3つ数えて目をつぶれ

映画と本の感想のみを綴ります。特に映画。ご連絡はhoto5now★yahoo.co.jp(お手数ですが★を@に変えてください)まで。

映画題名た行

『天使 L'ANGE』

 宙づりになった人形を剣で突く男、ミルクの入った水差しを運ぶ女と、机から落下する水差し。階段の暗がりには何かが潜んでいる気配があり、図書館では司書たちが資料探しに奔走する。様々なイメージが美しく怪しい光景に構成されていく。1982年製作、監督はパトリック・ボカノウスキー。
 公開された当時は『アンダルシアの犬』の再来、全く新しいアヴァンギャルド映画として評判になったそうだ。当時としては相当実験的な作品だったのだろうが、今見るとむしろ、実験性よりも強烈な美意識に貫かれた作品であるように思った。ショットの一つ一つが独立した絵として成立しそうな完成度で強烈だ。監督のパートナーで現代音楽家であるミシェール・ボカノウスキーによる音楽も、この映像には正にこの音楽でないと、というハマり方だった。音楽が映像の神秘性を高めている。
 映画はコマの連続で構成されているというフィルムの性質を強く意識させる作品だった。コマとコマの連続の仕方、コマからコマへの移動のスピードが変わると光景が変わる。落下する水差しの軌道がコマの連続として可視化され、同じオブジェクト、同じ動きもカメラの向きやライティングによって印象が全く変わってくる。様々な形で「見せる」と同時に、見えないが何かがそこにあるという雰囲気を纏っている所が本作の魅力。コマとコマの間に何かが漂っているのではという、可視化できない部分の味わいがある。
 幻想的な映像作品で知られるクエイ兄弟が影響を受けた映画の一つが本作だそうだが、見て納得。影と光を駆使したライティングにより「見えない」ものをイメージさせる方向性もだが、空間の使い方はかなり参考にしているのではないかと思った。クエイ兄弟の作品で使われたセットの実物を見ると、意外と小さい。フィルムの中では実物以上の奥行、広がりを感じられるのだ。本作も同様で、同じ場所を撮っているのに広くも狭くも見える。もちろん意図的に撮り方を変えているのだろうが、カメラの位置やライティングを変えることで空間のコントロールができるんだなと実感した。

天使/海辺にて [DVD]
パトリック・ボカノフスキー
アイ・ヴィ・シー
2006-02-24




『どうにかなる日々』

 元恋人の結婚式で知り合ったえっちゃん(花澤香菜)とあやさん(小松未可子)。男子高校の教師・澤先生(櫻井孝宏)と生徒の矢ヶ崎くん(山下城一郎)。幼馴染同士の中学生・しんちゃん(木戸衣吹)とみかちゃん(石原夏織)、しんちゃんの従姉で一時期同居していた小夜子(ファイルーズあい)。3組の人びとの恋心(らしきもの)を描くオムニバスアニメーション。原作は志村貴子の同名アンソロジー漫画。監督は佐藤卓哉。
 原作に忠実なアニメ化という印象。志村作品はシーンとシーン、コマとコマの間の取り方、余白の使い方の上手さが特徴だと思うのだが、アニメーション化された本作でも間を詰めすぎないゆったりとした時間が流れる。ただ、原作の魅力、面白さを越えるものが何かあるかというと、ちょっと微妙。まあ原作通りで確実に面白いからそのまま置き換えるような映像化でも構わないんだけど、映像ならではの切り口が欲しかった気もする。アニメーションとしてはオーソドックス、悪く言うと凡庸な印象だった。特に人がほわ~っとした気分になった時の演出は、ちょっとダサいのでは…。微妙に古さを感じる。
 ちょっと古さを感じるというと、しんちゃん・みかちゃん・小夜子のエピソードであるあ3,4話は、登場人物の行動が若干古い(原作は2002年~)かなと思った。作中の時代設定自体10数年くらい前(VHSが現役)だから実際に「古い」のだが。親族同士、好ましいお姉さんであっても子供(でなくても)に対してああいう接触の仕方はかなりまずいし、同年代同士のやりとりもちょっと暴力的(物理的にではなく、一方的だという意味で)。逆に、具体的に恋愛に発展しない、薄目のウキウキ感を自分の中のみで昇華する澤先生のエピソードの方が現代的かなと思った。子供のエピソードの方が性的なものの暴力性を感じさせる。

