3つ数えて目をつぶれ

映画と本の感想のみを綴ります。特に映画。ご連絡はhoto5now★yahoo.co.jp(お手数ですが★を@に変えてください)まで。

本題名か行

『傍らにいた人』

堀江敏幸著
 慣れ親しんだ文学の中で、何かの拍子に思い起こされる登場人物や情景。日本文学を中心に、そんな「傍点を打たれた」風景を紹介していく52篇。
 「その折の景色のなかに目立たない見えない傍点が打たれていたのだと気づかされるような影たちと、何度も遭遇してきた」という著者の一文があるのだが、読書を続けているとこういう体験があるのだと最近分かるようになってきた。初めて読んだその時ではなく、再読した時や全く別の書物を読んだ時に、ふいにあの時読んだあれはそういうことだったのか、と腑に落ちることがあるのだ。本作はそんな、附に落ちる瞬間をいくつも掬い上げている。更に本作、一つの章から次の章へとリレーのように橋渡しがされている。新聞連載だったという側面もあるだろうが、このように一つの文学から他の文学へと記憶と知識が飛び石のように繋がっていくと言うのが、教養があるということなんだろうなとつくづく思った。優れた批評集でもあり、取り上げられている作品は有名なものが多いのだがまた読みたくなる。シャルル=ルイ・フィリップ『小さな町で』が取り上げられているのが嬉しかった。

傍らにいた人
堀江 敏幸
日本経済新聞出版社
2018-11-02


その姿の消し方 (新潮文庫)
堀江 敏幸
新潮社
2018-07-28


『カササギ殺人事件(上、下)』

アンソニー・ホロヴィッツ著、山田蘭訳
 1955年7月、イギリスのとある田舎町で、お屋敷の家政婦が階段から転げ落ちて死亡した。本当に事故死だったのか?盗まれた毒薬、燃やされた肖像画、屋敷での盗難事件や村の人々の不審な行動等、怪しい要素だらけ。しかもパイ屋敷の主人は決して村人たちから尊敬されていたわけではなかった。名探偵アティカス・ピュントは病を圧して謎に挑む。
 アガサ・クリスティへのオマージュに満ちた作品だが、読み始めるとなるほどこういう構造なのか!と。ネタバレではないと思うのが、入れ子構造になっている。上記のあらすじは、作中作の『カササギ殺人事件』。作中作内の謎と、それを読んでいる編集者が直面する謎との二本立てという盛りの良さなのだ。最近の文庫はこのページ数でなぜ?と言いたくなる上下巻ものも多いのだが、本作は上下巻になるべくしてなっており、その点でも納得度は高い。作中作の謎も編集者側の謎も、終盤の謎解きでなるほど!と思わせ(特に作中作は謎の作りや手がかりもクリスティぽい)上手い。ただ、こういうメタミステリ的な要素を取り入れるなら、もう一工夫、一仕掛けあっても良かったんじゃないかなという勿体なさも感じた。作中作を全文(独立した小説として)掲載する意味が、このトリックだと今一つ弱い(サービス以外の必然性がない)気がする。二つの位相ががっつりリンクし合い相互作用し合うメタミステリであったらなぁというのは、ないものねだりだろうか。ミステリ小説愛に溢れる作品ではあるので、もっと冒険できたんじゃないの?と思ってしまう。

