3つ数えて目をつぶれ

映画と本の感想のみを綴ります。特に映画。ご連絡はhoto5now★yahoo.co.jp(お手数ですが★を@に変えてください)まで。

映画題名数字アルファベット他

『TENET テネット』

 特殊部隊に参加し危機に陥った男(ジョン・デビッド・ワシントン)は第三次世界大戦を阻止するために未来からやってきた敵と戦うという任務を課せられる。未来では「時間の逆行」と呼ばれる装置が開発され、人や物を過去に移動させることができるのだ。そして何者かがこの装置を現代に送り込んだ。相棒のニール(ロバート・パティンソン)とミッションに挑むうち、ロシアの武器商人セイター(ケネス・ブラナー)がキーマンだとわかってくる。監督はクリストファー・ノーラン。
 ストーリー構成が串団子状とでもいうか、次々とエピソードが繋がっていくが一つ一つの間の繋がりの説明があまりないので、ストーリーの筋道を追うのがかなり大変だった。主人公の男が、誰が何の為に発した指令なのかわからないのに任務に従い続けるというのも不思議だし、正直、よくわからなかった部分も多々ある。説明がミニマムというよりも、繋ぎ・説明のポイントがずれている気がした。監督のやりたいことに構成力が追いついていないのではないかという『インターステラー』と同パターンであったように思う。『ダンケルク』で改善された長尺も復活してしまっているし、これだけ説明割愛してもこの長さになっちゃうのか…という徒労感がある。
 本作のポイントはもちろん「時間の逆行」にある。時間上のある地点からある地点に飛ぶ=タイムスリップではなく、自分の時間を巻き戻してある地点に到達するというシステムだ。ビジュアルとしては確かにこの方が面白い。面白いのだが、これわざわざ逆向き演技をやらせる必要あるのかな?という根本的な疑問を感じてしまった。ノーラン監督と言えば、CGは極力使わず可能な限り実物を用いた大規模撮影を行うことで有名だ。本作でも本物の飛行機を倉庫に突っ込ませ爆発させるという荒業を筆頭に、派手なシーンがいくつもある。しかし、個人的にはこれらのシーンはあまり印象に残らなかった。むしろ、船と波が逆行していたり、鳥が後ろ向きに飛んだりというフィルムを逆回転させたであろうシーンの方が印象に残った。音も逆回転するという面白さが印象に残ったという面もあったのだが、印象度とコストが私の中では反比例してしまった。
 何より、中盤まではともかく、終盤の大オチって「逆行」を用いる必要があまりないのでは、普通のいわゆるタイムトラベルネタになってしまうのではという気がした。諸々見落として理解しきれていないだけかもしれないが、「逆行」というネタとストーリーとが必ずしも合致していないように思う。また、「逆行」システムだとこの見え方はおかしいのでは?という部分があった気が…いつになく展開の速さ(なのに長い!)で押し切ったなという印象を受けた。

