3つ数えて目をつぶれ

映画と本の感想のみを綴ります。特に映画。ご連絡はhoto5now★yahoo.co.jp(お手数ですが★を@に変えてください)まで。

『天国でまた会おう』

 第一次世界大戦の終結目前。ドイツ軍との停戦が成立するかに見えたが、“戦争好き”なフランス軍のプラデル中尉(ローラン・ラフィット)は理不尽な攻撃命令を下す。戦場でフランス軍兵士のアルベール・マイヤール(アルベール・デュポンテル)は、若い兵士エドゥアール・ペリクール(ナウエル・ペレーズ・ビスカヤート)に助けられる。アルベールを助けたことで、エドゥアールは顔の下半分に重症を負う。エドゥーアールは名門銀行家の息子だったが家族とは絶縁状態で、自分は死んだことにしてくれとアルベールに頼み込み、断りきれないアルベールは戦後も彼を引き取り同居するようになった。エドゥアールには絵の才能があり、その才能を活かした詐欺計画を思いつく。原作はピエール・ルメートルの同名小説。監督はアルベール・デュポンテル。
 原作は結構なボリュームなのだが、ダイジェスト感強いとは言え意外と忠実に映像化されている。時代劇としての美術の面白さやエドゥアールが自作する仮面の美しさ等、ビジュアル面に魅力がある。俳優も皆ハマっており良かった。ビスカヤートは物語中盤以降、ほぼ顔を隠して出演しているが、体の動きのしなやかさや、目の表情の豊かさに魅力がある。多分、目でどれだけ演技が出来るかという部分で役が決まったのではないかなと思う。
 アルベールとエドゥアールは、彼らにとっての戦後を生きているわけだが、彼らの人生から戦争の影が消えることはない。エドゥアールの顔には修復しようのない傷が残っているし、アルベールは元の仕事(銀行の簿記係)に戻れず給料の安い半端仕事を転々としている。何より同じ兵士として戦地に赴いた若者たちが無残に死ぬ様を見てしまっている。そして、彼らを戦地に送り込んだ政治家や指揮する上官たち、そして戦争で儲ける資本家たちは安泰なままだ。エドゥアールが思いつきアルベールを巻き込んでいく詐欺計画は、自分たちの運命を翻弄した戦争そのもの、そして戦争で儲けた、自分たちを食い物にした者たちへの復讐だ。そして、自分たちの正当な分け前を取り返すという意味合いもあるのだろう。ピカレスクロマンであると同時に、広義の戦争映画なのだ。社会的な「終戦」が訪れても個人の中の戦争は終わらないということに、最後の最後まで言及されている。
 更にエドゥアールにとっては、絵にかいたような資本家であり自分とは相いれなかった父親への意趣返しでもある。映画では、エドゥアールと父親との関係が原作小説よりもクロースアップされており、この部分はよりエモーショナルだった。関係がいくばくか修復されることと、取り返しのつかなさが一体となっており切ない。エドゥアールがあの瞬間の為に生きていたように見えてしまうのは、ちょっと感傷的すぎないかとは思うが。

天国でまた会おう(上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)
ピエール ルメートル
早川書房
2015-10-16


