3つ数えて目をつぶれ

映画と本の感想のみを綴ります。特に映画。ご連絡はhoto5now★yahoo.co.jp(お手数ですが★を@に変えてください)まで。

映画題名ま行

『ミッドサマー』

 突然家族を失ったダニー(フローレンス・ピュー)は、大学で民俗学を研究している恋人のクリスチャン(ジャック・レイナー)、彼の友人ジョシュ(ウィリアム・ジャクソン・ハーパー)、マーク(ウィル・ポールター)らと、スウェーデンのとある村を訪ねる。この村では90年に一度の祭りが行われるというのだ。その村、ホルガの人びとはダニー達をやさしく迎え入れ歓迎するが、祭りの儀式は彼女らにとって予想外のものだった。監督はアリ・アスター。
 まさかの盛り上がりで大ヒット中だが、個人的にはそれほどでも…。いわゆるホラー的に怖い映画ではないので割と平常心で見られたが、ちょっと長すぎて飽きてしまった。何が起こるか最初からある程度想定内だし、ダニーとクリスチャンとの関係やホルガの村のロッジ内に書かれている壁画の内容からも儀式の顛末は大体予想がつく。「まあそうなりますよね」としか思えないのだ。ただ、すごく拘りをもってきちんと演出されている作品だということはわかる。特にドラッグ類でハイになっているときの描写が、客観的にも当人の主観的にもすごく上手いと思った。芝生の上で全員間の抜けた表情になっている所とか笑ってしまうし、ホルガの食卓の上がぐねぐねしていたり花冠が常に動いていたりというほんのりとした不気味さがいい。ダニーが手足末端に感じる違和感の表現も説得力がある。
 ダニーとクリスチャンとの関係は、この2人なんでまだ別れていないの?というレベルに冷えている。冷えているというよりも、噛み合っていないといった方がいいか。ダニーは元々精神的に不安定だったことに加え、家族を失ったことで更に悪化しており一人になりたくない欲求が強まっている。クリスチャンには依存気味なのだ。対してクリスチャンは、ダニーとの関係は冷えているものの、傷ついている彼女を放っておくこともできず、中途半端な責任感でずるずる付き合っているように見える。クリスチャンはちょっと物事にだらしがない、身勝手な所があるということが友人に対するある態度でもわかるのだが、基本的に良い人なのだろう。とは言え、支えきれない人と安易に関わり続けるというのは双方にとって不幸な気がするし、一緒に異文化圏への旅行なんてもっての外だろう。別れられない、という所にこのカップルの最大の問題があるのだ。
 ホルガの民は迷いや葛藤が薄くて幸せそうだ。何かに所属しており、役割がはっきり決まっており存在を肯定されているという環境は、背景を失ったダニーにとって魅力的なのだろう。その安心感はクリスチャンは与えてくれないものだ。クリスチャンや彼の友人と一緒にいる時のダニーは、大麻を勧められた時のように本意に沿わなくても「私なら大丈夫だから」「気にしないから」と受け入れる。クリスチャンは、最初はダニーに寄り添おうとはするが、途中で止めちゃうし理解を諦めちゃうのだ。ホルガの人たちに対してはダニーは忖度する必要がない。彼らはダニーに共感してくれるのだから。


