3つ数えて目をつぶれ

映画と本の感想のみを綴ります。特に映画。ご連絡はhoto5now★yahoo.co.jp(お手数ですが★を@に変えてください)まで。

映画題名数字アルファベット他

『KING OF PRISM PRIDE the HERO』

プリズムスタァ養成校エーデルローズで練習を重ねる新入生の一条シン(寺島惇太)。4年に1度の大会プリズムカップに向けて先輩たちと特訓に励むが、ライバル事務所シュワルツローズの差し金で、エーデルローズは解散の危機に追い込まれてしまう。監督は菱田正和。
 アニメの中で「貸しはがし」というフレーズ、初めて聞いたわ・・・。まさかキンプリでそんな言葉聞くと思わなかったよ!応援上映、まさかの超ロングラン昨年のアニメ界・映画界を沸かせたキンプリこと『KING OF PRISM by Pretty Rythm』の続編。前置きや説明なくいきなり始まる、かつ前作と本作の間に結構なエピソードがあったんじゃ?と思わせるシークエンスが結構あるのだが、そのあたりもさくっと割愛して始まる。お客を信頼していると言えば信頼しているということか・・・。とは言え、前作を見ていなくても、極端な話プリティリズムが何なのか知らなくても、ある程度日本のアニメに対するリテラシーを持っていれば、わけがわからないなりに楽しくなってくるあたりがすごいと思う。逆に、全くアニメに耐性がない人が見たらどんな感じなのか教えてほしい。
 前作で応援上映が大変盛り上がったことを考慮してか、本作では最初から応援上映対応なのかな?という見せ場が頻出する。劇場での上映回数も場所によっては応援上映の方が多いくらい。確かに、あーここで合いの手いれたい!コールしたい!サイリウムふりたい!って気分になってくる。よくできてるなぁ。私は通常上映で見たが、周囲が盛り上がっている方が確実に楽しめる類の作品で、鑑賞するというよりもイベントに参加する感じ。一緒にプリズムショーのスタジアムを破壊したり再生したいよねぇ!(言葉のあやではなく文字通りの意味です) 
 また、シンの成長が中心にあった前作と比較すると、本作でもその路線は引き継いでおり、基本は努力と友情、仲間との絆があるのだが、更に、ストーリー上の要素が更に増し増し、盛りに盛っている。70分強の作品とは思えない。余裕で1クールできるボリュームだ。過去からの確執と愛憎あり、企業乗っ取りやお家騒動あり、スポ根あり、ロマンスあり、更に前世からの因縁らしきもの(これ、次作も作る気満々てこと?大丈夫?)まで持ち出してくる。ストーリー上もビジュアル上も引き算という概念がない、足し算のみで作られたようなある意味凄まじい作品。アニメというジャンル内の更に細分化された数々のジャンルの要素が詰め込まれているので、アニメファンにとってはアニメのリテラシーが試されるよな・・・。個人的にはコロコロコミック的というかテレビ東京夕方枠ないしは早朝枠的な、男児玩具アニメ的要素にぐっとくる。そりゃあ龍も空に昇ろうというもの。

劇場版KING OF PRISM by PrettyRhythm 初回生産特装版Blu-ray Disc
柿原徹也
エイベックス・ピクチャーズ
2016-06-17


