3つ数えて目をつぶれ

映画と本の感想のみを綴ります。特に映画。ご連絡はhoto5now★yahoo.co.jp(お手数ですが★を@に変えてください)まで。

『サンセット』

 1913年、オーストリア=ハンガリー帝国が栄華を極めた時代。トリエステからブダペストのレイター帽子店へやってきたイリス(ユリ・ヤカブ)。この名門店は彼女の亡き両親が経営していたのだ。しかし今のオーナー、ブリルは彼女を歓迎せず追い返そうとする。ブリルや店員に食い下がるうち、イリスは自分には兄がおり、その兄カルマンは伯爵殺しという犯罪を犯したのだと知る。監督・脚本はネメシュ・ラースロー。
 イリスは自分の家族についても、自分が生きる時代についてもよく知らない。映画を見ている側はイリスと同じ視線でこの世界の中を引き回され、翻弄されていく。何か色々なことが次々と起こっているのだが、それをとらえきれず状況に流され、巻き込まれていくイリスの行動はどこか危うい。自分が何に加担してしまったのか、彼女にはわからないままなのだ。
 彼女が巻き込まれているのは第一次世界大戦を目前としたヨーロッパ全体のうねりで、カルマンもブリルも同じく呑みこまれている。が、渦中にいる人たちには、それがどのような波なのか、何が起こっているのかわからない。本作、カメラはイリスにはりついたままで視野がかなり狭いのだが、そのわからなさを極端に強調するための視野の狭さなのだろう。イリスに近すぎて、光景を俯瞰で見られる部分がほとんどないのだ。ブリルがやっていること、彼がやっていることで店の女性達がどういう運命をたどったかを知った上で(大きな犠牲を払いながらも)彼を守ろうとするイリスの行動はちょっと不思議でもあるのだが、それもまた、彼女にことの一部しか見えていないからだろう。
200年近く前の時代が舞台なのだが、女性がさせられていたこと、女性への視線が現代でも大して変わっていない(もちろんそう意図して作劇されているのだが)ことが辛い。女性が「引き倒される」シーンは意図的に反復されていると思う。
 帽子店が舞台なだけあって、登場する帽子はとても美しく華やかで服飾品の細部まで見応えがある。生地の使い方が豪華。当時のファッションに興味がある人にはとてもお勧め。イリスの服がほぼ1着のみで、どんどんよれよれになっていくのもリアル。オールセットに近い環境で撮影しているのではないかと思うが、本作のような作品をオールセットで撮ることができるというのも豪華。

サウルの息子 [DVD]
ルーリグ・ゲーザ
Happinet
2016-08-02



夢遊病者たち 1――第一次世界大戦はいかにして始まったか
クリストファー・クラーク
みすず書房
2017-01-26
 

『PSYCHO-PASS SS Case3 恩讐の彼方に』

 東南アジア連合・SEAUnでの事件後、狡噛慎也(関智一)は紛争地帯を放浪し続けていた。南アジアの小国で武装ゲリラに襲われていたバスを救うが、乗客の1人だった少女テンジン(諸星すみれ)に闘い方を教えてほしいと頼まれる。彼女の両親は武装ゲリラに殺されており、復讐を願っていたのだ。監督は塩谷直義。
狡噛の旅がようやく終わるのか・・・。シリーズ通して、シビュラシステムという装置の元で人がどのように生きるのかという物語を描いていたが、同時に彼の長い長い自分探しと贖罪の物語でもあった。贖罪などできない、でも生きていくという境地にたどり着いたのか。過去との対峙の仕方という点で、テンジンの存在が鏡のようでもあり道しるべのようでもあった。テンジンの描写は女の子であるが「子供」という部分が強調されており、セクシャルでないところがよかった。
 肉弾戦のアクション設計には相変わらず力が入っている。SSシリーズ3作通して一番アクション映画っぽさがある。画面の奥行きを強く意識しているように思った。アクション映画の定番である列車上での攻防があるのが嬉しい。このシークエンスはかなり実写映画っぽいショットで構成されているという印象だったが、大々的な落下シーンはアニメーションならではの演出だろう。そういえばシリーズ3作通して空中に身体が投げ出されるシーン、落下シーンが印象深い。
 また乗り物が色々出てくる、かつ作画がいいというのも個人的には楽しかった。あの世界の中でレトロなスクーターが出てくるとなんとなく嬉しくなる。また、この時代のドローンは規模が違うな!というドローンの量産製品ぽさもいい。作画は3作中で最も、全編通して安定して良いのだが、キャラクターの演技(声ではなく動作)が1作目、2作目に引き続きかなりテンプレートっぽいのは気になった。格闘シーン等はアクション設計がきちんとされていて良いのだが、会話シーンの動作が正に「絵にかいたような」ものでちょっと想像力乏しいのでは・・・。なお、狡噛の上半身のラインの見せ方には妙な熱意を感じました。ありがとうございます。

