3つ数えて目をつぶれ

映画と本の感想のみを綴ります。特に映画。ご連絡はhoto5now★yahoo.co.jp(お手数ですが★を@に変えてください)まで。

映画題名ま行

『水を抱く女』

 博物館で働く、ベルリンの都市開発研究者ウンディーネ(パウラ・ベーア)。恋人から一方的に別れを告げられショックを受けていた彼女の前に、潜水作業員のクリストフ(フランツ・ロゴウフスキ)が現れり。2人はふっかう愛し合うようになるが、ウンディーネにはある宿命があった。監督はクリスティアン・ペッツォルト。
 水の精であるウンディーネの神話をモチーフにした作品。愛する男に裏切られたらその男を殺し、水に還らなくてはないという宿命があるのだ。本作のウンディーネは人間として生活しており、人間としての倫理観もまあ持っている様子だが、その宿命からは逃れられない。自分を捨てた男を殺さないと、あるペナルティが生じるらしいのだ。
 ペッツォルト監督のこれまでの作品に比べると、かなり寓話的で男女の関係、愛の形の物語として特化している。。今までの作品では主人公の背後にある社会的な制限や圧力の元で、その人がどのように考え行動するのかという描かれ方をしていたが、本作ではウンディーネという女性以外の要素をどんどんそぎ落としていった感じだ。彼女を捨てた男もクリストフも多分に記号的だし、ウンディーネについても「どういう世界の中で生きているのか」という背景が感じられない。一応ベルリンが舞台ではあるが、それが物語に対して何らかの機能を果たしているわけではなく、どの都市・どの時代であってもでもまあまあ成立しそう。だから寓話・神話のように見えるのかもしれない。
 ただ、この人はどのように・何を決断するのか、という部分がクライマックスであると言う点は他作品と同じだ。決断の仕方、何を選ぶかという所にその人の人となりが顕著に表れるということだろうか。個人的にはシンプルすぎて物足りないし、もっと奥行きが欲しかったのだが、エッセンスを凝縮したような作品ではある。

未来を乗り換えた男 [DVD]
マリアム・ザレー
アルバトロス
2019-07-03



『ミナリ』

 1980年代、韓国系移民のジェイコブ(スティーヴン・ユアン)一家は、農業での成功を夢見てアメリカ、アーカンソー州にやってきた。トレーラーハウスを持て妻モニカ(ハン・イェリ)は失望するが、子供たちは新しい環境に馴染んでいった。毒舌なモニカの母・スンジャ(ユン・ヨジョン)も加わり、新しい生活は軌道に乗ったかに見えた。しかし畑の水は干上がり、作物の買い手も見つからず、生活は暗礁に乗り上げる。監督・脚本はリー・アイザック・チョン。
 ミナリとは韓国語でセリのこと。スンジャが川辺にセリを植えるのだ。水辺には蛇がいるから近づくなとジェイコブとモニカは子供たちに言いつけるが、スンジャはものともしない。スンジャの言動はユーモラスだが危なっかしい。モニカはスンジャに子守を頼めば自分も仕事に専念できると言って彼女を呼び寄せるのだが、スンジャは一家の役にはあまり立ってない。そういう人もメンバーとして内包してしまうのが家族という仕組みの面倒さでもあり、奥深さでもあるだろう。幼い長男デビッドはスンジャを「おばあちゃんらしくない」と言う。確かにスンジャはクッキーは作らないしプロレスと花札が大好きで下品なことも平気で口にする。しかしすべてのおばあちゃんがクッキーを作り甲斐甲斐しく孫の面倒を見るわけではないだろう。「おばあちゃんらしさ」があるからおばあちゃんになるわけではなく、色々なおばあちゃんがいるわけだ。これは「お父さん」も「お母さん」も「お姉ちゃん」も同じことだろう。ジェイコブは「お父さん」をやろうとして上手くできていない印象だった。彼は子供たちに父親が成功する姿を見せたいんだというが、父親として必要なのはそういうことではないだろう。だからモニカの心は離れていくのだ。別に「らしく」なくてもいい。家族と向き合わずに「らしさ」を演じても意味がないのだ(なお長女のみ非常に「長女らしい」振る舞いなのが気になった。出来すぎなのだ)。
 本作、個人的にはあまり響くところがなかったのだが、アメリカでは反響が大きかったというのはやはり、アメリカは移民の国ということなのだろう。ジェイコブ一家が生活費を稼ぐために苦労する姿や、教会で向けられるまなざしの冷たさ、モニカに対する「かわいい」言葉という言葉へのモヤモヤ感など、多くの人が体験してきた(している)ことなのだろうと思う。