魔神英雄伝ワタル Blu-ray BOX
田中真弓
バップ
2013-12-18


『TAP THE LAST SHOW』

 天才タップダンサーとして一世を風靡したものの、ステージ上で事故に遭い引退した渡新二郎(水谷豊)。引退から10数年経ち酒に溺れる毎日を送っていた渡の元を、旧友の劇場支配人・毛利(岸辺一徳)が訪ねてくる。劇場を閉めることになったので、最後のショーを渡に演出してほしいというのだ。最初乗り気でなかった渡だが、オーディションに集まった若いダンサーたちを見るうち、本気になっていく。監督は主演もしている水谷豊。
 水谷豊初監督作品、かつ主演作だが、予想していたほど本人は全面に出てこない(演技がちょっとくどいのは気になったけど・・・)。なにはともあれダンサー達をしっかりと見せよう、タップダンスの魅力を伝えようという意思が一貫して感じられる。正直な所お話は少々古臭いし、若い俳優たちの演技も若干厳しい(プロのダンサーたちが演じているので、映画の芝居は本職ではない)。登場人物の造形も、設定は盛っているのに浅くてアンバランスだ。オーディションシーンでのコメディ色が大すべりしているのも痛い。
 しかし、ひとたびダンスが始まるとそういう疵が吹っ飛ぶ。そのくらいダンスシーンが楽しい。終盤の20数分間、ほぼぶっ通しでダンスショーを見せるという思い切った構成だが、これこそ見せたいところなんだよ!という熱気があった。ショーの途中でドラマの都合上観客の表情も映し出されるのだが、客席ショットでショーが中断されるのが勿体ない。確かに観客の反応がないとドラマっぽさは薄れるかもしれないけど、もっとダンスが見たい!という気持ちにさせられる。そう思わせた時点で本作は成功しているのだと思う。
 渡によるダンサーへのしごきは、デイミアン・チャゼル監督『セッション』を彷彿とさせるが、本作の方が私にとって好感度は高い。渡が、自分は去りゆく者だと自覚しており、去る前に若者たちに何か残してやりたいと必死になっていくからだろう。次の世代へ橋渡しするという部分が、ラストで明かされるとある設定でも明らかだが、そこを強調しすぎないのは良かった。とは言え設定を積みすぎな気はするのだが。
 なお、全力投球しているようには見えないのに、そこにいると画面が締まる岸辺一徳はもちろん、毛利の片腕・吉野役の六平直政がチャーミングだった。彼の衣装が一番良かった気がする。三つ揃いが固くなりすぎずに、かわいい(笑)着こなしだった。


 
フラッシュダンス [DVD]
ジェニファー・ビールス
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2013-08-23


『20センチュリー・ウーマン』

 1979年、サンタバーバラに住むドロシア(アネット・ベニング)は、一人で育ててきた15歳の息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズユン)の教育に悩んでいた。ジェイミーの幼馴染ジュリー(エル・ファニング)と間借り人のアビー(グレタ・ガーヴィグ)に彼を助けてやってほしいと頼む。監督はマイク・ミルズ。
 世代間の価値観の違い、生きてきた時代の違い、そして時代が急速に変わっていく様をそこかしこに感じる作品だった。ジェイミーらの語りが、現在から過去であるあの頃を振り返るものだからというのも一因だが、登場人物それぞれが背負う世界の差異が、世相の変化を如実に表している。長年一人で働き子育てをしてきたドロシアは、この世代の人としては「進んでいる」かもしれないが、より若い世代であるジュリーやアビーから見ると、保守的な部分も多々ある。カーター大統領の演説に対するそれぞれの反応で、あっここに大きな溝が・・・と強烈に感じた。こういった対比の見せ方、何かに対する個々人の反応の見せ方が上手い作品でもある。
 ドロシアは息子や彼女らが生きる「今」を知り、受け入れようとはしているが、受け入れがたさも感じている。夕食会での「生理」をめぐるやりとりや、ジェイミーの朗読に対するリアクションは、自分の価値観にそれはない、とはっきり拒否するものだ。同時に、彼女は相手に対しては結構ぐいぐいいくのだが、自分に対して内面に踏み込まれることは好まない人だとわかる部分でもあった。そこは話し合わなければならない、自分のことを開示しないとならない所なんじゃないかなというシーンで、彼女はどもったり一歩引いたりと、自分の内面を見せない。
 一方、ドロシアに対して保守性を感じているであろうジュリーとアビー、そして当時としては「進んでいる」だろうアビーがジェイミーに読ませるフェミニズム関連書籍も、今の視線で見ると決して「進んでいる」とは言い切れない。進もうという意思と、まだ前世代をひきずっている部分とか混在している感じ。ジュリーとアビーがジェイミーに対して「(モテる)男らしさ」をレクチャーするが、異性に対するイメージや役割の押しつけという意味ではフェミニズムに反するのではないか。
 とはいえ、時代を越えた普遍的なものも感じる(だからこそ現代の映画として成立するんだけど)。どんなに理解がある母親でも、その「理解ある」感があからさまだったり、自分(子供)の世界に立ち入られすぎたりすると、うざったいだろう。子供のアシストを無断で他人に頼むなよ!というジェイミーの立腹はもっともだと思う。ドロシアは基本的に公明正大にやりたい人だからそういう行為をしてしまいがちなんだろうけど、ちょっとデリカシーたりないよなと。加えて、ドロシア側は自分の中に立ち入られるのを拒むので、子供としては一方的だと感じてしまうのかも。
 親子関係という面では、ドロシアとジェイミーの関係は諸々あっても基本的に良好だし信頼感はある。問題があるのは、むしろジュリーの家庭だろうなぁ・・・。自分主催のグループセラピー(ジュリーの母親はセラピスト)に娘を参加させる母親って、かなりまずいと思う。
 なお、色々な書籍が登場する作品だったが、ダイアンが読んでいた「ウサギ」ってアップダイクのこと?気になってしまった。

