3つ数えて目をつぶれ

映画と本の感想のみを綴ります。特に映画。ご連絡はhoto5now★yahoo.co.jp(お手数ですが★を@に変えてください)まで。

本題名さ行

『罪人のカルマ』

カリン・スローター著、田辺千幸訳
 若い女性の失踪事件が発生した。特別捜査官ウィル・トレントは捜査から外される。40年以上前に凶悪な連続殺人事件を起こし終身刑になったウィルの実の父親が仮釈放されたのだ。やがて発見された女性の遺体には凄惨な傷跡があった。その手口はウィルの父親のものと酷似していた。
1975年の娼婦連続失踪事件と、現代の連続失踪事件、2つの事件を交互に追っていく構成。そして75年の事件が現在にどのように繋がっているのか、彼/彼女が何者なのか、今に至るまで何を抱えてきたのかわかった瞬間、戦慄する。シリーズのクライマックスとしてとても上手い。そして次作への(少々強引かつしつこい)引きも。ウィルとアンジーの関係にはそろそろ決着をつけないとならないのではと思うのだが・・・。サラがちゃんと独立した、かつ思いやりのある大人なのでなおさらそう思う。
 現代のパートももちろんスリリング出面白いのだが、1975年パートでの若きアマンダとイヴリンの活躍には胸が熱くなる。まだ女性警官はおろか、女性が社会で活躍することが白眼視されていた時代だ。2人に対する同僚からの妨害はあまりに理不尽で腹立たしい。更にアマンダの父親の設定は結構ショッキングだ。彼女らが被害者女性達の無念を晴らそうとするのは、女性に対するいわれのない差別や憎しみと戦う、人間としての尊厳を取り戻そうとすることでもある。彼女が元々どういう性格、振る舞いの人だったのか、何が彼女を現在の人格に作り替えたのか、これまでの彼女の立ち居振る舞いを思い返すと感慨深いものがある。自分の意志で強くなった人なのだ。

罪人のカルマ (ハーパーBOOKS)
カリン スローター
ハーパーコリンズ・ ジャパン
2018-06-16






血のペナルティ (ハーパーBOOKS)
カリン スローター
ハーパーコリンズ・ ジャパン
2017-12-16

『ザ・プロフェッサー』

ロバート・ベイリー著、吉野弘人訳
 トム・マクマートリーは、元フットボールの全米王者で、弁護士として活躍した後、母校アラバマ大学で法学教授に就任していた。しかし学生との暴力沙汰、恋愛沙汰の汚名を着せられ退任を余儀なくされる。妻は既に亡くなり、更に自身も癌に冒されていることが発覚。生きる気力を無くしていたところ、昔の恋人から相談を受ける。娘一家をトレーラーとの交通事故で亡くしたが事故の真相が知りたいというのだ。元教え子の若手弁護士リックに橋渡しをするが、事故の裏には企業の陰謀が潜んでいた。
 利益ばかりを追及する企業にすりつぶされた人たちの無念を晴らす為、まだ若くて先走り気味なリックが奔走する様は、危なっかしいが清々しい。トムとリックの間にはある因縁があるのだが、わだかまりが溶けるの早すぎない?という気が・・・。真実と正義を求めて若者と老人が奔走する様は清々しいし、悪者は潔く悪者だし、追い詰められて腹をくくり逆襲する人たちの行動にカタルシスはあるのだが、なんとなくもやもやが残る。このもやもや、主にトムの序盤での振る舞いによるものだ。自分の講義で学生たちの姿勢を試すのだが、そのやり方がちょっとモラハラっぽい。不真面目な学生に注意するのは当然のことだろうが、相手の人格を貶めるようなやり方に思えた。また教え子の女性に対する対応も、教員として大分脇が甘いのでは。スキャンダルをでっち上げられるのは気の毒だけど、距離を詰めすぎな面はあったと思うんだよね・・・。師事したコーチに対するトムの尊敬や忠実さも、トムに対するかつての教え子たちの死簿や団結心も、ちらっと見える程度なのだが、マッチョ感漂い若干気持ち悪い。アメリカ南部のノリってこういう感じなんだろうか・・・。何より、法廷での闘いは正義や人権の為である以上に、トムにとってはゲームとしての側面が強いのではないかと思わずにいられなかった。敵とやりあうのが本当に好きな人なんだなと。


