3つ数えて目をつぶれ

映画と本の感想のみを綴ります。特に映画。ご連絡はhoto5now★yahoo.co.jp(お手数ですが★を@に変えてください)まで。

映画題名は行

『ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!』

 時空を超えて冒険してきたビル(アレックス・ウィンター)とテッド(キアヌ・リーブス)ももはや50代。音楽活動を続けてきたものの人気は落ちる一方で、もはや応援してくれるのは娘たちだけ。そんな彼らの前に未来からの使者が現れ、時空のゆがみによって世界が終わるまで77分25秒、それを止める為にビルとテッドの「世界を救う曲」が必要なのだと告げる。監督はディーン・パリソット。
 まさかこのシリーズで3作目を今更作るとは思わないし(何しろキアヌ・リーブスは今や大スターだ)、ビルとテッドがあのまま50代になっていると思わないよな…。ずっと頭悪くて能天気なままだし大成とも成功とも程遠い。ただ、この成長のなさを全く笑えないし、自分たちはまだやれるはず!という根拠のない自信はいっそ尊敬してしまう。こういうメンタリティだと人生大分楽なのでは…。新曲が思いつかないから未来の自分たちからパクろう!という発想は大分クズなのだが。
 タイムトラベルというSF設定、未来の自分過去の自分と遭遇するというタイムパラドックス起きかねないシチュエーションはあるのだが、SF的なルールや整合性はほぼ無視されている。本シリーズらしく実に緩く雑。そして未来世界に対するセンスがとにかく古い!その未来は90年代に想像していた未来で2000年代の未来じゃないぞ!と非常に突っこみたくなった。良くも悪くも進化がないのだが、それこそがこのシリーズの真骨頂なのだろう。
 安い・緩い・頭悪いという三拍子なのだが、不思議と不快感はない。誰かを貶めるような笑いの作り方ではないからか。また、ビルとテッドの徹底した自己肯定感(強すぎるし2人一体化しすぎなのでこれはこれで怖いけど)も一因だろう。何より、本作、本気で世界を音楽で救えると思って作られているような気がする。世界中が分断されたコロナ禍の中で本作を見ると、その能天気さは逆に腹をくくったものに見えるのだ。一瞬かもしれないが世界中の人の心が重なる、同じ方向を向く瞬間があると信じて作られている気がした。その本気さが一見実にいい加減な本作を「映画」として立ち上げている。映画は大勢が一緒に見て同じものを共有するものだ。エンドロールにもその信念が込められていると思う。

ビルとテッドの大冒険 [Blu-ray]
ジョージ・カーリン
KADOKAWA / 角川書店
2018-08-24



『パリのどこかで、あなたと』

 パリで一人暮らしをしている30歳のメラニー(アナ・ジラルド)とレミー(フランソワ・シヴィル)は隣同士のアパートメントに住んでいるがお互いを知らない。がんの免疫治療研究者であるメラニーはプレゼンを控え仕事に追われているが、別れた恋人への思いを引きずっている。レミーは物流会社で働いているが同僚が解雇され自分だけ昇進したことへの罪悪感と深刻な不眠症に悩んでいた。監督・脚本はセドリック・クラピッシュ。
 まだ見知らぬ男女の都会での孤独と不安を描く、まあ月並みといえば月並み、どうということはない話ではある。しかし何だか良い手触りがある。どこかにいる、もしかしたらお隣に住んでいるあの人、みたいな近さを感じた。作中、しばしば夜になるとアパートメントやビルの窓に明かりが灯り、中にいる人たちの様子が垣間見える。夜、電車や自動車に乗っているとよく目にする風景なのだが、私はこれが好き。自分がそこに参加できないとしても、そこで生活し生きている人たちがいる。それを目にすると、世界がちゃんと動いている気がして何となくほっとすると同時に、ほんのり寂しくなるのだ。本作はそういう「窓の中の人」の人生を垣間見させてくれる。
 コミカルに描かれているが、メラニーもレミーも結構大変な状況にある。精神状態はかなりまずいのではないか。特にレミーは自分の大変さをあまり自覚していない(あえて自覚しないようにしてきた)。パニック障害と睡眠障害のダブルパンチって結構大変だとおもうのだが…。彼は極端に内省しないというか、自分の状態・内面を言語化することができないのだ。カウンセリングを受けても何を話すべきか途方に暮れる。とは言え、徐々に彼の自分自分自身へのある種の無関心さや他人との距離感の根がどこにあるのかが見えてくる。本作、カウンセリングの有効性が描かれているという側面もあった。
 一方メラニーはカウンセラーにも積極的に話すし、自分の状態の何が問題か自覚的だ。ただ、わかっていても自分をコントロールできない。彼女のトラブルへの妹の対応を見るにつけ、多分これが初めてではないんだろうな…と思える。妹、手慣れすぎ。
 なお、レミーにしろメラニーにしろ、何となく上手くいかない、不調な時に周囲から「付き合っている人いないの?」「デートしてる?」といったことをまず聞かれるというのが、なかなかしんどい。結婚ありきの価値観ではないのはいいのだが、カップル文化なんだな~と痛感する。皆が皆、恋愛をしたい、もしくはパートナーを得たいわけではないしそれによって問題が解決されるわけでもないと思うのだが…。