天国でまた会おう(下) (ハヤカワ・ミステリ文庫)
ピエール ルメートル
早川書房
2015-10-16


『天才作家の妻 40年目の真実』

 現代文学の巨匠と称されるジョゼフ・キャッスルマン(ジョナサン・プライス)がノーベル文学賞を受賞することになった。妻ジョーン(グレン・クローズ)は共に喜び、息子のデビッド(マックス・アイアンズ)を伴い授賞式が行われるストックホルムへ赴く。しかしライターのナサニエル(クリスチャン・スレイター)がジョゼフの作品はジョーンの手によるものではないかと疑問をぶつけてくる。監督はビョルン・ルンゲ。
 クローズは本作で第91回アカデミー賞主演女優賞にノミネートされているが、それも納得。微笑だけでいくつもの感情、シチュエーションを感じ取らせる名演技だったと思う。人懐こいがちょいちょいクソ野郎感を醸し出すプライスの演技も的確。ストーリーやビジュアルはそんなに凝ったものではないので、俳優の演技を見る映画としてのウェイトが高いのは否めない。とは言え、やはりクローズの力で面白く仕上がっている。スレーターを映画で見るのも久しぶりなので嬉しかった。本作のナサニエルような、饒舌さが鼻につくがどこかチャーミングな役が似合う。
 冒頭、ベッドでのくだりで、ジョゼフはちょっと(いや大分、だろうか)無神経なのでは?と気になった。隣で寝ている人がいるのにわざわざベッドで夜食食べる?その後ジョーンとセックスする流れも、冗談交じりとは言え自分の欲求優先で(ジョーンの睡眠欲はどうなる)いい気がしない。、見ていくうちにその気になり度合いがどんどん高まっていく。彼は基本的に好人物でジョーンのことを愛しているのはわかる。ただ、ジョーン(に限らず家族や他の人が)何を考えているのか、自分の言動が何を意味することになるのかに無頓着で、それが無神経さに感じられるのだ。言葉を扱う職業なのに、相手にかける言葉の選び方は軽率だ。特に息子に対してはもうちょっと言いようがあると思うのに・・・。
 対してジョーンは常にそつなく感じが良い。正に「内助の功」的妻として振舞う。が、それが彼女の本意というわけではないこともそこかしこで感じられる。女性は結婚すると〇〇の妻、〇〇の母という呼ばれ方になってしまう。黙っているからと言ってそれらに納得しているというわけではないのだ。ジョゼフの言動はジョーンのその納得していなさを全く理解していないものだと思う。ジョーンが重要な話をしようとするたびに何かしらの出来事が起き話の腰を折られるのだが、この夫婦はずっと、こういう感じでやり過ごしてきたんじゃないかと思った。
 ジョーンとジョセフが何をやったのかはあっさりと明かされてしまうので、ドラマとしては少々物足りない。しかし、最期にジョーンが見せる微笑みは、最大のイベントはこれから、本作で語られたことの後に起こるんだろうなと思わせるものだ。

天才作家の妻 40年目の真実 (ハーパーBOOKS)
メグ ウォリッツァー
ハーパーコリンズ・ ジャパン
2019-01-25



セールスマン [Blu-ray]
シャハブ・ホセイニ
バップ
2018-01-10


『テルマ』

 信仰心深く抑圧的な両親の元で育ったテルマ(エイリ・ハーボー)は、オスロの大学に進学し、一人暮らしを始める。同級生のアンニャに心惹かれていくが、不可解な発作に襲われるようになった。発作の度にテルマの周囲で奇妙な出来事が起きる。そしてある時アンニャが姿を消してしまう。監督・脚本はヨアキム・トリアー。
 奇異な力を持った少女を主人公にしたホラーサスペンスという触れ込みだったが、あまりホラーっぽい印象は受けなかった。確かにホラー的な現象は起きるし、冷ややかな映像は何かが起こりそうという嫌な予兆には満ちているのだが、怖さ・怖がらせが主眼ではないからか。テルマの成長・変容の話でもあり、すごく極端だが親離れ子離れの話でもある。親からするとこんな離れ方は相当しんどいとは思うが・・・。親子であっても全くの他人であることを強烈に突きつけてくる。
 テルマは自分の身に何が起きているのか、記憶の失われた過去に何があったのか知ろうとする。両親は彼女にそれを知らせない為、彼女を事実に近づけない為に信仰を植え付け厳しく育てたのだろう。序盤では少々過干渉では?と思えるのだが、そうするだけの理由があり、彼らは彼らなりに娘のことを心配していることも徐々にわかってくる。しかし、その信仰や抑圧が、却って彼女を事実に近づけてしまうのが皮肉だ。抑圧が強いからこそ彼女の葛藤は大きくなり、強い葛藤は彼女の中のある部分を目覚めさせてしまう。
 テルマが個人として独り立ちしようとする(彼女に自覚はないだろうが)、家族以外の世界を広げようとするほど、両親との軋轢は強まり、更に彼女と「この世」の軋轢も強まっていく。彼女のような存在はこの世界では人を傷つけるだけなのか、いない方がいいのか。テルマの選ぶ道が鮮やか(と言っていいものか)だ。自分が生きたい世界で生きたいなら、なぜそれを選んではいけないのか?
 なおテルマが一人暮らししている部屋は学生寮らしいのだが、結構広くてびっくりした。ちゃんとベッドルームとダイニングが分かれているっぽい。環境良いなぁ・・・。テルマが女性であることを強調しない、そこに寄った話にしていないところが良かった。

