3つ数えて目をつぶれ

映画と本の感想のみを綴ります。特に映画。ご連絡はhoto5now★yahoo.co.jp(お手数ですが★を@に変えてください)まで。

映画題名ま行

『マッド・メアリー』

 第26回レインボー・リール東京~東京国際レズビアン&ゲイ映画祭にて鑑賞。暴行事件を起こして半年間服役していたメアリーは、刑務所を出て地元に戻ってきた。親友のシャーリーンが結婚式を控えており、メアリーがブライズメイドを務めることになったのだ。式に同伴する相手がいないメアリーは、同伴者探しに奔走するが、うまくいかない。そんな中で、シャーリーンの結婚式の撮影を依頼されたカメラマンのジェスと親しくなる。監督はダレン・ソーントン。
 思わず、「友がみなわれよりえらく見ゆる日よ」と呟きそうになった。しかしメアリーには「花を買い来て」親しみあうような相手もいないのだ!周囲に置いていかれる、自分だけがちゃんとした大人になれていないのではないかというきつさが、我がことのように身に染みてしょうがない。メアリーはバカ騒ぎをしていた学生時代と変わらないままだが、シャーリーンは確実にステップアップし、条件のいい結婚相手を見つけ、社会的な「大人」になっている。身にまとうファッションからして、ああ違う世界の人になったのね、というもので、メアリーとの共通項が見えない。メアリーがバカにしていた同級生すら、結婚式に同伴するパートナーがおり、彼女らから見れば落ちこぼれなのはメアリーの方なのだ。メアリーは必ずしも彼女らのようになりたいというわけではないだろう。ただ、かつて親友だったシャーリーンが別の世界に行ってしまったことが辛いのだ。
 しかしそもそも、メアリーとシャーリーンは同じ世界を分かち合っていたのか、本当に親友だったのか。メアリーは度々シャーリーンに電話をするが、シャーリーンが出ることはないし会ったときの態度もつれない。メアリーが延々と片思いしているようにしか見えないのだ。徐々に、シャーリーンにはシャーリーンが選び取った生活があり、彼女の中ではメアリーとの関係は既に(概ねメアリーが起こした事件のせいで)過去のものになっているとわかってはくる。しかし、片思いを終わらせられないメアリーの右往左往は痛々しい。
 そんなメアリーに新しい世界を見せることになるのがジェスだが、ある出来事で心が離れてしまう。メアリーがやったある行為は、シャーリーンらに「見せつける」ためのもので、ジェスはそれに利用されたと感じるのだ。メアリーのジェスに対する気持ちに嘘はないのだろうが、それでもつい「見せつけ」てしまうくらい、シャーリーン(と地元)に対する鬱屈があるんだろうなぁ・・・。その気持ちはちょっとわかる。自分を変えない頑固さがある一方で、自分は自分、と開き直れる程には強くなれずずっと劣等感が付きまとう。それでも最後は、メアリーは譲歩したんだろうなと思う。結婚式でのレトロな髪形とドレスは彼女にとても似合っていて、こんな雰囲気にもなる人なんだ!とはっとした。本人としては、自分っぽくないと思っているのかもしれないけど。

ワールズ・エンド/酔っぱらいが世界を救う! [DVD]
サイモン・ペッグ
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
2015-04-08


ヤング≒アダルト [DVD]
シャーリーズ・セロン
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2013-02-08