ウィッカーマン [Blu-ray]
ダイアン・シレント
KADOKAWA / 角川書店
2017-04-28


『見習い警官殺し(上下)』

レイフ・GW・ペーション著、久山葉子訳
 バカンスシーズンのスウェーデン、ヴェクシェー。警官見習いの若い女性・リンダの遺体が、母親のマンションで発見された。彼女は強姦され絞殺されていた。県警本部長は国家犯罪捜査局に応援を要請、エーヴェルト・ベックストレーム警部が派遣されることになった。捜査チームが早速捜査を開始するが。
 CWA賞やガラスの鍵賞を受賞した著者の『許されざる者』を読んだ後に本作を読むと、あれ?だいぶ雰囲気違うな?と思うかもしれない。『許されざる者』の主人公は超切れ者の元警察官ヨハンソン(本作にも現役警官としてちょっと登場する)だが、本作の主人公といえるベックストレームは相当問題がある。セクハラ、モラハラ、経費の使い込みは日常茶飯事。かつ、警官としてあまり有能でない!そしてその自覚がない!普通の警察小説だったら素行は悪いが能力はあるというのがセオリーなのに、ベックストレームはそもそも捜査能力が低いのだ。これが逆に新鮮だった。ほんとに頭悪いんだ…と。
 彼だけでなく、バカンスシーズン故にたまたま手が空いていた人の寄せ集め的な構成の捜査班はお世辞にも腕がいいとは言い難い。まあ普通なのだ。そんな普通の警官たちが右往左往しつつ、地道に事実を拾い上げていくところが本作の読みどころなのだろう。容疑者特定もいきなり出てきたな!って感じの唐突さ。ただ、その唐突さとそこから先の決定打の出せなさがリアル。時に誇張された登場人物の描写とはうらはらだ。文章が少々大げさで鼻につくところがあったが、警察群像小説としてはむしろ地味な展開だろう。

見習い警官殺し 上 (創元推理文庫)
レイフ・GW・ペーション
東京創元社
2020-01-22


見習い警官殺し 下 (創元推理文庫)
レイフ・GW・ペーション
東京創元社
2020-01-22




『マザーレス・ブルックリン』

 1950年代、NY。私立探偵事務所の所長フランク・ミナ(ブルース・ウィリス)が殺された。少年時代から彼に育てられた部下のライオネル・エスログ(エドワード・ノートン)は事件の真相を探ろうとする。ミナは何者かの秘密を追っていたのだ。原作はジョナサン・レセム。監督はエドワード・ノートン。
 ノートンが監督主演を兼ねているが、俳優としてはもちろん監督としての筋の良さがわかる好作。90年代が舞台だった原作よりも時代設定をさらにさかのぼらせたことで、翻訳ミステリ小説ファンには懐かしさを感じさせる、クラシカルな探偵映画になっている。ビジュアルの質感や、ジャズを中心とした音楽の使い方(なぜかトム・ヨークが楽曲提供&歌唱しているんだけどあまり違和感ない)も雰囲気あってよかった。ただ、クラシカル故にというかそれに流されたというか、女性の造形・見せ方も少々レトロで、(特に当時の黒人女性がおかれた立場を描くなら)もう少し彫り込むことができたのでは?とは思った。ノートンが実年齢よりだいぶ若い設定の役柄なので、女性と年の差ありすぎないかという所も気になった。設定上はそんなに年齢が離れていないはずだし、確かにノートンは年齢の割に若く見えるのだが、さすがに厳しい。
 題名の「マザーレス・ブルックリン」はミナがライオネルに着けたあだ名。文字通り、ライオネルは母のいない孤児として、疑似父親であるミナに育てられた。ライオネルが親しくなる黒人女性ローラ(ググ・ンバータ=ロー)もまた母親を早くに亡くしており父親に育てられた。ライオネルが追う謎は、2組の父子の父親の謎でもある。父親は実はどのような人間なのか、何をしていたのかという。そして彼が清廉潔白でなかったとしても、子供への愛は依然として残り、それがほろ苦くもある。
 ミナ役のブルース・ウィリスをはじめ、ウィレム・デフォー、アレック・ボールドウィンという大御所がなぜか出演しているのはノートンの人脈か。ボールドウィン演じる不動産王はトランプ大統領を思わせる造形。50年代が舞台なのにも関わらず、地上げと地元民の排除が背景にある点はより現代に通じるものがある。


