3つ数えて目をつぶれ

映画と本の感想のみを綴ります。特に映画。ご連絡はhoto5now★yahoo.co.jp(お手数ですが★を@に変えてください)まで。

映画題名ま行

『門司の幼少時代』

山田稔著
 フランス語翻訳家であり随筆家である著者が、福岡県の門司(現在の北九州市門司区)で過ごした少年時代を綴った随筆集。
 1930年生まれの著者は市の最盛期に育っており、港町に活気があった様子が端々からうかがえる。比較的裕福だったと思われる著者の家は、行商人からちょっといいお菓子を買ったり百貨店への母親の買い物にお供して、食堂でアイスクリームを食べるのが楽しみだったりと、ちょっと華やいだイベントの描写が楽しい。また、都会からの転校生にあこがれつつも距離を縮められなかったり、持ち回り制のように仲間外れになったりまた何もなかったように一緒に遊んだりという子供の世界を、ちょっと距離を置いたクールな視線でつづる。基本乾いた、あまり感傷的にならない書き方なのだが、両親や姉妹についての文章の方が親密さがあり、近所の遊び仲間や学校の同級生との関係の描写の方が、ちょっと冷徹といってもいいくらいの突き放したものを感じた。肉親か否かということよりも、幼少時の遊び友達というのは案外感傷的ではない、あっさりとしたものなのではと思う。
 なお本作、装丁が素晴らしいので手にとってみてほしい。造本自体にノスタルジック(下手すると文章よりも)な雰囲気がある。

こないだ
山田 稔
編集工房ノア
2018-06-01


天野さんの傘
山田 稔
編集工房ノア
2015-07-18


『宮本から君へ』

 文具メーカーの営業マン、宮本浩(池松壮亮)は不器用だが正義感が強い熱血人間。会社の先輩である神保(松山ケンイチ)の仕事仲間である中野靖子(蒼井優)と恋に落ちる。しかし靖子の元彼・裕二(井浦新)が現れる。靖子に暴力を振るった裕二に対し、宮本は「この女は俺が守る」と言い放つが。原作は新井英樹の同名漫画。新井は宮本の父親役として出演もしている。監督は真利子哲也。
 宮本の熱血バカ、スポーツできないのに体育会系気質な所(というよりもそういう環境に投げ込まれている)は、受け付けない人はとことん受け付けないだろう。宮本という男性の造形にしろ、本作における男女の関係の在り方にしろ、かなり古さを感じることは否めない。そもそも原作がそこそこ以前に描かれたものだから仕方ないのかもしれないが。私も宮本のようなキャラクターは本来苦手なはずなのだが、なぜかするっと見ることができたし不快感もさほど感じなかった。真利子監督のタッチがかなり乾いているからか。また、宮本の行動を全面的に肯定・共感するわけではない、彼にしろ靖子にしろちょっと引いた目線で撮られているというのもよかったのかもしれない。登場人物たちはかなりストレートに感情をぶつけ合い、激情を示す。俳優たちも熱演しているのだが、池松と蒼井の演技がすごくいいかというと、いいことはいいが突出していいという感じではない。むしろ、ふっと力が抜けたようなシーンの瞬間的な表情の方に、はっとする良さを感じた。これは演じる側と撮る側の力のバランスが取れているからだろうなと思う。路上のキスで柄にもなくぐっときた。
 宮本の「頑張り」は実は具体的に何か・誰かの役に立っているわけではない。靖子になじられるように自分の為だ。むしろ、一番肝心な時に彼は何もできず気付きもしない。ただ、自分が納得するために悪あがきして、空回りで何が悪い!という突き抜けた感じがする。この人はこうすることしかできない人、考えるよりとにかく動いた方が前に進める人なのだと納得できる見せ方になっていた。現代的ではないのだろうが、現代でも確かにこういう人はいるよなと。
 宮本の取引先のお偉いさん方と靖子とを交えたシーンが、本作中一番きつかった。前時代的なパワハラ・モラハラの嵐なのだが、今でもこういう関係性は間違いなくそこかしこにあるし、こういう営業がまだまだあるんだよなー。待ち合わせに遅れてきた靖子が、赤の他人である宮本の取引先の真淵(ピエール瀧)に勢いよく頭を下げる、それを聞いた真淵が気をよくして「ついてこい!」と飲みの席に彼女を同席させるという流れがたまらなく嫌だった。真淵らが勝手に来てるんだから謝る筋合いないんだけど、そうやって場を収めるのがベストという判断が靖子の身に付いてしまっているというのが辛い。

