3つ数えて目をつぶれ

映画と本の感想のみを綴ります。特に映画。ご連絡はhoto5now★yahoo.co.jp(お手数ですが★を@に変えてください)まで。

本題名さ行

『戦争と平和 (1~6)』

トルストイ著、藤沼貴訳
 フランスから帰国した後莫大な遺産を相続する貴族のピエール、その親友の士官アンドレイ、アンドレイの妹で傲慢な父親に尽くし敬虔なキリスト教徒のマリア、ロストフ伯爵の長男で少々頼りないニコライ、その妹で美しく奔放なナターシャ、ニコライとソーニャの従弟でニコライを深く愛するソーニャ。貴族階級の若者たちを中心とした大勢の登場人物が、ナポレオンによるロシア侵攻とその失敗という歴史上の出来事を背景に、1805年から1813年にかけて繰り広げる大河ドラマ。岩波文庫版で読んだ(岩波版は全6巻で訳者のコラムが途中に挿入されている所が特徴)。
 言わずと知れたトルストイの大長編小説。とにかく長いというイメージがあり今まで手に取るのをためらっていたのだが、思い切って読み始めてみた。予想外だったのは、いわゆるドラマとしての小説以外の部分がかなり多いということ。本作、ピエールらを中心とした人間ドラマであるのはもちろんなのだが、ナポレオンら実在の人物たちによる史実を元にした歴史ドラマパートがあり、更にトルストイの「俺史観」的なものが相当な熱量で展開されているのだ。訳者の解説によると本当はもっと「俺史観」パートが多かったところ、家族や友人の反対により削ったのだとか。家族と友人、反対してくれてありがとう・・・もっと強く言ってくれても良かったのよ・・・。歴史を動かすのは特定の重要人物(それこそナポレオンのような)の動向ではなく、突出した人物はあくまでパーツの一つ、人民個々の動きの呼応から生じる流れの総体が歴史なのだというトルストイの歴史観は当時は斬新だったのかもしれないが、今読むと特に面白みがあるものではないので、大変申し訳ないが所々読み飛ばさせて頂きました。
 とは言え、リーダビリティは意外と高い。ピエールらによる大河ドラマ部分はそれこそ連ドラのように引きが強く、ドラマティックな要素をどんどん盛ってくる。そこそこ下世話なメロドラマとしてつい先へ先へと読んでしまう。当時のロシアの貴族階級の生活が垣間見えるという面白さもあるのだが、人間の心性は100年、200年程度だと大して変わらないという事実を目の当たりにした感がある(それを捉えて如何なく表現したトルストイがすごいということなのだろうが)。登場人物の誰もが立派になりきることもできず、かといって邪悪というわけではなく、ほどほどに情けなく頼りなく、それでも成長していく。人間の一様でなさ、一人の人間の中に起こる変化を長いスパンで見ていくことが出来る。それにしてもトルストイ、人の欠点の設定の仕方が上手い!善人でもつい意地悪さが出てしまう所や、外見上の残念さの表現が丹念で底意地が悪いなぁと思った。

戦争と平和〈1〉 (岩波文庫)
トルストイ
岩波書店
2006-01-17

戦争と平和〈2〉 (岩波文庫)
トルストイ
岩波書店
2006-02-16

戦争と平和〈3〉 (岩波文庫)
トルストイ
岩波書店
2006-03-16

戦争と平和〈4〉 (岩波文庫)
トルストイ
岩波書店
2006-05-16

戦争と平和〈5〉 (岩波文庫)
トルストイ
岩波書店
2006-07-14

戦争と平和〈6〉 (岩波文庫)
トルストイ
岩波書店
2006-09-15

『その犬の歩むところ』

ボストン・テラン著、田口俊樹訳
その犬は暴風雨の夜、ひどい怪我をし道路に倒れているところを見つかった。その犬の名前はギブ。彼の身に何が起き、なぜその道路に辿りついたのか。
ギブと名付けられた犬の旅路が中心にあるが、犬は主人公であると同時に、この物語の媒介でもある。ギブに関わることで、彼を愛した、あるいは迫害した人間たちの物語も浮かび上がってくるのだ。犬は何も語らないかわりに、彼と相対する人間の姿を鏡のように映し出す。愛情に対しては愛情をまっすぐ(大体何倍もにして)返してくる犬の姿には犬好きならずとも、ぐっとくる。そのまっすぐな信頼、愛情を受けることで、時に人間たちの人間としての最良の部分が発揮されるというのにも、ぐっとくる。犬だけではなく人間たちも様々な形で深い傷を負っているが、傷と傷が共鳴しあい、お互いに回復していくのだ。911を、イラク戦争を、そしてハリケーン・カトリーナを背景にした、俯瞰による語り口は現代アメリカの神話のようでもある。

