1990年代、ロサンゼルスに暮らす13歳のスティーヴィー(サミー・スリッチ)は母ダブニー(キャサリン・ウォーターストン)と年の離れた兄イアン(ルーカス・ヘッジズ)と暮らしている。スケートボードに魅せられたスティーヴィーは、町のスケートボードショップに通いつめ、常連の少年たちと親しくなっていく。監督・脚本はジョナ・ヒル。
 冒頭、スティーヴィーがイアンにボコボコに殴られるシーンがある。カメラはやや引いた位置なのだが、殴られる音は間近に聞こえる。むしろ自分が殴られているような、頭の中に響くような音の設計だ。スティーヴィーがスケートボードに出会ってから感じる高揚感や、ボードで滑走し宙に舞う少年たちの姿はきらきらしていて軽やかなのだが、本作の底辺に流れるのはこの暴力の音であったように思う。
 スティーヴィーはイアンに日常的に暴力を振るわれているが、兄が所属する「大人」(イアンもまだ子供だが、スティーヴィーから見たら大人だ)の世界に憧れ、彼が愛好する音楽やゲームに興味津々だ。スティーヴィーはイアンと世界を共有したいのだろうが、イアンは取り合わない。そんなスティーヴィーを仲間として受け入れてくれる年長者たちが、スケートボード店にたむろうレイ(サケル・スミス)たちだ。ただ、レイたちがスティーヴィーのことを対等に扱っているかというとそうでもない。傍から見ると、レイたちとの関係は安定性があるものにも安心できるものにも見えないのだが、スティーヴィーはそこにはまっていってしまう。自分をバカにする人にニコニコついて行ってしまうメンタリティというのは何なんだろう。
 イアンもレイたちもいわゆる不良ということになるのだろうが、子供がワルぶっている年長者に惹かれていくのは何故なんだろうと不思議だった。素行の悪さや粗暴さがかっこいいという価値観はいつ頃から定着したのだろうか。本作でスティーヴィーが感じる「かっこよさ」は、「男らしさ」の負の側面の要素がかなり強い。強くあらねば、という価値観が暴力や粗暴さの方向にシフトしてしまっているようで、結構きつかった。また、性的な体験の共有、異性への嘲りで仲間意識を強める(これは性別問わず)というのもホモソーシャルの悪しき慣習という感じ。最後にはそういった世界の脆弱さが露わになるが、なぜそういう方向を選んでしまうのかという不可解さがずっと付きまとった。

ロード・オブ・ドッグタウン (字幕版)
ジョニー・ノックスビル
2013-11-26


スケート・キッチン(字幕版)
ジェイデン・スミス
2020-04-01