3つ数えて目をつぶれ

映画と本の感想のみを綴ります。特に映画。ご連絡はhoto5now★yahoo.co.jp(お手数ですが★を@に変えてください)まで。

『コロナ禍日記』

橋本一子・円城塔・王谷晶・大和田俊之・香山哲・木下美絵・楠本まき・栗原裕一郎・田中誠一・谷崎由依・辻本力・中岡祐介・ニコ-ニコルソン・西村彩・速水健朗・福永信・マヒトゥ-ザ-ピーポー著
 2020年の春先から新型コロナウイルスが流行し、日常生活は激変した。各国で感染者死亡者数が増加し行動が制限される中、様々な職業の17人が綴った数カ月にわたる日記を収録したアンソロジー。
 他人の日記は文章が多少下手でもそれなりの面白さがあるものだが、17人いれば17通りの面白さがある。日本国内だけでなく海外(韓国、イギリス、ドイツ)に住む人のものもあるが、感染拡大の進捗時期や政府の対応等が日本とは結構異なり(拡大の仕方自体はそんなに変わらないが、政府の対応は結構違う)、そこも面白い。その場所にいたからわかる切迫感やよそ者として見た時の距離感、また外から日本がどういうふうに見えたかという部分が興味深い。コロナ対応のあれこれで日本の株はだいぶ下がったな…。
 生業も住んでいる場所も違う人たちの日記なので、感染拡大していく状況から生じる危惧や不安、怒りのベクトルの強さ・方向もまちまち。休業状態に陥りもろに経済状況に影響している人も、当面は経済活動を続けられる人もおり、ひっ迫感は当然異なる。また単身居住だったり乳児、幼児を抱えていたりと家族構成も様々。乳児いたら(そもそも不安なのに)不安倍増だし、子供は在宅生活でエネルギーを持て余している。子供がいる状態で保護者が在宅勤務をするのは相当難しいということがしみじみ伝わってくる。コロナ禍によって個々の生活様式、背景の違いによる生活の難易度格差が浮き彫りになってしまったな。ウイルスそのものへの恐怖感の度合いも人それぞれなので、そこでもギャップが生まれる。「私たち」というくくりがどんどん解体されている気がした。
 なお(平常時は)皆さん結構外食やテイクアウトしているんだな…。外食を切望する人が結構いてちょっと新鮮だった。どの人の日記も食事への言及がかなり多いのだが、自分が食にそれほど強い拘りがなくなっているんだなということに気付いた。

コロナ禍日記
マヒトゥ・ザ・ピーポー
タバブックス
2020-08-17


仕事本 わたしたちの緊急事態日記
立川 談四楼 他77人
左右社
2020-06-23


『壊れた世界の者たちよ』

ドン・ウィンズロウ著、田口俊樹訳
 ニューオリンズ市警の麻薬班を率いる腕利き警官のジミーは、ある手入れを一網打尽にする。しかしその報復に弟を惨殺され、復讐鬼と化す(「壊れた世界の者たちよ」)。チンパンジーが銃を奪って動物園から脱走する「サンディエゴ動物園」、かつてはカリスマ的サーファーだった逃亡犯をかつて彼に憧れた探偵が追う「サンセット」等、6篇を収録した中篇集。
 収録1作目の表題作と最後に収録された「ラスト・ライド」が対になり、その間に軽めの作品が配置されている構成。「壊れた世界の者たちよ」は麻薬抗争、「ラスト・ライド」は移民問題という今のアメリカを象徴する、かつ著者の最近の重厚なテーマの流れに連なる作品だ。そして、どちらも方向性は違うが「それをやったからといってどうにもならない、しかしやらないと自分でいられない」という状況が描かれる。「壊れた~」のジミーは弟の仇を討つため仲間の警官も巻き込み壮絶な復讐劇を開始するが、大きな犠牲を払うことになり、かつ弟の命が戻るわけではない。更にジミーや母親にとっては更に人生を損ねることにもなりかねない。しかし復讐せずにはいられないのだ。一方、「ラスト・ライド」は不法移民の少女を親元に送り届けようとする男キャルの話。様々な面でアメリカの端っこ、どん詰まりの状況が背景にある。少女1人を送り届けても根本的な問題は解決せず、キャルが置かれた状況はおそらく悪化する。それでも正しいと思ったことをやらねば彼の魂は更に損なわれるだろう。2篇どちらも出口がない局面を描くが、「ラスト・ライド」の方が正しいと思われることに対する「でもやるんだよ」精神があり多少救いがあるか。
 個人的な好みとしては軽妙なクライムドラマ「犯罪心得一の一」がよかった。私もスティーヴ・マックイーン主演作なら『ブリット』が好き。また「サンディエゴ動物」がエルモア・レナードへ、「サンセット」がレイモンド・チャンドラーへ捧げられているのは納得。それぞれの作家のトーンを踏まえた作品になっている。「サンセット」の逃げる男がテリーというのは、そういうことだよなあ。
 なお、「サンセット」「パラダイス」には著者の過去作品に出てきた人たちが再登場する。お前生きていたのかー!よかったなー!と同窓会的な気分になる。ウィンズロウユニバース的な遊び心のある作品だった。ただ、全体的に文体のスタイルが気取りすぎ、かっこつけすぎになってきている気がして、少々気になった。そこまで文体に特化したタイプの作家ではないと思うので。