『〆切本』

左右社編集部編
作家に〆切はつきものだが、その〆切に苦しめられる話ばかり94篇を集めたアンソロジー。日本の作家に限定し、テーマの性質上随筆が中心だが、これ他国のものも集めると面白いだろうなぁ・・・。わざわざ〆切について書くくらいだから〆切が迫って苦しむ作家が殆ど。期日が迫っているのに頭に何も浮かばない、時間に余裕があるうちはさっぱりやる気にならず期日が迫ってようやく着手など、作家ならずとも「あるある!」と握手をしに行きたくなるようなエピソードが目白押しだ。ただ、現代の作家の〆切話はそれほど過激ではない。皆わりとちゃんとしている。いわゆる「文豪」の方々のエピソードの方がスケールが大きいというか、(お金と時間に)おおらかで文士がある意味甘やかされている時代があったんだな・・・と世知辛い気持ちにも。特にすごいなと思ったのは内田百閒。そ、その本末転倒な資金繰りは何だよ!その時間で原稿書けよ!まあ百閒の場合、このエピソードに限らず、よくこの人生活できてたよなーという話がいっぱいあるけど・・・。

『女装して、一年間暮らしてみました。』

クリスチャン・ザイデル著、長谷川圭訳
脚の冷えに耐えかねて、試しに女性用ストッキングをはいてみた著者は、女性の世界にはこんなにいいものがあるのか!と衝撃を受ける。徐々に女性が身に着けるものに関心が向くようになり、全身女装してみたらどんな気分かという「実験」に着手する。
冷えるがモモヒキ的なやつは苦手という著者。男性用ストッキング的な物はドイツにはないのか・・・(日本にはありますよね)。それはさておき、著者は女装している間、特にメイクや着こなしに慣れてからは、男性の恰好をしている時よりも解放感を感じ、それが女装に対する愛着に拍車をかけていく。著者は、「男性」として振舞えという社会的な要求、男性同士のコミュニケーション(このあたりは、著者がTV業界で働いていたという職場環境も大きかったのかも)に大きなプレッシャーや不快感を感じていたのだと気付いていく。そして女性ってなんて自由で素晴らしいんだ!と感激するのだが、この時の「女性」とは、あくまでもヘテロ男性(著者は女装はするが性的嗜好はヘテロで妻もいる)である著者が思う所の「女性」にすぎない。女性の良い(と著者が思っている)面しか見えていないのだ。しかし、女性として振舞ううちに、徐々に女性も社会が要求する「女性」を演じているのであって決して自由ではない、やはりプレッシャーに脅かされているのだと思い当たる。著者が女装をやめると、女装時にちやほやしてくれた女友達は一斉に遠ざかっていくのだが、外見、装いによるカテゴライズって相手が同一人物だとわかっていても、なされてしまうのだ。著者のアプローチは少々一方的だし、聞き取りをする女性達の傾向にも偏りがある(全ての女性がいわゆる女性ならではの装いを好んでいるわけではないだろう)。やはり「男性」側の見方にすぎないきらいはあるのだが、自分たちが自覚している以上に「~らしさ」「~のように見える」ことに縛られているという立証実験として、著者の心身の変化も含め面白かった。自分のメンタルの変化について、ちゃんと専門医に意見を求めにいくところはジャーナリストっぽいし、医者がその問いに真面目に答えるところは誠実。冗談扱いしないのだ。

