3つ数えて目をつぶれ

映画と本の感想のみを綴ります。特に映画。ご連絡はhoto5now★yahoo.co.jp(お手数ですが★を@に変えてください)まで。

『バトル・オブ・セクシーズ』

 1973年、女子テニス世界チャンピオンのビリー・ジーン・キング(エマ・ストーン)は女子の優勝賞金が男子の8分の1である等、テニス界の男女格差に異議を唱え、仲間と共にテニス協会を脱会、女子テニス協会を立ち上げる。元男子世界チャンピオンのボビー・リッグス(スティーブ・カレル)は男性優位主義を主張。彼女に挑戦状をたたきつける。監督はバレリ・ファリス&ジョナサン・デイトン。
 ショットのつなぎ方による、ビリー・ジーンとボビーとの対比の強調が印象に残った。2人とも動作としては同じことを(例えばベッドに座る等)しているのだが、置かれている状況・背景は全然違う。お互い試合に挑むわけだが、ビリー・ジーンが背負っているものは自分の人生だけではない。女子テニス界の命運、そしてテニス界のみならず世界中の女性の未来が彼女の肩に乗っているのだ。それを理解してしまった彼女のプレッシャーは大変なものだったろう。ヘルドマン(サラ・シルヴァーマン)が「運命よ」と言うのだが、歴史が動く瞬間の当事者になってしまったのだ。だからこそ、「一人で行くわ」と戦いに挑む彼女の姿には凄みがあるし、試合後、ロッカールームでの彼女の振る舞いが胸に刺さりまくる。
 一方、ボビーにとってこの試合はスポンサー収入の為、ギャンブルの為、そして離れていった妻の心をつなぎとめる為の手段だった。しかし、ビリー・ジーンの本気にあてられるようにボビーの表情が試合中、徐々に変わっていく。プロとして真摯さには真摯さをもって応じなければならず、そこに性別は関係ない。対人関係の基本であるが、これがいかにないがしろにされてきたことか。
 ビリー・ジーンが戦う性差別や偏見は、ボビーのようなあからさまな形ではなく、テニス協会のジャック・クレイマー(ビル・プルマン)のような、一見紳士的な形で現れる。これは未だにそうだろう。冒頭、クラブにビリー・ジーンとヘルドマンが押しかけるシーンでのやりとりが象徴的だ。彼らは社会的な強者で、ボビーのように自ら矢面に立つ必要がない。旧来の社会が彼らを守っているのだ。ビリー・ジーンはそこに切り込み、エンドロール前の字幕でわかるようにその後も切り込み戦い続ける。その勇気と覚悟が現在に繋がっているということに、やはり胸が熱くなる。
 ビリー・ジーンとマリリン(アンドレア・ライズボロー)の恋の高揚感や、それに対して罪悪感を覚えるビリー・ジーンとマリリンとの自由さを巡る会話もいいのだが、ビリー・ジーンの夫ラリー(オースティン・ストウェル)の振る舞いは更に印象深い。彼女にとっての一番は僕でも君でもなくテニスだという言葉には、彼女への深い理解と尊重が込められている。こういう愛はなかなか得難い。

