ケイト・アトキンソン著、青木純子訳
 1910年2月10日、大雪の夜にアーシェラ・ベレスフォード・トッドは生まれた。しかし医者の到着が遅れ、そのまま急逝する。しかし同じ年月日、アーシェラは生まれ今回は無事危機を乗り切る。その後も海で溺れたたり、スペイン風邪にかかったり、空襲に遭ったりと様々な形・年齢でアーシェラは死ぬがまた生まれ、時にデジャブを感じながら再び人生を送る。
 作中では精神医の口から輪廻転生という言葉が出てくるが、アーシェラの生きなおしは、ある人生の微妙に違うバージョンが積み重ねられていくという感じ。ベースのアーシェラとその人生は同じで、毎回ちょっとづつ変更が加えられている。彼女の家族や周囲の人たちも基本的な構成は同じで、何度繰り返しても変わらない運命もある。アーシェラは生まれてすぐ死んだり、幼少時に死んだり、若い盛りに死んだりする。初期バージョンのアーシェラは自分の意志や個性を表に出さない、「古風」な女性として生きる。が、バージョンが進むにつれ、家族や世間の抑圧から離れ、自立した生き方を選びとるようになる。アーシェラ自身に転生している自覚はないが、前回できなかったことを今回やる、みたいな傾向はある。どんどん劇的な人生になっていくあたりは(第二次世界大戦が背景にあり、あの独裁者も登場するという事情から)小説の醍醐味でもあるが、ちょっとやりすぎかなという気もする。その人生にたどり着くまでのバージョンアップのように読めてしまうので。
 どのアーシェラが最後まで生き延びるのか、どのアーシェラが人生に成功、ゴールするのかという視点で読んでしまいそうになるが、どれか一つが成功ということではないだろう。彼女の人生はどれも並列して同等に価値ある、それぞれのバージョンの彼女だけの人生だ。繰り返す人生を描くことで、逆に人生が一度きりであることが浮かび上がってくる。

ライフ・アフター・ライフ (海外文学セレクション)
ケイト・アトキンソン
東京創元社
2020-05-29





恋はデジャ・ブ (字幕版)
Stephen Tobolowsky
2013-11-26