『その雪と血を』

ジョー・ネスボ著、鈴木恵訳
殺し屋のオーラヴ・ヨハンセンは、ボスから新しい依頼を受ける。ターゲットは浮気をしているらしいボスの妻。いつものように仕事をこなすつもりだったが、彼女の姿を見た瞬間、オーラヴは恋に落ちてしまう。
著者の作品は結構なボリュームがあるというイメージだが、本作は比較的短い。しかし濃度は高い。殺し屋とファム・ファタール的美女という古典的なノワール小説の装置だが、陰影が深くとても魅力ある作品。主人公オーラヴは難読症で、文字の読み書きは困難、かつ数字の計算が出来ない。「普通」の仕事が出来ない彼が唯一こなせるのが殺しなのだ。とは言え、読んでいるうち、オーラヴは読み書きは苦手だが小説、物語に愛着があり、文学の素養を持つことがわかってくる。オーラヴは自分の物語が欲しいのだ。何も持たなかった彼が、自分自身の物語を生きられるかもしれないと思ってしまったことで、彼の人生が大きく変わってしまうとも言える。生き方を変えられるかもしれない、別の居場所があるのかもしれないという可能性が全くない人生は、あまりにも苦しい。その可能性を追うことが自滅行為だったとしても。クリスマスの時期のノルウェーの寒々とした情景と、オーラヴの仕事の凄惨さ、そしてわずかなセンチメントが入り混じり、はかなくも印象深いノワール小説。

『人生でムダなことばかり、みんなテレビに教わった』

戸部田誠(てれびのスキマ)著
お笑い芸人、アイドル、俳優、ゆるキャラ等、テレビでよく見かける人たち100人の生きる姿勢を、その人の明言珍言から考察するコラム集。雑誌連載を書籍化したものだが、文庫でのリリースというのが内容にあっていて、これは英断だと思う。構えず手軽に手に取れる。同時代にテレビを見ている者としてとても楽しい。引用は取り上げた対象の発言(テレビ番組内にしろ雑誌等のインタビューにしろ)というところは徹底しており、著者の生粋のテレビっ子ぶりが存分に発揮されている。芸能人のテレビや雑誌における発言はある種のフィクションではあるだろう。しかしその隙間から、その人の素が垣間見える、その瞬間を著者は逃さない。テレビはくだらないと言われがちだけど、そのくだらなくてムダな部分を著者は愛しているし、そこがテレビの良さだろう。有意義なテレビってそんなに見る気にならないんだよな(笑)

『制裁』

アンデシュ・ルースルンド、ベリエ・ヘルストレム著、ヘレンハルメ美穂訳
少女連続殺人犯が、移送中に逃走した。市警のベテラン刑事であるグレーンス警部率いるチームは懸命に犯人を追う。一方、作家のフレドリックは少女連続殺人犯逃亡のニュースをテレビで見て、衝撃を受ける。その男は、娘を保育園に送っていった時に見かけた人物だった。
著者の1人であるルースルンドは、昨年日本で『熊と踊れ』(ステファン・トゥンベリとの共著)が発行され評判になった作家。本作の方が前々から書いているシリーズのようだ。本作がデビュー作だそうだが、最初から足腰しっかりとしている。プロローグからして嫌な事件の臭いがぷんぷんとするし、予想通り陰惨な事件なのだが、その結末の更に後があるというところがユニーク。普通だったらここで終了というところから、物語の焦点が移動する。題名の「制裁」が意味するところが、うすら寒くなるような形で立ち現れてくるのだ。読んでいる側を含め、誰でも一歩間違うと「制裁」に加担してしまうのではないかという怖さがある。その「制裁」が世の中を正したかのように見える、しかしそれが正当だと判断するのは誰なのか?正しさの裏付けはどこにあるのか?制裁する資格というものがあるのか?と問いかけてくる。「制裁」をした人にとってはあくまで個人的なものだったはずなのに、それが波及していく過程とその結果のねじ曲がり方が、人間のどうしようもなさを思わせ辛い。