ダンケルク(字幕版)
トム・ハーディー
2017-11-10


プリデスティネーション(字幕版)
クリストファー・カービイ


『mid90's ミッドナインティーズ』

 1990年代、ロサンゼルスに暮らす13歳のスティーヴィー(サミー・スリッチ)は母ダブニー(キャサリン・ウォーターストン)と年の離れた兄イアン(ルーカス・ヘッジズ)と暮らしている。スケートボードに魅せられたスティーヴィーは、町のスケートボードショップに通いつめ、常連の少年たちと親しくなっていく。監督・脚本はジョナ・ヒル。
 冒頭、スティーヴィーがイアンにボコボコに殴られるシーンがある。カメラはやや引いた位置なのだが、殴られる音は間近に聞こえる。むしろ自分が殴られているような、頭の中に響くような音の設計だ。スティーヴィーがスケートボードに出会ってから感じる高揚感や、ボードで滑走し宙に舞う少年たちの姿はきらきらしていて軽やかなのだが、本作の底辺に流れるのはこの暴力の音であったように思う。
 スティーヴィーはイアンに日常的に暴力を振るわれているが、兄が所属する「大人」(イアンもまだ子供だが、スティーヴィーから見たら大人だ)の世界に憧れ、彼が愛好する音楽やゲームに興味津々だ。スティーヴィーはイアンと世界を共有したいのだろうが、イアンは取り合わない。そんなスティーヴィーを仲間として受け入れてくれる年長者たちが、スケートボード店にたむろうレイ(サケル・スミス)たちだ。ただ、レイたちがスティーヴィーのことを対等に扱っているかというとそうでもない。傍から見ると、レイたちとの関係は安定性があるものにも安心できるものにも見えないのだが、スティーヴィーはそこにはまっていってしまう。自分をバカにする人にニコニコついて行ってしまうメンタリティというのは何なんだろう。
 イアンもレイたちもいわゆる不良ということになるのだろうが、子供がワルぶっている年長者に惹かれていくのは何故なんだろうと不思議だった。素行の悪さや粗暴さがかっこいいという価値観はいつ頃から定着したのだろうか。本作でスティーヴィーが感じる「かっこよさ」は、「男らしさ」の負の側面の要素がかなり強い。強くあらねば、という価値観が暴力や粗暴さの方向にシフトしてしまっているようで、結構きつかった。また、性的な体験の共有、異性への嘲りで仲間意識を強める(これは性別問わず)というのもホモソーシャルの悪しき慣習という感じ。最後にはそういった世界の脆弱さが露わになるが、なぜそういう方向を選んでしまうのかという不可解さがずっと付きまとった。

ロード・オブ・ドッグタウン (字幕版)
ジョニー・ノックスビル
2013-11-26


スケート・キッチン(字幕版)
ジェイデン・スミス
2020-04-01


『3人の夫』

 配信で鑑賞。船の上で年老いた「父」と暮らす娼婦のムイ(クロエ・マーヤン)は、情人離れした性欲で次々と客を取っていた。彼女に恋した青年は彼女の「父」を口説き落として結婚し、陸上で新婚生活を始める。しかしムイの性欲は留まることがなく、また地上での生活にもなじめない様子だった。監督はフルーツ・チャン。
 とにかく男女が頻繁にセックスしている作品なのだが、ムイにとってはやらないと体調が悪くなる、死ぬくらいの必死さなので、あまりハッピーな感じではない。ムイにとっての自然な生き方は一般的な社会の中では不自然と捉えられる。また、彼女をとりまく3人の「夫」は協力して売春ビジネス(当然ムイを売るわけだが)を始め、ファミリービジネスとして勝手に盛り上がっていく。その盛り上がりはコミカルではあるが、ムイの意思を確認しようという様子が全然ないので少々気持ち悪い。
 とは言え、ムイの意思、彼女が自分をどう位置付けて何を感じているのかということは、一貫して示されない。もちろん彼女にも意思はあるのだが、それを他の人間がうかがい知ることが難しい。別の言語、別のルールで生きている存在のように見える。青年は彼女を伝説の人魚と重ねるが、まさに人魚のような異界の存在で、普通の人間社会からははみ出ている。海の上ではあんなに妖艶だったのに、陸で生活するうちどんどん色あせていく(撮影と演じるマーヤンの上手さが映える)のも人魚のようだ。海に帰りたくて彼女は暴れるのかもしれない。終盤、3人の夫たちは、彼女と共に異界に入っていくようにも思えた。最初はカラフルだった映像がどんどんモノクロに近づいていくのも、異界に近づいていく過程のようだった。
 ただ、ムイが「夢の女」すぎて今時これかと鼻につくところはある。意思疎通のできない、勝手に動いていく女という点では古典的な夢の女ではないと言えるが、性的な存在として都合がよすぎるようには思う。

