3つ数えて目をつぶれ

映画と本の感想のみを綴ります。特に映画。ご連絡はhoto5now★yahoo.co.jp(お手数ですが★を@に変えてください)まで。

映画題名数字アルファベット他

『5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生』

 先天性疾患により視力の95%を失ってしまったサリヤ(コスティア・ウルマン)は、ホテルで働きたいという夢を諦めきれず、目が見えないことを隠して一流ホテルの研修生になる。姉や同僚のマックス(ヤコブ・マッチェンツ)らの助けを借りて研修課題をこなしていく中、ホテルに品物を下している野菜農家のラウラ(アンナ・マリア・ミューエ)に恋をする。監督はマルク・ローテムント。
 サリヤはホテルで働きたい一心で、障害を隠す為に全力で努力する。障害を克服した!すごい!という話とはちょっと違う(予告編ではそういう話に見えるけど)所が面白いし、誠実だと思う。彼にとって一番の「奇跡」であり「素敵な人生」であるのは、自分の障害をカバーするために尽力する家族や友人に恵まれたことではないか。
 序盤、ホテルの面接に合格するためにサリヤは姉と何度もリハーサルをする。この時の姉の指導の仕方が具体的で理にかなっているもので、とてもいい。サリヤは視力には不自由しているが、出来ることはたくさんある。姉は不自由な部分「だけ」を補助しようとするのだ。これはマックスも同様で、この2人のサポートの仕方、教え方は常に実践的だ。何か障害があってもやりたいこと、得意なことがあるのなら助けを借りればいい、周囲はサポートをするという姿勢が徹底している。サリヤは記憶力と聴覚に優れ、サービス業への適性は高い。一つの特徴によってその適性がないものにされてしまうのは、やはり勿体ない。これは、ホテルで皿洗いをしている難民男性にも言えることだ。彼は祖国では医者だったが、難民としての滞在ビザでは皿洗いしか仕事がない。これもまた勿体ない話だ。その解消の為に人の力を借りて何が悪いんだ?という話でもある。
 サリヤは障害がないかのように振舞うが、これは克服したというのとはちょっと違うだろう。視力によるハンデ、不得意は依然としてあるし、それによって一歩間違うと取り返しのつかない事態にまで追い込まれてしまう。「見える」ように振舞う必要がない社会が本当に豊かな社会と言えるのだろう。いい人ばかり出てくるけれど美談すぎるようには見えないのは、サリヤの限界も描いているからだ。彼は自分のことを理解して、最終的な選択をする。そして、サリヤの父親の姿を通して、家族・身近な人が必ずしも強いとは限らないということも描いている。これは運不運みたいなものなんだろうけど、家族・パートナーが強くいられるかどうかで当人の人生もだいぶ変わってしまうのかもしれない。