『BLAME!』

 過去の「感染」により、人間が都市コントロール権を失い、無限に増殖し続ける階層都市。都市防衛システム「セーフガード」は、人間を不正な居住者と見なして排除するようになっていた。僅かに残った人間たちによる小さな集落が点在していたが、食料不足によって絶滅も間近と思われた。シボ(花澤香菜)は食料を探しに出た所をセーフガードに襲われるが、旅の男。霧亥(キリイ)(櫻井孝宏)に助けられる。霧亥はネット端末遺伝子を持つ人間を探し続けていた。原作は弐瓶勉の同名漫画、監督は瀬下寛之。製作はポリゴン・ピクチュアズ。
 ストーリーやキャラクター云々というよりも、ポリゴン・ピクチュアズのセルルック3DCG表現が今どういう地点にあるのか、という点で面白い作品だった。原作、監督、スタジオの組み合わせは『シドニアの騎士』と同じ。SFとしての世界設定やキャラクター造形は正直そんなに新鮮味のあるものではない。原作がかなり前に発表されたものだということもあるが、発表された当時でも、そんなに新しいっていう感じではなかったのではないかな・・・。ただ、王道と言えば王道、ベタと言えばベタなストーリーや設定が、本作の映像だと不思議と新鮮に見える。映像が「出来上がっている」というよりもまだ進化しそう、発展途上な伸びしろ感を感じさせるのも一因かもしれない(完成された商品としてそれはどうなんだという見方もあるが)。
 近年のポリゴン・ピクチュアズは、(技術面の素人から見ても)いわゆるアニメ的な「かわいい」「かっこいい」をセルルックの3DCGでやるにはどのあたりが落としどころなのか、ずっと試行錯誤し続けている気がする。『シドニアの騎士』と比較すると、本作の女性キャラクターは明らかに、セルルックの「アニメ」としてのかわいさをより獲得している。技術の進歩を目の当たりにしている感じ。また、ポリゴン・ピクチュアズ制作作品は、この原作・題材を映像化するにはどうするか、というよりも、自社が持っている技術は、どういった傾向・特質の題材・世界観で最も活かされるのか、という方向でのネタの選び方、作り方をしているように見える(実際は全然関係ないのかもしれないけど・・・)。一つのスタジオの作品を追っていく面白さを、今最も味あわせてくるスタジオではないだろうか。

『LION/ライオン 25年目のただいま』

 インドのスラム街で暮らす5歳のサルー(サニー・パワール)は、兄の仕事先についていった時、停車していた電車内に入り込んで眠ってしまい、そのまま遠くの地へと運ばれ、迷子になった。家族と生き別れ孤児院に保護された彼は、オーストラリアへ養子に出される。そして25年後、養父母の元で成人し順調な人生を歩んで生きたサルー(デヴ・パテル)は、ふとしたきっかけで生母と兄のことを思い出す。わずかな手がかりからGoogle Earthを使って故郷を特定しようと試み始める。監督はガース・デイヴィス。
 予告編等事前情報からは、なぜこの題名なのかはわからない。本編を見て題名の意味がわかると、ああそうか!と深く納得する。サルーが自分の人生を発見し直すまでの、長い旅の物語だったのかと。もちろん、養父母の元で過ごした日々も本物の彼の人生だ。しかし、人生の一部であって、養子になる前の幼い頃の人生については、裏付けが取れず曖昧なままだ。忘れたままなら、それはそれで穏やかな日々だったのかもしれないが、インドの菓子を目にしたことで、断片的な記憶がよみがえり、実母と兄を放っておいたという罪悪感に苦しむことに苦しむようになる。同時に、実母を求めることは養父母を裏切ることになるのではと、二重の罪悪感に駆られるのだ。故郷を探そうとするサルーの熱意は唐突に生じるようにも、少々行き過ぎているようにも見える。実際、日常生活に支障をきたし、恋人との関係も破綻してしまう。しかしサルーにとってはそのくらい、人生の一部が失われていることは苦しいことなのだろう。
 サルーは大きな不運によって「迷子」になったが、運の良さと機転とで生き延びる。本作、サルーの幼少時代に結構時間を割いているのが意外だったのだが、まだ幼い彼がどのような道筋を辿ってきたか垣間見ることで、本当に運が良かったのだと痛感する。あからさまには描かれないが、「ルート分岐点」でもし違う道を選んだらこうなっていたかも、という姿が、他の子供達の姿を借りて現れる。あっさり描いているようでいて、闇の深さが垣間見られるのだ。
 そういう「もしも」を一番強く感じたのは、養子先での義兄・マントッシュ(ディヴィアン・ラドワ)の存在だ。マントッシュはサルーより年長だが、養子に来たのは彼の後。順調に養父母とオーストラリアの生活に馴染んだサルーとは異なり、マントッシュは養父母との関係はぎこちなく、成長してからも土地に馴染めず、自分の生活を立て直すことができずにいる(子供の頃から精神的な問題があるという描写はされている)。サルーよりもむしろ、マントッシュの人生はどんなものだったのかという方が気になった。彼にとって、養子に出されたことは果たして幸運だったのだろうか。彼は、サルーが進んだかもしれないもう一つの人生なのだ。