三人の夫(字幕版)
チン・マンライ
2019-10-19


ハリウッド★ホンコン [DVD]
ウォン・ユーナン
レントラックジャパン
2003-12-19


『PSYCO-PASS3 FIRST INSPECTOR』

 2120年、シビュラシステムによって管理された社会。刑事の慎導灼(梶裕貴)と炯・ミハイル・イグナトフ(中村悠一)は連続テロ事件の背後にある陰謀、そして過去の灼の父の死の謎と炯の兄の死の謎を追い続けていた。ある陰謀の為に暗躍する梓澤廣一(堀内賢雄)は、刑事課職員たちを人質にとり公安局ビルを占拠。人質を解放する条件として都知事・小宮カリナ(日笠陽子)の辞任を求めてくる。監督は塩谷直義。脚本はTVシリーズから引き続き冲方丁・深見真。
 TVシリーズの3シーズン目最終回から直接つながっているストーリーなので、基本的にシリーズを追ってきた人向け。そういう意味では劇場版作品というよりシリーズの一環としてイベント的に劇場上映したという体なのだろう(実際、劇場では2週間限定上映でメインは配信だし)。でも、だったら全部ちゃんとTVシリーズとして放送してほしかったな…。しかもきれいに完結するわけではなく、もうちょっと続くよ!アピールを残した終わり方なので。どちらにしろ続きがリリースされれば見るつもりだけど、メディア・形態を変えつつずるずる続けるというのは個人的にはあまり好きではない。とは言え、それと本作が面白いかどうかは別問題だが(面白いです)。またシリーズを見続けてきた人にとっては、この人はこういう風に変化したのか等、感慨深い部分も多いと思う。
 とは言えこのシリーズ、作品のクオリティとは別問題として本来は自分の嗜好にはそんなに沿っていないんだなということの確認にもなった。本シリーズはシビュラという高クオリティ管理社会システムとでもいうべきものの管理下にある社会と、そのシステムの中で適応する、あるいは適応しきれなかったりすり抜けたりする人々を描いてきた。そしてシリーズ3ではシュビラの盲点をついて「ゲーム」を行い勝ち残ろうとするグループが登場する。ディストピアSFとして王道と言えば王道、それなりに面白いが、私個人はシステムの中で生き残ることやシステムを出し抜くこと、ゲームをする・ゲームに勝ち抜くことにあんまり興味がない。本作に限らずゲームのルールを掌握することやシステムの穴を突くストーリー、特権的な視点が物語世界を俯瞰する構造に一種の全能感を持つ観客は多そうだが、個人的にははまらない。なので、作中で梓澤が持っている願望は随分と退屈なものに思えた。それ、何か楽しい…?
 では自分が本シリーズ(特にSinners of the System以降)の何が好みと言ったら、やはりアニメーション表現の部分、特にアニメーションで実写的な組み立てのアクション演技をどう見せるかという部分だ。一連のアクションがどうつながっているのかわかるよう、キャラクターの全身を見せてくれるあたりが楽しい。この点は、俳優(ないしはスタントマン)の身体能力に依存する実写よりも有利かもしれない。ヘリや宜野座の義手を使ったアクションシーン等、やりたかったんだろうなぁ。ストーリー上そんなに必然性ないから。


『劇場版SHIROBAKO』

 上山高校アニメーション同好会の卒業生、宮森あおい(木村珠莉)ら5人は、アニメーション制作進行、アニメーター、声優、3Dクリエイター、脚本家などそれぞれの道を歩み、夢に一歩近づいてきた。皆が関わったTVアニメ『第三飛行少女隊』から4年、宮森が勤務する武蔵野アニメーションは大きな問題に直面する。監督は水島努。
 TVシリーズの4年後を描く完全新作劇場版。しかししょっぱい!アニメーション業界のしょっぱい現実から目を背けさせてくれないある意味非常に誠実な作品だ。業界全体の落ち込みと武蔵野アニメーションの「没落」が連動しており、TVシリーズの高揚感は最初ほぼなくなっている。宮森の表情も冴えず、記号的表現とは言え仲間との飲み会の前に無理やり笑顔を作る様が切ない。オープニングで流れる作中作曲がこれまた切ない歌詞で、しょっぱさ抜群だ。とは言え、宮森がプロデューサーがやるべきことを自覚し初心に帰る、その上でアニメを「完成させる」と決意し奔走する様は清々しいし、「仲間」が再結集する過程は少年漫画的な熱さがある。そのうえで現在のアニメ業界への批評(だいぶマイルドだけど)を含んだお仕事ドラマになっている所が面白い。ラストも決して順風満帆ではないが、現在のアニメ業界を鑑みたうえでぎりぎりのハッピーエンドなんだろうな。
 ただ、本作はアニメーション表現としては割と定型的というか、キャラクターデザインや演技の記号性等、ちょっと古い印象がある。だから作中作アニメとのメリハリが弱くて若干勿体ない気がする。記号的なルックでこういうドラマをやるというのがアンバランスなように思うが、あえてなのだろうか。
 なお、本作の主人公とその仲間たちは女性だし、職場の先輩らも女性登場人物が多く登場する。男性も当然多いのだが、仕事の現状に対して女性たちの方が切り替えが早いというか、この状況で何ができるかという方向に舵を切っているように思った。男性たちの方が自己憐憫から抜けられなかったり膠着状態になっちゃったりしているところがちょっと面白い。