どうにかなる日々 新装版 ピンク
志村貴子
太田出版
2020-04-17


どうにかなる日々 新装版 みどり
志村貴子
太田出版
2020-04-17


『TENET テネット』

 特殊部隊に参加し危機に陥った男(ジョン・デビッド・ワシントン)は第三次世界大戦を阻止するために未来からやってきた敵と戦うという任務を課せられる。未来では「時間の逆行」と呼ばれる装置が開発され、人や物を過去に移動させることができるのだ。そして何者かがこの装置を現代に送り込んだ。相棒のニール(ロバート・パティンソン)とミッションに挑むうち、ロシアの武器商人セイター(ケネス・ブラナー)がキーマンだとわかってくる。監督はクリストファー・ノーラン。
 ストーリー構成が串団子状とでもいうか、次々とエピソードが繋がっていくが一つ一つの間の繋がりの説明があまりないので、ストーリーの筋道を追うのがかなり大変だった。主人公の男が、誰が何の為に発した指令なのかわからないのに任務に従い続けるというのも不思議だし、正直、よくわからなかった部分も多々ある。説明がミニマムというよりも、繋ぎ・説明のポイントがずれている気がした。監督のやりたいことに構成力が追いついていないのではないかという『インターステラー』と同パターンであったように思う。『ダンケルク』で改善された長尺も復活してしまっているし、これだけ説明割愛してもこの長さになっちゃうのか…という徒労感がある。
 本作のポイントはもちろん「時間の逆行」にある。時間上のある地点からある地点に飛ぶ=タイムスリップではなく、自分の時間を巻き戻してある地点に到達するというシステムだ。ビジュアルとしては確かにこの方が面白い。面白いのだが、これわざわざ逆向き演技をやらせる必要あるのかな?という根本的な疑問を感じてしまった。ノーラン監督と言えば、CGは極力使わず可能な限り実物を用いた大規模撮影を行うことで有名だ。本作でも本物の飛行機を倉庫に突っ込ませ爆発させるという荒業を筆頭に、派手なシーンがいくつもある。しかし、個人的にはこれらのシーンはあまり印象に残らなかった。むしろ、船と波が逆行していたり、鳥が後ろ向きに飛んだりというフィルムを逆回転させたであろうシーンの方が印象に残った。音も逆回転するという面白さが印象に残ったという面もあったのだが、印象度とコストが私の中では反比例してしまった。
 何より、中盤まではともかく、終盤の大オチって「逆行」を用いる必要があまりないのでは、普通のいわゆるタイムトラベルネタになってしまうのではという気がした。諸々見落として理解しきれていないだけかもしれないが、「逆行」というネタとストーリーとが必ずしも合致していないように思う。また、「逆行」システムだとこの見え方はおかしいのでは?という部分があった気が…いつになく展開の速さ(なのに長い!)で押し切ったなという印象を受けた。

ダンケルク(字幕版)
トム・ハーディー
2017-11-10


プリデスティネーション(字幕版)
クリストファー・カービイ


『ドクター・ドリトル』

 動物と話せる獣医師のドリトル(ロバート・ダウニー・Jr./藤原啓治)は、妻を亡くして以降、森の中の屋敷に引きこもり、様々動物たちとひっそりと暮らしていた。しかしある日、病で倒れた女王を
助けてほしいと依頼を受ける。唯一の治療薬は伝説の島に生息する植物。ドリトルは仲間と共に伝説の島を目指す。原作は100年以上愛読されているヒュー・ロフティングの児童文学。監督はスティーブン・ギャガン。
吹替版で見た。ドリトル先生(原作読者にとってはやっぱり「先生」だよな)は私の中ではどうもダウニー・Jr.のイメージではないし、ドリトル先生に異性のパートナーがいるというのもイメージ違うのだが、原作とは別物としてまあまあ楽しい。原作との共通項は、動物の言葉を話せる医者って所くらいで、あとは動物たちの性格含めおおむねオリジナルだ。ストーリーは幻の島にお宝探しに行くぞ!程度の雑さなのだが、細かいことを気にせず老若男女が楽しめそうだし、変なひねりのない素直なおおらかさなので、嫌な感じがしない。
 動物たちは全てCGなのだろうが、動きや表情が意外と「動物」寄りで、言葉は話す(というかドリトル先生にのみわかる)が人間に寄せすぎていない。ここがとてもよかった。人間に寄せすぎるとデフォルメが下品になる印象があるのだが、そのあたりの踏みとどまり方が的確だったように思う。トンボのみちょっとまんがっぽすぎるかなという気はしたが。
 吹替え版で見たのだが、ダウニー・Jr.役の藤原にとってはこれが遺作ということになるのだろうか。藤原以外のダウニー・Jr.の声にはなかなか慣れそうもなく、寂しい限りだ。私は普段は字幕派だが、本作に限っては吹替え版を推奨したい。本作、日本語吹き替え声優が非常に豪華。ゴリラが小野大輔、シロクマが中村悠一、アヒルが朴璐美、犬が斉藤壮馬等、普段主役を張っているキャストがぞろぞろ登場するので、声優ファン、アニメファンにもお勧め。なおプロ声優以外の起用としてはオウム役が石田ゆり子なのだが、石田ゆり子にたしなめられたい人にはかなり良いと思います。原作のポリネシアのイメージとは違うんだけど、これはこれで素敵。また霜降り明星の2人がある生き物役で出演しているが、予想外に様になっている。


