リヨンに住む銀行家アレクサンドル(メルヴィル・プポー)は、幼い時分に性的虐待をしたプレナ神父がいまだに子供相手の教室をもっていると知る。過去の出来事を告発すると決意したアレクサンドルは粘り強く教会にはたらきかけていく。監督・脚本はフランソワ・オゾン。
 オゾン監督はこういうタイプの映画も撮るのか!と新鮮な気持ちになった。実際に起こった事件、しかも裁判は続行中という背景があるので、ひねった演出にはせず、直球・率直な見せ方にしてきたのかもしれない。構成はかなりタイトかつ話の運びがスピーディーで、説明口調ぎりぎりの「わかりやすさ」。主人公が途中でいつの間にか交代していくことで、アレクサンドルが始めた活動がどんどん広がっていく過程が体感できる。被害者会が立ち上げられ、参加したメンバーが自分は一人ではなかった、仲間ができたと涙するシーンもある。ただそれは、声を上げられなかった被害者たちがこんなにもいたのかということでもあり、ぞっとするのだが。
 性犯罪被害は被害者が声を上げにくい、声を上げることによって更にダメージを負いがちだが、子供であればなおさらだ。自分が何をされたのか上手く言語化できないままで、ようやく言葉にできたら「昔のことを騒ぐなんて」とか「もう大人だから大丈夫でしょ」とか言われてしまう。これが法的にも大きなハードルになっているという点が残酷だ。言えないうちに時効を迎えてしまうのだ。作中でも、時効になっていない被害者を探すために被害者会も警察も奔走する。告発する、謝罪させるだけでなく「法的に裁く」ことが重要なのだが、社会正義の為であると同時に、カソリック教会の隠蔽体質は治らず自浄能力がないと見限ったからでもあるだろう。実際、枢機卿はアレクサンドルの話は聞くものののらりくらりとかわしっぱなしだ。
 カソリック文化の中では、そもそも性に関することを口にすること自体がタブーで言い辛い。また神父に対する信頼が非常に厚く、告発しても信じてもらえない、下手したら教区内で村八分という事情がある。神父もそれをわかったうえで子供に手を出すから悪質すぎる。現にアレクサンドルの両親は彼の訴えをまともに取り合わず、それが原因で親子の関係は冷え切っている。親のサポートが受けられた被害者も周囲から非難されたり、親の配慮が被害を受けた子供に集中し他の子供が「親を取られた」と恨みに思ったりという姿も描かれる。被害は被害者一人にとどまらず、そして深い。聖職者による犯罪は、信徒である子供の宗教的なバックボーンや大人に対する信頼を奪ってしまうのだ。
 なおアレクサンドルが自分の妻だけでなく子供たちに対して、自分が性犯罪被害にあったこと、それを訴えるということを説明するのが新鮮だった。子供たちもそれを理解して協力する。日本だとちょっと考えにくいな…。アレクサンドルの家庭が特に開かれているということで国民性とは関係ないかもしれないけど。


2重螺旋の恋人(字幕版)
ドミニク・レイモン
2019-02-06