『サタデーナイト・チャーチ 夢を歌う場所』

 ニューヨーク、ブロンクスに母と弟と暮らす少年ユリシーズ(ルカ・カイン)は、女性の服や靴を身にまといたいという思いを押さえられずにいた。ある夜、路上で出会ったトランスジェンダーのエボニーらに「土曜の夜の教会」に誘われる。そこはLGBTをはじめとする様々な人たちが集う場だった。ユリシーズは自分の居場所を見つけたという思いでいっぱいになるが、厳格な叔母ローズに自分のハイヒールを見つけられ、家を追い出される。監督はデイモン・カーシダス。
 ミュージカルというよりミュージカル「風」で、歌と踊りがそこまで多いわけではない。しかし、ユリシーズが自分の内面深くに潜り込む時、また彼(ら)が重要な気持ちを吐露する時、音楽にのせて表現される。歌もダンスもすごく上手い、こなれているというわけではないのだが、手作り感があって微笑ましいし、素朴故に気持ちの切実さがよりにじんでいるように思う。ミュージカルシーン以外でも、ユリシーズと彼を取り巻く世界の距離感が、彼が耳にしている音、音楽で表現されている。自分が世界にうまくはまっていないと感じる時には音は遠くゆがんで聞こえるし、自分の在り方、やりたいことの糸口をつかむと音楽はクリアにビビットに聞こえ、彼の体もそれに乗って動き出す。iPodをずっと身につけているのは、彼にとってのシェルターであり、世界と繋がる為の道具でもあるのだろう。
 ユリシーズはまだティーンエイジャー。このくらいの年齢の子にとって、自宅に居づらい、居場所がないというのはかなりしんどい。大人だと(子供よりはお金も知識もあるから)何かしら時間をつぶせる場所があったり、場所を変えることができたりするが、子供は家と学校くらいしか居場所がない。学校でいじめにあっていても家で安心できるならいいのだが、ユリシーズは家族にも自分の在り方を否定されてしまう。家に居場所がないと、抽象的な問題ではなく実際問題として、ユリシーズのように心身の危険にさらされるリスクが高くなるのだ。もちろん居場所のなさに付け込む大人が一番悪いんだけど。そういう危険から子供(だけではないが)を守る為にも、「土曜の夜の教会」みたいな場所が必要なのだ。とにかく安心できる場所が、家でなくてもどこかにあるといい。
 ラストがあっさりしているようにも見えるが、ユリシーズにとって一番重要なのは、母親が自分の在り方を肯定し受け入れてくれること、居場所の保障がされるということなのだろう。最後に見せるパフォーマンスの表情は、最初の彼とは全然違う。安心できる、自分を肯定できるってこういうことなのだと思う。

ぼくのバラ色の人生 [Blu-ray]
ジョルジュ・デュ・フレネ
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2013-07-12


Love, サイモン 17歳の告白 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]
ニック・ロビンソン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-10-24