獣は月夜に夢を見る [DVD]
ソニア・ズー
TCエンタテインメント
2016-10-05


母の残像 [DVD]
ガブリエル・バーン
紀伊國屋書店
2017-06-24






『デス・ウィッシュ』

 シカゴで働く外科医のポール・カーシー(ブルース・ウィリス)。ある日妻ルーシー(エリザベス・シュー)と娘ジョーダン(カミラ・モローネ)が自宅で何者かに襲われ、ルーシーは死亡、ジョーダンは昏睡状態に陥る。警察の捜査が進まないことに怒りを抑えられないポールは、自らの手での復讐を決意する。監督はイーライ・ロス。
 チャールズ・ブロンソン主演『狼よさらば』(1974)のリメイクだそうだが、元作品は未見。ブロンソン主演だとかなり男臭い、マッチョな感じなのかな?おそらく本作は、元作品よりもマッチョさは控えめなのではないかと思う。死刑実行人という設定からすると意外なくらい、ポールは(表面上は)穏健派として振舞う。因縁つけて絡まれても言い返したり暴力に訴えたりしないし、しつこいナンパに困っている女性を助けて逆にボコボコにされたりする。この手の映画の主人公としては珍しく、自宅に銃も置いていないし使い方も知らない。若い頃は喧嘩っ早かったという話は出てくるが、その程度だ。あまり「男としての面子」に拘る描写がない。復讐の動機を、愛する物を奪われた怒りと悲しみ、正義感という方向により強めに振っているあたりが、現代に寄せているなと感じた。
 ストーリーは非常に典型的で特に新鮮というわけではないのだが、ポールの真面目さ・勤勉さには妙な面白さがある。銃の扱いにド素人だが、ネットで動画を見まくって学習し、練習にも余念がない。学習意欲がすごく高くてどんどん上達していく様、復讐の要領が段階的に良くなっていく様は、ちょっとコメディぽくもあった。そして銃を使った復讐よりも、外科医の知識を動員した復讐方法の方がより怖い!流石プロ。
 あまり気合を入れず、空いた時間にぼーっと見るにはちょうど良かった。オールドタイプな建て付けなのだが、ちょっとしたキャラクター造形や演出で「今」の作品になるように工夫されていると思う。

狼よさらば [Blu-ray]
チャールズ・ブロンソン
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2018-10-17


バッド・ウェイヴ ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]
ブルース・ウィリス
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2018-04-18


『デッドプール2』

 最愛のパートナー・ヴァネッサ(モリーナ・バッカリン)を取り戻し順風満帆だったデッドプールことウェイド・ウィルソン(ライアン・レイノルズ)。彼の前に、1人の少年を殺す為に未来から来たサイボーグ、ケーブル(ジョシュ・ブローリン)が現れる。ヴァネッサと「良い人間になる」と約束していたデッドプールは特殊能力を持った仲間を集めて「Xフォース」を結成、少年を守ろうとするが。監督はデビッド・リーチ。
 Xメンやアベンジャーズのアメコミ映画のみならず、往年の名作から最近の珍作に至るまで、映画全般に関するネタが増量されている。OP部分はビジュアルも音楽の傾向も007オマージュなんだろうなぁ。本作を見ている人ならこのネタがわかる率が高いだろう!という観客に対する信頼(つまりサメがあれこれする映画とかお前ら好きなんだろ?って思われているということですが・・・)に基づき作られているように思う。もっとも、普段映画見ていない人でも十分楽しめるであろう作りで、そのあたりは堂々たる娯楽映画。
 過激なギャグが多いと言われる本シリーズだが、私はむしろ見ていて安心感があった。デッドプールは人殺しだしやっていることは非道ではあるのだが、どの分野の人に対しても基本的にフェアで属性による差別をしない。ここを押さえているので、下品なことをやっていても作品としてはあまり下品には感じられず、むしろすごく真面目に思える。特に女性の扱いがフラット(ヴァネッサとあれだけファックしている前作ですらも)なので、不愉快な要素が少ない。ここまでPCに配慮するヒーローはなかなかいないのでは・・・。もはやPCをギャグとして使う域だからなぁ。
 今回、タイムマシンが登場するので、これは歴史改変になってしまわない?そのあたりすごくざっくりそうだったけど大丈夫?と気になっていたのだが、やはり結構ざっくりとしている。とは言えデッドプールのキャラクターで何となく乗り切っている。デップーのキャラをここまで作り上げたレイノルズは本当にえらいよ・・・。とは言えどんなにタイムマシン使ってもあの黒歴史のことは忘れないよ!なかったことにしないで!

