3つ数えて目をつぶれ

映画と本の感想のみを綴ります。特に映画。ご連絡はhoto5now★yahoo.co.jp(お手数ですが★を@に変えてください)まで。

『星の子』

 中学生のちひろ(芦田愛菜)は両親と2人暮らし。両親は新興宗教に深く傾倒していた。病弱だった幼いころのちひろを救ったのがこの宗教で清められた水の力だと信じているのだ。中学3年になり受験を控えたちひろは、憧れている南先生(岡田将生)に、宗教儀式を行っている両親の姿を見られてしまう。原作は今村夏子の同名小説。監督・脚本は大森立嗣。
 ちひろの父(永瀬正敏)も母(原田知世)も、彼女のことを愛し大切にしているが、世間から見たら変な環境でかわいそう、ということになる。実際、子供を大切にしてはいるが日々の食事や住環境については少々おろそか、というより宗教内の価値観で行動してしまうので世間の「ケア」とはずれていると言った方がいいだろう。ちひろは両親を愛しており自分がかわいそうとは思っていない(と思われる)ので、世間とのギャップが生じる。なんとなくわかっていたそれが、南の言葉で突き付けられてしまう。
 ちひろにとっては宗教に傾倒していることも含めて自分の両親であり、そういう両親がいるということが自分を構成するパーツになっている。そこに対する否定はなく、両親の愛を信じ、自身も彼らを愛する。とは言えその愛は、15歳の子供の視野の中での愛であり選択だ。子供にはそもそも選択肢がない。伯父一家からの提案をきっぱり断るちひろの姿は毅然としているが、それは選択肢がないから、他を知らないからだということを見落としてはいけないだろう。
 ちひろの友人とそのボーイフレンドの存在感がいい。ちひろの家が宗教にはまっていることは知っており、それを口にもするが、揶揄はしない。ボーイフレンドもちょっと抜けているけどちひろに対する態度はフラットだ。距離の取り方が適切なのだ。対して、南の態度の失礼さが際立つ。大人げないな!彼の授業も、こいつ生徒の話絶対聞いてないなという姿勢のもので大分独りよがりだったと思う。

星の子 (朝日文庫)
今村 夏子
朝日新聞出版
2020-01-31


タロウのバカ
國村隼
2020-02-18




『ぼんくら』

 2016年8月、富山のローカルTV局チューリップテレビのニュース番組が、「自民党会派の富山市議、政務活動費事実と異なる報告」というスクープを報道した。富山市議のドンといわれている準陳市議はその後不正を認め辞職。これを皮切りに市議たちの不正が続々と発覚し、半年で14人の辞職者が出た。議会の腐敗と議員たちのその後を追ったドキュメンタリー。監督は当時ニュース番組のキャスターだった五百旗頭幸男・砂沢智史。
 テレビ番組として放送された後の3年間の取材分を追加したドキュメンタリー映画。大変な労作で(資料の突合せとか見るだけでやる気なくなりそう)すごく面白かった。次々と市議の不正が明らかになっていくわけだが、次々と明らかになりすぎてもはやコント。登場する市議たちがこれまた実に悪そうな下卑た顔に見えてくる。政治家って基本的にいい顔した人が稀だなという、勝手かつあまりよろしくない(見た目で判断しているわけだからね…)先入観があるのだが、本作に登場する市議たちは地方の灰汁の強いおじさんたちという感じ。多分当人たちは悪いことをしている意識もあまりなく、こういうものだから、という通例に基づいてやっていたんだろうなという気がするし、そこに怖さがある。謝ればいいだろう、辞めればいいだろうというレベルで彼らの中では収束してしまいそうなのだ。
 その普通の基準おかしいでしょ、と指摘したのが報道サイドというわけだけど、わざわざ指摘されないと気付かなかったの?平気だったの?スルーしてきたの?と問いただしたくなる。議員当人だけでなく、周囲の関係者たち、他の公務員たちもそういう感覚なのだ。多分富山市に限ったことではなく、地方の議会ってこういう感じなのではないだろうか。日本の政治の風景がそら恐ろしくなる。
 TV局側の調査取材は特別なことをやっているわけではなく、話を聞きだし資料公開請求をし得られた情報をひとつひとつ照らし合わせていくという地道なもの。そういう地道な取材と報道で、決して大きくはない若い(2016年開局)地方局がこれだけの仕事をした、ということには希望が持てる。が、終盤のキャスターたちの顛末を見ると何らかのしがらみが窺えて心配になってしまう。