『デッド・ドント・ダイ』

 アメリカの田舎町センターヴィル。警察署長のロバートソン(ビル・マーレイ)と巡査のピーターソン(アダム・ドライバー)、モリソン(クロエ・セビニー)。変哲のない平和な町だったが、ある日ダイナーで凄惨な他殺死体が発見される。なんと墓場から死者が次々と蘇り、町がゾンビだらけになってしまったのだ。謎めいた葬儀屋のゼルダ(ティルダ・スウィントン)の助けを借りて、警官たちはゾンビと戦うが。監督はジム・ジャームッシュ。
 ジャームッシュに縁の深いオールスターが登場する豪華さだが、無駄遣い感がすごい。なんなんだこの間延びした映画は…。ゾンビに刃物を振り回すアダム・ドライバーとティルダ・スウィントンというわくわく感あふれるシチュエーションなのに、全くわくわくしない。全体の流れがもったりしすぎ(まあはきはきしたジャームッシュ監督作というのも変だけど)。あえてのもったりと思えず、単に手を抜いたな、という印象を受けてしまった。
 また、それまでの文脈をぶち壊すような展開があったり、特に前振りや後々の伏線になるのでもない唐突な設定が明らかになったり、行き当たりばったり感が強すぎる。唐突なら唐突で、何かを意図した唐突さならわかるのだが、特に何かを考慮してやった形跡が見受けられないのでイライラしてしまった。出演者の技量とネームバリューに甘えすぎではないか。
 前作『パターソン』は一見変化のない日々を緻密な演出で組み立てていたので、そのギャップでよけいにがっかりしてしまった。また、正直今の時期に見るには(私にとっては)不向きな話だったという面もある。蔓延していくものに対してなすすべもなく飲み込まれていく話だから…。


ゾンビランドサガ SAGA.1 [Blu-ray]
河瀬茉希
エイベックス・ピクチャーズ
2018-12-21




『鳥の歌いまは絶え』

ケイト・ウィルヘルム著、酒匂真理子訳
 様々な事業を展開する裕福な一族に生まれ、生物学者を目指すデイヴィッドは、地球上のあらゆる生物が滅びに向かっていることを知る。一族は資産と人員を終結させ研究所を作り、クローン技術によって人類を存続させようとするが、クローンたちは従来の人類とは異なる性質を見せ始める。
 地球上の生命が弱体していく世界を3世代にわたって描くSF長編。滅びゆく世界、人類の知恵・生命のもろさが情感豊かに物悲しく描かれている。が、パンデミックの中で読むには少々不向きだったか…。前半は人類の英知の敗北といっていいような展開なのでちょっと辛いんだよね…。
 デイヴィッドたちはクローンを作るが、彼らには「個」という概念が薄く、兄弟姉妹で強い共感能力を持ち1つの生命体のようにふるまう。デイヴィッドら旧人類とは別の文化・別の生命として生き始める。しかしクローンたちもまた滅亡の道を歩み始める。彼らには独創性や創造力、抽象的なものを考える力がないので予想外の危機に対応できないのだ(このあたりのクローンの概念はさすがに一時代前のものだと思う)。突破口となるのは、それまで問題因子とされていた「個」。創造性と孤独がセットになっていることが人間の特性、それぞれ全く似ていないことに価値があるという人類の描き方はヒューマニズムに根差していると言えるだろうが、希望がありつつもやはり滅びの気配が漂う。美しいが儚い。