スタンドアップ [DVD]
シャーリーズ・セロン
ワーナー・ホーム・ビデオ
2011-12-21


ウィンブルドン (創元推理文庫)
ラッセル・ブラッドン
東京創元社
2014-10-31


『パンク侍、斬られて候』

 超人的剣客の流れ者・掛十之進(綾野剛)は、新興宗教はら振り党の脅威が迫っており、自分はそれを止められると大見得を切り士官を企むが、黒和藩の筆頭家老・内藤(豊川悦司)にそのハッタリを見抜かれる。しかし内藤は掛を起用し、はら振り党の脅威を逆手に取ろうとしていた。原作は町田康の小説、監督は石井岳龍。脚本は宮藤官九郎。
 ぱっと見、派手でキッチュな変格時代劇といった雰囲気だが、何しろ原作が町田康だから一筋縄ではいかない。爽快は爽快かもしれないが何もかも投げ捨てた後の爽快さとでも言えばいいのか。しかし、所々面白いシーンはあるものの、これ原作小説は面白いんだろうなぁ・・・という感想に留まってしまう勿体なさが拭えなかった。
 勿体なさの大半は、本作のテンポの悪さからくるものだと思う。宮藤官九郎は、長編の構成はあまり得意ではないのではないか。約45分×12回前後というフォーマットの、連続ドラマのテンポでの方がポテンシャル発揮していると思う。ナレーションを駆使したメタ演出も裏目に出ているように思った。おそらく原作の文体や、メタ構造を用いた表現をなんとか再現しようとしているのだと思うが、映像作品としてこれが正解なのかというと微妙。ひとつひとつのシークエンスがとにかくダレがちなので、実際の尺よりも体感時間が長く、全編見るのがかなり辛かった。全体を2倍速くらいで見るとちょうどいい気がする。
 綾野の身体能力はやはり素晴らしいのだが、本作のような面白方向に振り切った「超」アクションだと、逆にそのすごさがわかりにくい。この点も勿体なかった。そもそもアクションが出来る俳優を起用しなくても、本作の場合問題ないんだよな・・・。役者としての面白さが発揮されていたのは豊川。えっこの人こんなに面白かったっけ?!と新鮮だった。ぬめっとした色気とどこか気持ち悪いオモシロ感がとても生き生きとしている。本作、概ねテンポが悪いのだが綾野と豊川の掛け合いのシーンだけはやたらとキレが良かった。


生きてるものはいないのか [DVD]
染谷将太
アミューズソフトエンタテインメント
2012-09-21


『母という名の女』

 メキシコのリゾート地バジャルタに住む姉妹。17歳の妹バレリア(アナ・バレリア・デセリル)は、同い年のボーイフレンド・マテオ(エンリケ・アリソン)との子供を身ごもっている。そこに長年別居していた母アブリル(エマ・スアレス)が現れる。バレリアと新たに生まれた彼女の娘カレンの世話に奔走しているかに見えたが。監督はミシェル・フランコ。
 アブリルは母親として登場し、いかにも母親らしい振る舞いを強調していく。最初はバレリアも彼女を頼るし、3世代の女性達の共同体が作られているかに見える。しかし徐々に、アブリルの母親然とした言動には、支配的な側面もあることがどことなく感じられる。特に長女クララ(ホアナ・ラレキ)の体型と食生活に対する発言は、さりげないのだがこれってモラルハラスメントに当たるのでは?と見ていて気持ちがざわつく。アブリルは長女の健康とルックスを心配している体で言うのだが、自分の価値観に一方的に当てはめているということでもある。あの状況で病院に連れて行かれたらショックだし傷つく(そもそも病院に行くほどの問題には見えない)と思うんだけど・・・。クララが家庭内で、妹のバレリアからも蔑ろにされている様子が冒頭10数分でわかってしまう(バレリアの無頓着さは、そういう人だからというよりも相手がクララだから、侮っているからだろう)ので、その上でアブリルの言動を見ると更にいたたまれない。
 アブリルの支配力はクララを侵食し、バレリアとマテオにも及んでいく。彼女の行動はやたらと思い切りが良い。そして一見、「母親として当然」であるかのように装われている。バレリアとカレンに対する行動は、未成年だし止む無し、という側面もあるにはある。しかし問題なのは、バレリアへの意思確認や彼女との話し合いが全く行われない、ひたすら一方通行だということだ。アブリルの行動は結局アブリルの欲望に基づくもので、一方通行なのも当然だ。彼女の行動=欲望が加速していく様に唖然としつつ、これって「母」要素はあまり関係ないなと思った。アブリルがアブリルだから、というのが正しい所で、母という要素の方が後付だろう。仮に母親じゃなかったとしても、アブリルはこのような行動をする人なのだと思う。そういう意味では邦題はミスリードなのだが、ラストで「母」はアブリルだけではなかったとはっとする。母と言う名の女は、彼女の方だったのかと。

父の秘密 [DVD]
テッサ・イア
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2014-06-13