太陽は、ぼくの瞳 [DVD]
モフセン・ラマザーニ
アミューズ・ビデオ
2001-04-27


白バラの祈り -ゾフィー・ショル、最期の日々- [DVD]
ユリア・イェンチ
TCエンタテインメント
2006-09-22


『Mr.LONG ミスター・ロン』

 殺し屋のロン(チャン・チェン)は東京にいる台湾マフィアを殺す仕事を受けるが失敗。北関東の田舎町で身動き取れなくなった所、少年ジュン(バイ・ルンイン)に助けられる。その母で台湾人のリリー(イレブン・ヤオ)は、薬物依存症に苦しんでいた。一方で、おせっかいな地元住民たちは、あれよあれよという間にロンの住家や商売の為の屋台を世話する。監督・脚本はSABU。
 ロンは日本語がわからないのだが、住民たちが勝手にどんどん段取つけていく様に対する「何がどうしてこうなった」という表情はとてもキュート。流れ者が悪党に苦しめられる母子を救うという所は『シェーン』(ジョージ・スティーブンス監督)フォーマットだが、流れ者当人が現地の人たちの善意に翻弄され、流れ者としてのアイデンティティが危うくなる(笑)という所が愉快。ロンが所属している組織は表向きレストラン経営しており、ロンも料理が得意。水と塩で野菜煮ただけの汁物はさすがにおいしくなさそうだったが、その後登場する諸々台湾のお惣菜風料理はおいしそうだし、包丁をふるうチャン・チェンはかっこいいし、絵として料理要素が入ることで、ぐっと魅力的な作品になっている。とにかくチャン・チェンの魅力ありきな作品。ナイフを使ったアクションも、終盤の殺陣などかなり戯画的ではあるが(そもそも殺しの道具として効率悪いのでは・・・)様になっていた。
 そんなに精緻な脚本というわけではないし、ある種の「型」を踏まえたストーリーではあるが、前述の通りチャン・チェンに魅力があるし、ラストにベタ故の気分の良さがあり楽しく見た。ただ、1シーンが長すぎ、エピソード加えすぎなきらいがあり、あと30分くらい短くできそうだなぁという気もした。製作側だけが楽しい、自己満足感が滲んじゃっている。リリーの過去を見せたいのは分かるが、そこまで細かくやらんでも・・・。住民たちの田舎歌舞伎のシーンもまるっと割愛してもよさそう。見ていてちょっと苦痛だった。

うさぎドロップ [DVD]
松山ケンイチ
Happinet(SB)(D)
2012-02-02


牯嶺街少年殺人事件 [Blu-ray]
チャン・チェン
Happinet
2017-11-02



『gifted ギフテッド』

 母親を亡くした7歳のメアリー(マッケンナ・グレイス)は叔父のフランク(クリス・エヴァンス)と暮らしている。気が進まないながらも小学校に通うことになったメアリーだが、彼女に突出した数学の才能があることに気付いた担任教師ボニー(ジェニー・スレイト)は、才能を伸ばす教育を受けた方がいいのではとフランクに告げる。フランクは姉の遺言に従い、メアリーには普通の子供として生活をさせたいと考えていた。しかし2人の居所を知ったフランクの母イブリン(リンゼイ・ダンカン)が孫に英才教育を施すため、親権を奪おうとする。監督はマーク・ウェブ。
 メアリーは数学の天才だが、天才にしろ凡才にしろ、子供を育てる、子供と生活するのはかくも大変なものか。フランクはメアリーのことを愛し真摯に育てようとしているし、実際、結構立派に保護者をやっている。メアリーもフランクによく懐き、親子のようでもあり相棒同士のようでもある。とは言え彼は独身男性で、自分の為だけの時間もほしい。「(金曜の夜から)土曜の昼までは家に入らない約束」というのはそういうことなのだ。彼は約束を破ったメアリーについ怒鳴ってしまう。子供の保護者としての生活と一個人の成人男性としての生活は両立しない部分もある。かといって全てを子供に捧げるのが正しいのかというと、そういうわけでもないだろう。そもそも、何をやれば子供にとってベストなのか。
 子育ての難しさは、子供にとって何がベストなのかということが、後追いでしかわからないという所にあるのではないかと思う。フランクの姉が辿った人生は、正にそういうことだろう。フランクの教育方針とイブリンの教育方針は衝突するが、2人ともメアリーにとってよかれと思ってやっていることには違いない。しかしどちらが最適なのか、あるいはどちらも最適ではなかったのかは、メアリーが成長してからでないとわからない。日々ギャンブルみたいなものではないか。その時その時を手探りでやっていくしかないことのしんどさをちょっと感じてしまった。責任重大すぎる。正解がわからないまま延々と続くのって、なかなかきついだろうしな・・・。
 また、親は子供に自分が歩めなかった(歩まなかった)人生を歩んでもらいたいと、つい思ってしまうところに、如何ともし難い業を感じた。イブリンの情熱は、彼女やその娘が送れなかった人生に対する執着とも見える。彼女が提示する人生がメアリーにとって幸せかどうかはわからないんだけど。


