3つ数えて目をつぶれ

映画と本の感想のみを綴ります。特に映画。ご連絡はhoto5now★yahoo.co.jp(お手数ですが★を@に変えてください)まで。

『あるノルウェーの大工の日記』

オーレ・トシュテンセン著、牧尾晴喜、リセ・スコウ、中村冬美訳
 ノルウェーで個人請負の大工業を営む著者が、ある屋根裏改築依頼の経緯を綴る「日記」エッセイ。
 見積もりから施主への引き渡しまで、本当に大工の仕事日記で専門用語、業界用語もぽんぽん出てくる。一応、著者による図解も掲載されているのだが、それでもこの用語はどの部分を指すのか、具体的にどのような構造になっているのか言葉による説明だけではわかりにくい所も。でも一つの仕事がどのように進んでいくかと言うレポートとして、またノルウェーの建設業界で生きる著者の生活や、ノルウェー社会のある側面を映し出すものとして、とても面白かった。やっぱり見積もりって大事だよなー!とか、顧客とどんな協力関係を築けるかで仕事のモチベーション(と現実的な作業量)が全然違うよなー!とか、他所の業界から見ても共感できるところは多々ある。何より、著者の真面目で誠実な人柄と仕事ぶりが窺えて、ユーモアのある語り口も好ましい。ノルウェーでも建設業界は厳しいらしく、人件費・材料費の削られ方は深刻な様子。低価格には低価格の理由が、それなりのお値段にはそれなりの理由があるのだという著者の主張はもっとも。とは言えイケアの家具を全否定しているわけではなく、適材適所と安全性との兼ね合いなのだ。労働の価格が安すぎるのは、やっぱり(労働者にとっても施主にとっても)危険なのね。

あるノルウェーの大工の日記
オーレ・トシュテンセン
エクスナレッジ
2017-09-29




街と山のあいだ
若菜晃子
アノニマ・スタジオ
2017-09-22





『あるフィルムの背景:ミステリ短篇傑作選』

結城晶治著
 検事の笹田は、わいせつ図画販売の証拠物件のフィルムを目にする。そこに映っていた素人風の女性は自分の妻そっくりだった。笹田は他人の空似と笑い飛ばそうとし妻にもその写真を見せるが。表題作を含む全13篇。
 ラストの着地に技がきいた、職人の仕事という感じの短篇集。苦境におかれた女性の遍歴や墜落を扱った作品が多いのは著者の趣味なのか、編者(日下三蔵)の趣味なのか。この点も含めさすがに古さは否めない。いわゆる「忘れられた作家」になってしまっていたのは、このあたりにも原因があるのでは。女性の扱いだけでなく、「孤独なカラス」で描かれる子供の不気味さ等、現代からしてみると既に陳腐だろう。レイプされた女性が周囲からさらに追い詰められていく様は現代になってもろくに変わっておらず、(作品ではなく世の中に対して)ため息が出る。とは言え、ミステリの構成、短編小説としての構成は手堅い。表題作や「温情判事」で情念や運命の残酷さ・取り返しのつかなさが描かれる一方で、「葬式紳士」のようなブラックユーモア的な乾いた作品もあるあたり、作風の幅の広さが窺える。