千年の祈り (新潮クレスト・ブックス)
イーユン リー
新潮社
2007-07-31




『マーメイド・イン・パリ』

 家業の老舗バーでステージに立つ歌手のガスパール(ニコラ・デュボシェル)は、ある夜、川辺で怪我をしている人魚のルラ(マリリン・リマ)を発見し、手当の為に自宅に連れ帰る。ルラの美しい歌声を聞いた男たちは心奪われ、その命がルラのエネルギーとなっていた。ルラはガスパールの命も奪おうとするが、過去の痛手で恋する感情を無くしたガスパールには全く効果がなかった。監督はマチアス・マルジウ。
 冒頭のアニメーションが素敵で、これから「お話」が始まるぞ!と心浮き立つ。本編のルックもレトロかつキッチュで魅力的。ちょっと前のフランスの小品映画という雰囲気がある(こういう感じの映画、シネマライズとかシネクイントとかで上映していたよな…と懐かしくなった)。一応現代が舞台らしいのだが、美術面は全体的に作り物めいたレトロ風味でまとめられている。
 ビジュアルのレトロさは、ガスパールが過去に生きる人であることと呼応しているように思った。ガスパールはバーを大切にしており、もう潮時だからと売却しようとする父親に強く反発するのだが、彼が愛するバーの姿は祖母が仕切っていた過去のもので、今この店をどう盛り立てるのかという方向には向いていない。また、ガスパールのアパートは年代物の家具家電や子供時代からずっと置かれているようなおもちゃでいっぱい。40歳の大人の部屋という感じではないのだ。彼の時間は祖母が健在でバーも繁盛していた子供時代で止まっているように見える。祖母から受け継いだ仕掛け絵本がお守りのようになっているのも、彼が過去に生きていることの象徴のように思えた。
 そんなガスパールの人生を無理やり「今ここ」に引っ張り出すのがルラとの出会い。ルラの治療や食事の為に奔走し、彼女と共に歌ってレコーディングまでする。ルラと過ごす中で、エンターテイナーとしての自分の本分に立ち返っていくのだ。過去を捨てて進むのではなく、過去もそのまましょい込んで、かつ開き直って前進する様が小気味よい。変に現実に立ち返れとか大人になれとかいう話ではない。むしろファンタジーとして腹をくくっている感じがした。
 実は人が結構死んでいるしルラは男性たちを殺すことに躊躇がないので物騒な話ではあるのだが、妙にあっけらかんとしている。夫をルラに殺された医者が復讐に燃えてルラとガスパールを追うが、彼女もまた医者としての本分に立ち返っていく。本来の自分に戻るという流れがガスパールと平行しているのだ。

ロスト・チルドレン [Blu-ray]
セルジュ・メルラン
ワーナー・ホーム・ビデオ
2013-10-02


シェイプ・オブ・ウォーター オリジナル無修正版 [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
オクタヴィア・スペンサー
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2018-12-05