壊れた世界の者たちよ (ハーパーBOOKS)
ドン ウィンズロウ
ハーパーコリンズ・ジャパン
2020-07-17



ストリート・キッズ (創元推理文庫)
ドン ウィンズロウ
東京創元社
1993-11-12

『コックファイター』

チャールズ・ウィルフォード著、齋藤浩太訳
 闘鶏家として鶏の飼育と訓練をしているフランク・マンスフィールドの目標は、最優秀闘鶏家賞を獲得すること。それまでは誰とも口を利かないという沈黙の誓いを立てている。ある勝負に敗れて文無しになった彼は、次の試合の為に金策を図るが。
 モンテ・ヘルマン監督により映画化もされた作品(映画は珍作といえば珍作だが…)。闘鶏というニッチな題材と、その世界にのめりこむ男の生きざまを描く異色のノワール。いわゆる犯罪小説としてのノワールではないが、主人公が世間からは理解されない世界にのめりこんでいく、後戻りのできない勢いはノワール的だ。フランクの生き方は闘鶏ありきで、一般成人男性としては色々と難がある。世の中の風習、ルールに染まらず、お金の使い方、稼ぎ方も浮世離れしている。ギター演奏で元手を稼ぐというのはロマンティックすぎて笑ってしまうくらいだ(しかもプロ並みの腕前というからチートすぎやしないか)。愛する女性はいるが、彼女との暮らしを願っているかというとそういうわけでもなく、女性を尊重しているとは言い難い。彼女を愛していると思ってはいるが、彼女の人生に沿うことはできないのだ。闘鶏と言う自分の世界、自分の道でしか生きることができないフランクのありかたは傲慢でエゴイスティックではあるが、突き詰めすぎていっそストイックだし、不器用もいいところだ。いくところまで行ってくれ。
 なお闘鶏シーンや鶏の飼育はかなり詳しく描かれているのだが、動物愛護的には明らかにアウトなので、苦手な方はご注意を。

コックファイター (海外文庫)
チャールズ・ウィルフォード
扶桑社
2020-04-30



コックファイター HDニューマスター版 [Blu-ray]
ハリー・ディーン・スタントン
キングレコード
2018-08-08



『高原好日 20世紀の思い出から』

加藤周一著
 浅間山麓の追分村で夏を過ごしてきた著者が、避暑地で出会いしたしく交友するようになった文人、文化人たちとの交流を振り返る回想録。
 登場する人たちが大変豪華。軽井沢で文人と言えばこの人という堀辰雄・多恵子にはじまり、中野重治、野上弥生子、磯崎新、武満徹、辻邦生・佐保子らとそうそうたる面子。また実際に会ってはいないものの追分にゆかりの深い立原道造や島崎藤村、一茶にまつわる随筆なども。ご当地随筆(信濃毎日新聞に連載されていた)的な軽い読み物ではあるのだが、著者の交友範囲の広さと、言うまでもなく教養、知の豊かさが窺え、読んでいて気持ちがいい。知性と品性のある文章はやはり良いものだ…。そして、軽井沢、追分に土地勘がある読者には更に楽しいだろう。夏(だけではないのだが)の避暑地の雰囲気、空気感が伝わってくる。老舗の旅館であった油屋の思い出も記されている。避暑地の交友録というとどうせセレブでしょ?みたいな先入観を持たれそうだが、そういう華やかな雰囲気はない。知性による交友というある意味厳しさをはらんだ関係性だからか。