『PSYCHO-PASS SS Case2 First Guardian』

 国防軍第15統合任務部隊に所属する須郷徹平(東地宏樹)は極秘の軍事作戦に参加していたが、作戦は失敗し、先輩である大友逸樹(てらそまさき)は現地で行方不明に。3か月後、国防省が無人ドローンに襲撃される事件が起きた。被疑者となった須郷の前に現れたのは、刑事課一係執行官・征陵智己(有本鉄陵)だった。
 常守が一係に配属される前の話なので、あの人もこの人もまだご健在で・・・と何となく寂寥感を感じてしまう。宜野座がまだきゃんきゃん言っている時代の宜野座だよ・・・懐かしい・・・。それはさておき、『劇場版PSYCHO-PASS』で特に説明もないまま新キャラクターとして登場していた須郷がどういう人で、どういう経緯で一係に来たのかという補助線的なエピソードと言える。
 ディストピアSFである本シリーズらしいエピソードなのだが、中心にいる須郷と征陵があまりディストピア的でない、オールドタイプな軍人であり刑事な気質の持ち主だという所が面白い。須郷の正直で熱血漢的な部分や、征陵の勘と長年の経験に基づく刑事としての能力等、いつになく温度が高い。同時に、こういうタイプの人は、本作で描かれているような社会の中ではマイノリティであり生き辛いんだろうなと思わせる。人間を数値化できない、合理を受け入れきれないタイプなんだろうなと。本作のキーとなる人もおそらくそうなのだ。人間に対してただ一人の存在としての尊重がないと、やりきれないのだろう。
 征陵は刑事としては有能で後輩刑事からも尊敬されている。能力面だけでなく、人間的に尊敬されているのだ。しかし家族に対しては、決して良き父親、良き夫ではなかった。仕事にかまけすぎていたという自覚はあるが、そもそも家族として上手く機能するタイプの人ではないようにも思う。息子に示されるべきだった父性は、(TVシリーズにおいても)仕事の中で出会った他人に向けて示されているような気がしてちょっと切ない。

『サスペリア』

 1977年、スージー・バニヨン(ダコタ・ジョンソン)は世界的に有名なマルコス舞踏団に入団するため、ボストンからベルリンにやってきた。オーディションで振付師マダム・ブラン(ティルダ・スウィントン)の目に留まり、メインダンサーに抜擢される。しかし彼女の周囲で不可解な事件が次々と起こり、ダンサーが失踪していく。監督はルカ・グァダニーノ。ダリオ・アルジェント監督作のリメイク作品になる。なお私はアルジェント監督作は未見。
 すごく奇妙だし、多分クオリティ高くて面白いんだろうなということはわかるが、自分の中のフックにはいまひとつ引っかかってこない。設定が難解で全くわからないというわけではないし、残酷な描写が受け付けられないというわけでもないので、何でひっかからないのか腑に落ちず困るんだよな・・・。監督の他の作品は概ね最高だと思ってるだけに。
 かなり長尺の作品だが、さほど長すぎると感じなかったことが意外だった。カットのつなぎは妙にぎこちなかったり、クロースアップの仕方があえて古臭かったりと、流れのスムーズでなさが強調された構成になっているように思った。スムーズでないから逆に飽きなかったのかもしれない。あれ何か変だな?といちいちひっかかる。つまづきつつ前進するので、テンポが乱れて気持ちよく見させてくれないのだ。その乱れが本作のキモなのかなと思った。マダム・ブランはバランスを取る事を強調するが、作品のトーン自体はむしろそこからどんどん乖離していく。ストーリー上、マダム・ブランの影響力もまた弱まっていくのだ。
 母による娘、というよりも次の母の奪い合い血みどろ合戦のようであった。しかし同時に、それまでの母という存在の否定でもある。私は本作を見ていてなんとなく息苦しかったのだが、母たちと娘たちのクローズドサークルのような世界だったからかもしれない。母たちは「女性の経済的な自立を支援」する為に若い女性達を寮に住まわせるが、それは娘たちの囲い込み、所有化でもある。娘たちは母たちの為に奉仕する存在、母たちに消費される存在になってしまう。スージーは新たな母というよりも、娘を持つことを拒否した母であるように思えた。
 バーダー・マインホフが飛行機ジャックをしていた時期の話とはっきり設定されているところが面白い。集団が一つの熱に浮かされている状態という所で、舞踏団と社会とが呼応していく。革命も魔術も、共同幻想のようなものだ。もちろんドイツにおける共同幻想といえばナチスが連想され、本作の中にもホロコーストの記憶が挿入される。共同幻想のほころびは、集団内の個人が別のベクトルを持つところから始まる。逆に言うと魔術を解くのは極めて個人的な記憶、意思なのかもしれない。

