3つ数えて目をつぶれ

映画と本の感想のみを綴ります。特に映画。ご連絡はhoto5now★yahoo.co.jp(お手数ですが★を@に変えてください)まで。

本題名あ行

『悪しき狼』

ネレ・ノイハウス著、酒寄進一訳
 川で少女の死体が発見された。検視の結果、死因は溺死だが塩素水が検出されたので川で溺れたのではない、そして長期間にわたって監禁、虐待された痕跡があるとわかる。刑事オリヴァーとピアは捜査を始めるが、2週間たっても少女の身元はわからないままだった。更に人気キャスターの殺人未遂事件も発生する。事件の背後にはオリヴァーたちの想像を超えた企みがあった。
 前作『穢れた風』でのオリヴァーのへっぽこ振りにいらいらしたり心配した読者も多かったろうが、本作では大分持ち直している。仕事が忙しすぎて家族やパートナーとの約束に気が回らず、これが後々蓄積されて厄介なことになってくるのでは?とひやりとさせられるが・・・。ピアも多忙すぎて捜査上のひっかかりやひらめきをついとり逃してしまう描写が今回目立った。忙しすぎるのって何もいいことないぞ!ピアの場合はパートナーとの信頼関係、人柄の良さが安定しているのでオリヴァーみたいな危なげはないが。
 発端となる事件は痛ましいものだし、徐々に見えてくる事件の全容も嫌度が非常に高い。自分の欲望の正当化とそれを可能にしてしまう力の組み合わせは非常に性質が悪い。本作に出てくるある組織と似たようなものを、近年の翻訳ミステリの中では頻繁に見かける気がするのだが、そんなに実在しそうな実感があるのだろうか。一定量のニーズが可視化されているからフィクション内にも出てくる設定なのだろうが、だったらなおさら現実に絶望したくなるよね・・・。
 様々な形の力によって人を籠絡し操ることができる存在に、オリヴァーたち警察はどう立ち向かっていけばいいのか。なお「男」のパートがどう位置づけられるのかも本作のポイントだが、ちょっと設定を盛りすぎな気もした。生かしておくリスクが高すぎない?


悪しき狼 (創元推理文庫)
ネレ・ノイハウス
東京創元社
2018-10-31





穢れた風 (創元推理文庫)
ネレ・ノイハウス
東京創元社
2017-10-21


『折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジー』

ケン・リュウ編、中原尚哉他訳
 巨大都市・北京は貧富の差により三層に分割されている。24時間ごとに世界が回転・交替し、建物は空間に折りたたまれるのだ。各層間の行き来は厳しく規制されているが、第三スペースに暮らす労働者・老刀(ラオ・ダオ)は第二スペースから第一スペースへ密かに届け物をするという仕事を請け負う。郝景芳による表題作を含む、7人の作家による13作品を収録したアンソロジー。ケン・リュウが選出・英訳した。
 中国SF、幅広いし奥深いな!俄然興味がわいてきました。収録されている作家のうち6人が1980年代生まれという若さなのだが、巻末に収録されたエッセイを読むと、「中国の」という独自性に囚われない若いSF読者・作家層が育ってきたことで一気にSFの土壌が豊かになった様子。収録作はハードSFから幻想譚寄りのものまで、バラエティに富んでいる。収録作は社会階層が固定化されたディストピアものとしての息苦しさを感じさせつつ、「折りたたみ都市」という奇想が鮮やか。同じディストピアものでも、オーウェル『1984』へのオマージュである馬伯庸『沈黙都市』はもっと救いがない。異界ファンタジー風で美しいが寂寥感漂う夏笳『百鬼夜行街』、一見王道SFかと見せかけ途中からバカミスならぬバカSFか?と思い始めた所、ある人物の血みどろの戦いでもあり、そういう面では中国戦国ドラマ感ある劉慈欣『円』も面白かった。


