ルーシー・モード・モンゴメリ著、村岡花子訳
 プリンス・エドワード島のグリン・ゲイブルスに暮らす兄妹・マシュウとマリラは、農作業を手伝わせるために孤児の男の子を引き取ろうと決める。知人に頼んで子供を連れてきてもらったものの、やってきたのは女の子だった。アン・シャーリーというその少女は空想好きで風変わりだったが、徐々にマリラとマシュウにとってかけがえのない存在になっていく。
 実は今までちゃんと通読したことがなかったのだが、こんなに面白かったのか!そしてアンの11歳から16歳までの成長過程を結構なスピードで綴っていく。空想好きでおしゃべり、テンションの上がり下がりが激しく時に非常に頑固なアンの言動はとにかく目まぐるしい。そこがちょっとうるさくもあるのだが、率直でものおじしない態度や「お話」が大好きな内面の豊かさが良い。赤毛とそばかすへのコンプレックスの強さや「膨らんだ袖」、美しさへの執着は当時としてもルッキズム強すぎない?という気がするが、年齢を重ねるにつれ執着が弱まっていく。単純に大人になっていくからというのもあるだろうが、周囲から一個人としての愛情を受けることで、自分は自分として容姿も含め肯定できるようになっていくのだと思う。とは言え、人並みに可愛い服を着たいという気持ちは自然だし、それなりの服を着られるようになってほっとしましたが…。町の世話役的で「世間」代表みたいなリンド夫人もアンの服装はあんまりだと思っていたというのにはちょっと笑ってしまった。
 アンの成長物語ではあるが、少女時代のユニークで自由なアンが、空想する頻度も落ち、上の空なこともあまりなくなり、地に足のついた女性になってしまうのはちょっと寂しい。ただ。一方でもう若くはないマリラとマシュウ、特にマリラが変化していく物語でもあって、大人になってから読むとむしろこちらの方が心を打つ。彼女が表に出さなかったユーモア(ユーモアがあるということは最初に示唆されるのだが)や愛情深さがにじみだしていくのだ。


赤毛のアン Blu-ray メモリアルボックス
槐柳二
バンダイビジュアル
2014-03-26