ブエノスアイレス恋愛事情 [DVD]
イネス・エフロン
アメイジングD.C.
2014-09-03


 

『ハッピー・オールド・イヤー』

 インテリアデザイナーのジーン(チュティモン・ジョンジャルーンスックジン)は実家をミニマムなデザインの事務所にリフォームしようと思い立つ。実家は父親が営んでいた音楽教室で、様々な不要品でいっぱいだった。断捨離を決行し、借りっぱなしだった物は持ち主に返却していったジーンは、元恋人から借りていたカメラを送り返すものの、受取拒否されてしまう。監督・脚本・製作はナワポン・タムロンラタナリット。
 冒頭、親友ピンクにリフォームの相談をしたジーンは、年内には実家の中を片付けてと言われる。言われた日付は11月末。複数名が暮らす一軒家の引っ越し・リフォーム・建て替えなどを体験したことがある人にはわかるだろうが、スケジュールが無茶である。ミニマリストは計画性があるというイメージだったのだが、ジーンのリフォーム計画は練られているとは言い難い。何より、この時点でジーンは家族にリフォームの計画を説明していないのだ。誰かと一緒に暮らす以上、住まいのことはその都度相談し、各々が納得する形にしないと後々色々問題が起きるというのは言うまでもないことなのだが…。
 現実的に考えるとちょっとなさそうなシチュエーションなのだが、ストーリー展開上の都合の良さというよりも、ジーンの性格をよく表すエピソードとして設定されているように思う。彼女は自分の思い・都合が先行して周囲の気持ちや都合は後回しになってしまうのだ。この性格のせいで、彼女も映画を見ている側も何度か冷や水を浴びせられたような気持ちになる。そしてジーンは、自分のこういう性格を自覚していくことになる。物事が丸く収まるのではなく、彼女が自分の身勝手さを自覚し引き受けていく過程の物語なのだ。そして一番先に説明・説得しておくべき家族への対応を後回しにしていた以上、終盤、家族のエピソードに帰結していくのも自然と言えるだろう。
 思い出の処理の仕方は人それぞれで、その方向性の違う人たちが一緒に住んでいるとしみじみ大変だ。特にジーンと母親の思い出に対する態度は真逆だ。母親の、思い出を一見封印しているようでいて実はずっと拘っている姿は、痛々しくもある。そこにしがみついても何も生まれなさそうだが、それでも断ち切れないのだ。ジーンはそんな母親を切り捨てる。彼女もまた極端だ。家屋の整理は家族解散にもつながっているのだ。

バッド・ジーニアス 危険な天才たち [DVD]
チャーノン・サンティナトーンクン
マクザム
2019-03-22


 