『アルテミス(上、下)』

アンディ・ウィアー著、小野田和子訳
 月面都市アルテミスでは、5つのドームに総勢2000人が暮らしている。観光都市の側面が強いこの街では、一部の富裕層の他は、サービス業や住環境のメンテナンス業に従事する労働者。合法、時には非合法の荷物を運ぶポーターとして働くジャズ・バシャラは、密輸入を通じて懇意にしている大物実業家のトロンドからある依頼を受ける。それはある利権の行方を左右する陰謀に繋がっていた。
 映画化もされたサバイバルSF小説『火星の人』のウィアーの新作。今度の舞台は月、そして主人公はアラブ系女性。主人公が頭を使うことを止めない、事態を好転させることを諦めない所は共通している。ただ一人ぼっちで奮闘する前作に対し、ジャズは自主独立ではあるものの、仲間の手を借り事態を打開していく。女性であるということを過剰に感じさせないフラットな語り口(~だわ、~よという口語の語尾処理はもっと少なくていいと思うけど)と周囲との関係性がいい。月面都市の市民性がちょっと開拓民的というか、ローカルルールが強い自治区みたいで、よく言えばおおらか。ジャズが密輸でお金を稼いでいるのも、きわどい依頼をさせるのもそういう風土ならではのものだし、彼女が仲間の助けを得られるのもその気風故でもある。
 物理的な制約、システム上の制約、そして利権の真相等、月面という舞台設定がジャズの前に立ちはだかる問題と直結しており、一気に読ませる。既に映画化決定しているそうだが、確かに映像化向き。ある程度知識のある人だったら書かれている状況がすんなり理解できる(描写自体は平易だし、かなり工夫されていると思う)んだろうけど、宇宙開発素人には具体的にイメージしにくい部分もあるので。

アルテミス(上) (ハヤカワ文庫SF)
アンディ・ウィアー
早川書房
2018-01-24


アルテミス(下) (ハヤカワ文庫SF)
アンディ・ウィアー
早川書房
2018-01-24

『悪魔のソナタ』

オスカル・デ・ミュリエル著、日暮雅道訳
 1888年、スコットランド・ヤードの若き敏腕警部イアン・フレイは、不本意ながら密命を受けエジンバラへ赴任する。切り裂きジャックを彷彿とさせる事件が起きたので内密に捜査しろと言うのだ。現地で彼と組むことになったのは、剛腕だがオカルトマニアのマグレイ警部だった。2人は反発しながら捜査を開始するが、あるバイオリンとの関係が浮かび上がってきた。
 フレイの一人称による語りだが、やたらと饒舌。饒舌な語りは聡明だが気取り屋で落ち着きがない彼のキャラクターを表現してはいるのだが、少々うるさい。国内外問わず、あまり上手くない小説は饒舌な一人称によるものが多いような気がするんだが、気のせいか。とは言え、本作がつまらないというわけではなく、フレイのスコットランドdisとマグレイのイングランドdisの応酬、つんけんしながら共闘していく様等、キャラクター小説としてはそこそこ楽しめる。マグレイがフレイを小娘扱い(フレイは身だしなみにうるさくやや神経質で、マグレイは無頓着なので)するあたりや、マグレイの身ぎれいにすればそれなりにイケメン設定等、何か狙っているんですか・・・という気がしなくもない。どちらかというとラノベ的なノリなのだろうか。オカルトめいた雰囲気は悪くないのだが、色々持ちだしてきた割にはあまり機能していない気がする。真犯人解明の際、急に現れたな感が出てしまった(伏線がもうちょっとあればなーと)感も残念。ミステリとしてはちょっと反則的じゃないかなと思う。犯人当てを読者にさせようという意図がない作品だと思うので、反則的もいいと言えばいいんだろうけど。

悪魔のソナタ (角川文庫)
オスカル・デ・ミュリエル
KADOKAWA/角川書店
2016-03-25

刑事たちの三日間 上 (創元推理文庫)
アレックス・グレシアン
東京創元社
2013-07-27






『あなたを選んでくれるもの』

ミランダ・ジュライ著、岸本佐知子訳
新作映画の脚本執筆に行き詰っていた著者は、地元のフリーペーパーの売買広告を目にする。様々な個人が、様々な物品を「売ります」と提示している。著者は広告主を訪ね、彼らの話を聞くことにする。
本作中で著者が脚本に行き詰っている映画は『ザ・フューチャー』(日本では2013年公開)。公開当時に見たが、正直、それほど自分の心にはヒットしなかった。著者の小説についても同様なのだが、ノンフィクションである本作はじわじわと染みてきた。著者が会いに行く人たちは全くの初対面の他人、しかも、普段著者(とおそらく読者)が生活している圏内ではあまり行き会わない異文化の人だ。彼らは著者の予想・世界の外から言葉を投げかけてくる。決して愉快な人たちばかりというわけではないが、全くの他者と向き合うことで、頭の風通しが良くなるような気持ちになる。著者がスランプから脱したのも、自分の頭の外にある予想外のものに揺さぶられたからではないだろうか。
 