『Mank マンク』

 1930年代、ハリウッド。脚本家のマンクことハーマン・J・マンキウィッツ(ゲイリー・オールドマン)はオーソン・ウェルズ(トム・バーク)から依頼された新作『市民ケーン』の脚本を執筆中だった。アルコール依存症に苦しみ、無茶な納期や注文、製作会社からの妨害に振り回されつつ脚本の完成を目指す。監督はデビッド・フィンチャー。
 1941年に公開された『市民ケーン』はオーソン・ウェルズ監督主演の代表作だが、その脚本を手掛けたのがハーマン・J・マンキウィッツ(現在ではウェルズとマンキウィッツの共作扱い)。マンキウィッツが脚本を書いていく様と当時のハリウッドの様子やアメリカ社会の動き、そしてケーンのモデルとなったメディア王ウィリアム・R・ハーストの影を描いていく伝記ドラマ。フィンチャーにとっては久しぶりの伝記ものだが、モノクロ画面に現在と過去を行き来しやがて全体像が浮かび上がるという『市民ケーン』を踏襲したスタイル。『市民ケーン』という作品への敬意が感じられる。と同時に、『市民ケーン』を踏襲しているということは、実在の人物・エピソードを元にしていてもあくまで本作はフィクションだという立て付けも踏襲しているということだ。マンクの勇気と諦めなさ、周囲からの圧力に屈しないタフなユーモアを史実として感動するのには、ちょっと留保が必要だろう。フィンチャーも当然そのつもりで本作を作っているわけだ。本作、こういった構造に加え、観客が『市民ケーン』をしっかり鑑賞していること、製作当時のエピソードや実在の関係者、時代背景についてかなり知識があることを前提に作られているので、鑑賞ハードルはかなり高いと思う。正直、私が見るべき作品ではなかったな…。
 マンキウィッツが書くのはフィクションだ。彼は自分が事実を元にフィクションを書いているという自認は当然あり、それによるリスクも責任を問われることも覚悟している。一方で、ハーストらは選挙を有利に運ぶために「やらせ」のニュース映画を作る。正にフェイクニュースなわけだが(メディアによる情報操作はこのころからあったということに加え、メディア戦で勝つのは資金がある方というのが辛い…)、マンキウィッツはこれに激怒する。フィクションで現実と戦うというのは、こういうことではないのだ。フィクションは嘘でだますこととは違うという、フィクションを扱う者としての矜持が見えた。

市民ケーン Blu-ray
レイ・コリンズ
IVC,Ltd.(VC)(D)
2019-11-29


『市民ケーン』、すべて真実 (リュミエール叢書)
ロバート・L. キャリンジャー
筑摩書房
1995-06-01


『イエスかノーか半分か』/『丸出せ!金太郎』

 人気若手アナウンサーの国江田計(阿部敦)は外面は完璧な王子様キャラ、内面は毒舌な裏表の激しい性格。取材で知り合った映像作家の都築潮(川原慶久)と再会するが、ジャージ・メガネ・マスクの国江田を、都築は彼と気付かない。怪我をした都築の仕事をいやいやながら手伝うことになった国江田だが、徐々に以後ことに良さを感じ始める。原作は一穂ミチの人気BL小説シリーズ、監督・脚本はたかたまさひろ(『イエスかノーか半分か』)。先代校長の遺言により学園中から貞操を狙われていた小野寺学園理事長兼生徒の真琴(斉藤壮馬)は、ボディーガード兼恋人の金太狼(森川智之)の活躍で平穏な日々を取り戻していた。しかし問題児揃いの川加羅分校から刺客が送り込まれてくる。原作は紅蓮ナオミの漫画、監督は荒木英樹(『丸出せ!金太狼』)。
 BLアニメの特集上映である「BL FES!2020」での同時上映作品。本来なら別個記事にするべきなのだがこの2作の対比で感想を言いたいことがあるので、まとめて1記事にする。
 まず『イエスかノーか半分か』。本作、原作は人気ロングセラーシリーズだし私も読んでいるが、きちんとしたオーソドックスなBL小説だと思う。アニメも原作の内容、イラストに忠実に、奇をてらうことなくつくられている。が、それがアニメーションとしての面白さにつながっているのかというと、ちょっと微妙な気がした。これは原作付きのアニメを見る度に思うことなのだが、特に活字からアニメーションに置き換える時は脚本・絵コンテの技量がもろに出てしまうのでは。漫画だと、コマ割りが多少コンテの参考になる向きがあるんだろうけど、活字からだと解釈力が問われるよな…。本作はアニメ表現として、小説からの立ち上げ方がそのまますぎというか、こなれていないように思った。ストーリーは2人がお互いを受け入れあっていく過程に説得力があるいい話なんだけど、アニメの足腰の弱さでそれが活かしきれておらず、何か勿体ないな…。話は面白いがアニメーション表現として面白くないという…。
 一方、『丸出せ!金太狼』はストーリー・設定は一応あるがないに等しい(そもそもストーリーテリングをしようという意欲がほぼ感じられない)。下ネタギャグの連打、というかほぼそれのみで成立している。ジャンルはBLだしBLとしてのギャグなんだが、ノリが『変態仮面』とか『おぼっちゃまくん』レベルで、むしろ昔の少年漫画誌のギャグマンガに近い。エロいことになっているのに馬鹿馬鹿しすぎてエロさが霧散しているというか…(荒木英樹監督はアダルトアニメの仕事が多い人だと思うのだが…)。これ『銀魂』あたりと抱き合わせにした方がマッチするんじゃないですか?という作風。同時上映2作の作風が真逆すぎて、あの「高低差で耳キーンとなる」という突っこみはこういう時に使うのか…と腑に落ちてしまった。ディアプラスとピアスではレーベルの方向性が違いすぎるのよ…なぜ抱き合わせた。カップリング不一致ですよ。
 この2作、BLという以外に共通項なさそうなのだが、作画カロリーをいかに削減するか、という面での取り組み方の対比が興味深かった。『丸出せ!~』は作画はそんなにクオリティ高くないTVアニメくらいで、これを大スクリーンで見る意義はさほど感じない。そもそもそこに注力していないのだろう。ではどこで作品を成立させているのかというと、豪華声優陣。この作品にこの面子か、と若干あきれるのだが、森川智之のプロ意識を実感した。何か、森川の演技で作品の体が保たれている感じがした。帝王の名は伊達じゃなかったんだな…。
 一方、『イエスか~』はメインキャラクターはそこそこ描くがモブの顔は省略、という割り切り方をしている。が、割り切りすぎて映像のリアリティラインがよくわからないことに…。背景はそれなりに地名特定できる描写になっているのでちぐはぐ。またキャラクター作画も、ここぞという所(主に濡れ場)は明らかに細かい演技、印影の付け方にしているのだが、他の部分との格差がわかりやすすぎて、違和感を感じた。読者が愛しているのは個々のキャラクターという部分は多々あるだろうが、基本的には作品全体を愛しているわけだから、キャラクターのみに注力されると、そういうことではないんだけどな…と思ってしまう。予算が限られた中でどう作るか、という点では、『丸出せ!~』の方が面白く割り切ってやってるんじゃないかなという気がした。