SHIROBAKO Blu-ray BOX 1 スタンダード エディション (3枚組)
茅野愛衣
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2020-02-19


 

『GのレコンギスタⅡ ベルリ撃進』

 宇宙海賊の元でキャピタル・アーミィを退け、海賊の母艦メガファウナと共に宇宙に上がったベルリ(石井マーク)。ベルリたち救出の為出撃したキャピタル・ガードの教官デレンセン(小山剛志)が急襲するが、ベルリはそれとは知らずG‐セルフで迎撃してしまう。一方キャピタル・アーミィはG‐セルフとラライヤ・マンディ(福井裕佳梨)の身柄を要求してくる。総監督・脚本は富野由宇季。
 Gレコ劇場版2作目が早々に公開。1作目『行け!コアファイター』を見たときも思ったが、基本的にTVシリーズの再編集版なのだが、スケール感があってむしろ劇場で見てよかった!と思える。今回はいきなりドンパチ盛りだくさんでアクションの比重の大きいので、大きな画面がよりうれしい。やっぱり大画面でのモビルスーツ戦は燃えるのだ。
 とは言え、戦闘機には大体人が乗っており、機体を撃沈させるというということは大体において、その中にいる人の命を奪うことでもある。今回は早い段階でそれを明示していると同時に、それに気づいたベルリのショックも描く。更に、ベルリ=子供にそれをやらせるべきではなかったという周囲の大人の悔恨も漂わせる。こういうところ、ちゃんと大人が作った作品だなという印象だった。ベルリはパイロットとして優秀で「特別」だと描かれてはいるが、同時にまだ子供であり、本来ならそういう(一人前のパイロット=大人)扱いをされるべきではないんだよなと。それはアイーダにしても同様で、未成年、子供が子供として扱われるべき場面というのはあるのだ。
 今回は登場人物の表情、振る舞いがより豊かで、キャラクター造形がより立体的だったと思う。ベルリと母が意外と似たもの同士(やることが結構すっとんきょうで思い切りがよすぎる)だったり、アイーダの言動がちょっと肩の力の抜けたものになっていたりと、微笑ましい。また、自然環境が豊かな世界設定だということがよくわかる。動物や鳥の登場頻度が高い!気候も温順そうで、暮らしやすい環境なんだろうなと。生活のディティールの細やかさがやはり楽しい。


『T-34 レジェンド・オブ・ウォー ダイナミック完全版』

 第二次世界大戦下、ナチス・ドイツ軍の捕虜となったソ連の士官イヴシュキン(アレクサンドル・ペトロフ)は、接収されたソ連軍の戦車T-34を操縦し、収容所内でナチス側と戦車戦演習を行えと命じられる。T-34に実弾装備はなしで実弾の砲火にさらされるという圧倒的に不利な条件だ。ナチスのイェーガー大佐(ビツェンツ・キーファー)はかつてイヴシュキンと戦った因縁の相手だった。イヴシュキンはひそかに装備を整え、仲間と共に演習中の脱走を計画する。監督はアレクセイ・シドロフ。
 2019年10月に公開され、一部の映画ファンの間でやたらと熱く燃え上がった『T-34レジェンド・オブ・ウォー』の長尺版。私は短尺版は未見なのだが、一部で熱狂的な支持を受けているので気にはなっていた。今回「ダイナミック完全版」として上映されることになったので、戦車には疎いが見に行ってみた。結果、大正解!なぜ熱狂的に支持されているのか理解した。これは燃えるし萌えるでしょう。特に前半は面白くないシーンがないくらい面白くて本当にびっくりした。こういう見せ方、こういう演出ができるのか!という新鮮さだった。アクション構成と見せ方がすごく上手い。砲弾がいちいちスローモーションで動くのはちょっとくどいが、どういう戦術、アクションが今なされているのかわかりやすく見せてくれて、親切といえば親切。こんなにすごいことが起こっていますよ、というアピールなのでわかっている方がアクションシーンは楽しめる。
 対して後半、人間ドラマが絡んでくるとちょっとかったるくなってしまう。女性捕虜とのロマンスも取ってつけたようで(とはいえこの女性も有能で頼もしいのだが!)それほど必要性は感じなかった。人間同士のエモーショナルなドラマとしては、イヴィシュキンに対するイェーガーの執着だけでおなか一杯。そもそも演習やる必要なんてないもんな!どれだけ再戦したかったんだよ!とは言え、後半の戦車戦もばっちり面白いので、大きな傷にはなっていない。何しろ前半が面白すぎるのだ。ちょっと珍しいバランスの映画だと思う。