銃、ときどき音楽
ジョナサン レセム
早川書房
1996-04



『マリッジ・ストーリー』

 NYで活動している女優のニコール(スカーレット・ヨハンソン)と舞台演出家のチャーリー(アダム・ドライバー)夫婦はすれ違いが増え、協議離婚をすることになる。しかしそれまでため込んでいた不満と怒りが噴出し、息子の親権争いも加わり弁護士を立てて全面的に争うことになってしまう。監督はノア・バームバック。
 お互いの「良い所リスト」から始まり、終わるという構成が上手いが皮肉でもある。ニコールとチャーリーの関係は大きく変わるが、双方で挙げた良い所がなくなったというわけではない。人生を共にすることはできなくなってもそれが残っていくということが、救いでもありより辛くもあるのだろう。他人になりきれないのだ。関係が冷えて別居していてもニコールがチャーリーの髪を切ったりしてあげるのも、関係がよかろうが悪かろうがもはや他人ではない、家族でなくなりきる(って変な言い方だけど)のは難しいというとなのだと思う。
 子は鎹とは言うが、ニコールとチャーリーの場合、子供がいるからこそ拗れるという面もある。2人ともお互いにいい親だと認めているだけに、親権争いの為に相手の親としての不備をあげつらっていかないとならないというのがすごくつらい。アメリカの親権争いの苛烈さを垣間見てしまった。当人たちよりそれぞれの弁護士がエキサイトしている感じなのもきつい。
 ニコールとチャーリーの離婚の原因は、チャーリーの浮気にあるともわかってくる。が、真の原因はこれまでのすれ違いの積み重ねだ。多くの離婚がそうなのだろうが。ニコールがロスに滞在したがるのは、実家がロスだということ以上に、NYだと映画の仕事を続けることが困難だという要因が大きいだろう。逆にチャーリーのフィールドである演劇はNYが本拠地。結婚生活はチャーリーにばかり得があるのでは?という気がしてしまう。チャーリーがニコールの事情、彼女のキャリアに対して無頓着に見えるので、よけいそう思った。自分に都合の悪いことには気づかぬようにしているんじゃないの?と。
 ヨハンソンとドライバーの演技がとても良い。特にヨハンソンは、最近は『アベンジャーズ』でアクションを披露しているイメージばかり強くなっているが、本来はすごく微細な演技ができる俳優なんだよなと再確認した。弁護士との面談で泣き出してしまう所や、チャーリーとの言い合いでたぶん思いを言い切れていないんだろうなという表情等、ちょっとした動作や声のトーンがとてもよかった。言外に垣間見える感情のインパクトが強い。ドライバーはハンサムなんだかそうじゃないのかわからないぬーぼーとした面持ち、ちょっともったりとした動きがいい。2人ともセクシーなイメージがあるが、実は典型的な美男美女というわけじゃないんだよな。

イカとクジラ コレクターズ・エディション [DVD]
ジェフ・ダニエルズ
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
2009-12-23


ビフォア・サンライズ/サンセット/ミッドナイト ブルーレイ トリロジーBOX(初回仕様/3枚組) [Blu-ray]
イーサン・ホーク
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2017-12-16


『門司の幼少時代』

山田稔著
 フランス語翻訳家であり随筆家である著者が、福岡県の門司(現在の北九州市門司区)で過ごした少年時代を綴った随筆集。
 1930年生まれの著者は市の最盛期に育っており、港町に活気があった様子が端々からうかがえる。比較的裕福だったと思われる著者の家は、行商人からちょっといいお菓子を買ったり百貨店への母親の買い物にお供して、食堂でアイスクリームを食べるのが楽しみだったりと、ちょっと華やいだイベントの描写が楽しい。また、都会からの転校生にあこがれつつも距離を縮められなかったり、持ち回り制のように仲間外れになったりまた何もなかったように一緒に遊んだりという子供の世界を、ちょっと距離を置いたクールな視線でつづる。基本乾いた、あまり感傷的にならない書き方なのだが、両親や姉妹についての文章の方が親密さがあり、近所の遊び仲間や学校の同級生との関係の描写の方が、ちょっと冷徹といってもいいくらいの突き放したものを感じた。肉親か否かということよりも、幼少時の遊び友達というのは案外感傷的ではない、あっさりとしたものなのではと思う。
 なお本作、装丁が素晴らしいので手にとってみてほしい。造本自体にノスタルジック(下手すると文章よりも)な雰囲気がある。