『失われた時を求めて 6 第三篇 ゲルマントのほうⅡ』

マルセル・プルースト著、高遠弘美訳
 ヴィルパリジ夫人のサロンに招かれた「私」は社交界の人々がドレフュス事件や芸術、文学の話に花を咲かせるのを目の当たりにする。そして憧れのゲルマント公爵夫人と言葉を交わす機会を得る。一方、祖母の容態は次第に悪化し、「私」も母も懸命に介護するが、最後の時は近づいていた。
 光文社古典新訳文庫版もついに6冊目!超大作の本著だが、一気に読もうと思わなければ、結構読めるものだ。もちろん新しい訳は読みやすい、分かりやすいので読書が進むという面もある。今回は当時のパリの社交界の様子、サロンの雰囲気の描写がとても面白い。当時ドレフュス事件が話題になっており、本著の中でもサロンの客それぞれの立場・見解が披露される。上流階級におけるユダヤ人差別が結構あからさまで、現代の感覚で読むとちょっと退く所も。でも人間、人を貶める話題で盛り上がりがちだというのは100年経っても変わらないんだな・・・。またサロン主催者同士の張り合いや、「逆におしゃれ」を狙った逆張りのやりすぎで結局何をしたいのかよくわからなかったり、決して品が良いとは言えない面もある。様々な知識や美学が飛び交うが、野次馬根性や妬みや欲も飛び交っており、現代だったら人が集うサロンというよりもSNSでのやりとりに近い雰囲気。マウントの取り合いがなかなかイタイタしい。俗っぽさの描写のさじ加減が「私」はサロンに集う人たちに興奮するが、こんなものかという失望もあったように思えた。
 一方、祖母の衰えや容態が悪化していく様の描写は非常に生生しく、痛ましい。だんだん記憶が飛んだり混乱したりするようになり、「私」が誰だかもわからなくなってくる様子は胸に刺さる。あれはきついんだよなぁ・・・。著者にとっても渾身のパートなのではないかと思う。「私」にとって非常に大きい存在だった祖母が失われ、「私」の中で一つの時代が終わるパートなのだ。老いて意識が混濁していく当人の苦しみと、残される家族の苦しみとが克明に描かれている。祖母がいよいよ、という時にタイミングの悪い見舞客が来てうんざりする件など、ちょっと笑ってしまうのだがリアルだ。

失われた時を求めて6 (光文社古典新訳文庫)
マルセル プルースト
光文社
2018-07-11


『インド倶楽部の謎』

有栖川有栖著
 クラブ“マハラジャ”の経営者を始めとするインド好き7人から成る定期的な会食の場に、インドからの客人が招かれた。前世から死ぬ日まで、その人の運命全てが記されているというインドに伝わる予言の文書「アガスティアの葉」の読み手を呼び、7人のうち3人の運命を教えてもらおうというのだ。しかしこのイベントに立ち会った者が相次いで殺される。アガスティアの葉の預言は本物だったのか?臨床犯罪学者・火村英生と推理小説作家・有栖川有栖は死の謎を追う。
 神戸を舞台にしたお久しぶりの国名シリーズ。いつになくトラベルミステリ的な側面も強いが、これは著者の趣味なんだろうなぁ(笑)。刑事が電車とバスを乗り継いで辺鄙な温泉を訪ねるエピソード、作中で言及されているバスのダイヤを見る限り、自家用車で行った方がいくらか便利なのでは・・・とつい気になってしまった(とは言え、兵庫県からではちょっと大変かな)。
 近年の著者の作品は、「本格ミステリビンゴ」のコマを順次埋めるような意図で書かれているような印象がある。プロ野球選手がバラエティ番組で投球によるパネル落とし(碁盤の目状のパネルに狙い通りボールを当てて落としていくあれです)にも似ている。今回はこの手段とこの手段の組み合わせでやるぞ!という課題設定、更には本格ミステリ作家としてやれることには何が残っているか、というコマ埋めのようにも思える。個々の作品のクオリティというよりも(クオリティが低いというこではないです!いつも一定水準以上は維持していると思う)本格ミステ作家であることを全うしようとし続ける姿勢に頭が下がる。今回はある意味特殊ルール下における事件、かつ探偵側にはそのルールが開示されていないというパターンではないだろうか。職人の仕事だよなー。


