3つ数えて目をつぶれ

映画と本の感想のみを綴ります。特に映画。ご連絡はhoto5now★yahoo.co.jp(お手数ですが★を@に変えてください)まで。

本題名あ行

『アイル・ビー・ゴーン』

エイドリアン・マッキンティ著、武藤陽生訳
 ある事件によって警察を追われたショーンに保安部(MI5)が接触してくる。彼らはIRAの大物テロリスト・ダーモットの捜索を依頼する。ダーモットはダフィの旧友だったのだ。復職を条件に仕事を引受けたショーンは、ダーモットの元妻の母に取引を迫られる。4年前の娘の死因を解明すれば、彼の居場所を教えるというのだ。娘は一家が経営するパブで事故死したとみなされていた。事件が起きた夜、パブは完全な密室だったのだ。
 ダフィシリーズ、めでたく3作目!そして1,2作とはまた違った面白さがあった。構成バランスや読みやすさでは3作中一番かもしれない。1,2作目は人物像系や時代背景、風土の表現が魅力的だったが、勢い任せな面が否めず1つの小説としてはバランスがちょっといびつだった。今回はそのあたりがだいぶ改善された気がする。正義感ゆえに不遇をかこつダフィは冒頭ではだいぶやさぐれているのだが、MI5へのわだかまりをもちつつ任務に没頭するうち、徐々に精神を持ち直していく。基本的に倫理観がしっかりしているし人情のある人なことが透けて見える。常に頭脳明晰というわけではないし勘がいまいち悪いところもあるのだが、憎めない。詩や音楽の造形深く、実は場違いともいえるインテリ。そんな彼の最後の行動は、決意のほどを感じさせる。そこは決して居やすい場所というわけではないが、それでもやるべきことがある(と彼には思われる)のだ。


『ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ(上下)』

A・J・フィン著、池田真紀子訳
 精神分析医のアナ・フォックスは広場恐怖症で自宅の外に出ることができない。暇つぶしは古いミステリ映画を見ることと、近所の人たちを望遠カメラで覗き見ること。毎日近所のある日、近所に住んでいるというジェーン・ラッセルが家を訪ねてくる。彼女は夫アリステアと息子イーサンと暮らしているというのだ。ジェーンに好感を持つアナだが、彼女が自宅でナイフで刺されるのを目撃する。パニックを起こしつつ警察に通報するが、ラッセル家では何も起きていないという。そして彼女の前に現れたジェーン・ラッセルは、アナが出あった女性とは全くの別人だった。
 引きこもりの目撃者、かつアルコール依存症の気があるアナは、信頼できる語り手とは言えない。どこまでが実際にあったことなのか、アナにもわからないし読者にもわからない。アナが出あったジェーンはどうなったのか?という謎に加え、そもそも何があったのか?そしてアナはなぜこういう状態になったのか?(これは割とすぐに見当つくが)という謎が並走しているサスペンス。ミステリとしては終盤にバタバタと風呂敷を畳む印象であまり精緻ではないのだが(ある人物が短時間で諸々手際よくやりすぎな気がするし・・・)、オチに向かってぐいぐい読ませる。アナが古いサスペンス映画好きで、ヒッチコック作品の題名やセリフが頻出するのだが、本編との絡みはあまり強くなく、出てくるだけという印象になっているのがちょっともったいなかった。絡んでいないわけではないけど、もっと謎の核心に触れる絡み方を期待しちゃったので。


ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ 上 (早川書房)
A.J. フィン
早川書房
2018-09-19
ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ 上 [単行本]





めまい [DVD]
ジェームズ・スチュワート
ジェネオン・ユニバーサル
2012-09-26

『Xと云う患者 龍之介幻想』

デイヴィッド・ピース著、黒原敏行訳
 小説家・芥川龍之介。彼が魅せられた東洋と西洋の伝承と信仰、震災による遺体と瓦礫が連なる光景、ポオ、河童、ドッペルゲンガー、夏目漱石が体験したロンドン等、芥川の作品のモチーフの幻想と不安とが入り混じっていく連作短編集。
 ジェイ・ルーピン訳の芥川作品を通してイギリス人である著者が幻視する芥川のコラージュでありマッシュアップ。大変な力技で二次創作的な愛着を感じる。芥川の不安を主観的に、客観的に追っていき、史実と芥川の創作、著者による幻想の境目がだんだん曖昧になっていく。芥川の周囲の人たちも登場するし、なんといっても夏目漱石が遭遇したロンドンの怪異の話がいい。
 日本語で読んでも違和感は感じない(芥川のコアなファンには異論があるかもしれないが)のはルーピンによる英訳が多分とても出来がいいこと、著者の読者としての鋭さ故なのでは。良い書き手は良い読者でもある。そして翻訳が素晴らしいことが英語を読めない私でもわかる!芥川の文体や文字表記をカバーした上で日本語へ変換する、正にはなれわざ。私は著者の装飾が多くねっとりとした文章(翻訳文ということになるけど)にずっと苦手意識をもっていたのだが、本作は日本語文章にしたときの良さがあった。

