャパン
2017-10-17


探偵は壊れた街で (創元推理文庫)
サラ・グラン
東京創元社
2015-04-13

『少年が来る』

ハン・ガン著、井出俊作訳
 1980年、韓国全羅南道の光州を中心に起きた民主化抗争、光州事件。戒厳軍の武力鎮圧によって、未成年を含む多数の市民が犠牲になった。抗争の中で生き残った者、死んでしまった者、そして残された者たちが自らの人生を語り始める。
 先日読んだ千雲寧『生姜(センガン)』と裏表のような作品だった。『生姜』は軍の側から、本作は鎮圧された市民たちの側から暴力が描かれる。光州事件については何となく知っていると言う程度だったのだが、こんなに死者が出ていたのかと茫然とした。殺された者の言葉として、ありありと状況が立ち上がってくるのだ。生き残った者も、死者の遺族も、暴力の記憶。喪失の記憶に苦しみ続ける。多くの人の人生が一つの出来事で決定的に蝕まれてしまうということが、ひしひしと伝わってくるのだ。事件の調査に当たり生存者の証言を収集する研究者に対しする証言者の言葉の節々には、(その場にいなかった)あなたに何がわかるのかという怒りとも諦念ともつかない感情が滲み、言語化しつくせない苦しみを言葉として残すというのはどういう試みなのか、また茫然とするのだ。




ギャラリー
最新コメント
アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