チャーリー・ジェーン・アンダーズ著、市田泉訳
 魔法使いの少女パトリシアと、天才科学少年ローレンスは幼い日に出会い、お互いを唯一の理解者として成長していく。しかしある未来を予知した暗殺者のたくらみにより、2人は別々の道を歩むことになる。そして人類滅亡の危機が迫る中、成長した2人は魔術師と科学者という対立する組織の一員として再会する。
 パトリシアもローレンスもユニークな個性や突出した性能があるが、家族や学校には理解されない。ここではないどこかに行ければと願う孤独な子供だった。子供にとって親の無理解は致命的だが、特にパトリシアの両親と姉のふるまいはかなり極端(これ虐待じゃないの?というくらい)で、彼女と断絶している。ちょっと戯画的すぎて作中の他の部分とのトーンの違いが気になってしまった。こういう部分だけでなく、作中の科学技術の水準とか魔術とされるものの定義や、魔術師の組織あるいは科学者の組織の構成やその目的など、つじつまが合うんだか合わないんだか微妙だったり、パトリシアやローレンスがどういう経緯で組織の中で働くようになったのかなど所々あっさり割愛されていたりで、全体的に描いている部分と描いていない部分の落差が大きいように思った。つじつま合わせや伏線回収にはあまり熱心ではない(子供時代のパトリシアに対する「樹」からの問いの回答など、なんだそりゃという感じだし)。そもそもどの時点で人類滅亡の危機の持ち出し方は唐突だし、科学と魔術、人類と自然という対比もわりと安直だ。
 ただ、そこは作中それほど重要な部分ではないのだろう。強く印象に残るのは少年少女の孤独さであり、世界からはみ出てしまった心もとなさだ。心もとなさ故に2人は惹かれあうが、やがてそれぞれが所属するはずの世界においても、お互いの存在故にはみ出していってしまう。その如何ともしがたい関係性、引力が本作を構成している。そして全く異なる個性同士の共通項と融合という所に、破滅から逃れる希望がほのかに見える。

空のあらゆる鳥を (創元海外SF叢書)
チャーリー・ジェーン・アンダーズ
東京創元社
2020-05-09