『アックスマンのジャズ』

レイ・セレスティン著、北野寿美枝訳
 1919年のニューオリンズで、連続殺人事件が起きる。凶器が斧と見られたことから「アックスマン」と呼ばれるようになった犯人は新聞社に予告状を送り付け、「ジャズを聴いていない者は殺す」と宣言する。タある事情から警察内では嫌われ者のタルボット警部補はこの事件の捜査にあたる。一方、マフィアに犯人探しを依頼された元刑事のルカ、ピンカートン探偵社で事務をしているが探偵志望のアイダもこの事件を追っていた。
 実際に起きた未解決事件を題材にしているそうだ。1919年のニューオリンズが舞台ということで、様々な人種のコミュニティが共存しているが差別意識は強く、それがタルボットを苦しめ、アイダの足を引っ張る。タルボットには黒人の妻と子供がいるが、この時代、白人と黒人との結婚は許されないどころか、パートナーとしていることがわかっても周囲からのバッシングはもちろん、実際に暴力を振るわれかねない。自分が家族だと見なしている人たちを世間からは隠しておかなければならないのだ。また、アイダは白人として通用するくらい肌色が明るいが、それでも出自を知られると黒人として差別され、暴力を受ける。登場人物たちの背後、そして事件の背後には常に人種差別が横たわっており、これがあの時代の「普通」だったことを痛感させる。この「普通」に個人が対抗することがいかに難しいか、折々で感じさせるのだ。
 タルボット、ルカ、アイダはそれぞれ別個に事件を追い、それぞれがある結論を得る。彼らにとって見えるのは事件のある側面のみというところが小説の構造としては面白いが、事件を追う側にしてみたらなんか不消化だよな。・・・と思っていたら最後に思わぬ展開があり、これはうれしかった。続編も発行予定のようなので、今から楽しみ。
 なお、題名にジャズとつくが、ジャズが本筋に絡んでくるのは最初だけで予告状の内容も立ち消えになってしまうのには拍子抜けした。多分、実際に送られてきた予告状がそういう内容だったんだろうけど。

『アメリカン・ブラッド』

ベン・サンダース著、黒原敏行訳
元ニューヨーク市警のマーシャルは、犯罪組織への潜入捜査を終えた後、証人保護プログラムの下で暮らしていたが、地元の若い女性の失踪事件を追い始める。同じころ、チンピラのトロイは麻薬カルテルのボスであるレオンから資金を奪おうとしていた。一方、組織は殺し屋「ダラスの男」をマーシャルを始末するために差し向けていた。
現代のアメリカが舞台だが、どこか西部劇を思わせる。マーシャルの独特の行動規範と流れ者っぽさにはそんな雰囲気があるし、バニスターも来ては去っていくという男だ。マーシャルの「得意技」も西部劇由来だろう。各章が主要登場人物の名前になっており、視点が入れ替わりつつ物語が展開していく。マーシャルが捜査官だった頃のエピソードも徐々に明かされ、何が彼をこのような行為に駆り立てるのかわかってくる。一方で、バニスターの背景も見えてくる。2人とも、ある出来事により一線を越えてしまった人たちなのだ。2人が死闘へと突き進んでいく中、トラウマをかかえつつも冷静さを保ち職務を全うしようとする、女性警官ショアのパートが印象に残る。女性である、ということによるキャラ立てや役割分担みたいなものがされていない書き方もよかった。