Xと云う患者 龍之介幻想
デイヴィッド ピース
文藝春秋
2019-03-22




『生まれ変わり』

ケン・リュウ著、古沢嘉通他訳
 地球に到来した異の生物トウニン人と共生するようになった人類は、トウニン人の技術により悪しき記憶を切除して「生まれ変わる」ことが可能になった。トウニン人のパートナーを持つ「わたし」はトウニン人殺害テロの捜査にあたる。表題作を始め、衰退する人間の世界と発展するAIの世界を描く「神々は~」三部作、アジアの工場で働く少女の奇妙な運命を描く「ランニングシューズ」等、20編を収録した日本オリジナル短編集3作目。
 相変わらず安定して高品質な作品集。過去2作の短編集に比べると、より人間の身体と意識の問題、そして移民問題、経済格差問題が浮かび上がる面が濃くなっているように思う。前出の「ランニングシューズ」や介護ロボットのある生活を描く「介護士」や、は正に国家・地域間の経済格差、搾取の問題が背景にあるし、異なる種との接触が描かれた「悪疫」「ホモ・フローレシエンシス」は移民問題にも通じるものがある。人間は公平なつもりでいて見下しがちなのではないか、こちらの正しさとあちら の正しさとは違うのではないかという居心地の悪さを感じさせる。
また、意識と身体の問題がより際立ってきている。前述の「神は~」三部作では電子情報だけになった父親と生身の娘の変遷が描かれる。また「カルタゴの薔薇」でも老いていく肉体を持ち続ける姉と肉体を捨てようとする妹が描かれる。肉体をなくしたら人間性は失われるのか?肉体を捨てるところまではいかなくても、身体のバージョンアップについては多少現実味が増してきている中、答えが出せない問いが漂い続ける。また身体に関わる問題も経済格差と表裏一体なんだよなという辛さも。


『いま、息をしている言葉で。「光文社古典新訳文庫」誕生秘話』

駒井稔著
 東西、ジャンルを問わず数々の古典文学を新訳版文庫としてリリースしてきた、「光文社古典新訳文庫」の創刊編集長だった著者による回想録。出版の世界にまだ「無頼」の空気があった入社当初から、古典の新訳の必要性を確信し、文庫創刊にこぎつけるまで。
 なんとなく、著者はずっと文芸畑の人だと思っていたので、結構下世話な記事も多い週刊宝石の編集者だったというのは意外。とは言え、この時代に学んだことは多々あるそうだ。先輩方が古典文学、哲学書をちゃんと読み通しているかというとそうでもないぞ(もちろん非常に文学哲学の素養のある人ばかりなんだけど)と気づいたことも、後の古典新訳企画に繋がっている。古典に対して読みにくいというイメージが強い(実際読みにくい)のは、中身の難解さもあるだろうが、そもそも翻訳文が日本語として読みにくい、咀嚼しきれていないのではないか。今の日本で古典の作者たちが書いたとしたらどのように書くのかをイメージする、というのがこの叢書の翻訳コンセプトになっていく。実際、古典新訳文庫はかなり読みやすい。これなら哲学書もいけるかも、という気にさせる(この「させる」という部分が大事なのだと思う)。そして、平易な文にすることと簡易化することは違うのだ。古典文学が現代に繋がっている、翻訳の歴史はイコール日本の近代史だという著者の確信が力強い。
 創刊、そして叢書を維持する為に編集者、翻訳者を始め出版社の営業や販売担当、そして書店や外部の編集者ら様々な人たちの尽力が見えて、翻訳書好きとしては胸が熱くなる。にもかかわらず、翻訳書だと「(元があるから)楽しやがって」みたいなことを言われるというのにはびっくりした。それとこれとは違うよね!
 古典新訳文庫は古典を読み切れなかった中高年を読者層に設定していたそうだが、実際には若い読者がたくさんついた。これは、文庫というフォーマット、豊富な解説文によるところが大きいのではないかと思う。書籍においてもフォーマット、価格帯は非常に大事だなと実感した。