カササギ殺人事件〈上〉 (創元推理文庫)
アンソニー・ホロヴィッツ
東京創元社
2018-09-28


カササギ殺人事件〈下〉 (創元推理文庫)
アンソニー・ホロヴィッツ
東京創元社
2018-09-28




『元年春之祭』

陸秋槎著、稲村文吾訳
 前漢時代、天漢元年(紀元前100年)の中国。楚の国の山中にある貴族・観一族の館を訪ねてきた長安の富豪の娘・於陵葵。観家に伝わる古礼を学ぼうとしていた葵だが、観家の娘・露申から、過去にこの家で起きた殺人事件のことを聞く。そして新たな連続殺人が起きる。どちらの事件も犯人が逃げられないような不可解な状況で起きていた。
 中国発、しかも時代物の本格ミステリということで結構話題になっていたが、いわゆるオープンスペースなのに密室状態、更に読者への挑戦を2度もいれるという力の入り方。葵が博学という設定なので、中国の古典に関する情報がどんどん出てきてこの分野に不慣れな身としてはついていくのが大変だった。ただこの古典に関する部分が本作の肝でもある。読み飛ばしてはトリック(というか世界観の構築の仕方)に辿りつけない・・・!そういう意味では読者を選ぶ(そもそも、このあたりを理解していないと「読者への挑戦」に挑戦できない気がする・・・)。ただ、本格ミステリとしては真っ向勝負のフェアなものなので、ちゃんと読めば文脈は掴める。物理的な部分はちょっと弱いが、なぜそういうことが起きたのかという動機部分の作りは良かったと思う。この世界、こういう価値観が背景にあるからこういうことになる、という構造がぱーっと見えてくるところがいいし、それこそ本格ミステリの醍醐味だと思う。
 ただ、訳の問題なのか地の分の問題なのかわからないが、文章はいまひとつ。古典文学的な雰囲気に寄せたいのか、ラノベ的な面白みを出したいのか方針がブレていたように思う。登場人物への思い入れは強いのだろうが、それが今一つ文章に投影されていないのも惜しい。


友達以上探偵未満
麻耶 雄嵩
KADOKAWA
2018-03-30



『きみの鳥はうたえる』

佐藤泰志著
 郊外の書店で働く「僕」は友人・澄夫と同居している。同僚の佐知子と「僕」が付き合うようになり、澄夫を交えて3人で夜通し遊び、飲み歩く日々はいつまでも続くように思えた。
 書き出しがすごくいい。ある時期の夏の感覚にぴったりとはまる。映画化作品(三宅唱監督)を見てから読んだが、映画はラストを大きく改変していたことがわかった。私は映画のラストの方が好きなのだが、原作小説(本作)の方が若者たちの切羽詰った感じや真摯さ故にぎりぎりのところまで行ってしまう余裕のなさは強く、より不器用な人たちの姿として描かれているように思う。時代背景の不自由さみたいなものを感じた。現代の方が自由というよりも、現代の方が
 「僕」と佐和子、澄夫の関係はいわゆる三角関係ということになるのだろうが、あまりそういう感じはしない。一つの「仲間」(というほど熱気はないしベタベタしていないが)としての配慮でお互いバランスを取っており、そこはかとない愛はあるが恋情はあまり感じないのだ。彼らはふらふらしているように見えるが、すごく真面目。真面目故にこのラストに辿りついてしまったようにも思う。

きみの鳥はうたえる (河出文庫)
佐藤 泰志
河出書房新社
2011-05-07


移動動物園 (小学館文庫)
佐藤 泰志
小学館
2011-04-06




『砕かれた少女』

カリン・スローター著、多田桃子訳
 高級住宅地にある邸宅で、少女の遺体が帰宅した母親によって発見された。母親はその場にいた血まみれの少年と鉢合わせし、乱闘の末、彼を刺殺してしまう。捜査担当になったジョージア州捜査局特別捜査官のウィル・トレントは少女の父親・ポールと面識があった。遺体を見たポールはこれは娘のエマではないと断言する。遺体は誰なのか、そしてエマはどこにいるのか。ウィルは地元の警官フェイスと組んで捜査を開始する。
 凄惨、かつタイムリミットが刻一刻と迫るタイプの事件で緊張感は強い。その割には話があっちに行ったりこっちに行ったりする印象があり(犯行を複雑にしすぎな気が・・・)、いよいよ終盤というところでちょっと集中力が途切れてしまった。各登場人物の造形に膨らみ・背景があり、行動原理に不自然さがないのだが、その造形の膨らませ方が仇になっている気もする。ディスクレイシア(読字障害)を抱えているウィルには虐待を受けていた過去もあり、本作の事件の背景にあるような事象は、単なる事件の背景以上の意味合いを持ってくる。彼には婚約者や仕事のパートナーもいるが、彼の背景・過去について分かち合えるわけではなく(当人もそれを望まず)孤独であるように見える。その孤独さが事件の解明につながってくるというのが皮肉だ。