鳥の歌いまは絶え (創元SF文庫)
ケイト・ウィルヘルム
東京創元社
2020-04-30


ナインフォックスの覚醒 (創元SF文庫)
ユーン・ハ・リー
東京創元社
2020-03-12



『チャーリーズ・エンジェル』

 国際機密組織チャーリー・タウンゼント社は通称エンジェルと呼ばれる女性エージェントを育成し、世界中で隠密に活動している。巨大企業に勤めるプログラマーのエレーナ(ナオミ・スコット)は、自分が開発した新エネルギー源“カリスト”を、会社が兵器として軍事利用しようとしていることに気付き、エンジェルに告発し助けを求める。2人のエンジェル、潜入捜査を得意とするサビーナ(クリステン・スチュワート)と元IM6で武器と格闘に長けたジェーン(エラ・バリンスカ)は、命を狙われるエレーナを守りながら調査を進める。監督はエリザベス・バンクス。
 正直な所、決してストーリーの出来がいい映画というわけではない。カリストの性能や性質の設定がだいぶ曖昧でそもそもどういうものなのか微妙だし(軍事利用するよりも普通にエネルギーとして販売する方が格段に儲かりそうなんだよね…独占できるわけじゃん…)、あの人もこの人もやることが大雑把。また、アクションシーンの見せ方があまりうまくない所は非常に残念。アクション設計自体はいいのだが、カットのつなぎ方がいまいち効果的ではないという印象。動きが細切れになってしまうのが勿体ない。やはり一連の流れを体全体の動きがわかるように見たい。
 とは言え、エンジェルたちはかっこよくチャーミングで、彼女らの活躍を見ているだけで楽しい。華やかかつセクシーな恰好もするが、「女性だから」「女性らしさが」といった見せ方にはあまりなっていない印象になっているところがいい。どんな格好にせよ、当人が好き自分の為にやっている感じなのだ。実はあからさまにセクシーだったり男性ウケがよさそうな恰好は、あまりしていないんだよな。
 サビーナとジェーンの不器用な歩み寄りがチャーミング。お互いに仕事で組んで間もなく、お互いのことをよく知っているわけではない。でも「友達ができた」と言えるようになったところにぐっときた。またボスレー(エリザベス・バンクス)の「映画好きなのよ!」という主張もかわいい。本作、実はボスレー、つまりかつてのエンジェルたちが主役といってもいいくらいなのでは。だとしたら先代エンジェルについての言及がないのはちょっと寂しい。いろいろ事情があるのだろうが出てほしかったなー。

チャーリーズ・エンジェル コレクターズ・エディション [AmazonDVDコレクション]
キャメロン・ディアス
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2019-05-17


地上最強の美女たち! チャーリーズ・エンジェル 1stシーズン傑作集 [DVD]
ケイト・ジャクソン
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
2001-05-25



『T-34 レジェンド・オブ・ウォー ダイナミック完全版』

 第二次世界大戦下、ナチス・ドイツ軍の捕虜となったソ連の士官イヴシュキン(アレクサンドル・ペトロフ)は、接収されたソ連軍の戦車T-34を操縦し、収容所内でナチス側と戦車戦演習を行えと命じられる。T-34に実弾装備はなしで実弾の砲火にさらされるという圧倒的に不利な条件だ。ナチスのイェーガー大佐(ビツェンツ・キーファー)はかつてイヴシュキンと戦った因縁の相手だった。イヴシュキンはひそかに装備を整え、仲間と共に演習中の脱走を計画する。監督はアレクセイ・シドロフ。
 2019年10月に公開され、一部の映画ファンの間でやたらと熱く燃え上がった『T-34レジェンド・オブ・ウォー』の長尺版。私は短尺版は未見なのだが、一部で熱狂的な支持を受けているので気にはなっていた。今回「ダイナミック完全版」として上映されることになったので、戦車には疎いが見に行ってみた。結果、大正解!なぜ熱狂的に支持されているのか理解した。これは燃えるし萌えるでしょう。特に前半は面白くないシーンがないくらい面白くて本当にびっくりした。こういう見せ方、こういう演出ができるのか!という新鮮さだった。アクション構成と見せ方がすごく上手い。砲弾がいちいちスローモーションで動くのはちょっとくどいが、どういう戦術、アクションが今なされているのかわかりやすく見せてくれて、親切といえば親切。こんなにすごいことが起こっていますよ、というアピールなのでわかっている方がアクションシーンは楽しめる。
 対して後半、人間ドラマが絡んでくるとちょっとかったるくなってしまう。女性捕虜とのロマンスも取ってつけたようで(とはいえこの女性も有能で頼もしいのだが!)それほど必要性は感じなかった。人間同士のエモーショナルなドラマとしては、イヴィシュキンに対するイェーガーの執着だけでおなか一杯。そもそも演習やる必要なんてないもんな!どれだけ再戦したかったんだよ!とは言え、後半の戦車戦もばっちり面白いので、大きな傷にはなっていない。何しろ前半が面白すぎるのだ。ちょっと珍しいバランスの映画だと思う。