翻訳と日本の近代 (岩波新書)
丸山 眞男
岩波書店
1998-10-20


『移動都市』

フィリップ・リーヴ著、安野玲訳
 60分戦争と呼ばれる化学兵器の応酬により文明が荒廃した世界。生き延びた都市は移動機能を備えるようになり、都市と都市が狩り合い食い合う、都市間自然淘汰主義が蔓延する。一方、犯移動都市同盟はテロ行為でそれに反発していた。移動都市ロンドンに住むギルド見習いのトムは、史学ギルド長で高名な探検家・歴史家であるヴァレンタインが、正体不明の少女ヘスターに襲われる所に出くわす。なりゆきでヘスターを助け、行動を共にすることになるが。
 都市が移動するというイメージがとにかく魅力的。しかし、都市と都市が食い合う弱肉強食の世界に、都市に住む人は誰も疑問を持たない、自分の都市が他の都市を捕獲すると拍手喝采という穏やかならぬ世界でもある。登場人物たちの価値観や方向性がわりとはっきりしており、その間でトムが揺れ動く。自力では資源を供給しきれずに小さい都市を食らって生き延びていくロンドンは帝国主義時代のそれを思わせる。今となっては過去の栄光(罪深くもあるが・・・)もいい所という感じだが。移動都市のおこぼれにあずかろうという怪しげな集団や、都市間を軽やかに行き来する飛空艇乗りたちなど、脇役に至るまで登場人物に活気がある。
 ロンドンはギルドによって運営されており、特に工学ギルドが力を持っている。史学ギルドは都市文明の礎となっているが、都市の強大化に力がそそがれるようになってからは蔑ろにされている。このあたり、実学が重視され本来の学問のあり方がおろそかになっている近年の日本(だけじゃないのかな?)とも重なって見えた。史学を捨てたロンドンはある方向に暴走し始める。とは言え、著者はどうも理系学問に対するヘイトが強いんじゃないかなと言う気がしなくもない(根っからの文学畑の人らしいので、自分のフィールドに対してあてこすりでもされた嫌な思い出があるんだろうか)。そんなに悪者扱いしなくてもなぁ。両方あってこその分明よ。

移動都市 (創元SF文庫)
フィリップ・リーヴ
東京創元社
2006-09-30


掠奪都市の黄金 (創元SF文庫)
フィリップ リーヴ
東京創元社
2007-12-12


『あひる』

今村夏子著
 私の家で、両親があひるを飼い始めた。あひるの「のりたま」がきてから近所の子供たちがよく遊びにくるようになり、両親は喜ぶ。段々子供たちの溜まり場のようになっていく我が家だが、のりたまが病気になり病院に連れて行かれる。帰ってきたのりたまは、以前よりも小さくなったように見えた。
 あひるをめぐるほのぼのとした日常かと思いきや、そこかしこに不穏さが顔を出す。あからさまではなく、ちらちらと奇妙さ、足元が崩れるような感じが現れる様に痺れた。あひるが入れ替わっても誰も気にしない。また、遊びに来る子供たちが入れ替わっても、両親は気にしない。そこにあひる/子供がいれば特に問題ない、入れ替え可能であり取り換えのきかない「個」の存在などそこにはないのだと言わんばかりだ。また、「私」がどうやら引きこもり気味のニートらしく、誰からも顧みられない存在らしいとわかってくる。そして両親も「私」も何かから目をそむけ続けているのではないか、家族はもはや家族として機能していないのではないかと思えてくるのだ。
 併録されている「おばあちゃん」「森の兄妹」は対になった作品。孔雀の現れ方、見え方が、それぞれの作品の立つ位置を現わしており、繋がり方が鮮やかだった。子供の目線を通した世界の不思議やそれに対する不安は、良質の児童文学を思わせる。

あひる (角川文庫)
今村 夏子
KADOKAWA
2019-01-24





星の子

今村夏子
朝日新聞出版
2017-06-07

『嘘の木』

フランシス・ハーディング著、児玉敦子訳
 高名な博物学者で牧師のサンダリー師は、ある大発見を発表し評判になる。しかしその発見がねつ造だという噂が流れ、新聞報道にもなった。好奇の目にさらされることを恐れたサンダリー一家は、発掘現場での誘いがあったヴェイン島へ移住。しかしそこでも既に噂は流れており、肩身の狭い生活が始まった。しかしサンダリー師が不審な死を遂げる。島の人々は自殺と見て教会での埋葬を拒むが、娘のフェイスは父が自殺するはずないと疑問を持つ。サンダリー師は生前、「嘘の木」と呼ばれる植物を密かに栽培していた。嘘を養分とし、その実を食べたものに得難い知識を授けるというのだ。フェイスは嘘の木を使って父の死の原因を探ろうとする。
 ダーウィンの進化論によってキリスト教的な世界観が大きく揺さぶられていた時代を背景にしている。この時代背景と登場人物の行動原理が直結しており、使い方が上手い。当時の自然科学の考え方や社会的な価値観が、フェイスが抱える問題と深く関わっている。彼女は自然科学に興味を持つ聡明な少女だが、当時の社会では女性には理論的に物事を考える能力はないと考えられていた。フェイスがどんなに勉強し知識を披露しても周囲から評価されることはなく、むしろ女性としてはふさわしくない存在として扱われる。フェイスは科学者である父から認められたくてたまらないが、彼女が女性である以上、それは叶わないのだ。このフェイスの満たされなさ、父親の愛への渇望が痛いほど伝わってきて辛い。彼女の渇望が、彼女が撒く「嘘」を加速されていくが、途中からよしもっとやれ!とエールを送りたくなるくらい。
 彼女には天分の才能があるが、それはないものとされる。しかしこれは彼女に限ったことではない。女性達については「女性」というひとくくりの概念しかなく、個々がどのような能力、特性を持ち何が出来るのかという部分は男性の目にはとまらない。そこにいるがいない、不可視の存在としての一面を持つ。これが本作のミステリ部分の鍵になっているが、こんな不可視ありがたくもなんともないよな・・・。彼女ら個々の顔がはっきり見えてくる終盤は、フェイスにとっての救いでもあるか。