ヴィオレッタ [DVD]
イザベル・ユペール
インターフィルム
2014-11-05


『バーフバリ 王の凱旋』

 蛮族カーラケーヤとの戦争に勝利し、マヒシュマティ王国の次期国王に氏名されたアマレンドラ・バーフバリ(プラバース)。見聞を広げる為に身分を隠して国外を旅する中で、クンタラ王国王女デーヴァセーナ(アヌシュカ・シェッティ)と恋に落ちる。彼女を妃にしようと国に連れ帰るが、王の座とデーヴァセーナを奪われたことをねたむ従兄弟バラーラディーヴァ(ラーナー・ダッグバーティ)の策略に翻弄される。監督はS・S・ラージャマウリ。
 前作『バーフバリ 伝説誕生』(伝説誕生の主人公・シヴドゥの父親の話が王の凱旋なのね)は見ていないのだが、意外と大丈夫。また完全版で見たのだが、さすがに長すぎて終盤少々辛かった。ただ、音楽と踊りがあることでかなり間がもつし飽き難くなるんだなということは良く分かった。歌って踊っている場面は概ね楽しい。私は普段、本作のような超エンターテイメント大作のインド映画を殆ど見ないので、その作法には少々戸惑った。ブロマイド風ショットにそんなに尺がいるの?とか、CGの風合いがもろCGでも気にならないの?とか、このシークエンスここで切っちゃうの?そしてここと繋ぐの?とか。映画に求めるものの違いがなかなか面白い。ドラマ部分よりも歌謡ステージ的な部分の方が見ていて違和感ないのは、求めるもののギャップが少ないからなんだろうな。
 バーフバリのキャラクターが、意外と見えてこないところが興味深い。際立った個性があるわけではなく、最大公約数的な「英雄」「ヒーロー」といった感じだ。対してデーヴァセーナや王母シヴァガミ(ラムヤ・クリシュナ)らは、こういう人でこういう価値観を持っている、という造形がはっきりとわかる。特にデーヴァセーナの率直さや強さは好ましかった。そりゃあ指を切るよな!デーヴァセーナの従兄弟がバーフバリ言葉により本当の勇気を手にする姿にもぐっとくる。その分、後々の展開が辛いんだが・・・。

バーフバリ2 王の凱旋 [Blu-ray]
アヌシュカ・シェッティ,ラーナー・ダッグバーティ,サティヤラージ,ラムヤ・クリシュナ,ナーサル,タマンナー プラバース
株式会社ツイン
2018-02-21


バーフバリ 伝説誕生 [Blu-ray]
プラバース
株式会社ツイン
2017-07-05


『パティ・ケイク$』

 ニュージャージーに住む23歳のパティ(ダニエル・マクドナルド)はバーテンダーで生計を立てつつ、音楽で成功することを夢見てライムに磨きをかけていた。フリースタイルバトルで相手を喝破し仲間とCDも作るが、母と祖母を抱えた生活は厳しい。そんなある日、パティの元にオーディションに出場するチャンスが舞い込む。監督・脚本はジェレミー・ジャスパー。
 パティは自分の容姿をバカにされ、母親のこともバカにされるが、自身のライムで這い上がっていく。ホワイトトラッシュの話、加えて関係性に問題がある母娘の話ということで先日見た『アイ、トーニャ』を思い出しもしたが、本作の方が(完全にフィクションだし)希望がある。最大の違いは、パティには自分を肯定してくれる存在、祖母がいるということだ。「お前はもう(自分にとっては)スターだよ」と祖母だけは言ってくれるし、彼女がやっていることも、彼女の友人たちのこともバカにしない。おそらくパティは、理由もなく殴られたら自分が悪いとは考えないだろう。自身に対する基本的な肯定感があるのとないのとだと、人生大分違ってくる気がする。
 パティの母親は昔はセクシーで大層モテたんだろうなという雰囲気の人だが、その頃の自己イメージから抜け出せていないように見える。自分の夢を諦めざるを得なかったという後悔、こんなはずではなかったという思いから酒浸りになっており、それを嫌がるパティとの仲も険悪だ。こんな母親嫌だ、母親のようにだけはなりたくないという一方、バーの男性客たちに母親をバカにされるのは耐えられないというパティのうらはらな気持ちが痛切だった。それを踏まえているので、オーディションでパティが披露するステージには胸が熱くなる。彼女は自分を肯定すると同時に、母親の夢も救い上げるのだ。
 なお、パティとバンドメンバーでもある親友ジェリ(シッダルタ・ダナンジェイ)、バスタード(ママドゥ・アティエ)との関係の描写がとてもいい。男女の間にも友情はあるし、カップルの関係はフェアだ。このあたりは非常に現代的だなと思った。最近見たキスシーンの中では一番きゅんとくるものがある。そういえば、二輪車二人乗りシーンのある映画は打率が高いという自論を持っているのだが、本作でもそれが証明された。