『ホモ・サピエンスの涙』

 信仰を失い絶望の淵にいる牧師、廃墟となった町の上空を漂うカップル、シャンパンが好きでたまらない女性、昔の同級生に無視される男、機嫌の悪い歯科医。様々な人々の人生のあるシーンを繋ぎ合わせた群像劇。監督・脚本はロイ・アンダーソン。
 スウェーデンの巨匠であり奇才であるロイ・アンダーソン監督の新作。監督の作品はCGをほぼ使わず、巨大スタジオ内のセットで模型や手書きのマットペイントを駆使して作られることで有名だ。そのアナログさ、徹底した人工が、絵画のような完成度の高く美しい情景を作り上げている。33のエピソードから構成された作品だが、それぞれのエピソード間に具体的なつながりがあるわけではない。ともすると本当に断片的に見えかねないところ、美術の統一感の強さによって一作品としてまとめ上げられているように思う。それぞれのエピソードはほぼ1ショットで撮影されているので、ある町のあちらこちらに出没して人々の営みを眺めているような不思議な気分になる。「~な人を見た」といった言葉で始まるナレーションが、その気分を高める。神の目に近い視点だ。神から見たのなら、この世界全体が作り物とも言えるのだろうか。
 エピソードの一つ一つは人生の悲哀を感じさせるほろ苦いものであったり、また洒落にならない悲惨なものであったりする。また、ヒトラーらしき独裁者や、シベリアの収容所に向かう兵士たちなど、歴史の負の部分を垣間見せるものであったりする。写真撮影に興じる家族や、土砂降りの中誕生会に向かう親子など、ほっとするような情景もあるが、悲哀や悲惨を相殺するほどのものではない。にも関わらず、本作を見ていると人間に対して希望を持ち続けられる気がしてくる。というとちょっと言いすぎかもしれない。絶望しなくても済む気がしてくると言った方がいいか。単純に絵画のようなショットひとつひとつが美しいからというのもあるのだが、人間のしょうもなさや愚かさも飲み込めるような奥行を感じるのだ。諦念を突き抜けたおおらかさのように思う。

さよなら、人類
ニルス・ウェストブロム


愛おしき隣人 [DVD]
オリー・オルソン
Happinet(SB)(D)
2008-11-28




 

『パピチャ 未来へのランウェイ』

 1990年代、アルジェリアの首都アルジェ。大学生のネジュマ(リナ・クードリ)はファッションデザイナーを目指し、ナイトクラブのトイレで自作のドレスを売っている。しかしイスラム原理主義が台頭してテロが多発し、女性にヒジャブ着用を強要するポスターがそこら中に貼られるようになる。イスラム原理主義グループはやがて大学寮にまで乗り込んでくる。自分たちの自由の為、ネジュマは命がけでファッションショーを行おうとする。監督はムニア・メドゥール。
 90年代のアルジェリアがこのような状況にあったとは、恥ずかしながらよく知らなかった。本国では上映中止されたり、製作側が政府からの圧力があったと訴えたりで大変だったそうだが、すごく勢いのある快作。ただ、快作と言うには彼女らの戦いが現在進行形すぎて辛いのだが…。ネジュマらが直面している問題は、当時のアルジェリアに限ったことではなく、いまだに世界のあちこち(ことに日本では)で散見されることだと思う。
 はつらつとした女性たちの青春が映されるのだが、中盤で衝撃的な展開があり愕然とした。映画を見ている側にとってもネジュマにとっても、自分が生きている世界はこのようなところになってしまったということを突き付けてくる。邦題のサブタイトルは「未来へのランウェイ」だが、キラキラしたものではなく、文字通り生きるか死ぬか、自分固有の生を守る為の戦いなのだ。彼女らが立ち向かうものはあまりに理不尽で、ラストからの「その先」も前途多難だろう。
 ネジュマや友人が男性から向けられる視線、言葉はかなり偏見に満ちているのだが、今の日本でも見聞きするシチュエーション、言葉なので暗澹たる気分になった。「男の目をひく(から露出の大きい服を着るな)」という言い方、いまだに根深い(それは見る側の問題であり女性側にどうこう言うことではないだろう)。また、最初はネジュマの独立心に理解がある風だったボーイフレンドが、その「理解」はネジュマが彼の価値観の範疇に収まっている間だけのものだったと露呈するのにもがっくりくる。まあこういう人多いですよね…。