マレー鉄道の謎 (講談社文庫)
有栖川 有栖
講談社
2005-05-13


『新しい名字 ナポリの物語2』

エレナ・フェッランテ著、飯田亮介訳
 1960年代ナポリ。若く美しいリラは裕福な商人と結婚したが、結婚生活は決して愉快なものではなかった。一方“私”エレナは高校に通い続け進学も考えるが、家計は厳しく将来は見えず、やはり苦しい毎日を過ごしていた。療養をかねて海辺に滞在することになったリラは、強引にエレナを同行させる。2人の女性の人生を描く世界的ベストセラーの2作目。
 前作『リラと私』では2人の子供時代が描かれたが、本作ではリラの結婚以降、2人の10代後半から20代を描く。リラの早すぎた結婚のその後の展開には、全読者があーやっぱりね!と思うだろう。リラの誇り高さや苛烈さを夫が理解していたとは全く思えないのだ。おそらくリラ自身もわかっていなかったのだろう。この時代、この地域で結婚するということが女性にとってどういうものなのか、痛感させられる部分が多々出てくる。夫の、家の所有物でしかないのだ。
 リラは何でも器用にこなし、店の経営もお手の物なのだが、このくらいじゃ収まらないんじゃないかという予感を感じさせる。エレナはそんなリナを時にもどかしく思い、時に自分の方が今は物を知っている、賢いのだと密かに優越感を抱く。しかし勉学や世の中の動きに興味を失っていたはずのリナは、時に非常に鋭い洞察を見せエレナを打ちのめす。また、大学進学後の地域的なカルチャーギャップや元々文化的資産のある家庭に育った学生たちとの格差など、彼女のコンプレックスが刺激されっぱなしで辛い。しかし彼女にもある転機が訪れる。エレナとリナの人生は、エレナが思っていたほどには隣接していないのかもしれない。リナはエレナにとってどんどん未知の人になっていくようだ。

新しい名字 (ナポリの物語2)
エレナ フェッランテ
早川書房
2018-05-17


『おばあちゃんのごめんねリスト』

フレドリック・バックマン著、坂本あおい訳
 7歳の少女エルサは大好きなおばあちゃんを亡くす。おばあちゃんは、変わり者で学校でも浮いているエルザの絶対的な味方だった。エルザはおばあちゃんの遺言に従い、様々な人に手紙を配達する。手紙の内容はおばあちゃんからの謝罪だった。
 もうすぐ8歳になるエルサは頭がよく好奇心旺盛だが、その好奇心と様々な疑問への自制がきかず、拘りが強い、大人から見たらやっかいな子、同級生から見たら「ウザい」子と言えるだろう。そんな彼女にとって、彼女同様やっかいな人であったおばあちゃんはヒーローだった。そのヒーローを失ったことでエルサは傷つく。更に、おばあちゃんのヒーローではない顔、自分のおばあちゃんではない顔を手紙を届ける過程で垣間見ていくことで、複雑な気持ちになり怒りさえ覚える。大好きな人の見たことがない、おそらく本人が見せたくなかった面や好ましくない面を見るのは大人でもちょっと気が重いから、子供だとなおさらだろう。エルサは年齢のわりには大人だが、こういった人間の複雑さを呑みこめるほどには大人ではないのだ。おばあちゃんがエルサにファンタジー物語を語るが、それが何を意味していたのかわかっていく過程は、少々苦くもある。それでも、エルサはおばあちゃん(以外の人たちも)はこういう風に語らざるを得なかったし、そういう生き方をせざるをえない人だったと納得していくのだ。そもそもおばあちゃんの物語が誰の為だったかということが明らかになると、この人たちの不器用さとままならなさがやるせない。起こってしまったことはやりなおせないが、エルサの奮闘により補修は出来たのかなと思えるのだ。


おばあちゃんのごめんねリスト
フレドリック バックマン
早川書房
2018-03-20


幸せなひとりぼっち (ハヤカワ文庫NV)
フレドリック バックマン
早川書房
2016-10-21



『いっぴき』

高橋久美子著
 元チャントモンチーのドラマーであった著者が、バンド脱退後、文筆家として綴った6年間分の文章をまとめた一冊。
 私はエッセイ、随筆等を読むとき、著者がどのような人なのかということはあまり考えずに読むし、文章を読んで書き手に対してこういう人なのかと思うようなことはあまりない。ただ本作の場合は、ああこういう人だったのか!と感慨深く感じた。私にとって著者はまだ文筆家ではなく、元チャットモンチーのドラマーとしての高橋久美子なんだろうなぁ・・・(著者にとっては不本意だと思うが)。部活への打ち込み方や大学での奮闘、バンド脱退後の仕事のやり方、妹との海外旅行など、思い切りが良すぎかつ常にフルスイングで、なんだか台風のような人だ。各地でのアート展開催までのてんやわんやなど危なっかしすぎて読んでいてハラハラする。所々で登場する家族のおおらかさと温かみ(特に母、妹)、結婚後の「一人と一人」という感じの生活のあり方等、周囲の人の様子から著者の人柄が浮き上がってくる感じもする。好ましいエッセイ集だった。