8Mile [DVD]
エミネム
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
2003-09-26


『パシフィック・リム アップライジング』

 人類が操縦する巨大ロボット“イェーガー”とKAIJUとの戦いが終結してから10年。ジェイク・ペントコスト(ジョン・ボイエガ)は英雄になった父の影から逃れるように、廃棄されたイェーガーのパーツを売りさばいて日銭を稼いでいた。しかし再び世界に脅威が迫る。ジェイクはかつての同僚ネイト・ランバート(スコット・イーストウッド)やイェーガーを自作する少女ジュールス(アドリア・アルホナ)ら若いパイロットたちと共にKAIJUに挑む。監督はスティーブン・S・デナイト。前作の監督ギレルモ・デル・トロは製作に参加。
 日本で海外の映画が公開される際、日本版ポスターが得てしてダサくなるというのは映画ファンにはおなじみだろう。しかし本作はポスターの方が映画本体よりかっこいいという珍しいパターンだった。ポスターの方が、ロボットに対するフェティッシュさが色濃い。映画の方は、意外なことに前作よりもロボット、怪獣に対するフェティッシュは薄れているように思えた。ロボットや怪獣に対する愛着は感じられるのだが、視線がもうちょっと俯瞰的というか、距離を保っているように見える。自分がこうやりたい!といよりも、見る側にとってはこういう見せ方だと見やすいかな、という方向に意識がいっているように思う。
 イェーガーの闘いがほぼ日中のシーンになっているあたり、イェーガー、KAIJUのビジュアルクオリティーには結構な自信を持っていると思われるのだが(前作では夜間や水中が多く、それとなく粗隠しをしている)妙にあっさりとしているのだ。見る側にとっての間口は広くなっているが、熱量があまり伝わってこないのでコアなファンが離れそうな気がする。
 本作、熱量が下がっている(ようにコア層にとっては見える)ことに加え、ストーリーがかなり大雑把なのが厳しい。前作もストーリーの大雑把さはどっこいどっこいなのだが、妙な熱量でねじ伏せていた。今回は展開の強引さばかりに目がいってしまった。個々のキャラクターがもっと立ちそうなところも勿体ない。ィエーガーの操縦システム(2人のパイロットが同調して操縦する)って「この人にはこういう背景がある、こういう人となりをしている」という部分を見せやすい小道具だと思うんだけど、1作目ほど機能していない。イェーガーたちが戦隊シリーズばりに並んで見得を切るシーンとか、ぐっとくるんだけどなぁ。

パシフィック・リム [Blu-ray]
チャーリー・ハナム
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2014-07-09


劇場版 パワーレンジャー [Blu-ray]
デイカー・モンゴメリー
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2018-02-07

『ハッピーエンド』

 3世代にわたって建設会社を経営しているロラン一家。家長のジョルジュ(ジャン=ルイ・トランティニャン)は高齢の為に引退し長女アンヌ(イザベル・ユペール)が跡を継いだが、ジョルジュは交通事故に遭って車椅子生活に。二男のトマ(マチュー・カソビッツ)の前妻との間に13歳の娘エブ(ファンティーヌ・アルドゥアン)がいる。エブは前妻と暮らしていたがある事件が起きてロラン家に引き取られる。アンヌの一人息子ピエール(フランツ・ロゴフスキ)は会社の専務職を任されたがうまくいかず、トラブル続きだった。監督はミヒャエル・ハネケ。
 PCのチャット画面やスマホで撮影している画面が頻繁に出てきて、ハネケの映画もこういうふうになったのか!と時代の流れを感じた。チャットもスマホ録画も主観的なものなので、誰が見ているのか・誰に見せることを意図している画面なのかということを強く意識させる。ただ、これが何を意味するのかということは、後追いでわかってくるという構成。
 登場人物が他人に秘密にしていること、言いにくいことが後から観客に提示されるという構造の繰り返しになっている。冒頭、バスルームの女性をロングで撮影しているスマホ画面、そしてハムスターの顛末が映される。そして後々のある事件。それらを通して、ああそういうことが起きていたのかとわかってくる。また黒人青年たちに声をかけるジョルジュが年配男性にたしなめられているらしいシーン、ピエールが突然殴られるシーンも、後々出てくる会話から何をやろうとしていたのか推測できる。重要なことが起きているシーンは往々にしてロングショットで、登場人物が何を言っているのかは聞き取れないような撮影の仕方。全部後からわかってくるのだ。もちろん登場人物にとってはわかっているわけだけど、観客側は落ち着かない、座りの悪いような気分が続く。
この落ち着かなさ、座りの悪さは、登場人物たちがもくろむ諸々の事柄の顛末にも及ぶ。彼らは様々なことをもくろむが、それは成功した方がいいのかしない方がいいのかもやもやする案件ばかり。題名は非常に皮肉だ。そうは問屋が卸さない!と言わんばかり。トランティニャンとユペールは『愛、アマチュア』に続く共演だが、本作は『愛、アマチュア』のB面とも言えるかも。なお、ハネケ監督作でしばしば見られる、ブルジョア白人による無自覚な人種差別シチュエーションも盛り込まれておりこれも居心地悪い。失礼なことをやっている側は往々にしてその失礼さに気付かないのだ。

