3つ数えて目をつぶれ

映画と本の感想のみを綴ります。特に映画。ご連絡はhoto5now★yahoo.co.jp(お手数ですが★を@に変えてください)まで。

『後悔なんてしない』

 配信で鑑賞。田舎から上京し、工場の仕事と運転代行業を掛け持ちしていたスミン(イ・ヨンフン)は、身なりのいい男ジェミン(イ・ハン)に誘われる。後日、工場でスミンはジェミンと出くわす。ジェミンは経営者一族の跡取りで、リストラされる予定だったスミンの代わりに別の社員を解雇したのだ。スミンは激怒して工場を辞め、ゲイバーで働き始める。ジェミンはバーにも客として現れる。監督・脚本はイソン・ヒル。2006年の作品。
 今から十数年前の作品なのだが、同性同士の恋愛をセックス込みでがっつり描いた韓国映画は、当時はまだ珍しかったのでは(現在も韓国映画ではあまり見ない気がするが、私は韓国映画あまり見ていないからな…)。当時の同性愛に対する世間の許容度が垣間見え、息苦しい。ゲイ同士のコミュニティはあるがあくまで閉じられたもので、対外的に自身のセクシャリティをオープンにしているわけではない。ジェミンの両親は息子が同性愛者だと知っているが、「結婚はしてもらう」と言い渡す。黙認されてはいるが世間体が強固に横たわっており、その前では同性愛はないものとされているのだ。ジェミンが生きてきた世界では、同性愛者であることは社会からドロップアウトすることで、セクシャリティをオープンにすることと引き換えに社会的な地位や家業に由来する富は(少なくともジェミンの場合は)奪われる。現代ではもう少しオープンになってはいるのだろうが、両親の反応などはあまり変わっていなさそうな気がする(変わっていてほしいけど)。
 ただ、スミンとジェミンの間を阻むのは世間の目というよりも、社会的な格差の部分が大きいように思った。スミンには両親がおらず施設出身で、バックアップしてくれる環境がない。その困難さは、生まれながらにして経済力や一族の後ろ盾を「持っている」ジェミンにはぴんとこないのだ。自分のリストラ回避の為に他の社員を解雇したジェミンの行動にスミンが激怒するのは、札束で顔をひっぱたくような行為だからだろう。スミンがジェミンに惹かれつつ頑なに拒むのは、2人の関係には最初から金が介在しており、対等ではない、パートナーにはなれないからだ。2人の距離が近づいても何かの折に「金」が顔を出すのが辛い。なお、終盤の展開はさすがに盛りすぎな気がしたが、ここまでやらないと(お互い何もかもなくさないと)一個人同士として向き合えないということか。

後悔なんてしない(字幕版)
キム・ジョンファ
2020-08-12


怒り
妻夫木聡
2017-04-05



『コリーニ事件』

 新米弁護士のカスパー・ライネン(エリアス・ムバレク)は、大物実業家ハンス・マイヤー(マンフレート・ザパトカ)が67歳のイタリア人ファブリツィオ・コリーニ(フランコ・ネロ)に殺された事件で、コリーニの国選弁護士を担当することになった。マイヤーは少年時代のライネンの恩人だった。全く接点のなさそうなマイヤーとコリーニの間に何があったのか。原作はフェルディナンド・シーラッハのベストセラー小説。監督はマルコ・クロイツパイントナー。
 ライネンはマイヤーとコリーニの繋がりを解き明かすために、過去の公文書を紐解いていく。調査する過程に結構分量を割いているのだが、公文書類がちゃんと保管されており公開されているって本当に大切なんだなと実感できる。記録は取れ!そして残して閲覧できるようにしろ!とどこかの国にも言いたくなる。
 「当時は事情が違った」「当時の価値観では普通だった」「組織に命令されただけだ」というのは、よく言われることだ。しかしそれは免罪符になるのか。でも今なら正せるじゃないか、あなたにはそれができるはずだと突き付けてくる作品だ。法律上時効があったとしても、過去の延長上にいる存在として、過去を検証し認識を正していく責任はあるのではないかと。ライネンは個人的な情や絆と倫理観との間で葛藤する。こういう部分と向き合い続けられるかどうかで、その文化圏の倫理性、文化の強靭さが分かれていくような気がする。
 ライネンがトルコ系移民だというのは本作の一つのポイントだろう。ドイツは彼の祖国ではあるのだが、そこでの彼はアウトサイダーだ。少年時代に同世代の子供からトルコ野郎!と罵倒されるシーンがあるのだが、そんなお気軽に罵倒されるものなのかとぎょっとする。その子供はライネンの幼馴染かつ親友となっていくのだが、彼、そして彼の家族の中にはそういう差別意識がずっとあったのではないか。何かの拍子でぽろっと差別意識が出てきそう(というか出る)のが怖い。

