アルコール依存症の詩人ジョゼフ(ロバート・ラロンド)は、かつて家族で過ごした思い出の地に離婚した元妻エマ(ジョアンヌ=マリー・トランブレ)を呼び出す。街ではケベック州独立運動が高まっていた。監督はフェリックス・デュスル=ラペリエール。レイモンド・カーヴァーの短編『シェフの家』にインスパイアされた作品だそうだ。
 ジョゼフは海辺の家で家族と過ごした時間がよっぽど懐かしいのか、この場所に拘っている。ここでエマと一緒に過ごせばあの時間を取り戻せるのでは?という淡い期待が見え隠れする。しかしエマにとっては既に過ぎた時間であり、良い思い出かもしれないがそれ以上のものではない。文筆家としてどうやらジョゼフより活躍しつつあるエマが見ているのは未来だ。2人が過ごす海辺の家での時間は一見穏やかなのだが、それぞれの視線は過去と未来、逆方向を向いており重なり合うことはない。それぞれのモノローグでそのすれ違いが露わになっていくのだ。
 2人の休日の背景にあるのは、住民独立運動だ。1995年にカナダのケベック州で実際にあったそうで、現実の投票では1%差で独立否決。本作中では逆に可決された世界になっている。地域の独立が、ジョセフ一家それぞれの独立と重なっていく。不安さの中にもその先の時間が見えるような、不穏だけど暗くはない余韻。
 アニメーションとしてとても魅力がある。線もフォルムも揺らぎ続ける手書きのタッチが、ジョゼフとエマの揺らぎ続ける心情とリンクしていく。フォルムが安定しない所に惹かれた。特に暗闇の中で家が燃え落ちるイメージは少々禍々しいのだがインパクトがある。色調の淡さ、渋さも魅力。静かなトーンなのだが、街のデモや交通渋滞、ライブの狂騒などの暴発しそうな空気感も伝わる。

大聖堂 (村上春樹翻訳ライブラリー)
レイモンド カーヴァー
中央公論新社
2007-03-01