サスペリア プレミアム・エディション [DVD]
ジェシカ・ハーパー
紀伊國屋書店
2005-07-23


バーダー・マインホフ 理想の果てに [DVD]
アレクサンドラ・マリア・ララ
Happinet(SB)(D)
2010-09-03


『PSYCHO-PASS Case1.罪と罰』

 公安局ビルに一台の車両が突入する事件が発生。運転手は青森にある潜在犯隔離施設「サンクチュアリ」の心理カウンセラー・夜坂泉(弓場沙織)だった。取り調べを待たず異例の即時送還が決まったことに、公安局刑事課の監察官・霜月美佳(佐倉綾音)は疑問を持つ。霜月と執行官・宜野座伸元(野島健児)は夜坂の送還の為、青森へと向かう。監督は塩谷直義。
 「シビュラシステム」に管理された未来の日本を舞台としたSFアニメーションシリーズの、スピンオフ的作品。作中の時系列は『劇場版PSYCHO-PASS』の後にあたる。TVシリーズの頃と比べると、各キャラクターが大分大人になっているというか、言動が落ち着いてきて安定感があった。情緒不安定ではない!皆大きくなって・・・!それぞれ、自分がシュビラシステムとどのように向き合うかという納得が既に得られて腰が据わったからか。
 霜月はシュビラシステムの正しさを信じているが、TVシリーズ時よりも視野は広がっている。システムである以上エラーは出る、そのエラーは人間の倫理で是正していくものだという地点に至ったように思う。相変わらずイキってはいるが、イキりに根拠が出てきた感じ。また、彼女をサポートする宜野座も大分余裕が出たというか丸くなったというか、何か色々感慨深い。
 今回、宜野座のアクションが一つの見せ場になっており、アクションの組み立てが面白かった。特にヘリコプターを使った演出は、なるほどその手があったか!と新鮮。また、宜野座が義手になった時点で、一度こういう演出をやってみたいだろうなーと予想はしていたが、やはり。こういう演出を好むのって悪趣味とも思われるだろうけど、やっぱり見ると嬉しくなっちゃうんだよな・・・。
なお、青森で何か作業をしている、という時点でもしかしてあのネタか、と予想はつくと思うのだが、最近だとあまりそういうイメージないのかな?


『斬、』

 開国するかどうかで大きく揺れる江戸時代末期の日本。農村で田畑の仕事を手伝う侍・都築杢之進(池松壮亮)の前に、江戸に向かう侍・澤村二郎左衛門(塚本晋也)が現れる。都築の剣術の腕を見込み、自分の組に参入し、泰平を守る為に京都の動乱に参加しないかと言うのだ。同じころ、村に無頼者(中村達也)たちが流れ着き、ある事件が起きる。監督・脚本は塚本晋也。
 登場人物が喋りはじめた時点で、これはいわゆる時代劇をやろうとしているわけではないんだなと気づく。台詞はほぼ現代語で、時代考証はさほど気にしていないように見える(各種考証のクレジットはエンドロールにあるが)。私はこういう部分はあまり気にならないが、時代劇というジャンルにあまり馴染みも思い入れもないからだろう。時代考証の正確さにキモのある作品ではないのだが、気になる人は気になるかもしれない。
 都築は剣術に秀でているが、人を切ったことはなく、むしろ暴力は忌避する性格だ。無頼者たちに対しても、会話を試み何となく距離を詰めていき暴力に訴えることはない。彼が振るうのは概ね木刀だ。しかし刀を振るうこと、刀という存在そのものに惹き付けられてやまない、それによって性的な興奮も得ていることが示唆される。そんな自分を持て余している様子もうかがえるのだ。
 そんな都築に、澤村は刀を使うよう誘いをかける。彼は刀を振るうこと、必要ならば人を切ることに全く迷いがない。刀を使う意思がはっきりしすぎていて、ちょっとサイコパス的に見えてくる。都築に対する執着、彼を何とか引き込もうとする情熱にも段々筋が通らなくなってきて、なかなか薄気味悪い。演じる塚本がなまじ上手い(正直、主演の池松よりも役者としての格上感がある。監督・脚本・撮影・編集が出来て出演も出来るってすごいよな・・・)。
 澤村とは反対に都築を地に足の着いた生活に引きとめようとする存在が、村の娘ゆう(蒼井優)だ。彼女は都築が江戸に行き暴力に身を投じる可能性を案ずる(彼に好意を寄せており一緒にいたいからではあるが)。同じ理由で自分の弟が侍に憧れるのも嫌がるのだ。彼女にとって刀は武器であり暴力の道具であって、魅了されるものではない。しかしそんな彼女も、ある事件の後には自身の力=暴力を行使せず相手に屈する都築をなじる。彼女の慟哭が都築をさらに追い詰めるのだ。
 殺陣のシーンはもちろんあるのだが、その撮影の仕方がちょっと面白いなと思った。木刀同士での稽古シーンは普通に(手持ちカメラなのでかなり揺れるがアクションがまあまあわかる程度に)撮っているのだが、真剣同士の斬り合いのシーンになると、かなり様相が変わる。殺陣そのものをちゃんと見せようというよりも、刀に乗った意識の動きを演出しようとするような印象を受けた。主体が刀にある感覚なのだ。人間の意識と肉体の存在感が薄れていくような感じがする。都築が至る境地はここなのかもしれないと思うと、ラストの音の使い方等も腑に落ちる。