宮本から君へ DVD-BOX 
池松壮亮
ポニーキャニオン
2018-10-03


定本 宮本から君へ 1
新井 英樹
太田出版
2009-01-17


『マーウェン』

 5人の男から暴行を受けたマーク・ホーガンキャンプ(スティーブ・カレル)は瀕死の重傷を負う。何とか回復したものの、事件以前の記憶をなくし、重いPTSDに苦しんでいた。彼はフィギュアで空想の世界「マーウェン」を作り、その撮影をするようになる。その世界ではホーギー大佐と5人の女戦士がナチスとの戦いを繰り広げていた。監督はロバート・ゼメキス。
 冒頭、G.I.ジョーとバービー人形が第二次大戦下のベルギーでナチスと戦い始める(フィギュアなので動きはぎこちないし表情は動かない)ので、これは一体何を見せられているのか・・・と気持ちがざわつくのだが、徐々にこれはマークが作り上げた創作世界で、彼はなんらかの障害を負っているらしい、その原因はヘイトクライムの犠牲になったことにあるらしい、そしてマークがヘイトクライムの対象にされた理由もわかってくる。「マーウェン」の世界はマークの創作であると同時に、彼の身に実際に起きた出来事を投影した、記憶をなくした彼の人生の語りなおし行為でもあるのだ。
 「マーウェン」に登場するホーギー大佐も女戦士たちも、多分にマッチョ&セクシーなジェンダーが紋切り型のキャラクター。特に女性たちはホーギー大佐=マークにとって都合よくセクシーでありフェティッシュ。彼女らは現実のマークの周囲にいる女性達を作品内に置き換えた存在なので、自分がかなり露骨に性的なモチーフとして扱われたと知ったら大分辟易するだろうし、不快にもなるだろう。マークは作品の中では自分の願望を抑えることがないので(アウトサイダーアートみたいなものだから)、傍から見ているとかなり危なっかしいし、実際に一線を踏み越えかける事態にもなる。それでも周囲の女性があからさまには不快感を見せない、見せた場合もなぜ不快・困るのかちゃんと説明するあたり、マークにとって大分優しい世界だなとは思うが、ぎりぎり「有害」っぽさを押さえられており、そのさじ加減が面白い。あと一歩でアウトなところ、不思議と不快感はあまり感じない。マークが「それは不快だ」「私には受け入れられない」と言われれば理解しそれを受け入れるからか。彼の創作物は現実を投影したものだが、現実と創作物の世界は別のものだという諦念がある。
 また、カール自身はマッチョというわけではなく、マッチョになれないからマッチョなホーギー大佐があるべき自分として現れるという面もある。悪しきマッチョさはカールを迫害したものだから、このへんもねじれた構造になっていて奇妙。とは言え、ホーギーが最後に手に取る武器が「あれ」であるのは、カールが自分の中のフェミニンな部分、フェティッシュを手放す必要はない、自分は自分だと認めたということだろう。フェミニンな象徴があれというのは、やはりちょっと古いなとは思うが。