砕かれた少女 (マグノリアブックス)
カリン・スローター
オークラ出版
2017-04-25


罪人のカルマ (ハーパーBOOKS)
カリン スローター
ハーパーコリンズ・ ジャパン
2018-06-16


『警官の街』

カリン・スローター著、出水純訳
 1974年のアトランタ。3か月間で警官4人が殺害される事件が起きていた。どの死体もひざまづき額を撃たれるという処刑スタイルのもので、犯人は“アトランタ・シューター”と呼ばれていたが、証拠は何もなく容疑者も上がっていなかった。5人目の被害者が出たが、今までとは殺害スタイルが違う。女性警官マギーは捜査に加わりたいと熱望するが、男性社会の中ではまともにとりあってもらえず、独自に調べ始める。
 警察小説として、70年代を描いた小説として、この時代・場所で女性として生きることがどういうことか描いた小説として、とても面白かった。警察という組織の体質に加え土地柄もあるのか、人種差別、女性差別が厳しい。女性が警官になるということ自体が(ことに警察内部から)白眼視されていた時代だ。マギーが男性同僚から受けるセクハラは耐え難いし、母親や叔父から受ける警官を辞めろというプレッシャーもきつい。特に母親と叔父とが違った形でマギーを縛ろうとする様には怒りが沸いてくる。一方、育った環境からして警官らしからぬ新人警官ケイトの下剋上的奮闘は清々しい。冒頭とラストの対比にはぐっとくる。女性達の共闘に対して、白人男性警官らによる警察という組織の異形さが浮かび上がってくる。

警官の街 (マグノリアブックス)
カリン・スローター
オークラ出版
2015-12-25


あなたに不利な証拠として (ハヤカワ・ミステリ文庫)
ローリー・リン ドラモンド
早川書房
2008-03-01






『コールド・コールド・グラウンド』

エイドリアン・マッキンティ著、武藤陽生訳
 12980年代の北アイルランド。片腕を切断された男性の死体が発見された。無くなった片腕の代わりに現場には別人の片腕が残され、更に体内からはオペラの楽譜が見つかる。刑事ショーンはテロ組織の粛清に見せかけた殺人事件ではないかと疑う。彼の疑いを裏付けるように、「迷宮」と記された犯人からの挑戦状と思しき手紙が届く。
 80年代北アイルランドではIRAを筆頭に武装勢力が乱立、紛争が日常茶飯事になっており、殺人と言えばテロや組織間の抗争、粛清によるものと相場が決まっていた。ショーンが遭遇したような政治的背景が見えない「普通」の殺人事件の方が優先順位が低いという、特殊な時代背景が本作の肝。テロの脅威の前には殺人犯逮捕という正義の執行は霞んでしまう。捜査に慣れていないショーンたちの捜査はかなり危なっかしいし、警察としてもそこに労力を割きたくないという本音が見え見えなのだ。また、ショーンはカソリックなのだが、周囲がプロテスタントの中カソリックとして生きる、しかも警官であるということがどういうことか、緊張感が肌感覚で伝わってくる。当時を舞台にした映画で、車を出す前に底を確認する(爆弾が取り付けられていないか確認する)という動作を見たことがあったが本当に毎回やってるんだな・・・。
 ショーンは聡明とは言い難く(最近のミステリ小説ではなかなか見なくなった推理のへっぽこさ)、どこかふらふらと定まらなくて暴走しがち、様々な面でゆらぎの大きい人物なので、読んでいる間中心もとない。本作単体でというよりも、シリーズとしての展開が期待できそう。音楽や映画などサブカルチャーへの言及も多く、当時を体験した人ならより楽しめるのでは。