デッドプール [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-03-16




『デトロイト』

 1967年の夏、ミシガン州デトロイトでは社会に対する黒人たちの不満が噴出し、暴動が起きていた。暴動が起きてから3日目の夜、アルジェ・モーテルの一室で銃声が響いた。デトロイト市警、ミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵らがモーテルに押し入り、ピストルの捜索・押収の為に黒人宿泊客らを拘束する。デトロイト市警の白人警官たちによる強制訊問は一線を越えていく。監督はキャスリン・ビグロー。
 アメリカ史上最大の暴動と言われるデトロイト暴動の最中のある一夜を、当事者への取材を元に描いた作品で、当時の報道映像なども挿入されている。ビグロー監督作の中では一番編集がタイトで緩みがない印象。物語の核心となる一夜の出来事があまりに緊張感張りつめていて目が離せないというのもあるが、その前のシンガー志望のラリー(アルジー・スミス)らの初ステージがおじゃんなる流れ、警備員ディスミュークス(ジョン・ボイエガ)の仕事の仕方、白人警官クラウス(ウィル・ポールター)が商店から出てきた黒人を銃撃する流れ等、群像劇としての手さばきがいい。ラリーの無念さが滲む空席の劇場のシーンや、クラウスの無自覚な差別が不穏さを煽る。「一夜」への前振りをきちんとしているので、モーテルで彼らが顔を合わせた後の展開が更にきつく感じられるのだ。
 クラウスたちはたまたまモーテルにいた黒人たちが銃を所持していると決めつけ、彼らに不当な取り調べ(というより拷問)を行う。同じく宿泊していた白人女性2人に対しても、「黒人と寝た娼婦」と決めつける。彼らは自分たちが差別をしているという意識や、不当な捜査をしているという意識は希薄だ。人間、こいつには何をやってもいいんだという前提が自分の中にあると、本当に何でもやりかねないという恐ろしさを突き付けてくる。1人の警官の思考停止振りには唖然とするが、クラウスなどはむしろ治安の為の正当な行動だと思っているんだろうし、自分内の前提条件に疑問を持たない。クラウスたちが特殊なのではなく、こういう構図に置かれると誰でもそうなりかねない(今まさに自分がそうなっているかもしれない)ということの怖さだ。州兵や州警察は市警がやりすぎだと思っても我関せずで何もしない(それぞれの縄張り争い的なものもあるのだろうが)。はっきりと「人種問題には関わりたくない」と言う人もいる。そこで何か介入しておけば事態は変わったのに!とはがゆくなるが、「我関せず」という態度は自分もやってしまいがちなので非常に耳が痛い。あまり見たくないもの、直面するとしんどい(が考え続けなければならないこと)を延々と見せられるような作品だ。
 昼間は工場の作業員として、夜は警備員として働くディスミュークスは、黒人側と白人側を行き来しつつバランスを保つ。州兵に対して親切に振舞うのも、黒人少年をたしなめるのも、彼の人柄であると同時に処世術としてずっとこういう振舞いをしてきた人なんだろうなと窺えるものだ。モーテルでの彼は警察に協力する素振りを見せつつ、モーテルの客たちへの被害を食い止めようとする。しかし、彼に出来ることはわずかだ。この、「出来ることはわずか」という点が最後まで徹底している。あれだけ耐え忍んだのにこの仕打か!という顛末には、そりゃあ嘔吐もするよな!といたたまれなくなる。エンドロール前の「その後」のテロップで、現在進行形の問題であることが強く意識され更に辛くなる。ビグロー監督は『ハート・ロッカー』でも『ゼロ・ダーク・サーティ』でも辛さを避けなかったが、本作は特にそうだと思う。

ゼロ・ダーク・サーティ スペシャル・プライス [Blu-ray]
ジェシカ・チャステイン
Happinet(SB)(D)
2014-06-03



ゲット・アウト ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
ダニエル・カルーヤ
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
2018-04-11