ザ・プロフェッサー (小学館文庫)
ロバート ベイリー
小学館
2019-03-06





もう年はとれない (創元推理文庫)

ダニエル・フリードマン
東京創元社
2014-08-21

『そして、バトンは渡された』

瀬尾まいこ著
 17歳の優子は7回家族が変わっている。父親が3人、母親が2人。今の父親「森宮さん」は3人目の父親だ。高校3年生になって進学のことも考え始めるが。歴代の「親」達と優子の17年を描く。
 血縁による親子だけが親子の形ではない、という題材を扱う小説や映画、ドラマなどが近年増えているように思うが、本作もまさにその題材。ただ本作の場合、実の両親もちゃんとした人たちで優子を愛し親としての責任を全うしようとする。愛と責任のない実の親<愛と責任のある他人、という図式ではなく、並列されているのだ。そのことで、子供にとって必要なのは適切な保護者であって、そこに血のつながりはあまり関係ない、適切さを保っていれば血縁者でもそれ以外でもいいという側面が強まっている。歴代の親の優子に対する責任の負い方、愛情の在り方はそれぞれ方向性が違う。ある人から見たらとんでもないという親もいるかもしれない。しかし彼らは皆、他人の人生・未来を背負う覚悟をしており、そこにベストを尽くそうとしている点で、ちゃんと「親」だったと思う。基本良い人ばかり登場する悪者のいない優しい小説だが、さらっと読めすぎなきらいも。優子の同級生女子たちのつるみ方や悪意の発露の仕方が少々類型的な所も気になった。2番目の母親・梨花が優子に「女の子はにこにこしていないと」と教える処世術も、梨花がそういう人だ(そして本人はにこにこしているだけではない)という設定なのはわかるが今これ言う?という気がした。そういうのはもう時代錯誤だと思うんだけど・・・。

『その情報はどこから? ネット時代の情報選別力』

猪谷千香著
 産経新聞、ニコニコニュース、ハフィントンポスト日本版で記者を経験してきた著者が、あふれる情報の中から何をどう選べばいいのか、疑わしい情報に惑わされない為にどうすればいいのかを解説する。
 WEBちくまに連載されていたコラムだが、インターネットニュースのヘビーユーザーには言うまでもない内容も多いだろう。ヘビーユーザーちくまぷりまーブックスから出ている本なので、どちらかというと若い人向けではあるが、逆にそんなにネットになじみがない高齢者に向けても良いかもしれない。さらっと読める。ネットニュースやウィキペディア、まとめサイトの性質を説明しており、インターネットで情報収集する際の入門書的。インターネットは確かに情報が豊かではある。が、自分が目にする情報は既に様々な方法でフィルタリング・マッチングされているものであり、基本的に自分にとって不快・都合の悪い情報は目に触れにくくなっているというのが現在のネットだということは常に忘れないようにしたい。
 なお、情報収集・調査における図書館の重要性にちゃんと言及されている。ネットは図書館の代替物にはならないんだよね・・・。


『すべての、白いものたちの』

ハン・ガン著、斎藤真理子訳
 チョゴリ、白菜、産着、餅、骨などの白いものたちのイメージを繋ぎ、どこかにいる彼女、あなた、わたしの物語が紡がれる。
 白い色は清らかなもの、まだ何にも染まっていないものというイメージを引き起こすが、同時に、死のイメージとも結びつく。死に装束の白、焼いた骨の白でもあるのだ。本著はこれから生まれる無垢なものというより、他の色を得る前にこの世を去ってしまったもの、あるいは自身の色を持っていたものの漂白されきってこの世を去っていくものたちの為の鎮魂の文学という印象を受けた。ある死産のイメージが反復されるが、「しなないで しなないでおねがい」と繰り返される母親の言葉がずっと響き続けているのだ。静かで重い。
 なお本著、非常に凝った造本なのでぜひ紙の本で手に取ってみてほしい。「白」のイメージのバリエーションを味わうことが出来る。