選挙 [DVD]
紀伊國屋書店
2007-12-22


『ポルトガル、夏の終わり』

 女優のフランキー(イザベル・ユペール)はポルトガルのリゾート地シントラに家族を呼び寄せる。がんの進行が発覚し、自分がいなくなった後のことを考え、余命宣告家族や友人に良かれと思って色々と采配していたのだ。しかし家族らにもそれぞれの事情があった。監督はアイラ・サックス。
 森、山、町、海と緩急に富んだシントラの風景が美しい。目に映るものはまぶしくキラキラしているが、少し寂しい。この味わいが夏休みぽかった。家族親族が集まって、まあ楽しいことは楽しいけど表面上取り繕った感が否めない所も、また夏休み感を強める。。夏休みってこんな感触だったという記憶が呼び起こされる。
 フランキーは自身のことであれ周囲の人間関係であれ、何でも自分の思い通りにコントロールしたがるし、それを実践してきた人だということが窺える。とは言えそこに悪意はなく、家族を自分の友人と息子とがお似合いだからと引き合わせようとする(夫にたしなめられるが)のも、自分が良かれと思ってのことだ。周囲の人間からすると、それぞれ事情ががあるし別の人格なんだから勘弁してほしいという所だろうが。フランキーは何でも一方的に決めてしまうので、周囲は振り回されてしまう。そんな彼女が、一番コントロールしたいであろう自分の体については力が及ばないというのが皮肉だ。
 とは言え、周囲の人たちもフランキーの思惑通りには動かない。家族とは言えそれぞれ別個の人格で他人である、ということが痛感される。本作中では「あなたと同じ考え」という関係性は描かれない。愛し合う夫婦でも親子でも友人でも、考えていることは別でそれが当たり前だ。愛の有無は関係ない。この手のストーリーだとばらばらだった家族が関係を構築しなおすというのが一つのセオリーだが、本作では家族も恋人も他人、いずれは別れ行くものという諦念が底にある。クライマックスの夕暮れシーンはそれを象徴するもののように思った。

『ポップスター』

 学校で同級生が起こした銃乱射に巻き込まれ、一命を取り留めた14歳のセレステ(ラフィー・キャシディ)。姉エレノア(ステイシー・マーティン)と作り追悼式で発表した曲が皮肉にも評判になり、マネージャー(ジュード・ロウ)にスカウトされプロデビューを果たす。18年後、トップスターとなったものの度重なるスキャンダルで低迷していたエレノア(ナタリー・ポートマン)は、再起をかけたカムバックツアーを控えていた。監督・脚本はブラディ・コーベット。主題歌・劇中歌はシーアが担当。
 作中でスクリーンサイズの変更がある映画、章立てされる映画はしゃらくさいという自分内での思い込みがあるのだが、本作はその両方をやっている。過去と現在はわけて章立てされ、各章の冒頭、ドキュメンタリータッチの映像でナレーション(なぜかウィレム・デフォー)が経緯を説明するパートはスクリーンサイズが正方形に近く、ストーリーが展開していくシーンは通常のサイズに戻る。これが何か効果的な演出になっているかというと正直微妙。更にエンドロールの流れが逆向き(下から上へと流れる)だがこれもまた何か効果的かというとそういうわけでもなく、しゃらくささの天丼感を強めているだけだ。ただ本作の場合、しゃらくさくあること自体が重要なのかなという気もする。表層、スタイルに特化してこその「ポップスター」ということなのでは(その表層がかっこよく仕上がってると言い切れないのが本作の辛い所なんだけど…)。
 少女時代に遭った事件はセレステの心身に影響を与えていることが示唆されるが、それが彼女のスターの資質に関わっているというわけではないだろう。セレステには「何かある」と語られるものの、具体的に歌が上手い、ダンスが上手いという評価を明示することは避けられている。曲作りの才能を見せたのはデビュー当時だけであとはエレノアがゴーストライターをしているとさらっと言及されるのだ。作中で出てくるセレステの曲がずば抜けていいというわけでも、MVが突出してスタイリッシュという感じでもない。何をもって彼女の「スター」性が担保されているのかいまひとつわからないまま話が進んでいく。クライマックスのステージを見ても、そこまでインパクトがない。これが演出上のものなのか見せ方に失敗しているのか判断できないのだが…。セレステを演じるポートマンがポップスターぽく見えないというのも一因なのだが、じゃあポップスターらしい人ってどんななんだと聞かれるとそれも困るだろう。むしろポップスターぽくない人が無理やりポップスターに徹する様を見せるというコンセプトなのだろうか。
 スターを主人公にした物語というと、才能ある若者が困難を乗り越え成長・成熟して素晴らしい作品を生みだし大成功、という展開がセオリーだが、本作ではセレステの成長・成熟と彼女のスター性に関連性は示さない。私生活がぐだぐだだろうが人として問題だらけだろうが、スターとしてのパフォーマンスとは別物であり、それこそがポップスターなのか。セレステに何か強烈な魅力があるようには見えないのだが、ステージ上の彼女を見る人たちにとってはおそらく熱狂すべき何かがある。ポップスターは徹底して演出された存在で、作中で見られるセレステの姿はその演出の及ばない部分なのだ。
 なお、スターとなったセレステの娘とエレノアの服装は、多分セレステのファッションに寄せているのだろうが、板についていなくてかなりダサい気がする。スターのイメージを守るのは大変だな…