『T2 トレインスポッティング』

 20年前に仲間を裏切り退勤を持ち逃げしたレントン(ユアン・マクレガー)は、全てを失い故郷のスコットランドのエディンバラに返ってきた。シック・ボーイことサイモン(ジョニー・リー・ミラー)はさびれたパブを経営する傍ら、売春や恐喝で金を稼いでいる。スパッド(ユエン・ブレムナー)は薬物依存を断ち切ろうとするも家族に愛想を尽かされ自殺を図る。ベグビー(ロバート・カーライル)は刑務所に服役していたが脱獄し、レントンへの復讐に燃える。原作はアービン・ウェルシュの小説、監督は前作に引き続きダニー・ボイル。
 はー20年か!と思わずため息をついてしまう。前作『トレイン・スポッティング』は当然劇場に見に行ったし周囲ではTシャツやらポスターやらクリアファイルやらが大流行りしていたし、サウンドトラックは当然買った。まさか今になって続編見ることになるとは・・・。見ている自分たちは当然年を取っているわけだが、作中のレントンたちもきっちり20歳老いているし、ユアン・マクレガー以外はそもそもスクリーンで見るのが久しぶりすぎる!皆、年取ったな・・・。その姿を見るだけで感慨深くもありしんみりさもあり。
 加えて、20年後の彼らは相変わらずジャンキー(スパッドは脱ジャンキーを目指しているが)で特に成長しておらず、社会的に成功しているわけでもない。見ている自分もレントンを笑えないくらい成長していないし生活はきゅうきゅうなわけで、しょっぱさ倍増である。前作では「未来を選べ」というフレーズが多用されていた。今回もレントンがヴェロニカに当時こういうフレーズが流行ったんだ、みたいなことを教えるが、当時の「未来を選べ」と今の彼にとっての「未来を選べ」は全く意味あいが違うだろう。20年前は、まだ未来は選び取るものとして、希望を孕んだものとしてあった。40代になった今、未来の枠は狭まり、先はそこそこ見えている。自分が選べるであろう中に選びたい未来などないにもかかわらず、選ばざるを得ないという辛さがあるのだ。これから世界を牛耳っていくのは自分達ではなく、ヴェロニカら下の世代なんだということが、レントンやサイモンに突きつけられていく。何者にもなれずに取り残されていくのは辛いのだが、それでもまた明日をこなしていなかなくてはならない。ラストのレントンの行動には、何だか泣き笑いしそうになった。結局そこに戻っちゃったなぁ。
 唯一前進した、未来を少し掴んだと感じられるのはスパッドだろう。本作の良心のような存在になっているが、彼は「書く」ことで自分と過去を相対化できるようになった。そうすると、未来も見えやすくなってくるのかもしれない。