こないだ
山田 稔
編集工房ノア
2018-06-01


天野さんの傘
山田 稔
編集工房ノア
2015-07-18


『宮本から君へ』

 文具メーカーの営業マン、宮本浩(池松壮亮)は不器用だが正義感が強い熱血人間。会社の先輩である神保(松山ケンイチ)の仕事仲間である中野靖子(蒼井優)と恋に落ちる。しかし靖子の元彼・裕二(井浦新)が現れる。靖子に暴力を振るった裕二に対し、宮本は「この女は俺が守る」と言い放つが。原作は新井英樹の同名漫画。新井は宮本の父親役として出演もしている。監督は真利子哲也。
 宮本の熱血バカ、スポーツできないのに体育会系気質な所(というよりもそういう環境に投げ込まれている)は、受け付けない人はとことん受け付けないだろう。宮本という男性の造形にしろ、本作における男女の関係の在り方にしろ、かなり古さを感じることは否めない。そもそも原作がそこそこ以前に描かれたものだから仕方ないのかもしれないが。私も宮本のようなキャラクターは本来苦手なはずなのだが、なぜかするっと見ることができたし不快感もさほど感じなかった。真利子監督のタッチがかなり乾いているからか。また、宮本の行動を全面的に肯定・共感するわけではない、彼にしろ靖子にしろちょっと引いた目線で撮られているというのもよかったのかもしれない。登場人物たちはかなりストレートに感情をぶつけ合い、激情を示す。俳優たちも熱演しているのだが、池松と蒼井の演技がすごくいいかというと、いいことはいいが突出していいという感じではない。むしろ、ふっと力が抜けたようなシーンの瞬間的な表情の方に、はっとする良さを感じた。これは演じる側と撮る側の力のバランスが取れているからだろうなと思う。路上のキスで柄にもなくぐっときた。
 宮本の「頑張り」は実は具体的に何か・誰かの役に立っているわけではない。靖子になじられるように自分の為だ。むしろ、一番肝心な時に彼は何もできず気付きもしない。ただ、自分が納得するために悪あがきして、空回りで何が悪い!という突き抜けた感じがする。この人はこうすることしかできない人、考えるよりとにかく動いた方が前に進める人なのだと納得できる見せ方になっていた。現代的ではないのだろうが、現代でも確かにこういう人はいるよなと。
 宮本の取引先のお偉いさん方と靖子とを交えたシーンが、本作中一番きつかった。前時代的なパワハラ・モラハラの嵐なのだが、今でもこういう関係性は間違いなくそこかしこにあるし、こういう営業がまだまだあるんだよなー。待ち合わせに遅れてきた靖子が、赤の他人である宮本の取引先の真淵(ピエール瀧)に勢いよく頭を下げる、それを聞いた真淵が気をよくして「ついてこい!」と飲みの席に彼女を同席させるという流れがたまらなく嫌だった。真淵らが勝手に来てるんだから謝る筋合いないんだけど、そうやって場を収めるのがベストという判断が靖子の身に付いてしまっているというのが辛い。