コリーニ事件 (創元推理文庫)
フェルディナント・フォン・シーラッハ
東京創元社
2017-12-11


手紙は憶えている(字幕版)
ブルーノ・ガンツ
2017-05-03


『コロンバス』

 韓国系アメリカ人のジン(ジョン・チョー)は、突然倒れた建築学者の父を見舞う為、小さな街コロンバスにやってくる。そこで出会ったのは図書館で働くケイシー(ケイシー・ルー・リチャードソン)。彼女は母親の体を案じ、この街を離れられずにいた。監督はコゴナダ。
 一風変わった監督名だが、小津安二郎作品の脚本を手掛けたことで知られる、脚本家の野田高悟への敬意からだそうだ。言われてみると本作も小津作品ぽくなくもない、か。本作は基本、会話劇なのだ。コロンバスはモダニズム建築の名作が多数存在することで有名で、ジンとケイシーは建築を眺めながら会話を交わす。ケイシーはモダニズム建築好きで、お気に入り建築のマイリストを作っているほど。対してジンは父親に対するわだかまりから、建築に対してあまりいい顔をしない。しかし会話のそこかしこから、造形の深さも垣間見えるのだ。2人が歩き回る建物の外見や内側を眺めているだけでも目に楽しく、モダニズム建築を巡る建築観光映画(作中ではツアーガイドは揶揄されてるけど)としても見られる。建築好きにはお勧め。また、名作とされる建築物以外でも、ジンが泊っているホテルの部屋の内装がクラシカルかつエレガントでとても素敵だったり、ケイシーの自宅は全くリッチではないが、色の取り合わせがかわいらしく彼女が自分と母の家を居心地よくしようとしていることがわかったりと、様々な面で建物、部屋がもう一つの主役。
 ジンは父親への反感をずっと抱いており、昏睡状態の父との向き合い方がわからない。ケイシーは麻薬に溺れた過去のある母を心配するあまり、自分の夢を諦めてしまう。2人ともこのまちを離れたいのだが、親との関係によって引き止められているのだ。2人の人生はこれはこれでいいのだが(そういう人生もありだ)、少し背中を押されればまた違う一歩を踏み出せそう。2人がお互いにそっと背中を押しあうような、恋愛ではない男女の関係が好ましい。たまたま出会った2人が、それができるような深い部分での会話を交わすようになるというのも面白かった。




『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』

 2016年に公開された『この世界の片隅に』に新たなシーンを追加した長尺版。昭和19年に広島県の呉に嫁いだ19歳のすず(のん)は夫・周作(細谷佳正)、その両親、周作の姉・径子(尾身美詞)とその娘・晴美と暮らし始める。原作はこうの史代の漫画、監督・脚本は片淵須直。
 3時間弱はさすがに長すぎる!しかし、『この世界の片隅に』の単なるエピソード追加版ではなく、エピソードが追加されたことで違った様相が見えるような作りになっていた。『この世界の片隅に』は主人公のすずは観客にとって作品に対する入り口のような存在で、すずの視線で、彼女に共感しやすい構成だったと思う。対して本作は、すずという女性の一個人としての感情や思考へのフォーカスの度合いが強まり、こういう女性があの時代、こういう環境で生きていたという具体性が増しているように思った。映画の面白さの種類がちょっと変わった感じ。
 すずという女性の印影がより深くなったのは、遊郭で働く女性・リン(岩井七世)の存在によるところが大きいだろう。同年代の女性同士として淡い交流をするすずとリンだが、2人を繋ぐものがあり、それがすずの心を大きく揺さぶる。すずの元を海軍に入った水原が訪ねてくるというエピソードは、『この世界の片隅に』だとすずの周作に対する憤りがちょっと唐突に見えたのだが、あれこれやがあってのあの展開だとわかる本作だとすずの心境の流れがより自然に見えた。セクシャルな要素がはっきり加わっていることにより映画の雰囲気がちょっと変わっているように思う。当時の「嫁に行く」ということがどういうことなのか、女性にとって人生の選択肢がどの程度限られていたのかも、より浮彫になっていたと思う。
 ただ、一部の台詞やモノローグがちょっと理屈っぽい、全体のリズムを損ねているなという印象は変わらなかった。玉音放送を聞いた後のすずの激しいモノローグは、すずの言動ではなく作り手の言葉が前に出てきてしまって少々言い訳がましいんだよな。あれを入れたかったらもっと早い段階で率直に入れた方がよかったのでは。