『燃ゆる女の肖像』

 18世紀のフランス。画家のマリアンヌ(ノエミ・メルラン)はブルターニュの孤島に暮らす貴族の婦人から、娘エロイーズ(アデル・エネル)の縁談用肖像画の製作を依頼される。エロイーズは結婚を望んでおらず、マリアンヌは彼女の「散歩係」として屋敷に入り、密かに絵を完成させる。エロイーズに真実を告げ肖像画を見せるが、彼女は絵の出来栄えを否定。描き直しを決意したマリアンヌに、エロイーズはモデルを務めると申し出る。監督・脚本はセリーヌ・シアマ。
 映像が素晴らしい。全体的に青みがかった寒色の色調なのだが、その中でマリアンヌの赤い服や草原の黄色があざやかに映える。また、全体のトーンといい特定のショットといい、ハマスホイの絵画を意識しているのかな?という印象を受けた。ピアノ(チェンバロか?)を弾く女性のバックショットなど、あっハマスホイのあの絵だ!と思わせる。ワンショットに強烈な魅力がある作品で、絵力の強さみたいなものを感じた。女性3人が台所で並んで作業しているショットとか、草原で薬草探しをしている3人が同時にほこっと上半身を上げるショットとか、はっとさせるがわざとらしくない所が素晴らしい。また、ショットとショットのつなぎ方にもいい意味でのひっかかりがあって、この人の中ではあの動作とこの動作は繋がっているんだなと印象付けられた。観客の目の掴みが上手いのだ。
 当時の社会では同性愛は認められない。また女性が経済的に自立して生きる道も限られており(マリアンヌは父親の名前でサロンに出展している。女が描いた絵は売れないのだ)、エロイーズは結婚せざるを得ないだろう。2人がこの先の人生を共にする道はない。終わりが見えている関係なのだ。とは言え、悲しみはあっても悲壮感はそれほどない。あの数日間はなくならず、その時の関係があったからその先の人生を生きることができる。オルフェの神話が引き合いに出されるのが面白い。冥府から妻を連れだす時に振り返ってしまったオルフェにメイドは憤慨するが、エロイーズは愛ゆえに見るのだと解釈する。画家であるマリアンヌもまた見る人だ。
 マリアンヌはエロイーズの肖像画を描く。そのためにはエロイーズのことを見る・観察するわけだが、最初に描いた肖像画は、マリアンヌが一方的に見て描いたものだ。肖像画の用途も、見合い用という一方的に見られる為のもの。エロイーズはこの肖像画を否定する。彼女がモデルをすると申し出たのは、描く者と描かれる者がお互いに見合う、対等であろうとするからだ。自分と向き合え、自分がどうう人物であるか(どう見られることが望ましいのかではなく)を見ろという要求だ。個対個であろうとする強烈な意志があり、そこがマリアンヌと呼応するのだろう。マリアンヌが手元に残した作品「燃ゆる女の肖像」がすごくいいのだが、あれこそがエロイーズの姿なのだと思った。対等さはマリアンヌとエロイーズの恋愛関係だけでなく、2人とメイドの間の友愛にも成立している。当時の社会の中では3人の間には階級差があるが、島の中では対等だ。越境しているシスターフッドが清々しかった。