シークレット・オブ・モンスター [DVD]
ロバート・パディンソン
ポニーキャニオン
2017-05-17





アリー/スター誕生 [Blu-ray]
アンドリュー・ダイス・クレイ
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2019-11-06






『ボーダー 二つの世界』

 税関職員のティーナ(エヴァ・メランデル)は、人間のおびえや嘘を嗅ぎ分ける能力を持っていた。そのため違法なものを持ち込む人間を見分けることができるのだ。ある日、怪しげな旅行者ヴォーレを呼び止め検査したものの、証拠を掴めず入国審査をパスする。彼から何か特別なものを感じたティーナは、ヴォーレに近づいていく。原作はヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストの小説。監督はアリ・アッパシ。リンドクヴィストとは共同脚本になる。
 ユニークで面白かったのだが、見ていて段々辛くなってしまった。ティーナには人間としては特殊な能力があり、自分が所属している社会にすんなり溶け込んでいるというわけではない。同居人とのやりとりや食事シーンに、この生活への違和感や相手との断絶が滲んていて薄ら寒く感じられた。そんな彼女の前に現れるのがヴォーレだ。彼女にとっては初めての仲間、自分と同種の存在で、同じようなものの感じ方、世界のとらえ方をできると実感できる存在だ。2人で過ごす中での彼女の高揚感や喜びが非常に鮮烈で瑞々しい。世界の見え方が変わるとはこういうことかと思わせる。
 しかし、新しく出会った世界にためらいなく同化(というか回帰)できるのかというと、そうではない。彼女は人間社会の中で育ち生きてきた存在だ。その社会の中でのルール、倫理がすでに自分の一部になっている以上、それを捨てて「彼」の理論、価値観に乗ることは倫理的にできない。彼の価値観は彼女のタブーなのだ。結局、どこに行ってもティーナは部外者であり、彼女は彼女として、ただ一人生きていくしかないということが浮き彫りになっていく。ヴォーレと共にあるときの高揚感・幸福感が強烈だったからこそ2人の間の越えがたい溝が痛烈なのだ。
 ティーナは一人きりではないという可能性が最後に提示されるが、その他者の存在は彼女を守ってくれるわけではなく、逆に足かせになるのではとも思える。この先の困難がうかがえるだけに、何とも辛いのだ。
 
ボーダー 二つの世界 (ハヤカワ文庫NV)
ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト
早川書房
2019-09-19