アメイジング・スパイダーマン シリーズ ブルーレイ コンプリートBOX [Blu-ray]
アンドリュー・ガーフィールド
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2017-07-05



『KUBO クボ 二本の弦の秘密』

 魔法の三味線の音色で折り紙を操る片目の少年クボ(アート・パーキンソン)は、病んだ母とひっそりと暮らしていた。母は、祖父である月の帝(レイフ・ファインズ)がクボの片目を奪い、もう片方の目も奪う為に探し続けていると言う。ある日、母の言いつけを破り日が暮れても家に戻らなかったクボは、魔力を持つ伯母たち(ルーニー・マーラ)に見つかってしまう。監督はトラビス・ナイト。
 両親を亡くした少年が、自分の出自の秘密を知る為に旅に出るという王道の冒険ファンタジー。制作は『コララインとボタンの魔女』等を手掛けたアニメーションスタジオ・ライカ。緻密なストップモーションアニメの凄みを見せてくれる。キャラクターの質感や、風景の作りこみ(海の波の表現が素晴らしい)には唸るしかない。あまりに動きがスムーズで緻密なので、果たしてこれをストップモーションアニメでやる必要があるのか?むしろストップモーションとしての面白みが削がれているのでは?という疑問が沸くくらい。技術的に素晴らしいのはすごくよくわかるのだが、なぜこの技術でこの作品を作るのかという部分でひっかかってしまった。折り紙の味わいとかは人形アニメーションならではかもしれないが・・・。
 ストーリーの展開は割と単調、かつ伏線の使い方がぎこちなく、少々退屈だった。アニメーション技法を鑑賞するには複雑なストーリーではない方がいいのかもしれないけど、クボの目の秘密にしろ、月の帝が結局何をしたかったのかにしろ、曖昧なままだったように思う(途中ちょっとうとうとしてしまったので、ちゃんと説明されていたならごめんなさい・・・)。ストーリー的にすごくいい部分もあるので中途半端な伏線の使い方がもったいない。物語をもって自分を理解する、他者を助ける(皆で「彼」に物語をわけてあげるのちょっとすごいと思った)という部分にもっと寄せていってもよかったんじゃないかなぁ。比較的シンプルな話なのに妙に整理されていない印象を受けた。
 冒険物語でありつつ、哀愁が漂う。「お供」として彼を助けるサル(シャーリーズ・セロン)とクワガタ(マシュー・マコノヒー)の正体には泣かせられる。それでもなお、という去っていかざるを得なかった人たちの気持ちが染みてくるのだ。そして彼らがいたこと、彼らに愛されたことの記憶こそがクボを助けることになる。






『GODZZIRA 怪獣惑星』

 20世紀末、巨大怪獣が出現し人類を脅かすようになった。その中でも特に強大なゴジラにより、住む場所を失った人類は宇宙船で地球を脱出する。しかし20年後、移住先惑星は見つからず船内の物資も乏しくなっていた。船内での生活に耐えきれず、ゴジラへの復讐に萌えるハルオ・サカキ(宮野真守)を中心とする地球帰還派の声が大きくなっていた。リスクを侵し長距離亜空間航行で地球に帰還した一同だが、地球上では2万年が経過し、ゴジラの影響下で生態系は激変していた。監督は静野孔文・瀬下寛之。脚本は虚淵玄。なお全3部作。
 サカキのテンションの高さ、ゴジラへの強烈な粘着片思いにややひきつつも、面白く見た。思い込み激しいクレイジー系主人公は、『進撃の巨人』に始まり近年のスタンダードになっているのだろうか。圧倒的に巨大なものに脅かされ絶望的な状況というもの『進撃~』ぽいが、こういうシチュエーションが一つの定番になっているということだろう。
 とは言え、本作のゴジラはちょっとゴジラのインフレ化がすぎるように思う。いくらなんでも強すぎ、大きすぎだろう。『シン・ゴジラ』どころではなく勝てる気がしない。これ、本当にちゃんとオチがつくのかな・・・。作中設定ではわずかながらも弱点が!ということになっているのだが、その説明が結構雑というか、説得力がない(あえて説得力がない演出にしている可能性が高いが)ので、人類が見切り発車で無謀な賭けに出たようにしか見えない。そもそも過去映像のみからそんな解析可能なの?!とかそんなに充実したアーカイブあるの?!とか色々と突っ込みたくなるのだが、どこまでが脚本上の演出でどこまでが単に大雑把なのか現状よくわからない。
 アニメーション制作を手掛けたポリゴンピクチュアズの仕事を見ると言う面でも、とても面白かった。ポリゴンピクチュアズと言えば3DCGアニメーション制作だが、一つの作品でトライしたことを必ず次の作品に活かしてくるという印象なので、作品を続けて見ているとどんどん進化していることがわかる。本作は予算も比較的潤沢なのか、結構豪華な絵の作りだと思う。