この世界の片隅に [DVD]
のん
バンダイビジュアル
2017-09-15


『工作 黒金星と呼ばれた男』

 1992年、北朝鮮の核開発により南北の緊張は高まっていた。軍人のパク・ソギョン(ファン・ジョンミン)は核開発の実態を探るため、黒金星(ブラック・ヴィーナス)というコードネームの工作員として、商人を装い北朝鮮に潜入する。北朝鮮の対外交渉担当・リ所長(イ・ソンミン)の信頼を得ることに成功し、金正日との面会にまでこぎつける。しかし1997年の韓国大統領選挙の動向により、思わぬ横やりが入る。監督はユン・ジョンビン。
 実話を元にしており、ソギュンの活動に大きな影響を与える大統領選が1997年。ごく最近の話だということにまず驚いた。素材となった事件が起きてから映画化までの期間が案外短いことにも驚く。
 ソギョンは祖国・韓国の未来の為に命を危険にさらし、諜報活動を続ける。韓国の商人で販路拡大を狙っているという設定で立ちまわるものの、北朝鮮の軍人には信用されず、監視の目は厳しい。かなりひやっとする瞬間も多々あり、スパイ映画としてスリリング。しかしその一方で、リ所長との間にはある種の絆が育っていく。ソギョンは韓国、リ所長は北朝鮮を祖国としており立場は違うし利害関係が必ずしも一致するわけではない。しかし、自分の祖国を愛し、その未来を案じているという共通点がある。この国を、この世の中を少しでも良くしたいという意味での愛国心が2人を結びつけるのだ。リ所長の「(ソギョンを)信じるしか方法がない」と言う言葉、ソギョンの「冒険しませんか」という誘い、どちらも相手がソギョン/リ所長でないと出てこない言葉だろう。立場上それをおおっぴらにはできないものの、お互いに共感と信頼がある。それが導く終盤での2人のやりとりには胸が熱くなった。立場が違う2人が同じ方向を見て、同じ夢を見るのだ。その夢を2人が諦めていないことがわかるあるシーンにこれまたぐっとくるのだ。
 ソギョンの任務を阻む最大の敵が、彼に任務を命じた政府であるというところが皮肉であり怖いところでもある。政府が守ろうとしているのは現政権であって、国家・国民の未来ではないのだ。国と政権とは別物で、政権を守ることが愛国心というわけではない。ソギョンもリ所長も、当時の政権から見たら反逆者なのかもしれないが、彼らは間違いなく愛国者なのだ。

タクシー運転手 約束は海を越えて [DVD]
ソン・ガンホ
TCエンタテインメント
2018-11-02





KT 特別版 [DVD]
佐藤浩市
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
2002-11-22