ぼくのエリ 200歳の少女 [Blu-ray]
カーレ・ヘーデブラント
アミューズソフトエンタテインメント
2014-03-26


『ホテル・ムンバイ』

 2008年11月、インド、ムンバイで同時多発テロが起きた。インドを代表する5つ星ホテルのタージマハル・パレス・ホテルは、テロリストに選挙され500人以上の宿泊客と従業員が閉じ込められ、人質にとれらた。従業員たちは宿泊客を逃すために奔走する。一方、特殊部隊の投薬まで数日かかるという中、地元警察官たちがホテルに突入する。監督はアンソニ・マラス。
 実際に起きた事件を元にドラマ化された作品。中心となる人物はホテルマンのアルジュン(デブ・パテル)をはじめ何人かいるものの、群像劇としての側面が強い。123分とそこそこ長さはあるが、テンポが良く、むしろコンパクトに感じられた。個々の登場人物の見せ方、エピソード展開の手際がいい。ストーリー内の状況が状況なので、緊張感が途切れようがないという事情もあるのだが。
 ホテル従業員たちのプロ意識、職業倫理の高さが称揚されそうだが、彼らが元々特に素晴らしい人たちなのかというと、ちょっと違うと思う。本作に登場する人たちは、ホテル従業員にしろ、宿泊客にしろ、あくまで普通の人たちだ。テロリストですら、何かすごく特別な能力があるわけではない。武器で武装してはいるが、パニックになるとごく普通の、それほど頭がいいわけでも意志が強いわけでもない若者たちであることが露呈していく。従業員も宿泊客も、あくまで一般人の知恵と勇気の範疇で生き残るために戦っていく。普通の人たちが極限状態で勇気や利他性を発揮する姿には胸が熱くなるが、運不運としか言えない展開もあって、テロの不条理さがつらい。テロを起こす側の若者たちは、いいように使い捨てられる駒のようなもので、その上にいる人物は無傷。貧しい環境出身と思われる彼らが富裕層に憎しみを燃やし、不平等への不満・怒り故に利用されていく様がやりきれない。

パラダイス・ナウ [DVD]
カイス・ネシフ.アリ・スリマン.ルブナ・アザバル.アメル・レヘル.ヒアム・アッバス.アシュラフ・バルフム
アップリンク
2007-12-07


タワーリング・インフェルノ [DVD]
スティーブ・マックィーン
ワーナー・ホーム・ビデオ
2010-04-21



『僕たちは希望という名の列車に乗った』

 1956年、東ドイツの高校生テオとクルトは、こっそりもぐりこんだ西ドイツの映画館で、ハンガリーの民衆蜂起のニュースを見る。感銘を受けた2人はクラスメイトに呼びかけ、授業中に2分間の黙祷を実行。しかしソ連の影響下におかれた東ドイツでは国家への反逆とみなされてしまう。首謀者とあげろと彼らは迫られるが。原作はディートリッヒ・ガルスカ『沈黙する教室 1956年東ドイツ 自由のために国境を越えた高校生たちの真実の物語』、監督はラース・クラウメ。
 教育委員たちが学生から「ゲシュタポ」と揶揄され激怒するが、やっていることは似ている。力と恐怖で国民、国を画一的に支配しようとするやり方は、大体似通ってくるのか。体制側と違う考え方をすることは認められないのだ。本作中でも、学生たちの弱みを握り、脅し、彼らが疑心暗鬼に陥り仲間を裏切るよう煽っていく。若者たち、国民たちが自分の頭で考え団結することが、体制側は怖いのだとよくわかる。管理しようという姿勢が徹底していてすごく怖い。なりふりかまわずそこまでやるのかと。若者たちが何も考えず言うことをきく状況は、支配する方としてはそりゃあ楽だよな。だから個々が自分で考え行動することが、権力の肥大化を押さえる為にもとても重要なのだ。学生たちが黙祷を「皆でやろう」と多数決を取るのは、ちょっと同調圧力っぽくないか?という気もしたが・・・。 
 彼らの行動は最初はあまり深い考えに基づくようなものには見えない、その場の思いつきのようなものだ。しかし、その思いつきで自分の生き方、ひいては自分が今いる国が何をしようとしているのか、自分たちが何に加担することになりかねないのか、深く、しかも短時間で考えざるを得なくなっていく。少年少女が急激に成長していく様が鮮やかではあるのだが、こういう形で成長を強いられるのってちょっと辛い。他の場所だったらしなくていい苦労だし、理不尽すぎる。
 裏切り者になること、嘘をつくことを大人が子供に強いる国は、大分終わっているのではないだろうか。この5年後にベルリンの壁ができるわけだから、変なことを変だと言える環境がどんどんなくなっていく過程を描いた物語でもある。この先、こういう体制が何年も続くのだから本当に暗い気持ちになってしまうが、心が折れそうになっても自分達で考え屈しない若者たちの姿には希望がある。
 走るシーンが多く、どれも印象に残った。動きのテンポがいいというか、躍動感がある。ストーリーは重いが軽やかさがあるのだ。


アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男 [DVD]

ブルクハルト・クラウスナー
アルバトロス
2017-07-05



『僕たちのラストステージ』

 1953年、スタン・ローレル(スティーヴ・クーガン)とオリバー・ハーディ’(ジョン・C・ライリー)のコメディアンコンビ、ローレル&ハーディは、イギリスツアーに乗り出す。かつて一世を風靡した2人だったが今では過去の人扱い。しかし地道な宣伝活動が実を結び、動員は着実に伸びていく。励まし合いツアーを続ける2人だが、口論により関係にひびが入ってしまう。監督はジョン・S・ベアード。
 これみよがしな盛り上げ方はせず、割と淡々とした語り口だなと思っていたら、ここぞというところでぐっと心を掴む。あざといのではなく、そこに至るまでの人物造形やコミュニケーションの経緯の積み重ねでエモーショナルさが生まれており、堅実な良さがあった。脚本は『あなたを抱きしめる日まで』のジェフ・ポープで、やりすぎない上品さがある。98分というコンパクトさもうれしい。
 ローレルとハーディは仲違いするが、2人が信頼し合っているからこそ腹が立つのだろう。お互い愛とか期待とかがなかったらそもそも腹も立たない。2人は元々、プロダクションの指示でコンビを組まされたので、最初からうまがあったとか共通項が多かったというわけではないだろう。実際、やせ形で几帳面、少々気難しいローレルと、大柄で酒・女・博打好きだが人好きのするハーディは見た目も性格も対称的。仕事の同僚でなかったら仲良くなったかどうか微妙だ。それでも2人は仕事のパートナーとしては抜群の組み合わせで、深く理解し合っている。これはもう友情に他ならないだろう。倒れたハーディを喧嘩中だったローレルが見舞うシーンは、妙に可愛らしい。こういうことをやれる間柄なんだよな、心を許しているんだよなということがすごくよくわかるのだ。
 友情があるのはローレルとハーディの間だけではない。彼らの妻たちもツアーに合流するのだが、2人はこれまた対称的。考え方も振る舞いも真逆で、一緒に行動はしているが決して仲が良く友好的というわけではない。しかし1人が非常に苦しい思いをしている時、もう一人がぎゅっと彼女の手を握るのだ。芸人の妻という似た立場だからこそ理解しあえることがある。彼女らの間にもまた、同士としての友情があるのだ。

あなたを抱きしめる日まで [DVD]
ジュディ・デンチ
Happinet(SB)(D)

『ポリスストーリー/REBORNE』

 2007年、香港。国際捜査官のリン(ジャッキー・チェン)は重病で入院中の娘に会えないまま、証人警護作戦に駆り出される。対象は遺伝子工学者で、犯罪組織に狙われていた。早急に作戦を開始するものの、襲撃されたリンは瀕死状態になってしまう。そして2020年、シドニー。大学生のナンシー(オーヤン・ナナ)はひどい悪夢に悩まされ、魔女と呼ばれる呪い師に助けを求めるほどだった。魔女から有名な催眠術師を紹介されたナンシーは、彼の公演会場を訪ねるが、謎の組織が彼女をつけ狙う。監督・脚本はレオ・チャン。
 ストーリー展開も設定も非常にユルく、一見SFぽいのだがSF要素が瀕死状態。遺伝子工学ってそういうことだっけ?とか、その情報どこから手に入れたの?その要塞なに?とか突っ込み所満載。基本設定がとにかく雑なのだ。悪の組織が非常に分かりやすく悪の組織っぽい恰好をしており、日曜朝の特撮タイムを連想してしまった。今時これやります?!というちょっと古びた要素だらけなのだ。2018年の作品とは思えない。
 しかし珍作ではあるかもしれないが、つまらないわけではない。ジャッキーはやっぱりスターなんだなと思える。年齢が年齢だから全盛期のようなアクションは当然できないわけだが、今のジャッキーがやるとしたらどういう「面白いアクション」が出来るのか、失われたスピードや飛距離を補う為にどうするのか、ずっと考え続けているんだろうなと思う。脇の甘い映画でも、ジャッキーの奮闘を見ていると何となく納得できてしまうのだ。
 アクションのスピードとキレは、リンの部下スー役のエリカ・シアホウが見せてくれる。軽やか、華やかでくるくる回る姿も楽しい。また、ナンシーにちょっかいをかける青年リスン(ショウ・ルオ)がコミカルさを添える。彼の的確すぎる先回りには何かすごい伏線があるのでは?!と思っていたら案外普通だったけど。
 エンドロールはちゃんとNG集。これを見ていると、珍作だと思ってみていたのに、何かいい映画を見たような気分になるのが不思議だ。