水の中のつぼみ [DVD]
ルイーズ・ブラシェール
ポニーキャニオン
2009-02-04


アデル、ブルーは熱い色 [DVD]
アルマ・ホドロフスキー
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2014-11-26




『マティアス&マキシム』

 幼馴染のマティアス(ガブリエル・ダルメイド・フレイタス)とマキシム(グザビエ・ドラン)は、友人の妹が撮影している短編映画でキスシーンを演じる羽目になる。これがきっかけでお互いに対する感情に気付き始めた2人だが、婚約者がいるマティアスは自分の気持ちに戸惑い混乱する。一方、マキシムは思いを告げないままオーストラリアへ渡る準備を進めていた。監督・脚本はグザビエ・ドラン。
 マティアスとマキシムと友人たちの賑やかさ、はしゃぎっぷりは私にとってかなり苦手なノリで、見ていて若干苦痛な所も。10代ならともかく、30代の大人がああいうはしゃぎ方をするのはちょっと見苦しいなと思ってしまった。とは言え、彼らの友人関係はなかなか良い。マティアスとマキシムの関係が微妙になっていることを勘付きつつもいじらず、仲直りできそうなタイミングでパスを出すという配慮がある。また、彼らの仲間内では家庭環境に結構経済格差があるようで、今の生活水準もまちまち。リヴェット(ピア=リュック・ファンク)は明らかにそこそこ豊かな家の息子だし、マティアスは自身が新進気鋭の弁護士で実家もそこそこ安定していそう。一方マキシムは母親との関係にかなり問題があり、子供の頃から生活に苦労していた様子が垣間見られる。今の仕事もバイトのバーテンらしく不安定だ。しかし、仲間内ではこういう格差を追た阿木に感じさせることがほとんどなくフラットな関係が維持されている。意外とお互い気を使っており、ぎりぎりでバランス保っている感じだった。
 マティアスは「言葉警察」と言われるくらい言葉の使い方に厳密。意味のある話、ちゃんと言語化された話に拘りがある。しかしマキシムに対する自分の気持ちは言語化できないし、自分の心の動きを受け入れることができず、なかったものにしてしまう。マティアスのマキシムに対する態度はかなり不誠実だと言えるだろう。
 一方、マキシムは言葉の使い方こそ上手くはないが、自分の気持ちには誠実だ。言葉の正確さを求めるマティアスと言葉を使いこなせないマキシムのコミュニケーションの齟齬と距離がもどかしくもある。2人の距離が縮まるのは、言葉が介在しない瞬間、体が動いた瞬間だ。それはマティアスにとっては受け入れがたいことなのかもしれないが(それにしてもそこで逃げるの?!という逃げっぷりで退いた)。ラストシーンの後、マティアスはマキシムに何か告げることができたのだろうかと気になった。