 『ゴールデン・リバー』

 ゴールドラッシュに沸き立つアメリカ。腕利き殺し屋兄弟のイーライ・シスターズ(ジョン・C・ライリー)とチャーリー・シスターズ(ホアキン・フェニックス)は、政府から内密な依頼を受け、黄金の見分け方を発明したという化学者ハーマン・カーミット・ウォーム(リズ・アーメッド)を追う。連絡係のジョン・モリス(ジェイク・ギレンホール)からの手紙を頼りにウォームの後を追うが、事態は予想外の方向へ。原作はパトリック・デウィットの小説『シスターズ・ブラザーズ』、監督はジャック・オーディアール。
 原作小説よりもむしろ『シスターズ・ブラザーズ』という題名に合った内容のように思ったが、映画邦題がそうではないのは皮肉。ゴールデンリバーからはむしろ遠のいているような気がするんだような・・・。ともあれ、自分にとって原作で不発だった部分が映画では上手く補完されており、面白かった。
オディアール監督は「つかの間の夢」みたいなものを扱うストーリーに拘りを持っているのかなと思った。理想主義的な ウォームのコミューン構想にモリスが引き込まれていくのも、4人がやがてひとつの共同体のようになっていくのも、つかの間の夢だ。シスターズ兄弟の「無敵の殺し屋」という肩書自体がつかの間の夢のようなものかもしれないが。監督のほかの作品でも、この一瞬がずっと続けばいいのにというような、多幸感あふれる瞬間がしばしば見られる。が、それはつかのものでありいずれ終わるのだ。
 とはいえ、シスターズ兄弟にとっては、廻り廻ってあったはずのものを取り戻す、父親によって奪われた安心感、脅かされずに日々を過ごす場に辿りつく話でもあるから、オディアール監督、少し優しくなったのだろうか?父(的なもの)を殺し、あるいはそういうものを捨て逃げ続ける男たちの姿はしんどそうでもある。逃げ続けるということは、一か所に留まれないということだ。とはいえ、父親なんていずれ死ぬからな!と言わんばかりのいうドライさがあり、いっそユーモラスでもあった。そこ戦うところか?という問いかけのようでもある。
 シスターズ兄弟の密着していたい/離れたいというジレンマがつのる一方、モリスとウォームは密着したいがしてはいけないというジレンマに苛まれる。ウォームの「友達になりたかった」という言葉が切ない。双方あそこまでやったらもう友達決定でいいのに!また、イーライは意外と繊細でよく者を考えており、モリスとウォームとも通じ合う部分がある(当時としては「おしゃれ」だったらしい歯ブラシを使っていることで、なんとなくイーライとモリスの距離が近づくのがおかしい)。そこにチャーリーはなかなか交ざれず、殺し屋から足を洗いたいというイーライの希望も受け入れられない。だが4人の間には危ういバランスが保たれる。彼らを取り込んだのは黄金の夢ではなく、共同体という夢だったようにも思った。
 西部劇だが、この時代のテクノロジーがどのくらい進んでいたのか、生活文化の様子が垣間見られるところが面白かった。前述した歯ブラシの登場や、イーライがホテルの水洗トイレに驚いて思わずチャーリーを呼んだり、路上駐車している馬車からおそらく冷蔵庫用の氷が荷降ろしされるシーンがあったりと、細かい所がなかなか物珍しかった。

シスターズ・ブラザーズ (創元推理文庫)
パトリック・デウィット
東京創元社
2014-12-12






ディーパンの闘い [Blu-ray]
アントニーターサン・ジェスターサン
KADOKAWA / 角川書店
2016-07-08

『COLD WAR あの歌、2つの心』

 冷戦下、ソ連占領地帯のポーランド。歌手を目指し歌劇団に入団したズーラ(ヨアンナ・クーリク)とピアニストのヴィクトル(トマシュ・コット)は激しい恋に落ちる、しかしヴィクトルは政府に目をつけられるようになり、パリへの亡命を決意。ズーラに同行を願うが、待ち合わせ場所に彼女は現れなかった。やがて歌劇団の公演先で再会した2人は、お互いの気持ちに変わりがないことを確認するが。監督・脚本はパヴェラ・パヴリコフスキ。
 試写で鑑賞。モノクロの映像がクールで美しい。また、ズーラが歌手なだけあって音楽映画としてもいいのだが(監督がジャズ好きらしく、ジャズの選曲がいい)、彼女が歌うポーランドの歌曲「2つの心」が何度も違うアレンジで繰り返される。アレンジの違いが、ズーラとヴィクトルの関係の変化と重なっていくようでもあった。一番最初のシンプル、素朴なバージョンにはもう戻れないというような寂しさがまとわりつく。
 ズーラはヴィクトルの亡命についていかなかった理由を、「(自分が)まだ未熟で全てあなた(ヴィクトル)に劣っているから」だと言う。ヴィクトルにはこの理由はぴんとこなかったみたいだが、彼女の人となりをよく表わした言葉だと思う。相手に自分の全てをゆだねるのが嫌というか、イニシアチブを一方的には取られたくないのだろう。同じ熱量で向き合う関係、2人で同じ方向を見ることを強く求めているのだと思う。対等でありたいのだ。だからヴィクトルが音楽プロデューサー目線で君にはこの曲がいい、この歌詞がいいと指導するとカチンとくる。彼女が彼に求めているのはそういうことではないのだが、よかれと思ってやっているヴィクトルにはそこがわからないので、2人はすれ違い続ける。すれ違いつつ強く深く愛し合うという奇妙な関係を10数年間にわたって描くという、なかなかしんどいロマンス映画だ。しかし思いが深すぎてまともな関係(と世間的にみなされるような関係)に落とし込めない2人の在り方は胸に響く。
 作中時間は10数年にわたる大河ドラマなのだが、映画自体は90分程度と短い。経過する年数の省略の仕方が思い切っており、省略された部分が多々あることで2人が経た時間、そして彼らの背後に流れる歴史としての時間の経過がより際立っていたように思う。コンパクトな編集が良かった。

