サムエル・ビョルク著、中谷友紀子訳
 オスロの森の中で、空中に吊られた6歳の少女の遺体が発見された。少女の首には「ひとり旅をしています」というタグがつけられていた。殺人捜査課特別班のリーダーに抜擢された刑事ホールゲン・ムルクは、有能だがある事件をきっかけに休職していたミア・クリューゲルを呼び戻し、捜査を開始する。
 猟奇的な連続児童殺人、過去の赤ん坊誘拐事件、不気味な新興宗教団体など、怪しい要素が次々と投入されていく。かなり盛りがいいのだが、特別捜査班の面々はチームワークと個々の力で乗り切っていき、展開はスピーディー。ムルクもミアも、プライベートでは色々と問題を抱えており、有能だが完璧なわけではない。しかし、頭の切れる者同士でフォローしあい、仲間を尊重している。警察官としての働き方がまともだ。何より、年齢や性別とは関係なく、ムンクとミアの間に仕事の仲間としての尊敬・尊重があるところにほっとした。同じ北欧ミステリでも先日読んだ『見習い警官殺し』(レイフ・GW. ペーション著)とは大違い(笑)!本作の方が事件がキャッチーでハリウッド映画的なケレンがあるのだが、そこをやりすぎない所がいい。翻訳も良いのか、リーダビリティは非常に高い。

オスロ警察殺人捜査課特別班 アイム・トラベリング・アローン (ディスカヴァー文庫)
サムエル・ビョルク
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2019-03-28


オスロ警察殺人捜査課特別班 フクロウの囁き (ディスカヴァー文庫)
サムエル・ビョルク
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2019-03-28