私にとっての20世紀
加藤 周一
岩波書店
2000-11-28


『絞首台の黙示録』

神林長平著
 松本市で暮らす作家の「ぼく」は、父と連絡が取れないという冠婚葬祭互助会からの知らせを受け、新潟の実家へ戻る。実家で父の不在を確認したものの、そこで出会ったのは自分と同じ名前「タクミ」と名乗る自分そっくりの男だった。彼は育ての親を殺して死刑に「なってから」ここに来たというのだ。一方、父は生後3か月で亡くなった双子の兄と「ぼく」にそれぞれ「文」「工」と書いて同じ「タクミ」と読ませる名前を付けていた。
 SFでもありミステリでもあり哲学でもある。ほぼ「ぼく」と「おれ」の一人称と対話で進む「ぼく/おれ」は何者なのか、「タクミ」とはどういう存在なのかという思索。自分という存在が単一ではなくいくつものレイヤーに存在している、またある分岐から自分という存在のルートがいくつも分岐しているのではという「自分」の在り方、不確かさを辿る。宗教・哲学の領域に入っていく過程を力業で読ませる。その在り方に気付く過程が対話によるものだというのは哲学の基本なのかも。


レームダックの村
神林 長平
朝日新聞出版
2019-11-07


『小松とうさちゃん』

絲山秋子著
 大学で非常勤講師をしている小松と、そこそこ大手企業のサラリーマン宇佐美は飲み友達。小松は新幹線で出会った同い年の女性みどりに恋心を抱く。宇佐美のアドバイスで距離を縮めていくが、みどりは一風変わった仕事をしていた。
 50代の男性2人、女性1の淡い友情と恋愛が描かれる。小松と宇佐美は同年代だが、職業も年収も生活も全然違う。しかしそこでお互いひがんだりうらやんだりということはない。そんなに頻繁に会うわけでもないしお互いの生活を熟知しているわけでもないが、結構突っ込んだ相談もするし真剣に相手のことを心配もする。あっさりしているのだが、そこがいい。濃いだけが友情ではないのだ。これは小松とみどりの関係でも同様で、なんとなくいいなという程度の恋心で情熱的ではないが、ちゃんと恋愛ではある。どちらの関係性もなんだかうらやましくなった。慣れない恋にあたふたする小松、ネットゲームにはまって、ゲーム上でもほぼ仕事なみの責任を負ってしまっている宇佐美のぼやきはユーモラスかつ、ほろ苦い。そのほろ苦さはもう若くはないという彼らの自覚からくるものでもある。とは言え人生加齢したからつまらなくなるわけでは全然ないという、爽やかなラストだった。

小松とうさちゃん (河出文庫)
絲山秋子
河出書房新社
2019-12-05


薄情 (河出文庫)
絲山秋子
河出書房新社
2018-07-05




『ゴリラに学ぶ男らしさ 男は進化したのか?』

山極寿一著
 人間の男、女という存在は生物としてのオス・メスの違いだけではない。社会的・文化的に区別されたジェンダーである。いわゆる「男らしさ」、男性像とはこれまでの文化・習慣の中で形成されたもので、社会が急速に変化していく中では、段々「男らしさ」が硬直し男性も女性も苦しめることになる。そもそも男、オスの特徴とはどういうものなのか?霊長類学者であり著者が霊長類の生態から、「男」が形成される軌跡を追う。
 同じサルの仲間でもオスのふるまいやオス・メスの関係性はだいぶ違う。子育てへの参加の仕方は群れの成立(そもそもオラウータンのように群れを作らないサルもいる)の仕方によってによって変わってくる側面が強い。ただ、サルにとっての子育ては子供をかわいがる、自分の子供を愛するというものとは似ていても基本的に異なる。あくまで自分のオスとしての存在価値や群れを維持し、自分の子孫を残すためのシステムの一部だ。似ていても、やはり人間とは違う。ということは、いわゆる生物上の「男らしさ」と人間の男性に要求される「男らしさ」は離れていかないとならないのでは。