小出由紀子
平凡社
2013-12-18

『無双の鉄拳』

 かつては荒くれ者だったが、今は妻と穏やかに暮らしているドンチョル(マ・ドンソク)。しかし車の接触事故がきっかけでヤクザのギテ(キム・ソンオ)に目をつけられ、妻ジス(ソン・ジヒョ)を誘拐されてしまう。ドンチョルは妻を助けるために奔走するが。監督はキム・ミンホ。
 マ・ドンソクの強面だけどかわいらしいキャラクターが全面に活かされている好作。アクションシーンは多いものの、それほど凝った組み立てではない。とにかくパワフル、力押しで、マ・ドンソクにはこういうのが似合うんだろうなと納得した。ドンソクが如何せんどう見ても強いので、あまりシリアスにならないのだ。予告編でも使われている壁をぶち破るシーンなど、パワフルすぎてちょっと笑ってしまう。お前らよりによってなぜそいつに手を出した!見た目からしてやばいのに!と悪役たちに突っ込みたくなる。
 本作、ドンチョルの強さ、人の良さは王道、定番的でそんなに新鮮味があるわけではない。一方、悪役のギテも非常に分かりやすく悪役なのだが、行動が損得勘定とちょっと乖離しており(よく考えるとわざわざ家に押し入って誘拐した上に金をちらつかせて・・・というのはコストもリスクも高すぎて割に合わない)、人の善意や正義感を踏みにじることに喜びを感じるという方向の「悪」。遊びの一環としての「悪」なのだ。このキャラクターに、キム・ソンオの演技がとてもはまっており、印象深い悪役になった。人間の感情の一部が抜け落ちている感じ、自分内の理屈が独特すぎてお近づきになりにくい感じがよく出ていた。序盤の、風呂場での一幕も、妙なおかしみが出ている所が逆に怖さを強めている。

ファイティン! [DVD]
マ・ドンソク
TCエンタテインメント
2019-05-29





犯罪都市 [Blu-ray]
マ・ドンソク
Happinet
2018-10-02

『迷彩の森』

河野典生著
 ある夜、小説家の藤田はジャズ仲間だった三村恭子と酒場で再会する。泥酔した恭子を自宅まで車で送った藤田だが、その直後、彼女のマンションで爆発事件が起きたことを知る。留守番電話には恭子からの不審なメッセージが残されていたが、彼女は自宅にも実家にも戻っておらず行方不明のままだった。藤田は友人のルポライター井口の力を借り、彼女の行方を追い始める。
 1982年の作品なので流石に古さは感じるが、ストイックで古典的な魅力のあるハードボイルド。文章と会話のきれは今読んでも良い(レトロさを楽しむという側面が強くなってしまうのはやむを得ないが・・・)し、人情や男女の関係がべたべたしていないあっさり目なところもいい。女性登場人物の振る舞いに意外と媚がなくて、彼女らそれぞれの流儀にのっとり振る舞っているという感じがした。情感のあっさり度に対し、ミステリ要素にインド独立運動家のチャンドラ・ボースの死の謎を絡めてくるなど、こちらは妙に壮大。いや、正確にはボースの死謎の「利用」なわけだから壮大ってわけでもないか・・・。正統派ハードボイルドにインドの近代史を絡めてくるというところがユニーク、かつ著者の趣味色が色濃い。インド関係の著作もある作家だったんですね。
 馴染みのある場所が次々と出てきて、作中地図を頭に浮かべて読むことが出来たのは楽しかった。30年近く前の話だが、それほど雰囲気は変わっていないと思う。その土地に対するイメージが私の中で固まったままというだけかもしれないが。