イーダ Blu-ray
アガタ・チュシェブホフスカ
2015-05-01








夜行列車 [DVD]
ルチーナ・ウィンニッカ
KADOKAWA / 角川書店
2018-11-30

『コレット』

 フランスの田舎町で育ったコレット(キーラ・ナイトレイ)は、14歳年上の人気作家ウィリー(ドミニク・ウェスト)と結婚し、パリで暮らし始める。コレットの文才に気づいたウィリーは自分のゴーストライターとして彼女に小説を書かせるが、これが大ヒット。最初は夫と共に喜んでいたコレットだったが、徐々に自分が書いたことを伏せ続けられることに葛藤を覚え始める。監督はウォッシュ・ウエストモアランド。
1890年代、ベル・エポック時代のパリのサロンの華やかさと、パリに出てきたばかりのコレットとの対比が印象に残った。コレットの服装は当時の風俗に疎い人が見ても、多分野暮ったいんだろうなとわかるものだ。そんな彼女がパリで暮らすうちどんどん洗練され、おしゃれになっていく。コレットのファッションがとても楽しい。ウィリーはもちろん洒落者なので、これはどれだけお金があっても足りないのでは、と思っていたら案の定家計が火の車。ウィリーがゴーストライターたちに給料を払えず、やむなくコレットに書かせたことで、彼女の才能が開花していく。
 ウィリーとコレットは一見いいチームに見える。ウィリーは経営者、プロデューサーとしては実際に有能と言えるだろう。ただ、いいチームに見えてしまう所が厄介なのだ。もし2人が対等な契約関係、純粋なビジネス上の関係だったらこれはいいチームといって差支えないのだが、コレットはウィリーの妻であり、当時の妻は夫と対等とはみなされていなかった。ウィリーはコレット曰く「うるさいけど割と自由にさせてくる」のだが、「自由にさせてくれる」という表現が出てくるってことは、本当には彼女は自由ではない、ウィリーと対等ではないということだろう。ウィリーはコレットを愛しているし彼女の才能を認め活かそうとしてはいるので、関係の不均等さが見えずらいし、当事者であるコレットもなかなか気づかない。ウィリーはコレットが女性であること、妻であることに甘えているわけだ(妻だから原稿料支払わなくていいという理屈なわけだし)。自分の持ち物の一部みたいな気持がどこかである。自分が色々教え導いてやる相手という認識から離れられないのだが、実際のコレットはどんどん先に進んでおり、ギャップが生じていく。
 コレットには同性の愛人がおり、ウィリーは最初は容認しているどころか、自分もその愛人にアプローチしていく。共犯関係というよりも、自分が彼女に影響を持ち続ける、彼女を自分の一部にしておくためのちょっかいの掛け方のように思えた。コレットがミッシー(デニース・ゴフ)との関わりの中で自立への道を歩み始めると、陰湿な嫌がらせをする。ウィリーにとってコレットは自分の作品のような存在でもあり、自分が思う枠から外れられるとすごく嫌なのでは。それはやはり、対等な関係とは言い難い。
 ミッシーの存在がコレットにとって非常に大きかったことはわかるのだが、肝心のミッシーは本作では今一つ存在感が薄くそこは残念だった。彼女(彼)はトランスジェンダーと思われるが、そのあたりの表現があいまい。もうちょっと踏み込んでも良かった気がする。