野火 [Blu-ray]
塚本晋也
松竹
2016-05-12




『search』

 16歳の高校生マーゴット(ミシェル・ウー)が姿を消した。父デビッド(ジョン・チョウ)は警察にアドバイスされ、娘のSNS記録から必至で手がかりを求める。しかしそこには、彼が知らない娘の姿があった。マーゴットは一体何を思い、父親に何を隠していたのか?監督はアニーシュ・チャガンティ。
 ストーリーのほぼ全てがPCのモニター上の画像で構成・進行していくスリラー。同じアイディアの作品は他にもあるだろうが、本作はモニター上のみというくくりがかなり徹底されており、構成が(ストーリー上も情報の画面配置上も)よく練られている。モニター上の画像や動画は「映画」というメディアとは性質が違うと思うのだが、それをどうすれば「映画」に落とし込めるかという工夫が凝らされていてとても面白かった。映像として「映画」的とは言い難いかもしれないが(設定上、カメラの切り返しとかありえないわけだから)、これはこれでいいんじゃないかなと思った。
 作中の、SNSとの距離感のフラットさ(インターネットは雑然としたものかもしれないが、おどろおどろしいものやいかがわしいものでは最早ない)や、主人公がアジア系であることについて何もエクスキューズがない(単に一般市民である)あたり、これが「今」なんだなと感じた。色々な意味で「今」を感じさせる作品。文字を入力する際の単語の選択や打ち直しのスピードから、入力している当人の心情が垣間見えるのだが、そういう心情を映画を見る側が読み取れるようになっていると言うこと自体、「今」だ。本作、10年後20年後に残る作品ではないかもしれないが、「今」を強く感じさせるという点で面白いし、映画には「今」のものとして消費される側面もある、それはそれで全然いいよなと思えた。
 身近な存在が自分の思っているような存在ではなかったというのは、誰にとってもショックだろうし親ならなおさらだろう。デビッドとマーゴットは一見仲の良い親子なのだが、実は心が離れてしまっている。そこに至るまでの前フリが、冒頭で非常によくまとまっている。説明のし過ぎがなく、情報の処理がすごく上手いと思った。作中、こういう状況でこういう通信手段ってありなの?この手順おかしいんじゃないの?という部分はいくつかあるのだが、若干力技っぽいものの伏線と言えば伏線になっている。

クロニクル [Blu-ray]
デイン・デハーン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2014-06-18