『名探偵ピカチュウ』

 子供の頃はポケモン大好きでポケモンマスターを目指していたティム(ジャスティス・スミス)は、探偵だった父親のハリーが事故で亡くなったと連絡を受ける。人間とポケモンが共存する都市、ライムシティにある父の事務所を訪れたティムは、自分とだけ会話ができるピカチュウと出会う。ピカチュウはハリーが生きていると確信しており、ティムと共に捜査を始める。監督はロブ・レターマン。
 名探偵ピカチュウを実写映画化ってどういうこと・・・?フェイクニュース・・・?と思っていたが、完成作を見てみたらすごかった。制作側が本気すぎる。ストーリーは正直大分大味でさほど出来がいいというわけではないのだが、「ポケモンがいる世界」の再現度、説得力が凄まじい。私はポケットモンスターの熱心なファンというわけではないしポケモンの種類・名前にも詳しくはないが、冒頭、鳥型のポケモンが空を飛び、草原をポケモンの群れが移動している様を見るとそれだけで何だか感動してしまった。あの2次元のキャラクターが3次元の世界に実在したらどんな感じなのか、人間とポケモンが一緒に生活しているのってどういう感じなのか、一心に考えて作り上げたという気迫がひしひしと伝わってくる。本作の魅力はここに尽きると思う。
 ポケモンの質感にしてもふさふさだったりつるっとしていたり、鱗っぽい凹凸があったりと、バラエティがありつつ「あの」ポケモンだとすぐ納得できて違和感がない。ポケモンの造形だけでなく、舞台となる街並みとか車などのデザイン、サイズなど、デザイン全体が本当によく出来ている。2.5次元てこういうこと・・・?
 父と息子の物語としてはとてもオーソドックス。ティムとハリーの間のわだかまりにしろ、もう1組の父息子のすれ違いにしろ、あっさり風味ではあるが、きちんと王道押さえたエピソードだ。「父の過ちだが後ろめたい、罪悪感を感じる」という言葉がちらっと出てくるのだが、父親を尊敬している、あるいは絆がある(求める)からこそのジレンマではないか。ちょっとした部分なのだが、親子問題の厄介さを象徴しているように思った。自分のせいではなくてもひっかかっちゃうんだよね。

『マイ・ブックショップ』

 1959年、イギリスの小さな港町。戦争で夫を亡くしたフローレンス(エミリー・モーティマー)はオールドハウスと呼ばれる建物で本屋を開こうと決意する。しかしオールドハウスを文化センターにしようと目論んでいた町の有力者・ガマート夫人(パトリシア・クラークソン)がしつこく嫌がらせをしてくる。町の隠遁者で目利きの読書家・ブランディッシュ氏はフローレンスと心を通わせていく。監督はイザベル・コイシェ。
 フローレンスは夫を亡くして10数年たつ、いわゆる未亡人。彼女は本屋を開くために銀行に行ったり弁護士にあったり、ガマート夫人のパーティーに出向いたりするが、何れの場面でも相手からなめられる。女性だから、特に男性の後ろ盾がない女性だからというわけだ。フローレンスは一見おっとりとおとなしげだが結構しぶとく、彼らの予想を裏切っていく。彼女は何かすごく秀でた所があるというわけではない。しかしへこたれないし、ブランディッシュ氏が評するように「勇気がある」。このシーンは胸を打つ。人と会話することが決して好きではない、言葉のごくごく少ない人が言葉を選んで放つ言葉なのだ。この言葉によってフローレンスは勇気を持ち続けることができたのではないかと思う。そしてブランディッシュ自身も、フローレンスの勇気に打たれて自身も勇気を出すのだ。
 序盤で言及されるように、フローレンスは、そしてブランシッシュも強者ではない。搾取されていく側の人々であり、消えていく側の人々だ。しかし勇気ある人々だし、何より自分が愛するものの為に戦うことができる、それを愛し続けることができる人々だ。本作は何者かの語りによりストーリーが進行するが、その語り手の正体が明らかになると、フローレンスやブランディッシュ氏の勇気がまた誰かの勇気に繋がったこと、その勇気が何を生みだしたのかがわかり、そこにまたぐっとくる。
 本好きにとっては楽しくも切ない物語だ。個人の愛と勇気で出来ることは限られている。しかしその愛と勇気がまた誰かに火を付け、その火が誰かの人生を動かすこともある。
 風景がとても素敵な映画だった。フローレンスの散歩コースが羨ましい。ああいう場所を一人でずんずん歩いて行けたら気持ちいいだろうな。そして本屋の中の本のタイトルを必死で目で追ってしまう。

