ディーリア・オーエンズ著、友廣純訳
 1969年、ノース・カロライナ州の湿地帯で、若い男性の死体が発見された。犯人の疑いをかけられたのは、「沼地の少女」として地元で知られる謎めいた女性。その女性・カイアは6歳で家族に捨てられ、以来一人きりで沼地の小屋で暮らしてきた。読み書きを教えてくれた少年テイトと惹かれあうが、彼は大学進学の為に去っていった。そして村の裕福な青年チェイスが彼女に近づいてくる。
 カイアの母親も兄姉も父親の暴力に耐えかね家を去った。父親はカイアを気にかけず、やがて失踪。今なら完全にネグレクト認定だ。しかしカイアは大人に助けを求めないし、地域の大人たちも、カイアを気にかける人はわずかだ。それは現代のような児童保護の観点が薄かったということもあるだろうが、彼女が沼地の住人(今でいうプアホワイトということか)として村人から差別されている・疎まれているという事情もあるだろう。彼女を長年にわたって助けるのは同じく差別される立場にある黒人の雑貨屋夫婦だけだ。また、カイアは周囲の大人を信用せず、助けを求めることができない。そもそもそういう発想がないし、家族との唯一の繋がりである沼地から去ることもできないのだ。もしカイアがもう少し親、大人からケアされ大切にされていたら、苦境に陥った時に多少は大人に頼りやすかっただろうかと思えてならなかった。孤独でいることは単に一人である、寂しいということだけではないのだ。カイアが他人を求めてしまうやり方も生活するうえでの立ち回り方も危なっかしくて、もうちょっとやりようがあるだろうとハラハラするが、人との距離の取り方を学ぶ機会もなかったんだとはっとした。
 風景描写がとても生き生きとして美しい。著者は元々動物学研究社でネイチャーノンフィクションの著作で有名だそうで、それも納得。沼地の風景や動植物のこまやかな描写と、カイアの精神世界が豊かになっていく様とがリンクしていく。表現が人の心を支えるという側面が描かれた小説でもあった。ただ、そういう支えの在り方を理解する人はあまり多くないのだが。

ザリガニの鳴くところ
ディーリア・オーエンズ
早川書房
2020-03-05


カラハリ―アフリカ最後の野生に暮らす
オーエンズ,ディーリア
早川書房
1988-11T