『SING/シング』

 コアラのバスター・ムーン(マシュー・マコノヒー/内村光良)が支配人として運営する劇場は、赤字続きで危機に陥っていた。バスターは劇場をよみがえらせようと、街の人たちに歌唱コンテストの参加を募る。しかし秘書のミス・クローリー(ガース・ジェニングス/田中真弓)が賞金の桁数を間違えて広告を作ったせいで、高額賞金目当ての応募者が殺到する。監督はガース・ジェニングス。
 手際よくコンパクトに纏めた、ちょうどいい感じのエンターテイメント。老若男女で楽しめそうなところがいい。私は2D・吹替え版で鑑賞したが、吹替えセリフの翻訳、歌の歌詞の翻訳(こちらは一部苦戦しているなーという印象はあったが)はかなり頑張っていると思う。楽曲は翻訳許可が出たものと出なかったものがあるようで、日本語版と英語版が混じっているのだが、それほど気にならない。なお、演技は素人なMISIA(ミーナ役)と大橋卓弥(ジョニー役)が意外と好演で意表を突かれた(つたないが気になるほどではない)。2人とももちろんプロの歌手なので、セリフのぎこちなさと歌の流暢さ・エモーショナルさがちょうどいい対比になっているのだ。ミーナは極端に内気であがり症なのでそもそも喋りが得意でないキャラクターだし、ジョニーもギャングの父親からのプレッシャーで萎縮気味なので、キャラクターと演技のつたなさとのマッチングが良かったのかもしれない。
 信じれば夢は叶う、という言葉は出てくる(そしてバスターが自分の境遇を顧みてがっくりしたりする)が、そんなに大上段に構えた姿勢ではなく、歌が好き、だから歌うんだというシンプルさに貫かれているところが良かった。本作に登場するキャラクターたちは当然歌の才能があるわけだが、仮に才能がそれほどではなかったとしても、好きなことを好きなままでいていいんだという肯定感の方が強い。ミーナにバスターが「歌えばいいんだ」と励ますシーンにはぐっとくる。、また出場者の中でも、ロジーナ(リース・ウィザースプーン/坂本真綾)などはスターになりたいわけではなく、自分が好きなことを思いっきりやってみたい、その「好き」を家族にもわかってほしいという気持ちなんだろうし。
 このキャラクターはこういう性格で、こういうバックグラウンドがあって、といちいち説明せずに、物語の流れの中で提示していく序盤の手際がいい。また、ステージで歌われる以外の、サウンドトラックとしての楽曲の選び方が上手いなと思った。このキャラクターは今こういう気分だよ、こういうシチュエーションなんだよといういい補足になっている。特に「True Colors」には、なるほどここでか!と。

『The NET 網に囚われた男』

 北朝鮮で妻子と暮らす漁師ナム・チョル(リュ・スンボム)は、ボートで漁に出たものの、エンジンが故障し韓国側に流されてしまう。韓国の警察は彼を拘束し、スパイ容疑で厳しい取り調べを行いつつ、韓国へ亡命しろと迫ってくる。監督はキム・ギドク。
 真綿で首を絞めていくような息苦しさだ。ナム・チョルは妻子の元に戻りたいだけなのだが、韓国の警察は彼をスパイだと決めつけ、自白を迫り拷問まがいの取り調べをする。「未来のスパイだから」だと言うのだが、それを言ったらきりがないだろう。警察はナム・チョル個人は見ず、北朝鮮から来たスパイ、あるいは自分達の手駒として使える可能性があるスパイ候補としか見ていないのだ。ナム・チョルが何を言っても信じてもらえないという状況がとにかく怖い。唯一彼と個人として接する若い警官は、彼を救おうと奔走するが無力だ。組織や国家の名を借りないものは、本作では何もできない。常に自分の上に覆いかぶさってくる何かを意識し、その存在に奉仕することを強いられる世界のなんと息苦しいことか。
 韓国警察がナム・チョルを転向させようと、街の豊かさを見せに連れ出すが、ナム・チョルは固く目を閉じ見ようとしない。見なければ北朝鮮に戻った時に何も答えなくて済むし、亡命希望と疑われなくて済むというのだ。韓国にとってナム・チョルは「哀れな国民」「気の毒」なのだが、当人にしてみれば亡命を強いる韓国の方が無体なことをやっている。またナム・チョルにとっては、韓国の豊かな生活は、物を無駄にしお金がないと何もできない世界でもある。
 とは言え、北朝鮮は北朝鮮で極端な監視社会であり、ナム・チョルは韓国の豊かさを見たことでスパイと疑われ、やはり厳しい取り調べを受ける羽目になる。南も北も、警察の振る舞いは大して変わらない。取り調べとはナム・チョルの行動を確認することではなく、自分達にとって望ましい自白を引き出すことなのだ。当然、彼が何を言っても、警察側が望まない答えは「嘘」として扱われる。尋問のやり方まで同じ(まあルーツは同じなんでしょうが・・・)なのには笑ってしまった。どこにいても、ナム・チョルは国家や組織といった「網」に囚われた男であって、逃げ場はない。現代の韓国と北朝鮮という実在の国を舞台にしているのでよりインパクトがあるが、どこの国・時代でも当てはまりそうな、寓話的な味わい。