『緋い猫』

浦賀和宏著
昭和24年。17歳の洋子は佐久間という青年に恋をする。しかし彼のプロレタリア仲間2人が殺される事件が起き、佐久間は姿を消した。洋子は佐久間を追い、彼の故郷である東北の寒村を訪ねる。そこで彼が東京で飼っていた三毛猫を見かけるが、村の人々は佐久間はいないと口をそろえ、彼女には監視がつく。
浦賀先生は精緻な球と暴投とを交互に繰り出してくるよね・・・。太平洋戦争直後の日本で、GHQの暗躍に下山事件にと出して来れば、これは何か巨大な陰謀が・・・!と期待するじゃないですか。そして閉鎖的な村、何か隠している風の村人たちとくればこれは横溝的なミステリの世界が・・・と期待するじゃないですか。しかしである。いきなりジャンルが跳躍するようなラストにはあっけにとられた。前フリはあそこじゃなくてそっちだったのかー!そういう意味ではトリッキーだが、フェイクが大ネタすぎる!なお非難しているのではなく、面白かったです。

『アメリカ最後の実験』

宮内悠介著
失踪した父親を探す為、アメリカにあるジャズ専門の難関私立音楽学校“グレッグ音楽院”を受験する脩。同じく受験生でマフィアの跡取り息子のザカリー、スキンヘッドで大柄な元バンドマン・マッシモと親しくなる。脩の父親はかつてグレッグ音楽院に通ったピアニストで、電子楽器“パンドラ”を使った演奏をしていたが、ほどなく行方不明になったのだ。そんな中、試験会場で殺人事件が起き、現場には「アメリカ最初の実験」という文章が残されていた。
音楽がモチーフとなったSFかと思いきや、意外にも音楽の性質そのものに言及してくる作品だった。作中、音楽は人の心を動かす、ひいては人を支配し操るものだと考えるミュージシャンが登場する。しかし彼は、音楽は人を操るものだと認識すると同時に、自分の中がからっぽになってしまったと言う。何かの手段としての音楽は、音楽の本質から逸れてしまうかのようだ。一方脩は、音楽はゲームだという。オーディエンスの傾向、時流の傾向を読み取りオーディエンスを沸かせるにはどうすればいいか(オーディエンスを沸かせろという試験なので)、ゲームとして戦略を練るのだ。しかしそれは、あくまで音楽を使ったゲームであり、音楽は二次的なものだろう。脩がパンドラの謎(これはちょっと中途半端だったかな・・・)、父親の謎を追いつつ、自分にとっての音楽を見つめ直すという青春小説的な味わいもあった。しかし著者の作品だから、てっきり音楽を使った兵器とかが出てくるのかと思っていたし、実際それができそうな設定なのにそうはならない着地点は意外だったが清々しくもある。音楽は音楽だ。それが本物であれ偽物であれ、音楽の目的は音楽でしかない。そういうものでいい、という割り切りができた方が、何をするにもより自由なのかも。

『アリバイ・アイク:ラードナー傑作選』

リング・ラードナー著、加島祥造訳
 名コラムニストで短編小説の名手でもあった著者の、傑作13編を収録。「村上・柴田翻訳堂」シリーズより。
 何をするにも言い訳をせずにはいられない男が登場する表題作をはじめ、小説というよりも漫談、ホラ話といった味わい。そしてどいつもこいつもよく喋る!翻訳も上手いのだろうが、内容はしょーもないのに喋りにグルーヴ感があってどんどん乗せられてしまう感じがする。著者はフィッツジェラルドやヘミングウェイと親しかったそうだが、作風は全く異なる。本作はやはりコラム寄りというか、「文学」を意識した文学という感じではないのだ。週刊誌とか新聞とかに掲載されていて往々に単行本化されないまま、みたいな雰囲気がある。しかし、その読み捨てられる感がいい。軽さ、おかしみが前面に打ち出されているが、人間の愚かさを冷徹に見つめるようなシニカルな視線もあり、そのあたりもコラムニスト出身者ぽい。
 それにしても、アメリカ人にとって野球は本当に特別なスポーツなんだなー。巻末に収録された柴田元幸と村上春樹の対談でも言及されているが、同じく村上・柴田翻訳堂から出版されているフィリップ・ロス『素晴らしいアメリカ野球』の先祖みたいな感じ。

ギャラリー
最新コメント
アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