いっぴき (ちくま文庫)
高橋 久美子
筑摩書房
2018-06-08


太陽は宇宙を飛び出した
高橋久美子 白井ゆみ枝
フォイル
2010-07-16




『あなたを愛してから』

デニス・ルヘイン著、加賀山卓朗訳
 実父を知らず、父親に関する質問を一切受け付けない辛辣な母親に育てられたレイチェル。母の死後、父親を探し始めるが、手がかりを追ってたどり着いたのは残酷な事実だった。ジャーナリストとして活躍するようになったレイチェルは、ある現場での体験により深く傷つき、結婚生活も仕事も失う。そんな中で真実の愛に巡り合ったと確信するが。
 レイチェルが夫を撃ち殺すという衝撃のプロローグから始まり、彼女の人生と愛の変遷が描かれる。彼女の人生にまとわりつくのは「あなたは誰なのか」という問いであり、「私は誰なのか」という問いでもある。「あなた」はまず父親であり、彼女の前に現れる人たちである。その人たちとの関係が偽りであるなら、その関係の上に成立していた「私」とは一体何者なのか。自分が確信していた愛とは本当に愛と呼べるものだったのか。疑念に突き動かされ止まることができないレイチェルのスピードに読者側も乗っていくようで、一気に読み終えた。ノンストップサスペンスなのに作中時間がかなり長い(レイチェルの人生全般に及んでいるのでそれこそ30年近い)という所も面白い。ルヘインてこういう作品も書くのか!と新鮮だった。題名はヒット曲「Since I Fell for You」からつけられた「Since We Fell」だが、なぜ「We」なのかつかめてくるとより味わい深い。


『オールドレンズの神のもとで』

堀江敏幸著
 私の一族の頭には小さな正方形の穴が空いている。一生に一度、激しい頭痛と共に無名の記憶がなだれ込んでくるのだ。祖父の言葉を手がかりに、私は「色」呼ばれる現象に思いを馳せる。18編の小説を収録した短編集。
 これまでの著者の短編小説集とはちょっと色合いが異なる。抑制された語り口はいつも通りだが、幻想的な色合いが濃い。そしてどの短編も、どこか死の匂いがする。特に表題作はその傾向が顕著だ。一度終わった世界、更に縮小し終わりつつある世界を描いているように思えるし、言及されている内容からすると明らかに震災以降の世界と呼応している。失われたものの記憶の受けてが“私”の一族なのかもしれないが、彼らには自分たちが受け取ったものが何を意味するのか正確にはわからない。読者にはその記憶はあの時代のあの場所、あの出来事だと察しが付くのだが、その歴史は儚く失われていく。世界の黄昏を感じさせる、陰影深い作品集。

オールドレンズの神のもとで
堀江 敏幸
文藝春秋
2018-06-11


堀江 敏幸
新潮社
2018-07-28




『IQ』

ジョー・イデ著、熊谷千寿訳
 ロサンゼルスに住む青年アイゼイア、通称“IQ”は、持ち込まれる様々なトラブルを解決する探偵。腕は抜群だが報酬は金銭とは限らず、羽振りがいいとは言えない。ある事情で大金が必要になった彼は、腐れ縁のドラッグディーラー・ドットソンの紹介で、大物ラッパーからの依頼を受ける。その内容は、自分の命を狙う殺し屋を突き止めろというものだった。
 語り口が非常に生き生きとしており、かつクール。黒人版シャーロック・ホームズとでも言いたくなるIQの現在の仕事と、なぜ彼がこの仕事をするようになったのかという過去のいきさつが交互に語られるが、そのいきさつがIQの人柄と直結している。彼の倫理観や責任のあり方がいじらしくも凛々しい。目茶目茶努力家で真面目なのだ。その真面目さには彼の兄の影響が大きい。IQにとっての兄がどのような存在だったのかが過去パート全編を使って描かれていると言ってもいいくらい。また、いけすかないジャイアンキャラとして登場するドットソンの意外な側面が見えてくる所も(彼の作る料理は本当においしそう!)面白い。とことん噛み合わないしお互い好感を持っていない(笑)ホームズとワトソン的なノリだ。アメリカでは既に続編が出ているそうだが、ぜひとも日本でも翻訳してほしい!なお表紙のデザインが作品の雰囲気とばっちり合っている。

IQ (ハヤカワ・ミステリ文庫)
ジョー イデ
早川書房
2018-06-19


沈黙のセールスマン (ハヤカワ・ミステリ文庫)
マイクル・Z. リューイン
早川書房
1994-05





ギャラリー
最新コメント
アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