『武曲 MUKOKU』

 剣道の達人だった父親(小林薫)に幼い頃から鍛えられた矢田部研吾(綾野剛)は、剣道5段の腕前があるもののある事件以来、剣道を捨てて自堕落な生活を続けていた。ラップに夢中な高校生・羽田融(村上虹郎)は剣道部員といざこざを起こしたことがきっかけで、剣道部の師範を務める僧侶・光邑(柄本明)に剣道を教わることになる。融に才能を見出した光邑は、矢田部の元に彼を送り込む。原作は藤沢周の小説『武曲』、監督は熊切和嘉。
 熊切監督作品はなるべく見ておこうと思っているので、本作も剣道とラップってどういうつながりが・・・と思いつつ見に行ったのだが、ちょっとこれは、力作でありつつ珍作っぽい。主演2人の肉体の存在感と動きの良さで間が持っているが、脚本があまり上手く機能していないんじゃないかなという気がした。
 研吾と融、全く異なる背景を持った2人の「剣士」が対決していくという構造だが、研吾側に比較すると融側の掘り下げが浅く、融がいなくても成立しそうな話に見えてしまっている。融が死に魅せられているという設定も、それを示唆する設定や原因の説明が唐突なので、いきなり何言いだしてるんだイキってるなーもしや中2病か・・・みたいな印象になってしまう。村上自体はいい演技をしているので大分勿体ない。彼が母親と2人暮らしで親子関係は悪くないらしいという背景は少しだけ描かれているが、もうちょっと見えてもいいんじゃないかなと思った。研吾側は、父親との葛藤が物語の軸になっているだけあって、親子関係、家庭環境にかなり分量を割いて見せている。
 それにしても、父親がクズだとほんとどうしようもないな!ということに尽きる話に見えてしまった。2人の若い剣士(というか主に研吾)が強さとはどういうことか向き合っていくという部分が、自分の中で吹っ飛んで印象が薄い。研吾の父親は優れた剣士で後輩からも慕われているのだが、息子への指導はやたらと厳しく肉体的、精神的にも虐待めいているし、研吾の母親に対する態度も横暴(序盤、研吾の子供時代回想シーンで、母親が父親に声を掛ける時のびくつきかたが古典的すぎて笑ってしまった)。終盤、父親が残した手紙の内容が明らかになるが、そういうことがわかっているなら手紙なんて書いてないで他にやることあるよな!と突っ込まずにいられない。こういう弱さって本当に迷惑だよな・・・。研吾は「父殺し」をやろうとしたわけだが、それによって逆に父親の弱さ、クズさを引き継いでしまったように見えるのだ。そこから再起していく原動力みたいなものが、いまひとつ掘り下げられていなかったように思う。ちょっと俳優に頼りすぎ。

武曲 (文春文庫)
藤沢 周
文藝春秋
2015-03-10

武曲II
藤沢 周
文藝春秋
2017-06-05


『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』

 ふとしたことで超人的な腕力・体力を身につけたチンピラのエンツォ(クラウディオ・サンタマリア)は、世話になっていたセルジュ(ステファノ・アンブロジ)が殺されたことがきっかけで、セルジュの娘アレッシア(イレニア・パストレッリ)の面倒を見ることになる。日本のアニメ『鋼鉄ジーグ』に夢中なアレッシアは、エンツォを鋼鉄ジーグの主人公“ヒロ”と呼び、力は皆の為に使うべきだと諭す。しかし、ギャングのジンガロ(ルカ・マリネッリ)が2人に近づく。監督はガブリエーレ・マイネッティ。
 ネタのボリュームからすると、映画の尺はもうちょっとコンパクトでもいいんじゃないかな?という気がしたが、ミニマムな「ヒーロー」ものとして面白い。まさかイタリアで『鋼鉄ジーグ』がメジャーだとは知らなかった。しかしなぜジーグ・・・。エンドロールでジーグの主題歌のイタリア語カバーが流れるが、むしろカバーの方がかっこいいし、いい歌謡曲っぽく仕上がっている。
 エンツォは超人的な力を手に入れるが、その力でやることはATM強盗。その映像がYoutubeにアップされて一躍正体不明の時の人となるというあたりは現代的だ。しかし、むしろオーソドックスな「ヒーロー誕生」物語のように思った。エンツォは自分本位な力の使い方をしていたが、アレッシアの無邪気さに触れるうちに、彼女を守ろうと思い始める。アレッシアがエンツォを目覚めさせる「装置」としてだけ存在するきらいがあるのも、一昔前のヒーローものっぽいなと思った。また、ヒーロー誕生と同時に、ヴィラン(悪役)もまた誕生する、2者がセットになっているというあたりも、やはりヒーローものっぽい。
 ヴィランであるジンガロのキャラクターが頭一つ抜けて立っている。ギャングといっても団地内ギャングで大した権力はない。しかし自己愛が強くクレイジーなので始末に負えない。こんな上司は嫌だ!ランキング上位に間違いなくエントリーされるだろう。彼が悪の道をひた走る動機が、エンツォ(とは彼は当初知らないのだが)ばかりがYoutubeで有名になって悔しい、というショボいのか何なのかわからないものなのは、現代ならではなのかもしれない。自己愛が暴走している。また、舞台がローマ郊外で、エンツォのジンガロも基本的に団地で活動しているチンピラ、経済的には結構厳しいというあたりも、実に現代的。ローマと言っても華やかさやおしゃれさ、歴史ある町のイメージとも程遠い。郊外映画(と私が勝手に呼んでいる。郊外の団地等を舞台とした映画。概ね登場人物の所得が低く町の雰囲気が荒んでいる)の一種とも言える。