トム・アット・ザ・ファーム(字幕版)
マニュエル・タドロス
2015-05-02


君の名前で僕を呼んで(字幕版)
アミラ・カサール
2018-09-14


『マーティン・エデン』

 貧しい船乗りのマーティン・エデン(ルカ・マリネッリ)は、ブルジョア階級の令嬢エレナ(ジェシカ・クレッシー)に恋し、彼女のような教養を身に付け彼女が所属する世界に参入したい、彼女と結ばれたいと切望する。文学に夢中になり小説家を目指した彼は、幾多の挫折を乗り越えて富と名声を手にするが。原作はジャック・ロンドンの自伝的小説。監督・脚本はピエトロ・マルチェッロ。
 主演のマリエッリの正に映画俳優的なビジュアル、佇まいで存在感抜群だった。またマーティンが憧れるエレナを演じるクレッシーは、ボッティチェリの作品に描かれた女性のような風貌。イタリアの古典的な美人というのはこういう感じなのだろうか。俳優は皆良かった。
 俳優もいいのだが、彼らが置かれた空間、背景となる風景もとても魅力的。人がいないシーンの間が持つというか、ずっと見ていたくなる。映像はざらつきのある質感で、色合いはクール。寒々しさの一歩前でとどまっている感じだ。ナポリ以外の土地の名前、具体的な時代はぼかしてあるのだが、時代・場所の抽象性が嘘くさくならないようなディティールの造形もよかった。
 ジャック・ロンドンの原作はもちろん20世紀初頭のアメリカ、オークランドが舞台だ。それをなぜにイタリア映画に?何か全然感触違いそうだけど?と思っていたが、全然成立している。むしろ最初からイタリアの作家作品が原作なのでは?というハマり方で、これはアレンジの上手さなんだろうなぁ。特に労働組合運動、ストの盛り上がり等はイタリアっぽい。最近読んだイタリア小説で描かれていた、60年代前後の左翼活動の盛り上がり方が印象に残っていたからかもしれないが。
 マーティンはエレナたちの世界、文化と教養の世界に憧れ渇望するが、同程度の教養を身に付けても彼らの世界は彼を拒む。そもそもエレナはマーティンに思いやりと愛を示すが、彼が自分たちの世界ルールに合わせることを前提とした付き合いで、自分が彼の世界に歩み寄るという発想はない。マーティンに対しても結構失礼なことを言っているのだが、彼女にはそんな自覚はないだろう。その自覚のなさが「持つもの」である所以なのだろうけど…。マーティンは元々文学に惹かれる人物だったという描写があるが、そんな彼がエレナに見合うような同等の教養を得ようとし、徐々に独自の表現を掴んでいく。彼の中にあったものが一気に噴出していく熱気が鮮やかだ。憧れと現実とのギャップが彼を走らせ続けたとも言える。
 ただ、自らの言葉を手に入れる中で、彼は彼女の失礼さ、彼女の世界が絶対に自分を同等には扱わないことにも気付いてしまう。彼女に憧れ続けても共に生きることは出来ないし幸せにはなれない。マーティンは富も名声も手に入れるが、エレナは手に入らないし最早手に入れたいものでもなくなっていく。最後はまた何も持たず、一人で(というかずっと一人でいる感じの人なんだけど…)立ち尽くしているように見えた。


火を熾す (柴田元幸翻訳叢書―ジャック・ロンドン)
ジャック・ロンドン
スイッチ・パブリッシング
2008-10-02


『メイキング・オブ・モータウン』

 2019年に創設90年を迎えた音楽レーベル・モータウン。スプリームス、スティービー・ワンダー、マービン・ゲイ、ジャクソン5らを輩出した名門レーベルの歴史を、創設者ベリー・ゴーディや彼と二人三脚で数々の楽曲を送り出したスモーキー・ロビンソンへのインタビューから構成し追ったドキュメンタリー。
 モータウンが生み出した数々の名曲を追う楽しさはもちろんあるのだが、思っていたほど音楽そのものが占めるウェイトは大きくない。むしろ、モータウンという組織の成り立ちと構造、商品の製造過程を追う、企業ドキュメンタリー的な面白さが強かった。楽曲を作る仕組みは、ゴーディがフォードの製造ラインで働いていた時の体験から生み出したというから驚きだ。自動車と音楽は全然違うものだけど、企業としてどのように活動を維持していくのか、という点では通じるものがある。工程を細分化してセクションごとの役割を明確にする、売れるポップスにはどういう要素が必要なのか突き詰めて構成したと言えるだろう。モータウンが目指した楽曲って良質の工業製品に近いものがあるのかなと思った。
 とは言え、レーベルが成熟しブランドのカラーが固まっていくと、逆にアーティストたちがレーベルの枠からはみ出た独自の表現に目覚めていくというのも面白い。社会が大きく動く時、アーティストの表現にも当然影響が出てくる。ゴーディーはレーベルの色に合わないと難色を示したが、アーティストに押し切られたそうだ(とは言え、スティービー・ワンダーの天才的な仕事を目の当たりにしたから首を縦に振ったという面も大きそうなので、そのくらいのクオリティでないと譲れなかったということかも)。音楽表現も社会の中で行われる以上、無縁というのは無理だよな。今だったらゴーディも違った判断をするのかも。時代が変われば考えも対応も変わってくる。モータウンはミュージシャンへの教育に注力し、音楽だけでなくパフォーマンスや日常の立ち居振る舞いまで専門の講師が教えたそうだ。スプリームスには特に優美さを叩きこんだそうだ。結果、こんなにクールで優雅な黒人は初めて見た!と人気沸騰するが、これって「白人と同じように」相手の土俵に立つってことだよなと(実際に反発するアーティストもいたそうだ)。現代だったらまた違った教育の仕方になるのかもしれないが、当時はまずここから始めなければならなかったのだろう。
 一方、モータウンでは早い段階からミュージシャン以外でも女性が活躍しており、女性幹部もいたということは初めて知った。当時「取引先にはそんな会社なかった」という話も出てくるので、かなり先進的だったのだろう。いいポップスの前には黒人も白人もない、だったら男性も女性もないはず、という姿勢だったのだろう。音楽が全ての垣根を越えることはないだろうが、ちょっと越えることはあるのだ。
 ゴーディー側へのインタビューが中心なので、語られる内容に偏りはあるのだろうし、他のスタッフやアーティストは別のモータウンの姿を語るかもしれない。とは言え、ゴーディとスモーキーがいまだに仲良さそうなのには和む。エンドロールも必見。