シン・ゴジラ DVD2枚組
長谷川博己
東宝
2017-03-22


『BLAME!』Blu-ray(初回限定版)
櫻井孝宏
キングレコード
2017-11-01


『HiGH&LOW THE MOVIE3 FINAL MISSION』

 スカウト集団DOUBTとの戦いに勝利したSWARDの面々だが、九龍グループとの全面抗争に突入し、各チームは次々と壊滅状態に追い込まれる。琥珀(AKIRA)らは政府と九龍グループが隠ぺいしたある事実を証明するべく、証拠集めに奔走する。監督は久保茂昭&中茎強。
 3部作完結編だが、また改めて続編をやるのかな?世界観としてはまだまだ広げる余地がありそう。こういう余白があって(脇ががばがばとも言う)色々アレンジしやすい所、見る側も色々想像しやすい(脳内補完しないとつじつまが合わない部分が多すぎるということでもあるのだが・・・)所が人気の要因の一つでもあるんだろうなぁ。
 私は本シリーズはアクション映画として楽しんでいるのだが、正直なところ、アクションの面白みのピークは2作目で本作はそれには及ばなかった。完結編ということで、色々とエピソードを回収しなくてはならないという都合上、仕方がないとは思う。相変わらずつじつま合わせが苦しく、そもそもつじつまらしいものはあまり想定されていなかったのではという気もするが。本シリーズは一貫して、ストーリーテリングはお粗末なので、ストーリーに比重がかかる構成だとどうしても粗ばかりが目についてしまう。コブラがいる場所どうしてわかったの?とか、資料ってそんなまるっと残っているものなの?とか、証言者の数乏しくない?とか、まあ言いだすときりがない。設定を乱発するが、その組み立て方は粗いというのが特徴のシリーズだったなと。一方で、今まで(本作でも)基本的に銃器が持ち込まれない世界観だったことへの理由がちゃんと説明されているあたり、妙な所には細かいんだよな・・・。
 今回は九龍の幹部たちのフルネームと担当部門がちゃんと紹介されるのだが、役者の人選の目の付け所が良い。なかなか木下ほうかは思いつかないわ!幹部は皆、佇まいにドラマ性があった。むしろこの人たち側の話の方を見たくなってくる。これは、俳優の力なんだろうなぁ。こういう部分の人選にしろ演出にしろ、やっつけ仕事にしないことで映画としての見栄えが各段によくなっていると思う。

HiGH & LOW THE MOVIE(豪華盤) [DVD]
AKIRA、TAKAHIRO、黒木啓司、ELLY、岩田剛典他
rhythm zone
2017-01-18