愛、アムール [DVD]
ジャン=ルイ・トランティニャン
KADOKAWA / 角川書店
2014-06-27


隠された記憶 [DVD]
ダニエル・オートゥイユ
タキコーポレーション
2006-10-06



『パディントン2』

ペルーの密林からロンドンにやってきたパディントン(ベン・ウィショー)は、ウィンザーガーデンのブラウンさん一家と共に暮らしており、近所の人たちとも顔なじみになった。ルーシーおばさんの100歳の誕生日プレゼントを探していたパディントンは、グルーバー(ジム・フロードベント)さんの骨董品店で、ロンドンの名所を描く飛びだす絵本を見つける。ロンドンに来たがっていたおばさんにぜひプレゼントしたいと、早速アルバイトに精を出すパディントン。しかし、その絵本が何者かによって盗まれ、現場を目撃していたパディントンが逮捕されてしまう。
コメディあり、アクションあり、ミュージカルありというジャンル映画、そして活劇への愛にあふれており、とても楽しい。ジャンル映画へのオマージュという面では、アードマンスタジオの『ウォレスとグルミット』長編作シリーズを思い出した。アクションにしろコメディにしろ、前作から更に思い切った振り切り方をしていて、これは果たして『パディントン』として成立するの?!と思っていたら、むしろ1作目より『パディントン』という作品の芯の部分に迫っているのではないかと思う。いやーたいしたもんだな!シンプルに楽しいが同時に重層的な見方が出来る懐の深さがある。
パディントンがルーシーおばさんから教えられた礼儀正しさは、相手を不快にさせないことで身を守る処世術でもある。しかし同時に、彼の人(熊)柄であり、その礼儀正しさによって周囲も変わっていく。ウィンザーガーデンにしろ刑務所にしろ、民族も職業も様々な人たちが集まっている社会で、これが「今」の映画なのだと思う。そういった中でお互いうまくやっていく為に有効なのは、やはり礼儀正しさ(とそれに伴う優しさと適度な距離感)なのだろう。
 刑務所内でお菓子作りムーブメントが起きる顛末が愉快なのだが、人間、好きなことをやる、そして好きなことをやっている自分を好きになるというのは、つくづく大事だ。世間体とか限られた共同体内でのかっこよさの演出より、自分が好きなことをちゃんと好きでいた方がいい。それは自尊心ともつながってくる。時には、その「好き」が困った事態を打開するかもしれない。エンドロールの多幸感には笑ってしまうのだが、これも「彼」が自分の好きなことをやっており、なおかつ周囲に受容されたからだろう。