宮本から君へ DVD-BOX 
池松壮亮
ポニーキャニオン
2018-10-03


定本 宮本から君へ 1
新井 英樹
太田出版
2009-01-17


『マーウェン』

 5人の男から暴行を受けたマーク・ホーガンキャンプ(スティーブ・カレル)は瀕死の重傷を負う。何とか回復したものの、事件以前の記憶をなくし、重いPTSDに苦しんでいた。彼はフィギュアで空想の世界「マーウェン」を作り、その撮影をするようになる。その世界ではホーギー大佐と5人の女戦士がナチスとの戦いを繰り広げていた。監督はロバート・ゼメキス。
 冒頭、G.I.ジョーとバービー人形が第二次大戦下のベルギーでナチスと戦い始める(フィギュアなので動きはぎこちないし表情は動かない)ので、これは一体何を見せられているのか・・・と気持ちがざわつくのだが、徐々にこれはマークが作り上げた創作世界で、彼はなんらかの障害を負っているらしい、その原因はヘイトクライムの犠牲になったことにあるらしい、そしてマークがヘイトクライムの対象にされた理由もわかってくる。「マーウェン」の世界はマークの創作であると同時に、彼の身に実際に起きた出来事を投影した、記憶をなくした彼の人生の語りなおし行為でもあるのだ。
 「マーウェン」に登場するホーギー大佐も女戦士たちも、多分にマッチョ&セクシーなジェンダーが紋切り型のキャラクター。特に女性たちはホーギー大佐=マークにとって都合よくセクシーでありフェティッシュ。彼女らは現実のマークの周囲にいる女性達を作品内に置き換えた存在なので、自分がかなり露骨に性的なモチーフとして扱われたと知ったら大分辟易するだろうし、不快にもなるだろう。マークは作品の中では自分の願望を抑えることがないので(アウトサイダーアートみたいなものだから)、傍から見ているとかなり危なっかしいし、実際に一線を踏み越えかける事態にもなる。それでも周囲の女性があからさまには不快感を見せない、見せた場合もなぜ不快・困るのかちゃんと説明するあたり、マークにとって大分優しい世界だなとは思うが、ぎりぎり「有害」っぽさを押さえられており、そのさじ加減が面白い。あと一歩でアウトなところ、不思議と不快感はあまり感じない。マークが「それは不快だ」「私には受け入れられない」と言われれば理解しそれを受け入れるからか。彼の創作物は現実を投影したものだが、現実と創作物の世界は別のものだという諦念がある。
 また、カール自身はマッチョというわけではなく、マッチョになれないからマッチョなホーギー大佐があるべき自分として現れるという面もある。悪しきマッチョさはカールを迫害したものだから、このへんもねじれた構造になっていて奇妙。とは言え、ホーギーが最後に手に取る武器が「あれ」であるのは、カールが自分の中のフェミニンな部分、フェティッシュを手放す必要はない、自分は自分だと認めたということだろう。フェミニンな象徴があれというのは、やはりちょっと古いなとは思うが。

小出由紀子
平凡社
2013-12-18

『無双の鉄拳』

 かつては荒くれ者だったが、今は妻と穏やかに暮らしているドンチョル(マ・ドンソク)。しかし車の接触事故がきっかけでヤクザのギテ(キム・ソンオ)に目をつけられ、妻ジス(ソン・ジヒョ)を誘拐されてしまう。ドンチョルは妻を助けるために奔走するが。監督はキム・ミンホ。
 マ・ドンソクの強面だけどかわいらしいキャラクターが全面に活かされている好作。アクションシーンは多いものの、それほど凝った組み立てではない。とにかくパワフル、力押しで、マ・ドンソクにはこういうのが似合うんだろうなと納得した。ドンソクが如何せんどう見ても強いので、あまりシリアスにならないのだ。予告編でも使われている壁をぶち破るシーンなど、パワフルすぎてちょっと笑ってしまう。お前らよりによってなぜそいつに手を出した!見た目からしてやばいのに!と悪役たちに突っ込みたくなる。
 本作、ドンチョルの強さ、人の良さは王道、定番的でそんなに新鮮味があるわけではない。一方、悪役のギテも非常に分かりやすく悪役なのだが、行動が損得勘定とちょっと乖離しており(よく考えるとわざわざ家に押し入って誘拐した上に金をちらつかせて・・・というのはコストもリスクも高すぎて割に合わない)、人の善意や正義感を踏みにじることに喜びを感じるという方向の「悪」。遊びの一環としての「悪」なのだ。このキャラクターに、キム・ソンオの演技がとてもはまっており、印象深い悪役になった。人間の感情の一部が抜け落ちている感じ、自分内の理屈が独特すぎてお近づきになりにくい感じがよく出ていた。序盤の、風呂場での一幕も、妙なおかしみが出ている所が逆に怖さを強めている。