T-34 ナチスが恐れた最強戦車 [DVD]
アンドレイ・メルズリキン
ギャガ
2019-03-15


『37セカンズ』

 ユマ(桂山明)は出生時に37秒間呼吸ができなかった為、脳性麻痺を患い、車椅子生活をしている。幼馴染の漫画家のゴーストライターをする傍ら、自分の作品をアダルト漫画専門誌に持ち込むが、リアルな体験がないと良い作品は描けないと編集長に言われてしまう。実際にセックスを体験しようと街に出たユマは、障碍者専門の娼婦・舞(渡辺真起子)やヘルパーの俊哉(大東駿介)と出会い世界を広げていく。しかし母・恭子(神野三鈴)は激怒する。監督・脚本はHIKARI。
 最初、ユマに対する恭子の接し方が、娘が身障者で介助が必要とは言え、22歳の人間相手にちょっと子ども扱いしすぎではないか?とひっかかったのだが、彼女の過保護さがこの後どんどん示されていく。ユマは実は時間がかかるけど一人で着替えはできるし、シャワーも浴びられるということが一方で提示されるのだ。彼女はおそらく、恭子が思っているよりもしっかりしているし自分の考えを持っている。漫画を描くためにセックスをしたいと即行動に移すユマの思い切りの良さ、舵の切り方の極端さにはハラハラするし、「私のことなんか誰も見ない」という彼女の言葉には、そういうことじゃないんだよ!(性的な側面以外からも加害する人はいるし事故だってある)と母親ならずとも言いたくもなる。
 とは言え大事なのは、ユマがしたいのであればセックスなりなんなりしてみていいし、身体的な問題を理由に選択肢を狭められる、世界を狭められる筋合いはないじゃないかということだ。そのために手助けを頼んだっていい。舞や俊哉のような人はそのためにいるのだから。もちろん難しいこともあるだろうけど、最初から無理だと言われるのはちょっと違うよなと。これは障碍だけでなく全ての人に言えることだろう。あなたはこのカテゴリーに入っているからこれをやるべきではない、という決めつけはおかしいのだ。「ためにならない」ことをやっても別にいいだろう。
 ユマは自分にもう一つの人生、障碍のない人生があったのではと思わざるを得ないし、その上で「私でよかった」と言うに至る。しかしもう一人の「彼女」にとっては、自分こそが選ばれなかった側、ある人から捨てられた側だという思いがあるのではないだろうか。もう一つの人生は、彼女にとっても思いを巡らさざるを得ないものだったのではないかと。
 なお作中、エンドロールでCHAIの楽曲が使用されているが、これは圧倒的に正しい!本作が目指すところが明示されている、いい選曲だと思った。