『MASTER マスター』

 金融投資会社の会長チン・ヒョンピル(イ・ビョンホン)は様々なテクニックを駆使し多額の投資金を集め、裏金を増やし、警察や政府等有力者たちに賄賂をばらまきビジネスを拡大してきた。彼を追う知能犯罪捜査班の刑事キム・ヘミョン(カン・ドンウォン)は、チンの片腕で裏金作りに手腕を発揮してきたハッカー、パク・ジャングン(キム・ウビン)を確保、スパイとしてチンの帳簿を持ち出せと言う司法取引を持ちかける。しかし会社内に裏切り者がいると気付いたチンは大金を持って行方をくらませる。監督・脚本はチョ・ウィソク。
 詐欺の詳細にしろスパイ大作戦にしろ、描き方は割と大雑把。チンの投資詐欺はすごく巧みで大規模!すごいやり手!という設定ではあるが、見るからに胡散臭いしこれ本当に成功します・・・?って気分になる。とは言え、その大雑把さが本作の良い所だと思う。シリアスではあるが精緻にしすぎず、重くしすぎず、近年の韓国エンターテイメント映画に顕著な生々しい暴力描写も控えめ。エンターテイメントとして収まりがちょうどいい感じに調整されている。私は韓国映画で往々にして描かれる組織内の上下関係や共同体のしがらみには時に胸焼けしてしまうのだが、やり過ぎ感がないのがとてもよかった。気負わず楽しめるいい作品だと思う。暴力の嵐みたいな作品やゴリゴリ神経を削る諜報戦も面白いけど、毎回それじゃあ疲れてしまう。
 当初、こういう感じなのかなと予測していた展開はなんと前半で完了してしまう。しかし、チンが逃亡してからの後半の方、尻上がりに面白くなっていく所がえらい。もたつかずテンポがよかった。帳簿とかハッキングとか投資計画とか、わりとざっくりとした設定でよくよく考えるとそんな上手くいきます?と思うんだけど、見ている間は飽きない。主演3人の魅力も大きかった。イ・ビョンホンが胡散臭い男を嬉々として演じているように見える。またカン・ドンウォン演じるヘミョンとキム・ウビン演じるジャングンのやりとりが、距離は近づきすぎないものの徐々に双方向の掛け合いになっていく所も楽しい。あんまりねっとりとした人間関係を感じさせない所が、本作のトーンに合っていたと思う。

監視者たち 通常版 [DVD]
チョン・ウソン
TCエンタテインメント
2015-02-04


華麗なるリベンジ [DVD]
ファン・ジョンミン
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2017-04-26