T-34 ナチスが恐れた最強戦車 [DVD]
アンドレイ・メルズリキン
ギャガ
2019-03-15


『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』

 CM監督のトビー(アダム・ドライバー)はスペインの田舎で撮影中に、かつて自分が学生時代にこの地で撮影した映画『ドン・キホーテを殺した男』のDVDを見つける。当時の出演者を訪ねるが、ドン・キホーテ役だった靴屋の老人(ジョナサン・プライス)は自分が本物の騎士だと思い込み、ヒロイン役だったアンジェリカ(ジョアナ・リベイロ)は女優になろうと故郷を飛び出し富豪の愛人になっていた。監督はテリー・ギリアム。
 2000年にクランクインするも様々なトラブル、資金難によりとん挫を繰り返し、なんとかかんとか完成した本作。ギリアム監督にとっては30年来の構想だったというから、そりゃあ感無量だろう。とは言え、積年の思いが込められた作品にしては割と普通。ドン・キホーテの物語に取りつかれその中に取り込まれていく人たち、映画の魔のようなものを描いた作品だが、本作自体にはそれほど魔を感じない。構想が経年するうちにだんだん薄味になってしまったのか、様々なハードルを越えるうちにギリアム監督も物分かりがよくなったのか。
 靴屋の老人はまさにドン・キホーテ本人として振る舞い、トビーをサンチョ・パンサと思い込み彼を翻弄する。最初はツッコミ役だったトビーも、段々ドン・キホーテの世界に引きずり込まれ、老人の妄想を共に生きるようになる。妄想が他人を巻き込む、それこそが映画というものなのかもしれない。新たなドン・キホーテが生まれ、サンチョ役が自らサンチョとして相手の妄想に乗っかっていくのは意外。ただ、どちらにしろわりと予定調和的な妄想で少々物足りなかった。確かにすごく豪華なつくりのはずなんだけど、あんまりスケール感を感じないのが逆に不思議。

ゼロの未来 スペシャル・プライス [Blu-ray]
コーエン:クリストフ・ヴァルツ
Happinet
2017-02-02


果てなき路(続・死ぬまでにこれは観ろ!) [Blu-ray]
シャニン・ソサモン
キングレコード
2015-08-05


『ティーンスピリット』

 ワイト島の農家で母と暮らすヴァイオレット(エル・ファニング)は歌手を夢見ている。オーディション番組「ティーンスピリット」の予選が地元で開催されると知った彼女は出場を願うが、保護者の同意が必要だという。母親は歌手になることには猛反対。ヴァイオレットはバーに居合わせた元オペラ歌手のヴラッド(ズラッコ・ブリッチ)に保護者の振りを頼む。ヴァイオレットに才能を見出したヴラッドは歌のコーチを申し出る。監督はマックス・ミンゲラ。
 エル・ファニングのエル・ファニングによるエル・ファニングの為のド直球アイドル映画。ともするとダサくなりそうなところ、話を引っ張りすぎないコンパクトさとテンポの良さですっきりと見せている。ファニングのややハスキーな声での歌唱パフォーマンスがなかなか良くて、クライマックスはぶち上げ感がしっかりあった。ヴァイオレットが好んで聞く曲、オーディションでの選曲から、彼女の音楽の趣味の方向性や人柄がなんとなくわかるような所も音楽映画として目配りがきいていると思う(単に今の音楽のモードがこういう感じなんですよということかもしれないけど…)。
 ストーリーは名もなき若者が夢を追い、努力と才能でスター街道を駆け上がるという、非常にオーソドックスなもの。この手のストーリーにありがちなイベントが盛り込まれているが、一つ一つがかなりあっさりとしている。母親との葛藤も、師匠のしごきも、調子に乗ってのやらかしも、将来への不安もさらっと触れる程度で重さはない。それが悪いというのではなく、本作はそういうドラマティックさを見る作品ではないんだろうなと思う。音楽を聴いた瞬間の世界の広がり方や、自分の中で自分の音楽が鳴り出す瞬間のあざやかさ、そういった雰囲気を楽しむものなのだと思う。
 ちょっと突っ込みたくなる部分は多々あるのだが(ワイト島って相当田舎だと思うのだが、そんなにスキルのあるバンドが都合よくいるの?!という点を一番突っ込みたかった)、エル・ファニングのアイドル映画としては大正解では。なお、前回のティーンスピリッツ優勝者が全くイケておらず、それでよくスター扱いされるなと思った。ステージ上の階段を降りる時の足元がぎこちなくて気になってしまう。

アリー/スター誕生 [DVD]
レディー・ガガ
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2019-11-06


ギャラリー
最新コメント
アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