パディントン【期間限定価格版】DVD
ニコール・キッドマン
PONY CANNYON Inc(JDS) = DVD =
2018-01-17



『8年越しの花嫁 奇跡の実話』

 婚約中のカップル、尚志(佐藤健)と麻衣(土屋太鳳)。結婚式の3か月前、麻衣が原因不明の病気でこん睡状態に陥ってしまう。尚志は出勤前に病院に立ち寄る生活を始め、麻衣の回復を祈り続ける。数年後、麻衣は少しづつ意識を取り戻すが、記憶障害により尚志との記憶を失っていた。原作は書籍化もされた実話。監督は瀬々敬久。
 公開されてそこそこ時間がたっているが、劇場には結構人が入っていた。安定して売れる映画というのはこういう映画なんだなーと妙に納得。確かにオーソドックスに手堅くまとめていて面白い。またいわゆる「感動の実話!」にありがちな、過剰に泣かせようという下品さがないのはとてもよかった。
 2人の関係、また尚志と麻衣の両親との関係、尚志と職場の上司や先輩との関係など、この人とこの人はどういう関係なのかを手際よく(ちょっと説明的すぎなきらいがなくもないが)見せていく。序盤、尚志と麻衣が初めてドライブデートをするエピソードは、麻衣が尚志にとってどういう存在なのかを端的に示している。躊躇なく相席を求めたり、気軽に釣り客に声をかけるといったことは、尚志はおそらくやらない(できない)人だろう。彼女は尚志が1人ではやらないことをやる人、それによって尚志の世界を広げていく人なのだ。これを序盤で見せることで、その後なぜ尚志が麻衣を支え続けることができたのか納得できる。なにしろ「待つ」時間が長い話なので、序盤でなぜ待てたのか説得力を持たせないとなかなかきついと思う。
 また、「生まれ直した」麻衣にとって尚志は見知らぬ男であり、本当は怖かったはずだと気付いた後の彼の行動は、やはり彼にとって彼女がどういう存在であるのかよくわかるものだ。麻衣は尚志のこういう所に心を動かされたんだろうなという説得力にもつながる。他にも、尚志に対する麻衣の両親の態度の変化等、人の行動の流れが唐突にならないように、よく配慮されているなと思った。安易な悪役・憎まれ役がいない。
 ただ、回想シーンや幻影を見るシーンなど、ちょっと演出がくどいな、しつこいなという部分もあった。そこまでやらなくても言わんとすることはわかるので、もうちょっと映画を観る側を信頼してほしいんだよね・・・。




64-ロクヨン-前編 通常版DVD
佐藤浩市
TCエンタテインメント
2016-12-09

『パーティーで女の子に話しかけるには』

 1977年のロンドン郊外。パンクロックを愛する少年エン(アレックス・シャープ)は、友人と一緒にパーティー会場らしき一軒家にもぐりこむ。そこで出会ったのは不思議な少女ザン(エル・ファニング)。エンはあっという間に恋に落ちるが、2人に残された時間は48時間だけだった。監督・脚本はジョン・キャメロン・ミッチェル。
 ボーイミーツガールであり未知との遭遇である。ザンは何と宇宙人なのだ。女の子に声をかけるだけでもエンのような子には相当な勇気がいるのに、更に宇宙人だなんて、二重の意味での異種間交流でまあ大変である。未知のもの・異文化の存在と交流する緊張感と戸惑いという点では、相手が女の子だろうと宇宙人だろうとそう変わりはないのかもしれない。エンとザンのやりとりはちぐはぐなのだが、互いの異文化(エンにとってはザン、ザンにとっては地球の文化)を知りたいという情熱によって一体化する瞬間がある。
 エンとザンの架け橋になるのはパンクロックだ。破壊と混沌(からの創造)を志向するパンクは、ザンたち異星人の文化とは真逆にあるもの。ザンらの社会は秩序と調和により維持されてきたが、滅びつつある。それをかき乱し、カオスの中から新たな息吹を与えるのがパンク。わかりやすい対比だが、エンとザンが一緒にステージに立った時の高揚感、何かがはじける感じは、確かに「生まれてくる」感ある。ただ、「生まれる」ことを母性と直結させちゃうのはちょっとどうかな、いまだにそれ使うの?って気はする。生まずとも次の世代を送り出すボディシーア(ニコール・キッドマン)のような存在も登場するが、これはこれで一つの母性の象徴だろうし。いい加減そこから離れた表現が見たいなとは思った。
 ともあれ、エル・ファニングの可愛らしさが異常かつ存在感が強烈で、それだけでも見る価値ありそう。脇とか首とか触らせられて、これはエンもたまらんよな!

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ [DVD]
ジョン・キャメロン・ミッチェル
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2017-10-18


成恵の世界 コミック 全13巻完結セット (カドカワコミックス・エース)
丸川 トモヒロ
角川書店(角川グループパブリッシング)
2013-02-21

ギャラリー
最新コメント
アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