レティシア・コロンバニ著、齋藤可津子訳
 インドに不可触民(ダリッド)として生まれたスミタは悲惨な境遇から抜け出すために娘を学校に通わせようとするが、社会のシステムの前に希望を断ち切られる。イタリアで父親が経営する毛髪加工工場で働くジュリアは、工場の経営危機に直面し、金の工面の為望まぬ結婚を迫られる。カナダで弁護士として順調なキャリアを積んでいるシングルマザーのサラは癌を告知された。3人の女性の人生がある一点で交錯する。
 髪の毛のリレーで3人の女性が、自分たちではそうとは知らずにつながっていく。彼女らは3人とも女性に課された抑圧から逃れ、自由を手にしようとする。スミタが生きるインドでは生まれた階層から移動することは容易ではない。女性ならなおさらだ。人生の選択肢が極端に少ない。それに比べるとジュリアやサラは自由と言えば自由。しかしジュリアもお金の為の結婚を期待されるし、人生勝ち組のように見えたサラも、その勝ち組になるには絶対に弱みは見せられないし負けられない、男性よりも失敗が許されないという理不尽な社会の壁にぶち当たる。彼女たちがその社会の枠組みから少しだけ自由になり、自分の人生に手を伸ばす様は清々しい。
 が、本作はいわゆる女性の連帯につながるわけではない。3人が物理的にお互いのことを全く知らないというのも一因なのだが、3人が置かれている社会背景、経済状況がかなり異なる。3人とも自分の人生を掴もうとする点では共通しているが、ジュリアのビジネス、またサラのある決意は、スミタのような境遇の人達を搾取する行為と言えるだろう。需要と供給といえばそれまでかもしれないが、その不均等が気になるといわゆる「いい話」とは読めなくなってくる。3人が持つ苦しみが同じものとは言えないし、持っている選択肢の数が全然違う。階層の違いという部分で越えられない溝を感じた。

三つ編み
レティシア コロンバニ
早川書房
2019-04-26


リラとわたし (ナポリの物語(1))
Elena Ferrante
早川書房
2017-07-06