シェリ (光文社古典新訳文庫)
シドニー=ガブリエル コレット
光文社
2019-05-14





ヴィオレット ある作家の肖像 [DVD]
エマニュエル・ドゥヴォス
ポニーキャニオン
2017-07-05

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』

ゴジラによって大きく破壊された世界。更にゴジラに誘発され、モスラ、ラドン、キンギギドラなど次々と太古の怪獣たちが復活し始める。未確認生物特務機関モナークは、怪獣たちの覇権争いによって人間の世界が破壊されるのを阻止しようと奔走する。監督はマイケル・ドハティ。
ゴジラガチ勢がゴジラ映画を作るとこういう感じになるのか・・・。ある意味非常に目的意識がはっきりした、ハマる人にはハマるがかなりいびつな作品だと思う。私は嫌いではないし楽しんだけど、ストーリー構成は破綻していると言っていいだろう。ベラ・ファーミガ演じるエマ・ラッセル博士の迷走ぶりを筆頭に、人間の登場人物の行動原理が矛盾している、行き当たりばったりでストーリーの都合上無理やり後付けしたもののように見えるのだ。そのストーリーについても、物語を展開させるためのものというよりも、見せたいシーンと見せたいシーンの間をつなぐ為にのみとりあえず作ったものという印象が強い。ストーリーテリングが申し訳程度で、あくまで見せたいのは絵なのだ。
どういう絵を見せたいかというと、もちろん怪獣と怪獣が大激突をしてとっくみあい、世界を蹴散らす姿だ。引きで「激突!」シーンを見せるのはもちろん、なぜか怪獣の足元に回り込みたい欲が頻発していて、監督のフェティッシュに満ちている。作り手の興味がある所とない所の落差が極端だ。人間ドラマには本当に興味がないんだなと実感できる。
ゴジラたち怪獣のビジュアルは神話の世界感あって素晴らしい(特にモスラは美しい!蛾のくせに!)。ただ、ちょっとキャラクターを載せすぎな気がした。怪獣同士で結構コミュニケーションが取れているみたいだし、キングギドラにいたっては首同士で個性が違ってちょっとコントみたいなくだりも。そういう部分は二次創作的な味わいがあり(明らかに怪獣キャラ萌え映画なので)、見る側の好みは分かれそう。私は怪獣は人間の解釈が全く及ばない、別のロジックで行動しているものとして考えているので、こういうキャラ付けは若干煩さを感じた。そこに感情移入したくないんだよな。

GODZILLA[2014] 東宝Blu-ray名作セレクション
アーロン・テイラー=ジョンソン
東宝

『幸福なラザロ』

 イタリアの小さな村に住む青年ラザロ(アドリアーノ・タルディオーロ)。村の人々はデ・ルーナ侯爵夫人の小作人として昔ながらの生活を続けていた。実は小作人制度は何年も前に禁止されており、侯爵夫人は村人をだましていたのだ。侯爵夫人の息子タンクレディが起こした事件がきっかけで事実が明るみに出て、村人たちは離れ離れになっていく。監督・脚本はアリーチェ・ロルヴァケル。
 現代の寓話、神話のようだった。ラザロに起こるある出来事は超常現象的だし、村人たちが外の世界と隔絶されている様もちょっと地に足がつかない、不思議な浮遊感がある。彼らの生活はすごく実直で質素、地に足がつきまくっている感じなのだが、現代の目から見たら逆に浮世離れしているのだ。侯爵夫人の嘘がバレた後は、地に足のついている様が全く別の方向性を向いてしまうのが哀しい。
 ラザロはいわゆる聖なる愚者のような存在だが、村の中では最終的に搾取される、善人故にいいように使われる存在になってしまっている。そして村人たちは侯爵夫人に搾取される。場所や時代は変わっても搾取の連鎖はなくならないというのが辛い。村人たちは傍から見たら搾取から一度解放されるが、別の連鎖に投げ込まれまた苦しい生活が続くにすぎないのだ。
 本作が現代の寓話のようだと前述したが、単におとぎ話の背景が現代だという意味合いではなく、現代だとこういうふうになる、という部分が強調されているように思った。ラザロは善良で仙人みたいなところがあるが、呼ばれればどこにでもついていき、相手の望みをかなえようとする素直さは危うく見えるし、犬のようだ。おとぎ話の王道であればラザロの無垢さ・善良さが周囲を救う、周囲を良きものに気づかせるということになるのだろうが、そうはならない。彼の無垢さが誰かを救うことはない(一時の慰め程度にはなるが)し、彼自身を救うこともない。そもそも、ラザロの無垢さは、周囲にはそれと認識されていないように思った。無垢という概念がない、プライオリティとなりえないのが現代なのか。現代に聖者を出現させるとこういう話になっちゃうのかなと思った。
 音、特にシューシューと鳴る息の音や風の音の使い方が面白い。不吉さや人々の不満は、音で表わされるのだ。

夏をゆく人々 [DVD]
マリア・アレクサンドラ・ルング
ハーク
2016-04-06






放浪の画家 ピロスマニ HDマスター [DVD]
アヴタンディル・ヴァラジ
アイ・ヴィ・シー
2017-02-24
ギャラリー
最新コメント
アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