少女は自転車にのって [DVD]
ワアド・ムハンマド
アルバトロス
2014-07-02


裸足の季節(字幕版)
アイベルク・ペキジャン
2016-12-14


『バルタザールどこへ行く』

 農園主の息子ジャックと幼なじみのマリーは、仔ロバをバルタザールを名付け、一緒に成長する。やがてバルタザールは他人の手に渡り、ジャックも村を去った。美しく成長したマリー(アンヌ・ヴィアゼムスキー)はバルタザールと再会し昔と同じように可愛がるが、マリー自身は不良少年ジェラールに運命を狂わされていく。監督・脚本はロベール・ブレッソン。1966年の作品。同年のヴェネチア国際映画史審査委員特別賞受賞作。
 私はブレッソン監督作品が好きなのだが、本作は見る度しみじみ嫌な話だと思う。マリーの転落ぶりというか、彼女の人生が「転落」として悲劇的に描かれているところにちょっと悪意に近い冷酷さを感じる。マリー自身が折々で間違った方向を選んでしまう、ないしは他の選択肢が奪われており、誰も彼女を助けないというUターン不能みたいなストーリー構造が重苦しい。神話的な悲劇とも言えるだろうが、ちょっと露悪的な悲劇の盛り方(特にバルタザールの顛末は「絵にかいたような」ものすぎる)だ。ブレッソンの演出、映像の作り方自体はストイックで余計なことをせず映画の骨組みのみ、みたいな感じなので、映画演出と悲劇の盛りとのアンバランスさが際立つ。
 マリーの不幸の一つは両親が家族を守る役に立たないことにあり、もう一つはジェラールと関わってしまったことにある。今回再見して、ジェラールという登場人物はなかなか不思議だと改めて思った。なんでそんなにモテるのかさっぱりわからないのだ。マリーは彼を拒みつつずるずる関係を持ち「愛している」というまでになるし、パン屋の女将も彼にやたらと貢いでいる。しかも男友達からも人気だ。何か悪魔的な魅力があるのかもしれないが、映画の画面を見ている限りではそれが感じられない。だからジェラール当人も彼に翻弄される人たちも大分アホみたいに見えてしまうんだけど…。

バルタザールどこへ行く ロベール・ブレッソン [Blu-ray]
ヴァルテル・グレーン
IVC,Ltd.(VC)(D)
2017-06-30


少女
アンヌ ヴィアゼムスキー
白水社
2010-10-19



『博士と狂人』

 貧しい家庭に生まれ、独学で学んできた異端の学者ジェームズ・マレー(メル・ギブソン)は、オックスフォード英語大辞典の編纂に抜擢される。英語圏中から用例を募った所、的確かつ大量の用例を送ってきたボランティアがいた。その人物はウィリアム・チェスター・マイナー(ショーン・ペン)。マイナーは精神を病んで自分を殺しに来たと勘違いし無関係の男を殺害、精神病院に幽閉されていた。2人は英語圏最高の辞典を作るという共通の目標を目指し、友情と尊敬で結ばれていく。原作はサイモン・ウィンチェスターによるベストセラーノンフィクション『博士と狂人 世界最高の辞書OEDの誕生秘話』。監督はP・B・シェムラン。
 原作は買ったものの未読。先に読んでおくべきだったか。映画は予想外にロマンス要素が盛り込まれており、いくら何でもこれはドラマティックすぎでは?思ったとのだが、原作だとどうだったのだろうか。肝心の辞書編纂の描写は大味で、ちょっと拍子抜けした。これはこれで面白いのだが、原作よりも、人間ドラマ方向に大分舵を切っているのでは?と予想した。
 マレーとマイナーの友情、マイナーと被害者の妻の関係という人間ドラマが主体だが、英語の辞書、伝統的な言葉も俗語も、古いものも新しいものも同価値として収録していくというOEDの意義はどのようなものなのかということは伝わってくる。マレーの辞書の作り方はかなり民主主義的というか、言葉の価値を決めるのは自分たちではない、また特定の層が決めることではない指針に基づいている。オックスフォードの学者の中には、言葉は選別すべき、「美しい英語」「正しい英語」を自分たちが定義するべきだという反論もある。しかしそれは特権階級による言葉の専有化につながる。国内だけでなく他国の英語辞書との競り合いもあり、言葉=権力という考え方をするのが政治家のやり方とも見えた。言葉は平等であり広く収集してこそ辞書だというのがマレーの主義だったのだろう。
 なお、マイナーが収容されている精神病院の院長は、おそらく当時としては先進的で実験精神旺盛なのだが、やっていることはかなり問題がある。マイナーをある程度尊重してはいるが、現代から見ると間違った治療方法で、精神医学の黒歴史を垣間見た感があった。こういう間違いの積み重ねが現代の医療につながってくるのだろうが、患者はたまったもんじゃないよな…。