『こうして誰もいなくなった』


有栖川有栖著
 小さな孤島に招待された7人の男女。島のホテルで出迎えたのは使用人の夫婦のみで、主は姿を見せない。残されたボイスメッセージは、悪人たちを裁くためにこの島に集めたと告げる。そして第一の殺人が起きた。アガサ・クリスティの代表作へのオマージュかつ王道の本格ミステリである表題作の他、ファンタジーにホラー、日常の謎系ミステリにショートショート等、幅広いノンシリーズ短編集。
 見本市的なバリエーションがあって、気軽に楽しめた。こういうのも書く人なんだ、という意外さも。とは言え、やはり表題作が一番すわりがいい。著者の文章のお作法は、本格ミステリを書くことに最適化されているのではないかと思う。状況説明するのに適した文体なんだろうなー。とは言え、自分でも意外だったのだが、一番ツボにはまったのはパロディファンタジー「線路の国のアリス」。題名の通り、鉄道の国に迷い込んだアリスの物語だが、スイッチバックがちゃんとスイッチバック文になってるー!とかループがちゃんとループ文になってるー!(何のことだかわからないだろうが、本文を見ると一目瞭然なのです)という喜びがあった。著者の鉄道ファンとしての面が色濃く、どころではなくあからさまに出ていて微笑ましい。線路の国での不思議な現象と鉄道ネタがちゃんと一体になっている。


『こびとが打ち上げた小さなボール』

チョ・セヒ著、斎藤真理子訳
 1970年代、軍事政権下の韓国。大規模な都市開発により土地は買い占められ、高層マンションが次々に建築されていた。急速な経済発展に伴い、土地を追われやすい労働力として使いつぶされる人々がいた。彼らの苦しみと呪詛の声、そして祈り。
 70年代に書かれた作品だが、現代の日本でおそらく全く当時と同じように通用している、いやより深刻に響いてきて辛い。この格差と搾取の構造は延々と続くのかと暗澹たる気持ちになるのだ。「こびと」や「いざり」は豊かになっていく社会から取り残されていく人たちだ。彼らにしろ工場で働く若者たちにしろ、何か壮大な野望や夢を抱いているわけではない。彼らはただ人間らしく生きたいだけなのだ。世の中の豊さが誰かの人間としての尊厳を損なうことによって成立しているということがやりきれない。末端の人間だけでなく、彼らよりも経済力はあるが労働者の置かれた状況に怒りを感じ改革を目指す人間、同情はするが何もできない人間、そして豊さを享受することが当たり前で、自分たちが搾取している等とは考えない人間も描かれる。それぞれの層は接触はあっても交わらず理解し合うこともなさそう。現状を変えられるきざしは見当たらない。それが結構辛いのだが、弱いものに寄り添った視点で描かれており、そこにほのかな希望がある。

こびとが打ち上げた小さなボール
チョ・セヒ
河出書房新社
2016-12-23


カステラ
パク ミンギュ
クレイン
2014-04-19


『この世にたやすい仕事はない』

津村記久子著
 10数年働いた仕事で燃え尽きてしまった「私」は、職業安定所で「簡単な仕事」を紹介してもらう。紹介してもらったのはどれも「簡単な仕事」だが、少々風変りなものばかり。働くことを描く連作集。
 特定の人を観察する仕事、路線バス車内の広告アナウンスを作る仕事、豆知識について原稿を作る仕事・・・。こんな仕事実際にありそう、というものかこんな仕事ないだろう!というものまで、ちょっと不思議なお仕事小説。と言っても本作の焦点は仕事そのものではなく、仕事と人との関係、働くという状態の不思議さ、奇妙さにある。特定の場所に来て特定の作業を行う(そうでない仕事ももちろんあるが、本著に出てくる仕事はそういうものなので)、その対価をもらうという行動はもしかすると大分奇妙なのではと思えてくる。仕事にどの程度責任を持てばいいのか「私」が見失っていく様子は、少々ホラー的でもあった。また、仕事場での人間関係も奇妙だ。同僚という状況で出会わなければまず交流しなさそうな人たちと何となく付き合いが出来ていく。その人間関係が苦しくなることもあるし、親密「ではない」からこそ気楽なこともある。「私」がどういう人なのか、過去に何があったのか、徐々に見えてくる構成が上手い。仕事の中で壊れていく人もいるが、仕事の中で再生していく部分もある。でも、個人的には出来れば働きたくないですよ・・・正に「この世にたやすい仕事はない」のだから。


ディス・イズ・ザ・デイ
津村記久子
朝日新聞出版
2018-06-07


ギャラリー
最新コメント
アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