ファイティン! [DVD]
マ・ドンソク
TCエンタテインメント
2019-05-29





犯罪都市 [Blu-ray]
マ・ドンソク
Happinet
2018-10-02

『迷彩の森』

河野典生著
 ある夜、小説家の藤田はジャズ仲間だった三村恭子と酒場で再会する。泥酔した恭子を自宅まで車で送った藤田だが、その直後、彼女のマンションで爆発事件が起きたことを知る。留守番電話には恭子からの不審なメッセージが残されていたが、彼女は自宅にも実家にも戻っておらず行方不明のままだった。藤田は友人のルポライター井口の力を借り、彼女の行方を追い始める。
 1982年の作品なので流石に古さは感じるが、ストイックで古典的な魅力のあるハードボイルド。文章と会話のきれは今読んでも良い(レトロさを楽しむという側面が強くなってしまうのはやむを得ないが・・・)し、人情や男女の関係がべたべたしていないあっさり目なところもいい。女性登場人物の振る舞いに意外と媚がなくて、彼女らそれぞれの流儀にのっとり振る舞っているという感じがした。情感のあっさり度に対し、ミステリ要素にインド独立運動家のチャンドラ・ボースの死の謎を絡めてくるなど、こちらは妙に壮大。いや、正確にはボースの死謎の「利用」なわけだから壮大ってわけでもないか・・・。正統派ハードボイルドにインドの近代史を絡めてくるというところがユニーク、かつ著者の趣味色が色濃い。インド関係の著作もある作家だったんですね。
 馴染みのある場所が次々と出てきて、作中地図を頭に浮かべて読むことが出来たのは楽しかった。30年近く前の話だが、それほど雰囲気は変わっていないと思う。その土地に対するイメージが私の中で固まったままというだけかもしれないが。

『名探偵ピカチュウ』

 子供の頃はポケモン大好きでポケモンマスターを目指していたティム(ジャスティス・スミス)は、探偵だった父親のハリーが事故で亡くなったと連絡を受ける。人間とポケモンが共存する都市、ライムシティにある父の事務所を訪れたティムは、自分とだけ会話ができるピカチュウと出会う。ピカチュウはハリーが生きていると確信しており、ティムと共に捜査を始める。監督はロブ・レターマン。
 名探偵ピカチュウを実写映画化ってどういうこと・・・?フェイクニュース・・・?と思っていたが、完成作を見てみたらすごかった。制作側が本気すぎる。ストーリーは正直大分大味でさほど出来がいいというわけではないのだが、「ポケモンがいる世界」の再現度、説得力が凄まじい。私はポケットモンスターの熱心なファンというわけではないしポケモンの種類・名前にも詳しくはないが、冒頭、鳥型のポケモンが空を飛び、草原をポケモンの群れが移動している様を見るとそれだけで何だか感動してしまった。あの2次元のキャラクターが3次元の世界に実在したらどんな感じなのか、人間とポケモンが一緒に生活しているのってどういう感じなのか、一心に考えて作り上げたという気迫がひしひしと伝わってくる。本作の魅力はここに尽きると思う。
 ポケモンの質感にしてもふさふさだったりつるっとしていたり、鱗っぽい凹凸があったりと、バラエティがありつつ「あの」ポケモンだとすぐ納得できて違和感がない。ポケモンの造形だけでなく、舞台となる街並みとか車などのデザイン、サイズなど、デザイン全体が本当によく出来ている。2.5次元てこういうこと・・・?
 父と息子の物語としてはとてもオーソドックス。ティムとハリーの間のわだかまりにしろ、もう1組の父息子のすれ違いにしろ、あっさり風味ではあるが、きちんと王道押さえたエピソードだ。「父の過ちだが後ろめたい、罪悪感を感じる」という言葉がちらっと出てくるのだが、父親を尊敬している、あるいは絆がある(求める)からこそのジレンマではないか。ちょっとした部分なのだが、親子問題の厄介さを象徴しているように思った。自分のせいではなくてもひっかかっちゃうんだよね。

ギャラリー
最新コメント
アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