博士と狂人 世界最高の辞書OEDの誕生秘話 (ハヤカワ文庫NF)
サイモン ウィンチェスター
早川書房
2017-09-30


舟を編む
麻生久美子
2013-11-26


『星の子』

 中学生のちひろ(芦田愛菜)は両親と2人暮らし。両親は新興宗教に深く傾倒していた。病弱だった幼いころのちひろを救ったのがこの宗教で清められた水の力だと信じているのだ。中学3年になり受験を控えたちひろは、憧れている南先生(岡田将生)に、宗教儀式を行っている両親の姿を見られてしまう。原作は今村夏子の同名小説。監督・脚本は大森立嗣。
 ちひろの父(永瀬正敏)も母(原田知世)も、彼女のことを愛し大切にしているが、世間から見たら変な環境でかわいそう、ということになる。実際、子供を大切にしてはいるが日々の食事や住環境については少々おろそか、というより宗教内の価値観で行動してしまうので世間の「ケア」とはずれていると言った方がいいだろう。ちひろは両親を愛しており自分がかわいそうとは思っていない(と思われる)ので、世間とのギャップが生じる。なんとなくわかっていたそれが、南の言葉で突き付けられてしまう。
 ちひろにとっては宗教に傾倒していることも含めて自分の両親であり、そういう両親がいるということが自分を構成するパーツになっている。そこに対する否定はなく、両親の愛を信じ、自身も彼らを愛する。とは言えその愛は、15歳の子供の視野の中での愛であり選択だ。子供にはそもそも選択肢がない。伯父一家からの提案をきっぱり断るちひろの姿は毅然としているが、それは選択肢がないから、他を知らないからだということを見落としてはいけないだろう。
 ちひろの友人とそのボーイフレンドの存在感がいい。ちひろの家が宗教にはまっていることは知っており、それを口にもするが、揶揄はしない。ボーイフレンドもちょっと抜けているけどちひろに対する態度はフラットだ。距離の取り方が適切なのだ。対して、南の態度の失礼さが際立つ。大人げないな!彼の授業も、こいつ生徒の話絶対聞いてないなという姿勢のもので大分独りよがりだったと思う。