『スペース金融道』

宮内悠介著
人類が最初に移住・開拓に成功した太陽系外の星、通称、二番街。新生金融の二番街支社に勤務する“ぼく”は、上司ユーセフと共に債権回収に励んでいる。顧客の多くは大手があまり相手にしないアンドロイド。アンドロイドだろうがコンピュータウイルスだろうがバクテリアだろうが返済能力がある奴には貸す、そして核融合炉内だろうと零下190度の惑星だろうと地獄の底だろうと追いかけて取り立てるというのが会社のモットーだ。要領のいいユーセフとは違い、ぼくは貧乏くじばかりをひいていく。
取り立て屋コンビが活躍する連絡短篇集。先日読んだ著者の『彼女がエスパーだったころ』はしっとりとした中にミステリ的なトリックを織り込んでいたが、本作は著者初といっていいくらいの軽いノリ、かつガチなSF。アンドロイドが人間と同じように生活する、しかし人間と対等とは言い難い世界が舞台で、ロボット三原則ならぬアンドロイド三原則も登場する。債務者はアンドロイドだけではなく、それどうやって取り立てるんだよ!そもそも何に金使ったんだよ!という存在ばかり。どういう存在の仕方なら金を貸せる=取り立てられるのか、という問いが、何を持って独立した人格を持つ存在と言えるのか、という問いに繋がっていく。終盤、小説としてはこれは禁じ手なのでは?という演出もあるのだが、アンドロイドがこの先どう進化していくのか、不穏さと期待を感じさせる。

『シャム双子の秘密』

エラリー・クイーン著、越前敏弥・北田恵里子訳
カナダでの休暇から車で帰る途中、エラリー親子はデービス山地で道に迷い、山火事に遭遇してしまう。なんとか脇道を辿り、山頂の屋敷にたどり着いた2人は助けを求める。使用人はいい顔をしなかったが、屋敷の主人である医学博士ゼイヴィアの好意で宿と食事にありついた2人だが、翌朝、書斎で博士の死体が発見された。死体の右手には半分に破られたトランプが。一方、山火事は収まる気配がなく、屋敷の人たちを追い詰めていく。
昔、旧訳で読んだ時にはダイイングメッセージの真偽を突き止めていくロジックがよくわからなかったんだけど、新訳で読んだらわかりやすくより面白かった。前に読んだとき何か変な話だなと思ったのは、ロジカルな部分を読み取りきれなかったからなんだな。改めて読むと、手がかり、ダイイングメッセージが孕んでしまうある問題に挑戦し始めた作品だったということがわかる。山火事の絡ませ方も、緊迫感を高めることに加え、時間的なリミットを設定してこの問題に強制的にけりをつける為だったのかとも。なお、クイーン親子はどの作品でも結構仲良いが、本作では特にいちゃいちゃ感というか、ぶーぶー文句いいつつもお互い好きなんだなーという感じが出ている。エラリーがお父さんはしょうがないなぁ!的に振舞いつつもやっぱりパパ大好きな感じ、微笑ましいです。こういう父息子関係(子供成人済み)ってアメリカの小説ではあんまり見ない気がするんだけど・・・。私が陰惨なものばかり読んでいるからでしょうか・・・。
 

『自生の夢』

飛浩隆著
 天才詩人アリス・ウォンが生み出した「詩」とその後の変遷を描く「#銀の匙」「曠野にて」「野生の詩藻」、言葉の力で大量殺人を行った殺人犯が“忌字禍”を滅ぼす為に召喚される「自生の夢」等を収録した、著者10年ぶりの作品集。
 twitterで著者のアカウントを発見した時にまず思ったのが「生きてたんだ・・・」、あとがきの最後の文章を読んで思ったことが「普通に生活している人だったんだ・・・」なので、新作が出て本当にほっとしました。『グラン・ヴァンカンス』シリーズ2作はプログラムにより造られた仮想現実世界を描いたが、本作収録作の多くでは「言葉」による世界の変容が描かれる。情報が物理を変容させるというイメージは似ているように思う。10年ぶりに著者の作品を読むせいか、こんなに情動的だったかなという意外性はあるが、その世界のイメージがあふれ出てくる感じは、「変容」に対するフェティッシュな感覚は変わっておらず、そうそうこれだとうれしくなった。ただ、当時ほど最先端のとんがった感じはしないが、それは読者としての慣れによるものかもなぁ(ここ10年間で書かれたものを収録しているので、SF小説シーン自体の変化もあるだろうし)。アリス・ウォンが生み出したものを巡るシリーズと表題作では、言葉を書く主体と書かれた言葉との、書く/書かれる関係の反転に、足元を危うくするような不安が迫る(何しろ小説だって「書かれる」ものだし)。また、「灰洋」が襲ってくる「海の指」は記憶との戦いのようでもありぞわりと怖くもの悲しい。

ギャラリー
最新コメント
アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