ポリス・ストーリー 3 <完全日本語吹替版> [Blu-ray]
ジャッキー・チェン
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2015-04-28


香港国際警察 NEW POLICE STORY [DVD]
ジャッキー・チェン
ジェネオン・ユニバーサル
2012-06-20




『ボーダライン:ソルジャーズ・デイ』

 アメリカで一般人15人が死亡する自爆テロ事件が起きた。犯人はカルテルの手引きによりメキシコ経由で不法入国したと政府は睨み、CIAへ任務を課す。CIA特別捜査官マット・グレイヴァー(ジョシュ・ブローリン)は、カルテルに家族を殺された過去を持つアレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)に協力を仰ぐ。麻薬王レイエスの娘イザベル(イザベラ・モナー)を誘拐して敵対組織の仕業と見せかけ、麻薬カルテル同士の争いへ発展させる計画を秘密裡に実行するが。監督はステファノ・ソッリマ。
 前作はドゥニ・ビルヌーブが監督だったが、ソッリマに交代。また前作は音楽をヨハン・ヨハンソンが手がけたが、彼が亡くなったことで弟子筋のヒドゥル・グドナドッティルが担当という、引き継ぎが相次ぐ案件だった。しかしさほど前作の雰囲気から外れていない。ストーリーテリングからはビルヌーブの奇妙かつ粘着質な手癖が薄れストレートになったが、音楽の雰囲気はびっくりするほど引き継がれている。個人的にはむしろ本作の方が好きかもしれない。三部作構想だそうなので、次作もちゃんと作られると嬉しい。
 前作は捜査官が異世界に迷い込み、アレハンドロが歩む煉獄を垣間見るような構造だったが、本作でもアレハンドロは相変わらず煉獄を歩き続けている。そして課された任務のせいで地獄度がより高まっている。行っても行ってもまだ地獄!そして帰る場所などないのだ。一方、マットもまた地獄を歩むことになる。上司から責任を丸投げされ、自分の仲間も倫理も切り捨てろと迫られる。政府の高官からCIAの責任者へ、そしてエージェントへとどんどん責任を丸投げされていく過程が悪夢のようだ。投げてくる側は気楽なもんだよな!中間管理職としてのマットの苦しみが辛い。また、麻薬王の娘として生まれたイザベルは、本人の意思とは関係なく、修羅の道を歩むことになる。そもそも選択肢がないのだ。不遜な態度だった少女が、終盤で見せる抜け殻のような表情が痛ましかった。
 本作でのデル・トロはもはや人間ではないような、一度死んで何か別の者としてこの世に戻ってきたかのような、胡乱かつ不気味な存在感を放つ。ラストにはしびれた。洋画の邦題というと映画ファンからは非難されるケースが多いが、このシリーズに関しては的を得ていると思う。全員が何らかのボーダーを越える、あるいは越えない瞬間を捉え続けているのだ。そこを越えたら元には戻れない、という緊張感がみなぎっている。


犬の力 上 (角川文庫)
ドン・ウィンズロウ
角川書店(角川グループパブリッシング)
2009-08-25



ギャラリー
最新コメント
アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