『HiGH&LOW THE MOVIE 2 END OF SKY』

 拮抗する5つのチームの名前の頭文字をとってSWORD地区と呼ばれているエリア。SWORDの面々は湾岸連合軍との戦いに勝利し、再開発の波もひとまず収まる。しかし林蘭丸(中村蒼)率いる悪名高いスカウト集団「DOUBT」がSWORDのスカウトチーム「White Rascals」をつぶそうとしてくる。更にジェシー(NAOTO)を筆頭とした武闘派集団「プリズンギャング」も蘭丸に加勢し始める。一方、カジノ計画に絡んだ癒着事件を明らかにしようとする琥珀(AKIRA)雨宮兄弟らには、証拠隠滅を図る九龍グループの刺客が迫っていた。監督は久保茂昭・中茎強。
 ドラマと映画が連動する「HiGH&LOW」プロジェクトの劇場作品3作目。1作目『HiGH&LOW THE MOVIE』、2作目『HiGH&LOW THE RED RAIN』からストーリーは直接つながっているのだが、正直ストーリーに重点を置いた作品ではないので、多少あらすじやキャラクターをかじって本作をいきなり見るという形でも大丈夫ではないかと思う。1作目、2作目でも決してストーリーが面白い、良くできているという類の作品ではなく、見せたいシーンとキャラクターのつなぎの為にストーリーらしきものがあるという感じだった。しかし、本作ではエピソード間のつなぎ方がもうちょっとましになったかなという気はする。九龍の幹部らが全員(多分)登場して新たな動きが見える等、ストーリーの広がりを見せてくるところはいい。とは言え相変わらず「何やってるんすか琥珀さぁぁん!」と叫びたくはなりますが・・・。
 アクション面は前作よりも更に強化されており、演出の創意工夫が素晴らしい。冒頭、パルクールを取り入れた下方向へのアクションで一気に引き込まれる。このシーンに限らず、アクションの飛距離、スピード感が爽快。ストーリーがどんなにザルでも人体の動きを見ているだけで楽しくなってくる。体の良く動く出演者といいアクション監督(アクション監督は大内貴仁)を使うとこうも違うのかと唸った。上下左右各方向への動きがちゃんと設定されており、1作目でもそうだったが、群衆での乱闘シーンでも画面の奥のモブキャラまでちゃんと演技指導されていることがわかる。行き届いているのだ。
 また、カー&バイクアクションもこれまでの日本映画ではなかなか見られなかった領域に突入している。USBの奪い合いが車とバイクでのカーチェイス中に行われるのだが、ちょっと最近の韓国映画っぽいシーンだった。日本でもとうとう「人VS車」をやるやつが出てきたか!また九龍会からの刺客である源治(小林直己)の日本刀も使ったアクションも素晴らしかった。演じる小林の身体能力の高さあってのことだろうが。しかし、これだけキレッキレのアクションシーンにもかかわらず、その原因となっているUSBメモリに関してはなぜコピーしておかない!琥珀さん海外にUSBメモリ持ち出して何やってたんすか!何もやってなかったんすか!という突っ込みが止まらないのだった。
 なお、これをカーアクションというのか微妙だが、クライマックスの廃駅での達磨一家の登場の仕方は最高だった。いやーあれやってみたいな(笑)!

HiGH & LOW THE MOVIE(通常盤) [DVD]
AKIRA、TAKAHIRO、黒木啓司、ELLY、岩田剛典他
rhythm zone
2017-01-18

HiGH & LOW THE RED RAIN(豪華盤) [DVD]
TAKAHIRO、登坂広臣、斎藤工
rhythm zone
2017-04-05



『KING OF PRISM PRIDE the HERO』

プリズムスタァ養成校エーデルローズで練習を重ねる新入生の一条シン(寺島惇太)。4年に1度の大会プリズムカップに向けて先輩たちと特訓に励むが、ライバル事務所シュワルツローズの差し金で、エーデルローズは解散の危機に追い込まれてしまう。監督は菱田正和。
 アニメの中で「貸しはがし」というフレーズ、初めて聞いたわ・・・。まさかキンプリでそんな言葉聞くと思わなかったよ!応援上映、まさかの超ロングラン昨年のアニメ界・映画界を沸かせたキンプリこと『KING OF PRISM by Pretty Rythm』の続編。前置きや説明なくいきなり始まる、かつ前作と本作の間に結構なエピソードがあったんじゃ?と思わせるシークエンスが結構あるのだが、そのあたりもさくっと割愛して始まる。お客を信頼していると言えば信頼しているということか・・・。とは言え、前作を見ていなくても、極端な話プリティリズムが何なのか知らなくても、ある程度日本のアニメに対するリテラシーを持っていれば、わけがわからないなりに楽しくなってくるあたりがすごいと思う。逆に、全くアニメに耐性がない人が見たらどんな感じなのか教えてほしい。
 前作で応援上映が大変盛り上がったことを考慮してか、本作では最初から応援上映対応なのかな?という見せ場が頻出する。劇場での上映回数も場所によっては応援上映の方が多いくらい。確かに、あーここで合いの手いれたい!コールしたい!サイリウムふりたい!って気分になってくる。よくできてるなぁ。私は通常上映で見たが、周囲が盛り上がっている方が確実に楽しめる類の作品で、鑑賞するというよりもイベントに参加する感じ。一緒にプリズムショーのスタジアムを破壊したり再生したいよねぇ!(言葉のあやではなく文字通りの意味です) 
 また、シンの成長が中心にあった前作と比較すると、本作でもその路線は引き継いでおり、基本は努力と友情、仲間との絆があるのだが、更に、ストーリー上の要素が更に増し増し、盛りに盛っている。70分強の作品とは思えない。余裕で1クールできるボリュームだ。過去からの確執と愛憎あり、企業乗っ取りやお家騒動あり、スポ根あり、ロマンスあり、更に前世からの因縁らしきもの(これ、次作も作る気満々てこと?大丈夫?)まで持ち出してくる。ストーリー上もビジュアル上も引き算という概念がない、足し算のみで作られたようなある意味凄まじい作品。アニメというジャンル内の更に細分化された数々のジャンルの要素が詰め込まれているので、アニメファンにとってはアニメのリテラシーが試されるよな・・・。個人的にはコロコロコミック的というかテレビ東京夕方枠ないしは早朝枠的な、男児玩具アニメ的要素にぐっとくる。そりゃあ龍も空に昇ろうというもの。