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

 ボストンでマンションの便利屋をしているリー(ケイシー・アフレック)は兄ジョー(カイル・チャンドラー)の死を知らされる。故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーに戻ったリーは、ジョーの遺言により16歳の甥パトリック(ルーカス・ヘッジズ)の後見人を任されるが、この町に留まることはリーにとっては苦痛だった。監督・脚本はケネス・ロナーガン。本作で第89回アカデミー賞作品賞、脚本章、主演男優賞受賞作品。
 故郷で過去の傷を癒し立ち直っていくという物語は多々あるだろう。しかし、癒えることがない傷もある。リーにとっては、少なくともまだ、故郷の街は立ち直って旅立つ場ではないのだ。回復していく部分と立ち直れなさの両方を丁寧に描いている。過去と現在、時系列が頻繁に行ったり来たりするうちに、リーと元妻ランディ(ミシェル・ウィリアムズ)の家庭に何が起きたのか、少しずつわかってくる。事態がはっきりすると、確かにこれは、この町に留まり続けろというのは酷だよなぁと納得できる。小さな町で住民同士ほぼ顔なじみみたいなものなので、彼らの身に起きたことを住民皆が知っており、忘れさせてくれないというのが非常にきつい。もちろん親身になって支えてくれる人もいるのだが、内情を知っているだけに良く思わない人もいる。田舎町の暖かさと残酷さの両方が垣間見える。
 こういう時は、とにかく時間をかけてやり過ごせるようになるのを待つか、物理的な距離を置くか、リーのように自分の人生そのものを放棄するような生活を送るしかないのかもしれない。便利屋をするリーの暮らしはこの先の目途のつかない、刹那的なものだ。理由もなく他人に喧嘩を吹っ掛ける姿は、緩慢な自殺をしているようにも見える。ジョーの遺言はそんな彼をもう一度前に進める為だったのかもしれないが、同時に残酷でもあると思う。ずっと故郷に縛り付けることにもなるのだから。しかし当時幼かったパトリックには、リーの苦しみは本当にはわからず、自分がまた捨てられるのではないかと不安に駆られる。そういうことではないのだが、すれ違いがもどかしい。
 リーとジョー、そして(幼かった頃の)パトリックの、男性同士の絆が強すぎ、妻たちはそこから疎外されいてるように見えた。リーは妻子を愛してはいるが、兄や甥、漁師仲間と一緒にいる方がはしゃいでいる。「男の子」の世界から離れられないみたいだった。リーとランディはある事件が起きなくてもいずれ夫婦関係が壊れていったのではないかと、序盤の2人のシーンを見て何となく思った。リーの配慮の足りなさがそこかしこに見られるのだ。