HUNGER/ハンガー 静かなる抵抗 [Blu-ray]
マイケル・ファスベンダー
ギャガ
2014-10-02





『家族シアター』

辻村深月著
 “真面目な子”=イケてない姉に対する反発、娘との価値観の違いへの戸惑い、不本意な保護者会、帰国子女の孫に対する距離感のわからなさ。家族を巡るとまどいを描く7編を収録した短編集。
 家族とは一番身近な他人であるということが、どの短編にも描かれている。家族なのに分かり合えないのではなく、他人だから分かり合えないのだ。家族だからと油断するわけにはいかない。と同時に、家族「なのに」仲が悪い、わからないと悲観することもないということでは。だって他人だもん!わからなくて当然!本作に登場する家族たちは、特に仲が悪いわけでも理想的に仲が良いわけでもない。時にイラつくし腹は立つが、なんとなく一緒に暮らしている。そんな中で、この人本当はこういう人だったんだ!こういうことを考えていたんだ!とはっとするような瞬間がある。そういう瞬間を受け入れていく、積極的に探していくと、なんとなく家族を維持しやすくなるのではないだろうか。

家族シアター (講談社文庫)
辻村 深月
講談社
2018-04-13




『君の名前で僕を呼んで』

アンドレ・アシマン著、高岡香訳
 17歳の夏、両親と過ごす北イタリアの家で、エリオは24歳のオリヴァーと知り合う。オリヴァーは大学教授である父が招いたアメリカ人研究者だった。エリオはオリヴァーから目を離せなくなり、話をすれば幸せに、目をそらされるとひどく傷つくようになっていく。
 本作を原作にした同名映画を見た後、原作も気になって読んでみた。映画を見た段階では、てっきり中短篇くらいのボリュームかと思っていたら、結構な長編小説。あの人と話したい、触れたい、セックスしたいというのみの内容でこの文字数を費やす、しかも美しくきらきらとしている所が、正に青春のまぶしさと高揚感という感じ。エリオの思いと言葉が迸り、前のめりになっているような勢いがある文章。映画ではいまひとつニュアンスがつかみにくかったオリヴァーの「あとで!」という言い回しや、半熟卵の食べ方が下手な件など、小説では文字数を費やしており、こういうことかと腑に落ちた。そして研究者であるオリヴァーはもちろん、エリオも目茶目茶教養あるよな・・・。
 映画との最大の違いは、2人のその後だろう。小説の方が「それでも人生は続く」的な方向で、映画の方が「今、ここ」の思いが凝縮されている。ただどちらにおいてもエリオにとってのオリヴァー、オリバーにとってのエリオは消えない痣のように自身の中に焼き付けられた存在なのだとわかる。

君の名前で僕を呼んで (マグノリアブックス)
アンドレ・アシマン
オークラ出版
2018-04-20



『勝手にふるえてろ』

綿矢りさ著
 26歳の江藤良香は経理担当の会社員。中学校の同級生(だが卒業以来会ったことがない)イチに延々と片思いを続け、恋愛経験はない。会社の同僚に熱烈なアプローチをされて付き合い始めるが、イチのことが忘れられない。良香は理想の恋と現実の恋との間で右往左往する。
 映画化されたものがとても面白かったのだが、原作はこういう感じだったのか!「映像化するとこうなるのか!」じゃなくて「文字化するとこうなるのか!」という本来とは逆の面白さを味わってしまった。とは言え良香の一人称で、彼女の妄想と現実に読んでいる側も振り回されていく所は同じ。小説の方が映画よりも客観的な感じがするのは、映画を見るより小説を読むほうが没入感が薄い(私にとっては)からかな。題名でもある「勝手にふるえてろ」という言葉の使い方が映画とは全然違うところも面白かった。そしてニがニでなく呼ばれる瞬間にはっとする。2人の関係がはっきり変わったことがわかるのだ。

勝手にふるえてろ (文春文庫)
綿矢 りさ
文藝春秋
2012-08-03


勝手にふるえてろ [DVD]
松岡茉優
Sony Music Marketing inc. (JDS) = DVD =
2018-06-06


ギャラリー
最新コメント
アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