すべての、白いものたちの
ハン・ガン
河出書房新社
2018-12-26


『サイレント(上、下)』

カリン・スローター著、田辺千幸訳
 田舎の大学町の湖で、若い女性の死体が発見された。ナイフで刑事を刺して逃げた若者が逮捕され、犯行を自供したものの、拘留中に両手首を刺して自殺。壁には無実を訴えるメッセージが残されていた。地元警察の不手際により招集されたジョージア州捜査局特別捜査官ウィル・トレントは、若者の自供に疑問を持ち、対処した警官たちは嘘をついているのではと疑い始める。
ウィル・トレントシリーズとしては『ハンティング』から続く作品なので、ウィルと医師サラ・リントンとの関係はまだ何とも言えない段階のもの。この後の作品を読んでいる読者からすると、ここからよくステップアップしたなというぎこちなさを感じる。本作の舞台はサラの実家がある町で、彼女の亡き夫ジェフリーの死を引き起こした(とサラが考えている)警官レナ・アダムズが今でも勤務している。サラは概ね冷静で有能なのだが、ジェフリーの思い出、そしてレナが絡むと途端に感情的になり取り乱す。彼女の傷の深さがわかるが、この先も読んでいるものからすると、そろそろこのネタ切り上げませんかという気も・・・。このシリーズ、基本的にネタの引っ張りがくどいな・・・。
シリーズの他作品に比べると、事件の真相はかなりすっきりしない。残虐度は比較的低いのだが、人間が保身のためにやってしまうこと、それがどんどん事態をこじられせていく様のスケールのしょぼさが逆にしんどい。

サイレント 上 (ハーパーBOOKS)
カリン スローター
ハーパーコリンズ・ ジャパン
2017-06-17






サイレント 下 (ハーパーBOOKS)
カリン スローター
ハーパーコリンズ・ ジャパン
2017-06-17

 
 

『ザ・マンガホニャララ 21世紀の漫画論』

ブルボン小林著
 小学館漫画賞の選考委員や手塚治虫文化賞選考委員も務めた著者による、週刊文春への連載5年分をまとめた漫画評論集。連載終了と共に、シリーズ作から版元を変えて刊行された。
 相変わらず装丁がいい。ちゃんと漫画にからめてあり、かつポップで趣味が良い。著者はもちろん漫画に造詣が深く、幅広い作品を読みこなせるわけだが、いわゆる「通」ぶらないところがいい。堅すぎず柔らかすぎず、安易すぎずマニアックすぎずという、漫画評論が見落としがちな中庸なエリアの作品をカバーしようという意欲が感じられた。いかにも漫画通が好みそうな作品も多いが、漫画通が見落としそうな作品に対する評の方が俄然面白い。評論したくなる作品と、読者にとって面白い作品とはちょっと違う。もうちょっと広く読まれてもいいはずなのに諸々の事情で知名度が低い作品がに対する、著者の嗅覚は信頼できると思う。『オーイ!とんぼ』(作・かわさき健、画・古川優)どんどん面白そうに見えてくるんだけど・・・。こういう作品を見落とさない所が、漫画家からも支持される所以では。




『スタンフォードの自分を変える教室』

ケリー・マクゴニガル著、神崎朗子訳
 心理学、神経医学から経済学、行動心理学など様々な側面から、人間の意思の働き方はどのような仕組になっているのか、それを用いて自分の行動をコントロールするにはどのようにすればいいのか解説する。
 スタンフォード大学での講義をまとめたものなので語り口調はとっつきやすい。我慢ができる/できない脳の働きの仕組みや、なぜ意思(目標)と反した行動を撮ってしまうのかなど、欲求を巡る矛盾をわかりやすく解説している。ちょっとした運動(散歩や軽い体操程度でいい)で自己コントロールをしやすくなるとか、「ご褒美効果」が足を引っ張る場合など、日々の業務をこなす上では役立ちそう。意思決断と倫理的な判断を取り違えがちだという指摘、不道徳は伝染しやすい(周囲がルール違反をしていたら自分もまあいいかとなる)という部分は気を付けたい。
 ただ、こういう授業があるということは、アメリカでは意思の強さ、自己コントロールスキルが非常に高く評価されており、一人前の大人ならできて当然、という流れがあるということだろう。これはこれで生き辛い国なのでは。依存症大国としての側面と表裏一体というところにうすら寒さを感じる(意思の弱い自分はダメな奴だ、という罪悪感から更に依存が深まるという魔のループが・・・)。また、意志力の引き合いに出される事例にダイエットが多いことも気になった。医療行為としてならともかく、単に太っているということが人格に問題あるような特徴と同一視されていないだろうか。本来、意志力と体型って別の問題だしどんな体型でも自分に肯定的であることが大事なんじゃないの?