『1974 命を懸けた伝令』

 第一次大戦下の1917年4月。フランスの西部戦線ではドイツと連合国軍のにらみ合いが続いていた。イギリス兵のスコフィールド(ジョージ・マッケイ)とブレイク(ディーン=チャールズ・チャップマン)は伝令としてエリンモア将軍(コリン・ファース)より指令を与えられる。ドイツ軍を追撃中のマッケンジー大佐(ベネディクト・カンバーバッチ)にドイツ軍の撤退は罠だ、追撃を中止しろという命令を伝えるのだ。監督はサム・メンデス。
 全編ワンショット風(実際には編集されていて、たぶんここで繋いだんだろうなーというのはわかる)で撮影されたことで話題の作品だが、確かに映像は面白い。一部でゲームっぽいという評もあるようだが、スコフィールドらと一緒に移動しているような感覚だ。体験型映画というか、一種のイベント映画的な側面が強いように思った。ドラマ面は正直のっぺりとしており紋切り型は否めない(女性と赤ん坊とのエピソードとか特に)が、そもそもドラマを重視した作品ではないのではないか。サム・メンデス監督だから何か重厚なドラマ志向があるのではと予想しちゃうけど、そういうわけでもないんだろうな。
 ロジャー・ディーキンスによる撮影は素晴らしく、あー撮影監督のドヤ顔が見えるわ!というシーンが多々ある。特に夜のシーン、暗闇の中照明弾で周囲が照らし出されるシーンは、作り物めいて地獄のような美しさ。これは確かに、死の危険があってもふらふらと出て行ってしまうかもしれない。監督らはこれがやりたかったんだろうなという納得感はある。
 先日見た記録映画『彼らは生きていた』を思い出したし、『彼ら~』を先に見ておいてよかった。兵士の装備の重さとか、塹壕の様子や地面のぬかるみ(沼地のような場所が多々あり、ずぶずぶ沈んでいく兵士もいたとか)、状況をイメージしやすい。兵士同士の戦場だからこその助け合い(他の場所では会うこともしないという)について『彼ら~』の中で言及があったが、本作中の他隊の兵士や上官とのやりとりにはそれを感じた。


戦火の馬 [DVD]
ジェレミー・アーヴァイン
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2013-07-03





『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』

 著名なフランス人ミステリ作家の人気作『デダリュス』完結編の翻訳の為、各国から9人の翻訳家が召集された。彼らが集められたのは人里離れた洋館。情報流出を防ぐ為、電話、インターネットを含み外部との接触を一切絶って、毎日1章ずつ翻訳を進めろというのだ。しかし編集者の元に、「冒頭10ページをネット公開した。24時間以内に500万ユーロを支払わなければ次の100ページも公開する」とメールが入る。監督・脚本はレジス・ロワンサル。
 百科事典や参考文献はあるがインターネットが使えない環境での翻訳、しかも通し読みなしでページ順に翻訳するのって現実離れしていない?と翻訳経験のない私ですら想像がつくから、プロの翻訳家の方が見たらこの部分の設定はかなりおかしいのではないだろうか。ただその一方で、翻訳のみで生活するのは厳しいとか経済的に汲々だとか、仕事をするのに家族は邪魔(これは翻訳に限らずそういうタイプの人はいるだろう)とか、翻訳家の地位の低さとか、これは「翻訳家あるある」なんじゃないかなと想像がつくものも。特にお金関係と、「創造力」関係はなかなかせちがらい。「創造力」に関しては、そういう動機で翻訳の道を進む人ばかりではないと思うが。
 フランスのミステリ小説やミステリ映画に触れると、故・殊能将之氏ではないがフランス人のミステリ観てちょっと変だなと思ことが多い。ちゃんと筋の通った謎解きになっていても、妙に過剰というか、ケレン味の盛りが良いのだ。謎解きのロジック、整合性そのものよりも、あっと言わせること、意外性があることの方に重きが置かれている気がする。本作も同様で、論理性を無視しているわけではないのだが、びっくり度の高さの方が優先されている。そもそも原稿流出が発覚した際、一番ありそうな可能性に言及されない。なぜかなと思っていたら、終盤でなるほどと。ある程度読めてしまうのだが、そこに至るまでの構成がひねられており、どこがどこに結びつくのかという部分で意外性と観客の興味をキープしている。
 ケレン味は強いのだが、翻訳という仕事に対する敬意が一貫しており、何より文学への愛がある。作中で一番のクズとして造形されている人物の職業ポジションを鑑みると、出版業界で一番憎まれているのがどういう人なのかが見えてきてしまうかも。

全身翻訳家 (ちくま文庫)
鴻巣 友季子
筑摩書房
2011-08-09


ギャラリー
最新コメント
アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