『メッセージ』

 ある日突然、世界各地に巨大な楕円状の物体が出現した。言語学者のルイーズ・バンクス(エイミー・アダムス)は軍の要請を受け現地に赴く。軍は、物体はどこかから来た宇宙船で、未知の知的生命体が中にいると判断。その生命体と意思疎通を図る為にルイーズが必要だったのだ。ルイーズは科学者のイアン・ドネリー(ジェレミー・レナー)と共にヘプタポットと名付けられた生命体とコンタクトを図ろうとする。原作はテッド・チャンの短編小説『あなたの人生の物語』、監督はドゥニ・ビルヌーブ。
 あの短編小説がこうも壮大な長編映画に!こう映像化するのかー!という驚きがある。私は映画の方が好きかもしれない。映画の方が構成に妙があり、SFギミックを使っての「サプライズ」部分が強化されているように思った。SFの素養がなくても、そういうことだったのか!という方向での面白さを提供できており間口は広いのではないか。また、唸り声、ささやき声のような音楽が素晴らしい。本作を構成する要素の中で、ある意味、音楽が一番SFっぽく感じられた。ヘプタポットの「言語」と同じで、地球の音楽からちょっとずらしこんでいるような感じなのだ。
 ルイーズがウェーバー大佐(フォレスト・ウィテカー)に説明する解読手順や、ヘプタポットの「言語」を解読しようと試行錯誤していく様、どこから作業にとりかかるかというような部分が、「研究している人たち」ぽくてわくわくした。科学者のイアンは最初からわくわくしているっぽいし、ルイーズも大きなプレッシャーを感じつつも、研究に引き込まれていくように見える。とにかく結果、「翻訳」が欲しい軍人や政治家とは反応が大分違う。ウェーバーがそれで宇宙人は何を言っているんだ!と焦れるシーンでは、そんなに早くできるかよ!と突っ込みを入れたくなった。研究者と軍人、政治家との、考え方のパターンとか、作業時間に対する感覚の違いが垣間見えるようで面白いシーンだった。途中、一部の兵士たちが起こすある行動は、一般人に近い感覚の人たちという設定とは言え、ちょっと頭悪すぎるんじゃないかと思ったが。そもそも、突然巨大物体を出現させられるような未知の技術を持った存在に、人間が作った兵器が通用すると思う方がどうかしている気もするんだけど・・・。
 ヘプタポットの「言語」にしろ、ルイーズのある選択にしろ、「ああそうか!」と深く納得させられる。後から振り返るとそういうことか!とよりわかる構成になっており、この点すごくよくできているなと思った。この構成自体が、ルイーズの至る境地とリンクしているのだ。

『観なかった映画』

長嶋有著
映画は好きだが映画ファンというほどではない、という著者による映画評集。映画ファン、シネフィルはともすると、その映画の監督や出演俳優のフィルモグラフィーを引き合いに出して見た映画を語る。しかし、それではほかの作品を見ていない人は話に乗ることができない。監督や俳優の個人名を出さず、その映画の中で生じていることだけで映画を語ってもいいじゃないか、というスタンスで書かれた連載だそうだ(最初のうちはまだスタンスが固まっていないのか、監督名や俳優名が出てくるのだが)。私は映画好きでおそらく著者よりは見ているのではないかと思うが、監督や俳優にはあまり関心がなくて覚えていられない。「映画の中」のことだけで映画を語ってくれる方が、正直ありがないなという気持ちがあるので、本著は楽しく読んだ。著者が映画を見ていてひっかかりを感じる部分が、著者が小説の中で拘っている(であろう)こととリンクしているようで、著者の小説の作り方が垣間見えるようでもあった。あと、映画原作者として心乱される(笑)『サイドカーに犬』と『ジャージの二人』の章は、小説や漫画の映画化って原作者サイドからはこういう感じなのかという現場感があって、また別の面白さを感じた。『ジャージの二人』の方が著者的にはいい現場だったみたいだけど(笑)。