永遠のモータウン コレクターズ・エディション [Blu-ray]
ブーツィ・コリンズ
ポニーキャニオン
2017-06-21


モータウン60
オムニバス
Universal Music =music=
2019-03-20


『ミッドナイト・スワン』

(ストーリー後半に言及しています) 
 ショーパブのステージに立つ凪沙(草彅剛)は、養育費目的で親戚の少女・一果(服部樹咲)を預かる。最初は双方心を開かなかったものの、社会の片隅で生きてきた2人の間に気持ちが通い始める。凪沙はバレエに情熱を傾ける一果を支えたいと考えるが。監督・脚本は内田英治。
 俳優はかなり良かった。草彅の「あえてけだるげな女をわざわざ演じている女を演じる」という二重の演技性がハマっていた。凪沙は素があまりない、ほぼ「凪沙という女性」を演じている人なのだという感じがする。また新人だという服部は、序盤の寄る辺のない目つきが印象に残る。
 ただ、いい部分もあるがそれ以上に問題点が多い作品だと思う。トランスジェンダーの扱いが安易だしあまり考えてないなという印象を受けた。まず、ショーパブのステージで踊る一果を凪沙たちが見て心打たれるというエピソードだが、一果が本物、凪沙が偽物という対比になってしまっているように思う。一果が踊る前に凪沙らが踊っていて客に馬鹿にされるという流れがあるので、本物の才能にはかなわない、みたいな演出に見えてしまう。しかし凪沙が仕事で踊るのと一果がバレエに情熱を燃やすのとは全然意味合いが違うだろう(一果とバレエの才能が対比される存在として同級生も登場するが、彼女の扱いも雑だったと思う。なぜとってつけたような悲劇にしないとならないんだ…)。
 更に、「本物の女性の体」と「(トランスジェンダーという)にせものの女性の体」の対比に見えかねないのも厳しい。凪沙は「女性」と自認しており、偽物ではない。性転換手術を受けた凪沙に「本物の女性になったからあなたの母親になれる」と言わせてしまうのも問題だ。肝心なのは「親」で「母親」ではないし、女性の体をもっていれば母親になれるわけでもない。いまだに母性神話かとうんざりする。また、子供に必要なのは適切な「保護者」であって必ずしも父親・母親というわけではないだろう。
 更に、手術後の凪沙の顛末が、現代の医療水準でいきなりそれは不自然なのでは?というもの。悲劇の為の悲劇に見えてしまう。失明についても、前々から何らかの疾患があって、という前フリがあれば理解できるがいきなりぶっこんでくるので不自然。不幸に舵切りすぎで凪沙が「母親」になろうとしたペナルティにも(そんなものあるはずがないのだが)見えてしまいかねない。
 一方、素人が見てもバレエの扱いには問題がありそう。そんな短期間で劇的にうまくなるもの?!中学生で習い始めるのって世界を目指すには遅すぎない?!と突っこみ入れたくなった。全般的に、こういうシチュエーションがあったら泣けるな、盛り上がるなというものを無頓着に投入しているように思えた。この要素を盛り込むならもうちょっと勉強しては…という部分が悪目立ちしていた気がする。

ナチュラルウーマン [DVD]
ニコラス・サヴェドラ
アルバトロス
2018-08-03



ギャラリー
最新コメント
アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