マウリツィオ・ジョバンニ著、直良和美訳
 独自の捜査方針を貫く切れ者と評判、しかし倦厭されがちなロヤコーノ警部は、ピッツォファルコーネ署への異動を命じられる。ナポリで最も治安が悪い地区の所轄で、捜査班の多くが汚職で逮捕されたために至急の人員補充が必要だったのだ。しかし集められたのは何らかの問題があり、他の分署が持て余した人材ばかりだった。
 著者が真っ先に謝辞を送っているのがエド・マクベインというあたりでわかるように、オーソドックスな警察群像劇。当座しのぎのチームが複数の事件にあたっていく中で、メンバーそれぞれの個性・人生が垣間見えていく。裕福なスノードームコレクターの殺害事件、アパートの一室に女性が閉じ込められているのではという疑惑、どちらも決して派手な事件ではないし、真相にあっと驚くような意外性はない。しかし個々の刑事たちが地道に聞き込みをし、真実にたどり着こうとする様は正に警察小説の王道。刑事たちの造形が多面的で、職場での顔と家庭での顔があり、それぞれいかんともしがたい問題を抱えている様子も印象に残る。特にカラブレーゼの、夫と息子に対する思い。誰もが子供をひたむきに愛せるわけではないんだよな…。シリーズ作品だそうなので、この問題は次作に引っ張られる、またシリーズ通して解決していくのでは?という事件の断片も見え隠れしている。本作単品というより、この先のシリーズとしての展開が楽しみな作品。

集結 P分署捜査班 (創元推理文庫)
マウリツィオ・デ・ジョバンニ
東京創元社
2020-05-29



警官嫌い (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 13‐1))
エド・マクベイン
早川書房
1976-04-20