『娘よ』

 パキスタン、インド、中国の国境付近にそびえたつカラコルム山脈の麓に暮らすアッララキ(サミア・ムムターズ)と10歳の娘ザイナブ(サレア・アーレフ)。アッララキの夫は部族の族長だが、敵対する部族との手打ちの証として、ザイナブを先方の老族長に嫁がせることを決める。アララッキはザイナブを守る為、部族の掟を破り村からの脱出を図る。監督はアフィア・ナサニエル。
  日本では初めて公開されるパキスタン映画だそうだ。素朴な作品かと思っていたら、思いのほかエンターテイメント度が高い。映画タイトルの出し方や、ファーストショット等からも、「映画」をやるぞ!という意気込みみたいなものが感じられた。ローカルでありつつ、エンターテイメントとして王道を目指している感じ。いかにして逃げるかというサスペンスとして見る側を引きつけ、勢いがある。「逃げる」という設定って汎用性があるなぁと妙に感心した。日本やハリウッド映画ではあまり見慣れない風景(都市部以外はとにかくだだっ広くて、ロングショットが映える)なので、ロードムービーとしても面白い。
 アララッキとザイナブのやりとりが、親子の細やかな情愛の感じられるものだった。ザイナブが学校で習った英語を、アララッキに教える様が印象に残る。アララッキが、TVドラマの時間だからそっちを見よう!と言うあたりからも、親子の距離の近さ、親密さが窺える。ザイナブは「子供」として可愛がられているのだ。
 ザイナブの言動が本当に子供としてのもので、結婚がどういうものなのかも、自分が置かれた状況もよくわかっていないということが、随所で示唆される。冒頭、子供の作り方についての友人とのやりとりや、アッララキにここで待ちなさいと言われたのに子犬を追いかけて勝手に動き回ってしまう様は、正に子供。親から引き離されて結婚なんて無理だし可愛そうと思わせるのと同時に、現状のよくわかっていなさにイラっとさせるあたりも、実に子供らしい。母娘の逃走に協力してくれるトラック運転手のソハイル(モヒブ・ミルザー)とのやり取りも、親戚の叔父さんや隣のお兄さんという感じで、単純に「子供」であることが強調されている。子供を結婚させることの無体さが際立ち、また、アッララキが捨て身で逃亡を図る理由も納得がいく。加えて、ソハイルに好意を示されても、アッララキは子供のことで手一杯でそれどころじゃないよなぁと腑に落ちもするのだ。
  部族間の闘争により殺人が起き、殺した人数はそっちの方が多いから不公平だ!という目には目をの価値観だったり、娘を差し出すことで調停を図ったりという、非常に前近代的な世界の話なのだが、さらっとスマートフォンが登場して不意を突かれる。現代でも、こういう世界があるところにはあるのだとはっとした。

