上海で小さな輸入薬品店を営むチョン・ヨン(シュー・ジュン)は店の家賃も払えず、息子の親権は離婚した妻に取られそうになっていた。ある日、慢性骨髄性白血病患者のリュ・ショウイー(ワン・チュエンジュン)から仕事を持ち掛けられる。国内で認可されている理治療薬が非常に高価なので、安くて成分は同じインドのジェネリック薬を密輸してほしいというのだ。チョンは金ほしさに密輸販売に手を染める。ジェネリック薬の需要は予想以上で、チョンは密輸の為に仲間を集め事業を拡大していくが。監督はウェン・ムーイエ。
 2014年に中国で実際に起き、医薬品業界の改革につながった事件を元にしたドラマ。もっと泣かせにくるコテコテの人情噺なのかと思っていたら、意外とウェルメイドで抑制が効いている。泣かせすぎないところがいい。マスクを使った印象深い演出があるのだが、全員がマスクをしている今の世の中で見ると、本来の意味合いとはちょっとずれてしまいそうで微妙だった。これは全然映画のせいではないんだけど…。
 最初は金目的だった密輸がだんだん自分とは調節関係ない人たちの為のものになっていき、やがてお金の問題ではなくなっていく。というよりも、「自分には関係ない」ということなどなくて、この社会で生きている以上、自分のことでもある。チョンの認識がそのように変わっていく過程でもある。チョンにとっては客は金づる、密輸仲間は単なる仕事相手のはずだったが、段々そうではなくなっていく。客は自分たちの患者であり、密輸仲間は家族のような存在になっていく。何より、金で人間が選別されるのはおかしいじゃないかという考えに至ってくるのだ。
 チョンの奮闘は、本来は国がやるべきことをやっていないから自分たちがやる、少しでも住みやすい世界にしたいが為のことだ。それでも、自分の子供は海外に行かせることを選ばざるをえない。義弟と、俺たちはダメだったが子供の世代は…と話す姿が切ない。ただ、エンドロール前の字幕で、本当に世界はちょっと良くなったのだとわかる(よくなったから本作が製作・公開できたという側面もあるんだろうけど…)。少しずつの歩みが実を結んでいく。あがき続けないとならないのだ。

ダラス・バイヤーズクラブ [Blu-ray]
スティーブ・ザーン
Happinet(SB)(D)
2014-09-02


パッドマン 5億人の女性を救った男 [DVD]
アミターブ・バッチャン
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2019-04-24