アンフレンデッド [Blu-ray]
シェリー・ヘニッヒ
TCエンタテインメント
2016-12-21



『ザ・プレデター』

 特殊部隊隊員のクイン・マッケナ(ボイド・ホルブルック)はメキシコのジャングルで作戦実行中、墜落した宇宙船とその船に乗っていた異星人プレデターを目撃。仲間はプレデターに殺され、自身はプレデターの存在を隠匿しようとする政府に拘束されてしまう。プレデターが存在する証拠として、クインは彼らの道具を密かに自宅に郵送していたが、それを息子のローリーが開封、機動させてしまう。装置から発信されるシグナルを追って、プレデターが出現する。監督はシェーン・ブラック。
 このシリーズ、人気があるんだかないんだかよくわからないけど定期的にやってくるよな・・・。しかし定期的に見たくなるのは何となくわかる。大味な設定とぼーっと見ていても問題ない程度に大雑把なストーリー、ふんだんに飛び散る血肉と断面、そしてプレデターさん。プレデターのデザインは公式設定で「醜い」にのだが、醜いというよりもとにかく(2018年の視点では)ダサく、そのダサさが癖になる。一応エイリアンだしSF的な要素があってもよさそうなのに、全くSF感、主にサイエンス要素がない!平たく言うと頭が悪い!ノーブル、スタイリッシュが一切ない、いい感じのボンクラ感である。
 ただ、ボンクラで下ネタはあっても、不思議と下品さや下卑た雰囲気は感じない所が面白かった。マッケナと仲間たちのやりとりはいかにも「男子」的なのだが、あまりホモソーシャルな方向にはいかない。彼らは全員何らかのPTSDを抱えており、一見マッチョだがそうはなりきらない。他人の弱さを許容するところがあり、自分の弱さも自覚している。彼らを繋ぐのはその弱さへのお互いの思いやりなのだ。
 また、紅一点として女性科学者が加わるが、彼女に対する性的ないじりはほぼなく(ちょっとそういうことを言うとちゃんと怒られる)、対等な仲間として接しておりお互いに態度がフラット。この科学者がマッケナら以上に戦闘的でプレデターに臆さない、むしろデータ取りたい!サンプル採りたい!というクレイジーかつその道のプロなキャラクターな所が良かった。製作側がどのくらい意識しているのかわからないが、全体に漂うレトロなB級感とは反対に、こういった部分は非常に「今」の映画だと思った。

プレデター (特別編) [Blu-ray]
アーノルド・シュワルツェネッガー
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-08-17


AVP&プレデター DVDコレクション(5枚組)
サナ・レイサン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2015-10-07


『叫びとささやき』

 ベルイマン生誕100年映画祭にて。19世紀末のスウェーデン。大邸宅で生まれ育った三姉妹のうち、病身の二女アグネス(ハリエット・アンデルセン)は召使のアンナ(カリ・シルヴォン)と屋敷に留まっていた。結婚した長女カーリン(イングリッド・チューリン)と三女マリア(リヴ・ウルマン)はそれぞれ自分の家庭を持っているが、折に触れて実家に帰省する。カーリンと夫の仲は冷め切っており、マリアはアグネスの主治医と愛人関係にあった。そしてアグネスの死期は近づきつつある。監督はイングマール・ベルイマン。1973年の作品。
 登場人物の顔のアップを挟んでエピソードが切り替わる。これは誰のパートであるか大変わかりやすいのだが、人の顔のアップをじっと見るのって結構ストレかかるんだな・・・。パート切り替え部分以外でも顔のアップが多く、特に不穏な雰囲気が漂ってくる緊迫したシーンで多用されるので、見ているとかなり疲れた。赤を基調とした美術は美しく華やかなのだが、あまりに赤の主張が強くてこれもまた緊張感を強いられる。見ている側を安心させない設計になっているのだ。
 病気を患うアグネスの苦しみは具体的な「叫び」として表れる。しかしカーリンとマリアもまた、それぞれの「叫び」を抱えている。2人とも違った形で愛、生きがいを求めているが満たされない。特に、カーリンの内圧の強さは痛々しいくらい。官能的な描写も多く、特にマリアは官能のおばけのような造形なのだが、それと苦しみが抱き合わせになっている。
 冷徹に振舞うカーリンにマリアは「仲良くなりたい」と訴え、その願いはかなったかのように見える。が、その後の展開が非常に残酷だった。カーリンにとっての「仲良くする」とマリアのそれとは深度が異なる。生真面目なカーリンと「空気読む」タイプのマリアの違いが如実に出ておりまあ切ないの何のって・・・。カーリンが今までいかに孤独だったかがむき出しになるシーンでもあり、痛切だ。3姉妹もその夫も、一見円満だがお互いを理解しているわけでも深く愛しているわけでもない。お互いに他人であることがどんどんむき出しになっていく。精神的に深いつながりを持っているのはアグネスと召使のアンナだけなのだ。


ワーニャ伯父さん/三人姉妹 (光文社古典新訳文庫)
アントン・パーヴロヴィチ チェーホフ
光文社
2009-07-09


ギャラリー
最新コメント
アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