『マイ・ビューティフル・ガーデン』

 毎日自分のルールに則った規則正しい生活をしているベラ・ブラウン(ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ)は、生き物が苦手。庭付きのアパートに住んでいるが植物の手入れは出来ず庭は荒れ放題だった。庭を愛する隣人のアルフィー・スティーヴンソン(トム・ウィルキンソン)は荒れたベラの庭が気に入らない。ある日、不動産会社から庭をきれいにしなければ退去させると言い渡されたベラは、アルフィーに助けを求める。監督はサイモン・アバウド。
 とても可愛らしく愛らしい作品。いわゆる名作秀作というわけではないが、ほっとする。アルフィーの庭が美しく(室内の観葉植物もいい)、ベラと同じく庭仕事興味がない私も楽しく見た。また、イギリス映画なのにと言っては語弊があるが、食事がちゃんとヘルシーそうかつおいしそう!アルフィーに雇われていたものの喧嘩別れをしてベラに雇われるシェフ・ヴァーノン(アンドリュー・スコット)が作る料理がカラフルで食べやすそう。ベラのいつもの食事は缶詰なのだが、徐々にヴァーノンの料理を食べるようになる様も可愛らしい。
 ベラはちょっと発達障害ぽい人で、『ザ・コンサルタント』のベン・アフレックを思い出した。決まった時間に決まった行動をしないと落ち着かず、料理の盛り付けも左右対称、同じ形の洋服を複数用意し着まわす等、行動パターンには類似が多い。もっとも、ベラは他人とのコミュニケーションは意外とちゃんと取れているし、冗談も言えるし、自分で小説を書くような創造性もある。ちょっと風変わりで、その風変りな部分が自分自身を窮屈にしていると言った方がいいかもしれない。
 庭造りの中で土や植物「無秩序」と接するうち、彼女が思う秩序とはまた違った形の秩序や美があることにベラは気付き、少しずつ心も行動もリラックスしていく。前述した食事の変化もその一つだが、家を出るときの一連の動作の変化も印象的だった。彼女は玄関がちゃんと施錠されたか心配するあまり、チェックしすぎて毎日仕事に遅刻してしまうのだが、ある時ぱっと飛び出ていく。理由も行動も他愛ないものなのだが、彼女の中では大きな変化なのではっとする。
 おとぎ話的な作品ではあるが、出演者が皆チャーミングで(基本悪人がいないし)気分よく見られた。ベラ役のフィンドレイは、ロセッティの女性像のような風貌で、レトロな服装が良く似合う。ちなみに舞台は現代なのだが、ベラの服装が妙にレトロなのだ。

『ムーンライト』

 マイアミの貧困地域に暮らすシャロンは、小柄で内気なことから学校ではいじめられていた。母ポーラ(ナオミ・ハリス)は仕事で不在がちなことに加え麻薬の常習者で、子供に構う余力がない。シャロンを気に掛ける大人は麻薬ディーラーのフアン(マハーシャラ・アリ)だけだった。10代になったシャロン(アシュトン・サンダース)は親友のケヴィン(ジャハール・ジェローム)に強い思いを抱くようになるが、誰にも言えずにいた。監督はバリー・ジェンキンス。第89回アカデミー賞作品賞、脚色賞、助演男優賞を受賞。
 シャロンの3つの時代を3人の俳優が演じる。小学生くらいの「リトル」、ティーンエイジャーの「シャロン」、大人の「ブラック」(トレバンテ・ローズ)、どれも素晴らしかった。3人は顔かたちがすごく似ているというわけではないのだが、流れの中で見るとちゃんと同一人物に見える。シャロンからブラックへの飛躍がすごいのだが、自衛の為にこうならざるを得なかったということが分かるので切ない。出演している俳優は総じて好演でとてもよかった。
様々な愛を目にするラブストーリーで、誰かを思いやる態度、誠実さの表出の仕方が素晴らしい。シャロンの3つの時代は、彼が(おそらく数少ない)愛を他者から受けた部分を切り取ったものではないかと思う。フアンは大人の男性として、父親のような愛をシャロンに向ける。彼に食事をさせ、海に連れ出して泳ぎ方を教える。学校にも家庭にも居場所がないシャロンにとっての避難所のようになってくれるのだ。シャロンが「オカマって何?僕もそうなの?」と質問した時の答え方は、子供に対する誠実さのある真剣、かつ非常に配慮されたものだと思う。しかし、フアンの仕事は麻薬のディーラーであり、シャロンの母親もフアンが売る麻薬によって蝕まれていく。この点のみ、フアンはシャロンを裏切っていると言えるだろう。シャロンに対する思いやりは、罪悪感からくるようにも見えるのだ。シャロンが自分内で納得してしまったことがわかる別れのシーンが切なかった。
また、ケヴィンのシャロンに対する態度も愛(友愛であれ性愛であれ)があふれるものだ。ケヴィンは社交的で女の子にもモテる、シャロンとは別のグループの生徒。それでも不良グループに絡まれるシャロンをいつも気に掛けている。彼の肝心な所をはずさない距離感は、シャロンにとって得難いものだ。だからこそ、ある事件の顛末が痛ましい。シャロンにとってはケヴィンを守る為でもあるが、ケヴィンにとってはシャロンへの裏切りになる。シャロンは2度、愛した人に裏切られるわけだ。
シャロンはケヴィンと成人後に再会する。シャロンの風貌にも振舞にもかつての弱弱しさはないが、ケヴィンの前ではかつての繊細な少年の顔を見せてしまう。その変わらない部分を、ケヴィンがちゃんと見つけていることにたまらなくなった。2人の言葉の選び方、動作の選び方の慎重さに、時間の流れとお互いの中に残り続けるものとを感じる。