劇場版KING OF PRISM by PrettyRhythm 初回生産特装版Blu-ray Disc
柿原徹也
エイベックス・ピクチャーズ
2016-06-17


魔神英雄伝ワタル Blu-ray BOX
田中真弓
バップ
2013-12-18


『TAP THE LAST SHOW』

 天才タップダンサーとして一世を風靡したものの、ステージ上で事故に遭い引退した渡新二郎(水谷豊)。引退から10数年経ち酒に溺れる毎日を送っていた渡の元を、旧友の劇場支配人・毛利(岸辺一徳)が訪ねてくる。劇場を閉めることになったので、最後のショーを渡に演出してほしいというのだ。最初乗り気でなかった渡だが、オーディションに集まった若いダンサーたちを見るうち、本気になっていく。監督は主演もしている水谷豊。
 水谷豊初監督作品、かつ主演作だが、予想していたほど本人は全面に出てこない(演技がちょっとくどいのは気になったけど・・・)。なにはともあれダンサー達をしっかりと見せよう、タップダンスの魅力を伝えようという意思が一貫して感じられる。正直な所お話は少々古臭いし、若い俳優たちの演技も若干厳しい(プロのダンサーたちが演じているので、映画の芝居は本職ではない)。登場人物の造形も、設定は盛っているのに浅くてアンバランスだ。オーディションシーンでのコメディ色が大すべりしているのも痛い。
 しかし、ひとたびダンスが始まるとそういう疵が吹っ飛ぶ。そのくらいダンスシーンが楽しい。終盤の20数分間、ほぼぶっ通しでダンスショーを見せるという思い切った構成だが、これこそ見せたいところなんだよ!という熱気があった。ショーの途中でドラマの都合上観客の表情も映し出されるのだが、客席ショットでショーが中断されるのが勿体ない。確かに観客の反応がないとドラマっぽさは薄れるかもしれないけど、もっとダンスが見たい!という気持ちにさせられる。そう思わせた時点で本作は成功しているのだと思う。
 渡によるダンサーへのしごきは、デイミアン・チャゼル監督『セッション』を彷彿とさせるが、本作の方が私にとって好感度は高い。渡が、自分は去りゆく者だと自覚しており、去る前に若者たちに何か残してやりたいと必死になっていくからだろう。次の世代へ橋渡しするという部分が、ラストで明かされるとある設定でも明らかだが、そこを強調しすぎないのは良かった。とは言え設定を積みすぎな気はするのだが。
 なお、全力投球しているようには見えないのに、そこにいると画面が締まる岸辺一徳はもちろん、毛利の片腕・吉野役の六平直政がチャーミングだった。彼の衣装が一番良かった気がする。三つ揃いが固くなりすぎずに、かわいい(笑)着こなしだった。


 
フラッシュダンス [DVD]
ジェニファー・ビールス
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2013-08-23


ギャラリー
最新コメント
アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