ブックショップ (ハーパーコリンズ・フィクション)
ペネロピ フィッツジェラルド
ハーパーコリンズ・ ジャパン
2019-03-01





あなたになら言える秘密のこと [DVD]
サラ・ポーリー
松竹ホームビデオ
2008-11-27

『港の兄妹』

 ちいさな港町で自閉症の妹・真理子(和田光沙)と2人暮らしをしている良夫(松浦祐也)。工場の仕事を解雇されて食事にも事欠く状況になった良夫は、真理子に売春をさせ日銭をかせごうとする。妹を斡旋することに罪悪感を持ちつつ、今まで知らなかった彼女の一面を目にしていくが。監督・脚本は片山慎三。
映像にはっとするような部分があるし、俳優の鬼気迫る演技はすごい。人間のかっこわるい、みっともない表情を赤裸々に見せている。しかしその赤裸々さが大分古臭い、昔のテンプレートっぽいなと思った。貧しい兄妹というのも、妹に体を売らせるという設定も、セックスによって違った面が見えてくるというのも、今これをやる必要があるのかな?という気がした。
 妹が売春をするというくだりにはイ・チャンドン監督『オアシス』に似通ったものを感じた。障害者の性を描くことが危ういというのではなく、当事者である女性の真意がどういうものであるか確認しようがないというシチュエーション、にも関わらず本人が意欲的であるという風に作劇されているところの無頓着さがどうも気になった。
気になると言えば、兄妹の世界がすごく内向きだという所も気になった。社会からどんどん乖離していく。ある程度抽象的な描き方を意図しているのだろうとは思うが、具体的にどういう仕事をしてきた人でどういう生活をしていてという部分が(食生活の貧しさ等が具体的に見せられているにも関わらず)あまり迫って来ない。貧しさと社会とが乖離している感じが気になった。
 本作に限らず日本映画で貧困を描く時、当事者の外側がないというか、どういう社会に所属していて公的な支援があるのかないのかといった視点があまりないように思う。本作の場合、貧しさを具体的に描くことが目的というわけではないだろうが、あまりに抽象的になのも不自然。貧しさが観念的すぎるし、当事者の内面の問題に帰結しているように見えてしまう。

オアシス [DVD]
ソル・ギョング
バンダイビジュアル
2004-12-23




海炭市叙景 Blu-ray (通常版)
加瀬亮
ブロードウェイ
2011-11-03

『〈山〉モンテ』

 中世のイタリア。山麓の村のはずれで暮らすアゴスティーノ(アンドレ・サルトレッティ)とニーナ(クラウディア・ポテンツァ)夫婦は幼い娘を亡くし、悲しみにくれていた。過酷な環境に耐え兼ね、仲間たちは山を去っていくが、アゴスティーノは留まり続ける。しかし町に行商に出ると、山の民に対する厳しい差別が待っていた。追い詰められていくアゴスティーノは、1人岩山をハンマーで叩き始める。監督・脚本はアミール・ナデリ。
 何かに取りつかれた人、異様な情熱に突き動かされていく人を描くという点ではナデリ監督が西島秀俊主演で撮った『CUT』と同様と言えるが、本作では更にクレイジーさを極めている。そして更にパワフル。山が動くって、そういう方向か!と唖然とする。ナデリ監督は(結果の出る出ないは別問題として)人間の意思の力に対して信頼感がある、あるいはこうでなければならないという信念を持ち続けているように思える。アゴスティアーノは情念に取りつかれて動いているという一面はあるが、同時にその動きは、自分を縛り付けるもの(の象徴)を打ち砕く為のもの、自由を手にする為のものでもある。おかしいのは世界の方だ!だからそれを変える!という強い怒りと意志がある。
 ナデリ監督作はどれも音の使い方がとてもいいのだが、本作も同様。山の底の方から響いてくるような、低い不協和音に満ちている。また、山の中にいるとよく聞こえる、虫や動物の声っぽいが正体がよくわからない音。これが聞こえると、すごく山っぽい。ほぼほぼ何の音かわかるのだが、たまにえっ何?!という音が混じってくるのだ。
 アグスティーノは、町ではいわゆる被差別民として扱われ、不吉な存在として忌み嫌われている。しかし、町の人たちのそういった態度が、彼を本当に「邪眼持ち」、理解しがたい存在にしてしまうのではないかとも思えた。祭壇前のロウソクを逆さにして火をもみ消すシークエンスには凄みがあった。ああこちら側とのつながりを全部捨てちゃったんだなと。