『手を失くした少女』

 東京アニメアワードフェスティバル2017のコンペティション部門・長編アニメーショングランプリ受賞作品。監督はセバスチャン・ルドバース。グリム童話の「手なし娘」を下敷きに、デッサン、ペインティング風の線と色彩で構成されたアニメーション。
 アンスティチュ・フランセ東京での特別上映会で鑑賞したのだが、本編上映前に監督からの本作に対するコメント映像が15分ほどあった。それによると、作画は1人で行っており、製作スピードはかなり速かったそうだ。アニメーションというと、最初に絵コンテを切ってタイムシートを作ってそれに合わせて原画を描いていくものなのだろうが、本作の場合は、監督の頭の中におおまかなストーリーと映像の流れがあり、とにかくどんどん原画(監督によると“デッサン”)を描いていく。描いては修正し、また描き足して修正し、という繰り返しだったようで、ドローイングがそのままアニメーションの原画になっているようだ。絵のタッチも、完成した絵に拘らず、あえて線が途中で切れたり大まかなアウトラインのみの絵を繋げることで、今線を描いているような臨場感が生まれている。線のない部分も見る側は頭の中で補完して見ていることに気付き、この手法で通すことにしたのだとか。製作をスピードアップできる、かつ製作時の線の勢いをそのままアニメーションとして活かせる手法だと思う。躍動感があって、とても美しい。
 主人公の娘が能動的で、父親からも巡り合った王子からも離れて自力で生きようとする所は、今日的な造形でこれもよかった。彼女が王子からもらった金の義手を捨て、手が不自由なら不自由なりに生活を築いていく姿は、地に足の着いた感がある。果物にかぶりついたり、口も使って畑を耕し種を植える姿は、屋敷で王子を待つ生活よりもずっと生き生きとしている(このパートの作画が素晴らしいと思った)。また、王子が一人の人間として彼女についていくという結末も今の作品らしいなと思った。グリム童話的な血なまぐささや土着の臭いも濃いが、ラストは清々しい。なお本作の悪魔、やたらと諦めが悪くほぼストーカーである。聖なる力や奇跡によって撃退されるのではなく根負けして去るというのが、少女のタフさを際立たせる。

初版グリム童話集(2) (白水uブックス 165)
ヤーコプ・ルードヴィヒ・グリム
白水社
2007-12-12



『帝一の國』

 エリート学生たちが集まる超名門校・海帝高校。歴代の総理大臣は海帝高校の生徒会長出身者が多く、政財界にも強力なコネがある。主席入学した赤場帝一(菅田将暉)の野望は総理大臣になって「自分の国」を作る事。その為にはまず生徒会に食い込まねばならない。2年後の生徒会長選挙で優位に立つべく、次期生徒会長を見定めその懐に入る為、生徒会長選に身を投じる。原作は古屋兎丸の同名漫画。監督は永井聡。
 原作未読の状態で見たのだが、アバンの時点から反則的に面白い。その面白さは、主にテンポの良さと、何より主演の菅田をはじめ、出演俳優たちの全力投球ぶりによるものが大きいと思う。もちろんプロの俳優である以上何に出演しても全力投球だろうが、この作品が何を要求しているのか的確に判断し、そこに向かって思いっきり突っ込んできてるなって感じ。菅田の顔芸の数々が素晴らしく、この人最近映画に出過ぎだけど、まあ出したくなるわな!と思った。
 帝一の天敵である東郷菊馬を演じる野村周平の、下品な方向に振り切っているけどぎりぎりで下品にはならない下衆感も抜群。ベテラン勢では、帝一の父親役の吉田鋼太郎は、最近すっかりおもしろおじさんになってしまった気がするが、間の取り方等やはり上手い。帝一と一緒に試験の答え合わせをするくだりは、2人の息の合い方と吹っ切れ方が素晴らしかった。
 また、「その他」の生徒役、エキストラ的な出演者に対しても演出がしっかりしており、動きを揃えなくてはならないところの動かし方や、集団内での馴染み方がとても良かった。指導するの本当に大変だったろうな・・・。 ストーリーも設定も実に馬鹿馬鹿しく、生徒会の「権力」感等最早アナクロでそれ故にギャグになっているのだが、そういう馬鹿馬鹿しいものをすごく真面目に、フルスイングで演じ、作っている所になんだかぐっときた。
 建て付けはギャグだし、相当カリカチュアされたものでもあるのだが、帝一たちがやろうとしていることは民主主義ということだろう。帝一はとある事件により権力志向まっしぐらになるのだが、彼が加担している行為は、いわば帝政システムから、権力の一点集中と自由な行使を抑制するシステムに移行するためのものだという所が面白い。