『MERU/メルー』

 難攻不落と言われる、ヒマラヤ・メルー峰シャークスフィンの登頂に挑む、登山家たちの奮闘を追うドキュメンタリー。2008年10月、コンラッド・アンカー、ジミー・チン、レオン・オズタークの3人はメルー峰に挑むが、7日間のツアーの予定が倍以上も要する苦闘となった。監督は登頂に参加した当事者の登山家であり、山岳カメラマンでもあるジミー・チンと、エリザベス・C・バサヒリィ。
 元々映画化が前提だったのだろうが、登山中の映像が豊富で、登山素人の目から見ると色々と新鮮で面白かった。所要日数と持ち運べる荷物量の兼ね合い等、当然と言えば当然なのだが言われないと気付かなかった。また、場所によっては夜間に登るというのは、氷がより固くて剥落しにくい状態を選んでいるからだそうだ。昼間の方が見通し良くて安全な気がしてたけど、なるほど。一番驚いたのは、序盤でも映し出されるのだがテントの設置場所。設置というか、これは吊り下げている感じなのでは・・・。最近の登山用具はすごいなー。当然のことだけど、登山も進化するんだな。自分の知らない世界を垣間見る面白さがあった。
 登山のプロジェクト自体はもちろんドラマチックなのだが、登山家3人の背景、プロジェクトの過程で個々を襲うトラブルがこれまたドラマチックすぎる。特にチンとオズタークを襲うトラブルは、事実は小説より奇なりとはいうけれど、まさか連続してこんな羽目にあうなんてと唖然とした。当事者にとっては登山に対するモチベーションがぐらつくような事態だったろう。生死にかかわるトラブルを経てなお登頂に挑もうという姿勢には凄みを感じるが、そこまでして登りたいのか?という疑問も当然沸いてくる。登山家それぞれのパートナーたちは登山自体には理解があるが、大きなリスクを抱えた登山にはやはり反対する。そりゃあそうだよな・・・。それでも彼らが山に登るのは、「そこに山があるから」としか言いようがないのだろうというのも、本作を見ていて思った。
 なお、風景は当然素晴らしい。空撮も多用されており、結構な予算を組んだプロジェクトだったことが窺える。とは言え、雪山の恐ろしさもありありと見られる映画でもある。よく無事だったな・・・。

『MILES AHEAD マイルス・デイヴィス空白の5年間』

 1970年代後半の約5年間、ジャズミュージシャンのマイルス・デイヴィス(ドン・チードル)は音楽シーンから姿を消していた。慢性の腰痛に苦しみ、酒とドラッグに溺れていたのだ。そんな彼の元に雑誌記者デイヴ・ブレイデン(ユアン・マクレガー)が押しかけてくる。マイルズはブレイデンを巻き込み、盗まれた自分の新作テープを取り戻し行く。監督・主演はドン・チードル。
 ドン・チードルが執念で完成させたマイルス・デイヴィスの伝記的映画・・・ではあるが、これ決して事実を映画化したという意味での伝記映画ではないだろう。むしろ、チードルがマイルスを好きすぎて、俺が思うマイルスの5年間はこんな感じだ!むしろ俺がマイルスになりたい!くらいの気持ちでやらかしてしまったファンフィクション的な作品(と言ったら怒られそうだがチードル思い入れはそのくらいあると思うの・・・)といった味わい。部分部分に事実を元にしたエピソードは使われていると思うのだが、概ねフィクションと思った方がよさそうだ。何しろマイルズがいきなり ギャングと撃ちあいカーチェイスを始めるんだからびっくりしたよ・・・。
とは言え、マイルズがことあるごとにフラッシュバックのように過去を思い出し、回想の中で妻との愛とその破綻が見えてくるという構造は切なさを感じさせ悪くなかったし、過去と現在が混然一体となり、幻想が具体化したかのようなボクシング試合のシーンは印象に残った。彼の頭の中ではこんな具合にぜんぶごちゃごちゃになっているんだろうなと。
 どちらかというと珍品的な作品だと思うのだが、音楽はさすがにいい(ロバート・グラスパーがサントラ担当、ライブシーンにはハービー・ハンコックやウェイン・ショーターが参加)。チードルの気合入りまくったなりきり振りも、見ているうちに段々愉快な気持ちになってくる。そしてなぜか出演しているユアン・マクレガーだが、最近の彼は大体巻き込まれ役を演じている気がするしそれがはまっている。

ギャラリー
最新コメント
アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