CUT [DVD]
西島秀俊
Happinet(SB)(D)
2012-07-03


駆ける少年 [DVD]
マジッド・ニルマンド
紀伊國屋書店
2013-09-28


『メリー・ポピンズ リターンズ』

 バンクス家の長男マイケル(ベン・ウィショー)は家族を持つ父親に、長女ジェーン(エミリー・モーティマー)は貧しい労働者を援助する市民活動家になっていた。しかしマイケルは妻を亡くし、融資の返済期限切れで抵当に入れていた家まで失いそうになる。そんな彼らの前に、完璧な子守だったメリー・ポピンズ(エミリー・ブラント)が戻ってくる。監督はロブ・マーシャル。
 1964年のディズニー映画の20年後を描く、(ディズニー的には)正式な続編。リメイクや「別物」扱いではなく続編としたことは、結構勇気がいったのではないかと思う。ジュリー・アンドリュース主演の前作(ロバート・スティーブンソン監督)はミュージカルとしても、実写とアニメーションを合成したファンタジー作品としても高い評価を得ており根強いファンがいる作品。これの「続編」とうたってしまうと、全作のイメージを壊さず、しかし現代の作品としてアップデートし、かつ旧来のファンの期待を裏切らないように作らなくてはならない(加えて、私のように原作ガチ勢で1964年版も映画単体としては楽しいけど『メアリー・ポピンズ』シリーズの映画化作品と思っちゃうとちょっと・・・という人もいる)。しかし本作、このへんの問題はそこそこクリアしていたように思う。
 衣装や美術セットのデザイン、色合いがとてもかわいらしいのだが、まるっきり「今」の映画として作られていたらこういう色味は選ばれないのでは、というニュアンスがある。昔の映画の、ちょっと人工的でカラフルな色味だ。お風呂から出発する海の冒険のシーンなど、それこそ昔のミュージカル映画のレビューシーンのバージョンアップ版ぽい。技術も演出も現代の映画なのにどこかレトロさもある。このレトロ感と現代感の兼ね合いが上手くっていたように思う。またセル(風)アニメーションとの組み合わせも前作を引き継いでの演出だろうが、こんな面倒くさいことをよくもまあ(今アニメーションと合成するならもっと楽な方法があるのではと思う)!という絶妙な懐かしさ演出。
 音楽に関しても、前作の言葉遊びノリを引き継いだものでとても楽しい。ブラントもウィショーもこんなに歌って踊れる人だったのか!と新鮮だった。ただダンスに関しては、ブラントはリズム感の強いものはちょっと苦手なのかな?という気もしたが。ミュージックホールでの彼女はちょっと動きが重い感じがした。ダンスシーンで一番楽しかったのは点灯夫たちが歌い踊るシーン。前作の煙突掃除夫たちのダンスを踏まえてのものだろうが、自転車を使った動きは現代的。ショットの切り替えが頻繁なのは少々勿体なかった。舞台を見る様に引きで全体を見ていたい振り付けだったと思うんだけど。ドラマ映画としての見せ方とミュージカルとしての見せ方がどっちつかずになっていた気がする。
 メリー・ポピンズは子守、家庭教師であり、彼女が直接的に世話をするのは子供たちだ。しかし彼女が来たのは父親であるマイケルの為と言っていいだろう。子供たちは死んだ母親を恋しがってはいるが、死を受け入れられないわけではない。このあたり、マイケルが父親としてちゃんとしているんだろうなと窺える。マイケルは少々頼りないし時に子供の前でも取り乱すのだが、すぐにフォローを入れる。彼が子供に安心感を与えることが出来ていればおそらくこの一家は大丈夫なので、マイケルを助ける為にメリー・ポピンズが来るのだ。とは言え、抵当を巡るクライマックスの展開には、それが出来るなら最初からやればいいのに!と突っ込みたくなる。メリー・ポピンズが何に魔法を使うことを良しとし何には使わないという主義なのか、線引きがご都合主義だと思う。


メリーポピンズ スペシャル・エディション [DVD]
ジュリー・アンドリュース
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
2005-01-21






ギャラリー
最新コメント
アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