星の子 (朝日文庫)
今村 夏子
朝日新聞出版
2020-01-31


タロウのバカ
國村隼
2020-02-18




『フェアウェル』

 ニューヨークで暮らすビリー(オークワフィナ)は、中国で暮らす祖母ナイナイ(チャオ・シュウチェン)が末期がんで余命僅かだと知る。各地で暮らしていた親族は中国に帰郷することになるが、その名目はビリーの従弟の結婚式の為。中国では回復の見込みがない患者には病状は伏せておくのが慣習なのだ。ビリーは祖母に真実を告げるべきだと反発するが、親戚から説き伏せられる。監督はルル・ワン。
 ビリー、両親、祖母はそれぞれ別の文化圏で生きている。世代の違いもあるし、中国系移民と中国人の意識の違い、またビリーに関してはアメリカに渡ってきたのは幼いころなので中国人としてのアイデンティティはかなり薄く、中国語も流暢ではない。ビリーの伯父は、西洋と東洋とでは個人の在り方が違うのだと言うが、ビリーは納得出来ない。末期がんの宣告を当人にしないというのはアメリカでは罪になる為、ビリーは自分が所属する文化圏の倫理に従うと、家族が所属する文化圏の倫理にふれることになってしまう。また、結婚式の支度で張り切る祖母を見ると何も言えなくなってしまうという面もあるだろう。このジレンマが全編続き、解消されることはない。
 アメリカの文化と中国の文化、また世代ごとの軋轢はずっと継続しており、多少歩み寄ったりなんとか折り合いをつけたりはするが、まじりあうことはないように見えた。食事の席で、中国は好景気だから帰ってきたら?と投げかけられたビリーの両親は、アメリカに行ったらお金が一番ではなくなるのだと言う。個人の在り方が違うからということだろうが、中国に暮らす伯父たちにはその感覚はわからないだろう。一方で伯父たちも自分の息子は海外留学させるし、息子が海外に永住するかもともうっすら思っている。色々と矛盾はあるが、そういったものが並立しているところに、人の心や生活の割り切れなさを感じた。ビリーは祖母の価値観を全て共有できるわけではないし、おそらく中国に戻りたいとは本気では思っていない。それでも祖母を愛しているしウマが合う。割り切れないまま付き合っていくのだ。
 本作に出てくる披露宴や墓参りは、ひと昔前の日本のものと近いが、こういうイベントごとは個人的には非常に苦手で、トラウマが甦りそうになった。特に披露宴の、周囲を楽しませなければ、喜ばせなければ(これも個ではなく共同体が重視される文化圏ということか)というプレッシャーがきつい。こういう披露宴はもう一生出席したくないな…。

千年の祈り (新潮クレスト・ブックス)
イーユン リー
新潮社
2007-07-31


恋人たちの食卓<普及版> [DVD]
ウー・チェンリン
マクザム
2017-06-30


『ブリング・ミー・ホーム 尋ね人』

 看護師のジョンヨン(イ・ヨンエ)と夫のミュウングク(パク・ヘジュン)は、6年前に行方不明になった息子ユンスを探し続けていた。ある日「ユンスに似た子をある漁村で見た」という情報が寄せられる。ジョンヨンは漁村を訪ねるが、ユンスが見かけられたという釣り場を営む一家は、彼女を追い返そうとする。監督・脚本はキム・スンウ。
 勢いがある展開でぐいぐい見せてくる。終盤はこの絵を撮りたいという熱意の方が先に立ってしまって登場人物の行動経緯が展開上ちぐはぐな所もあり、決して精緻な脚本というわけではないのだが、緊張感が途切れず面白い。イ・ヨンエの母親演技から、子供を失った絶望とわずかな可能性にすがる切迫とがひしひしと迫ってくる。
 ジョンヨンとミョングクは子供が失踪するという悲劇にみまわれているが、そこを面白半分につつく世間の冷酷、また無関心が辛い。こんなに無頓着に他人を傷つけるのかと。そして何より、釣り場の一家のように、自分よりも弱い存在を平気で食い物にする、消費していいものとして扱っている様がそら恐ろしかった。更に、彼らが子供や女性を食い物にして守ろうとする利権が全く持ってショボいのだ。こんなことのためにジョンヨンたちはボロボロにされたのか!と愕然とする。全然バランスとれていない気がするのだが、ホン署長(ユ・ジェミョン)たちはそんなこと考えもしないのだろう。すごく狭い世界で展開している小さい悪であることが逆に怖い。

母なる証明 [Blu-ray]
チョン・ミソン
TCエンタテインメント
2020-07-22


私の少女 [DVD]
ソン・セビョク
ポニーキャニオン
2015-10-02


ギャラリー
最新コメント
アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