『天使にショパンの歌声を』

 ケベックにある、修道院が経営する寄宿学校では、校長のオーギュスティーヌ(セリーヌ・ボニアー)が音楽教育に力を入れていた。ピアノコンクールでの実績もある名門校だが、経営は苦しく、母体である修道院の総長は閉鎖を考えていた。オーギュスティーヌは生徒による音楽会を開き、マスコミを見方につけ世論を動かそうとする。監督はレア・プール。
 修道院が管理する寄宿学校といっても、当然のことながら色々な雰囲気の所があるんだなと妙に感心した。カソリックの中でも音楽なんてもっての他という派もあるが、本作の修道院では肯定的に見られている。総長はオーギュスティーヌの方針に否定的だが、宗教上の方針というよりも彼女個人が「音楽が分からない」人だし、単純に音楽教育にはお金がかかり経営を圧迫するからだ。
 オーギュスティーヌは自身もかつてはピアニストであり、音楽教育に情熱を傾けている。彼女にとっては音楽は心を乱すものではなく、人生を支えるものであり、祈りのようなものでもあるのだろう。物語の時代設定は明言されないが、ラジオで女性のピル使用の是非を問う内容が放送されているシーンがあり、価値観が大きく変わりつつあるものの、女性にとってはまだ縛りの多い時代だったことが垣間見られる。オーギュスティーヌは総長から良妻賢母を育てる教育への転換を促される(おそらくカソリック修道院としては総長の考えの方が一般的なのだろう)が、「高い理想を持てと生徒たちに言っています」とはねつける。音楽の才能がある生徒にとっては、それは彼女らの人生を精神的にも生活の手段としても支え得るものだと彼女は考えているのだ。音楽にしろ何にしろ、自分に与えられたものを使って生きる、そのために闘うという姿勢が清々しい。
 生徒たちの音楽との関係は、ピアノの才能を持ちコンクールを目指すアリス(ライサンダー・メナード)以外ではさほどクローズアップされないのだが、合唱シーンでの表情は皆とてもよかった。また、アリスと仲良くなるスザンヌ(エリザベス・トレンブレイ=ギャニオン)は吃音があるのだが、歌うときはそれが消える。音楽があることが、彼女にとっての壁を壊すのだ。おそらくアリスにとっても他の生徒たちにとっても、形は違えど同じようなものなのではないだろうか。

『手紙は忘れない』

 90歳のゼヴ(クリストファー・プラマー)は妻を亡くしたが、それを時に忘れてしまうほど、物忘れがひどくなった。妻を亡くしたゼヴに、同じ老人ホームに入居している友人のマックス(マーティン・ランドー)が手紙を託す。その手紙に書いてあることを実行し、約束を果たしてほしいと頼む。2人はアウシュヴィッツの生き残りで、家族を殺したナチスの兵士は今も名前を変え生きているというのだ。その兵士の名前はルディ・コマンダー。ゼヴは復讐の為、ホームを抜け出す。監督はアトム・エゴヤン。
 ゼヴは様々なことをすぐに忘れてしまう。それが一つの仕掛けとなっているということは冒頭から察しが付く。もっとも、それで本作の面白さが削がれることはない。ゼヴの旅は(なにしろすぐに色々忘れてしまうので)危なっかしく、体力的にもヨロヨロしてきているので、大丈夫?!倒れない?!という部分でも手に汗握ってしまった。
 ゼヴが妻の死を毎回指摘されて思い出すように、記憶が消えたわけではなく、言われれば蘇る。しかし、その蘇ってきた記憶とは、どこまでが元々彼が持っていた記憶なのか。周囲が植えつけたものではないとは言い切れないのではないか。ゼヴが忘れるたび、思い出したとしても段々足元がおぼつかなくなっていくような、不安感が増していく。
 その反面、ありありと記憶している体験は、それが実際にあったことであろうとなかろうと、本人にとっては体験にほかならず、真実になってしまうのではないか。最後のある人物の行為は、その人にとって両方が本物であり、両方をわかってしまったからこその悲劇だったのではないかと思う。
 忘れる人がいる一方で、絶対に忘れない人がいる。本作の原題は『REMEMBER』。覚えている、思い出す、と同時に思い出せ、でもある。作中のある人物の復讐を思うと、何とも恐ろしく悲しい。

ギャラリー
最新コメント
アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