『未来よ、こんにちは』

 高校の哲学教師をしつつ、自著の執筆や教科書の編集にも携わっているナタリー(イザベル・ユペール)は、同じく教師の夫と暮らしている。2人の子供は独立し、仕事も充実していたが、夫から離婚を切り出される。また年老いた母の依存が強まり、施設に入れざるを得なくなる。監督はミア・ハンセン=ラブ。
 夫に離婚を切り出されたナタリーはびっくりするが、泣いたり騒いだりはしない。ただ、「死ぬまで一緒にいると思っていたのに」とつぶやく。離婚は彼女にとってショックなことではあるが、それはそれとして仕事も生活も続けていくという姿勢が好ましい。ユペールの佇まいがすごくいいというのもあるのだが、凹むことがあっても、時間がたてばちゃんと大丈夫になるし、自分を失うほどには心を乱されない人というのは、見ていて安心する。
 ナタリーは夫との離婚は冷静に乗り切ったように見えるが、それ以上に母親の老いに心を乱される。これは見ていて身につまされた。どちらが大変かで言ったら、母親の方が夫(元夫)より厄介だ。感情の揺さぶられ方も無意識に縛り付けられている度合いも、夫の比ではない。疎ましくもあるがやはり愛しているし愛されたい、そして母親が今の自分を作ったという自覚もある。だからこそ面倒なのだ。ナタリーと母親の関係は、若い頃からこんな調子だったんだろうと思わせるものでげんなりもするが、母が娘を誇りに思っていたこともよくわかるので、そこがやるせない。
 冒頭、ナタリーが出勤すると、高校でデモが起きており校舎に入れない。デモに参加している若者たちにこんな時に授業をやるのかとなじられると、彼女は「私は教師だから授業をする権利がある」と言い、授業を続ける。生徒に政治的スタンスを尋ねられても、授業でそれは話さないと言う。ナタリーがどのような姿勢で仕事をしているのかわかるエピソードが随所にあった。元教え子に、先生は哲学者としての思想と行動が一致していないと指摘されると、おそらく痛い所を突かれたという気持ちもあるにはあるのだろうが、「生徒が自分で考えられるようにするのが私の仕事。あなたに関しては成功した」と返す。彼女は学者である以前に気持ちの上では教師で、自分の仕事を愛している。こういう姿勢でいられる人は羨ましい。出版コンサルタントとのやりとりから、彼女の仕事のあり方も、時代の中で変わりつつあることも垣間見られるのだが、彼女を慕う生徒はこれからも出てくるだろうし、彼女が生徒や元生徒を家に招くこともあるんだろうなと。
 所で、エリック・ロメール監督の『緑の光線』の中で、ヴァカンスを一人ぼっちで過ごすなんて良くないと友人たちが主人公に世話を焼いてくれるが、フランスでは女性がヴァカンスを一人で過ごすことに、あまりいいイメージがないのかな?本作でも、元教え子はおそらくナタリーのことを心配して山に誘っているんだろうし。『緑の光線』の主人公は若い女性で、ナタリーは壮年であるという違いはあるが。
ギャラリー
最新コメント
アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