嘘の木
フランシス・ハーディング
東京創元社
2017-10-21


カッコーの歌
フランシス・ハーディング
東京創元社
2019-01-21


『赤い衝動』

サンドラ・ブラウン著、林啓江訳
 25年前に起きたビル爆破事件。惨状の中救出に奔走し一躍英雄となったものの、3年前に隠遁生活に入っていた“少佐”への取材に成功したTV局リポーターのケーラ。インタビューは評判になったものの、お礼をしに訪問した少佐の自宅で何者かに襲われる。何とか脱出したものの、少佐は重傷で意識不明。少佐の息子ジョンはケーラを拉致するようにして保護する。ケーラにもジョンにも、狙われかねないある事情があった。
 本作、いわゆるロマンティック・サスペンスなのだが「スーパーチャージド・セクシャル・サスペンス」と銘打った出版社側のやってやるぜ感がすごい。ただ本作、どちらかというとサスペンス部分の方がスピーディーでどんどん転がしていく展開なので、ロマンスが取って付けたように感じられた。いちゃついている暇があったら早く真相を究明してよ!という気分になってしまう。私がケーラにもジョンにも全く魅力を感じなかったのもロマンスを楽しめなかった一因だろう。特にジョンのかっとしやすさや独りよがりな行動(多少強引なのがステキという向きもあろうが)にはイライラしっぱなし。彼のある人物に対する接し方は、長年この調子だったんじゃ大分相手は殺意が溜まっているだろうなというものなのだが、本人全く自覚がなさそう・・・。
 ロマンス部分よりもむしろジョンと父親とのわだかまりやすれ違いに、人間ドラマとしての読み所がある。こういう拗れ方をしている父息子っているよなぁと思わせるものなのだ。愛はあるのだが、お互いにその発揮の仕方がミスマッチでしんどそう。

赤い衝動 (集英社文庫)
サンドラ・ブラウン
集英社
2018-12-18


さまよう記憶 (集英社文庫)
サンドラ ブラウン
集英社
2015-12-17


『贖い主 顔なき暗殺者(上、下)』

ジョー・ネスボ著、戸田裕之訳
 クリスマスシーズンのオスロの街頭で射殺事件が起きた。衆人環視の環境なのに、目撃者は現れず手掛かりは乏しいままだった。捜査にあたったオスロ警察警部のハリーは、手掛かりを求め奔走する。プロの殺し屋による犯行ではないかと捜査を続けるが。
 警察側と殺人者側、そしてある形で事件に関わった人たちと、複数の側面から描かれる。『悪魔の星』でガタガタになったハリーの心身は大分持ち直しているようで、もう少しとっちらかっていない(笑)行動なのでほっとした。無軌道すぎた前作と比べると捜査の手順も順当。やはり逸脱していってしまうのは彼の特性だから仕方ないのか。とはいえ、アルコールの誘惑はなかなか断ち切れないようだが・・・。どんどん盛っていくタイプのサスペンスなのでちょっと食傷気味になる。あるトリックは本格ミステリとしては禁じ手だし(本作の場合は構わないと思う)真犯人の行動もそこまでやる必要ある?というもの。とはいえ、ハリーのメンタルが多少安定し、彼独自の倫理観、筋の通し方がわかりやすく見られる。同僚たちの成長や変化も頼もしい。信頼していた上司が去り、新しい上司とはいまいちそりが合わないのだが、意外と上司としては悪くないのでは・・・。この上司、やたらと第二次大戦時の日本軍の方針を引き合いに出すので、日本軍の顛末わかってやってるのかなーと疑問だったがちゃんとオチがつく(笑)。
 なお救世軍が登場するのだが、ノルウェーの救世軍って本当に「軍」で役職も将軍とかなのね・・・日本の救世軍とは大分雰囲気が違う。

贖い主 上 顔なき暗殺者 (集英社文庫)
ジョー ネスボ
集英社
2018-01-19





ギャラリー
最新コメント
アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