スタンフォードの自分を変える教室 (だいわ文庫)
ケリー・マクゴニガル
大和書房
2015-10-10



『「女性活躍」に翻弄される人びと』

奥田祥子著
 管理職への昇進を拒む葛藤、やりがいと低賃金とのせめぎ合い、認められない家庭での働き。それらは女性たちを圧迫するだけでなく、男性に対するプレッシャーにもつながっていく。リサーチ対象を長年にわたって定点観測的に取材し、時代ごとの価値観が大きく変化していく中での個々人の生き辛さ、苦しさは何に根差すのか迫っていく等身大のルポルタージュ。
 著者が男性たちに取材した『男という名の絶望 病としての夫・父・息子』と同じようなインタビュースタイルのルポだが、少々構えたところがあった『男と~』に比べ、取材相手が女性だからか相手との距離感がやや近く、より細かい部分までニュアンスを拾えている感じがする。結構な年数を掛けて取材相手の変化を追うことが出来ているというのも大きい。時間の流れによって、女性の働きにくさ、生き辛さの背景にあるものが見えてくるのだ。面白いのだが、読んでいてかなり辛かった。当事者の努力だけではどうにもならない部分がある。
 女性が活躍できる社会に、と言うのは簡単だが、そもそも何をもって活躍とするのか。果たしてどういう状態を指し、誰にとっての活躍なのか。当人が望む活躍ではなく、その時々の世間が推奨する活躍に過ぎないのではないか。活躍のミスマッチが起きているのだ。本来、人によって活躍したいフィールドは違うだろうし特に活躍したくないならそれはそれで構わないはずだ。更に、仕事にしろ家事にしろ育児にしろ、どれか一つに注力したら他のパートに割くリソースは当然減るわけだが、なぜか全部フル稼働状態が要求され、しかもそのフル稼働状態をサポートするための社会的な仕組みは非常に手薄。女性たち(ひいては男性たち)の苦しさの根っこは社会構造のあり方、「世間」の価値観に根差すもので、個々の問題としてだけは解決できなさそう。もうちょっと楽に生きられればなとつくづく思う。


『そしてミランダを殺す』

ピーター・ワトソン著、務台夏子訳
 空港のバーで出発までの暇つぶしをしていたテッドは、見知らぬ女性リリーに声を掛けられる。酔った勢いと二度と会うことのない相手だという気の緩みから、テッドは彼女に妻ミランダが浮気をしていること、彼女に殺意を持っていることを打ち明けてしまう。リリーはミランダは殺されて当然と断言し、彼に殺人の協力を申し出る。計画を立て着々と準備を進めたテッドだが、結構間近になって予想外の出来事が起きる。
 多分二転三転するサプライズ系サスペンスなんだろうなと予想していたが、予想通りに驚かせ楽しませてくれる。途中までは多くの読者が予想している通りの展開だと思うのだが、その先が、あっそっちの方向ですか?!という楽しみがあった。初対面の他人と殺人計画を練るという大味な導入だし二転三転のさせ方は結構大らかではあるのだが、ピンポイントで細かい所をちゃんと詰めている印象。最後の不穏さもいい。4人の男女の一人称で語られるので、彼らが自認している自己像と、他人がどういう風に見ているかというギャップの面白さがあった。特にミランダとリリーは、自分の見え方について、当人が意図している部分としていない部分がある。狙い通り!ってこともあるし、そんなつもりじゃなかったんじゃないかなって所も。この2人はやりたいことがはっきりしており、男性陣よりもいいキャラクター造形だった。

そしてミランダを殺す (創元推理文庫)
ピーター・スワンソン
東京創元社
2018-02-21


見知らぬ乗客 (河出文庫)
パトリシア・ハイスミス
河出書房新社
2017-10-05


ギャラリー
最新コメント
アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