有栖川有栖著
 本格ミステリ作家である著者が、様々な文庫本の巻末に寄せた「解説」を収録した1冊。もちろんほぼミステリ小説の解説だ。解説が寄せられた本の版元、出版年も記載されており、その作家のその後の活躍を知っていると感慨深いものも。
 著者の本格ミステリに対する愛、確固とした主義主張が出てくる解説がいくつかあり(まあ解説依頼する方も本格ミステリだから著者に頼むわけだろうけど)、著者の中でも「本格」の定義が垣間見えるところが面白い。これは違うなというものに対しては結構はっきり否定、とまではいかないが指摘するんだなと(有栖川先生、舞城王太郎作品にはあまり良い印象ないんですね…)。やはり本格を書いている人だからこそわかるその作品の凄み、巧みさというものがあるのだろう。また、この作品をこういうふうに読んだのかという意外さもあった。前口上として「読書会をしている気分を味わっていただけるとうれしい」とあったが、確かに読書会的な、そうですよね!という共感と、そういう読み方があったのか!という他の人の意見を知る面白さを味わえる1冊。
 なお、松本清張『点と線』に対する不満については他著作でも読んだことがあったのだが、これは確かにそうだよなと頷けるもの。ただ、トリック以外の部分の巧みさ、面白さが年齢を重ねるとわかるようになったという所にも深く納得。あれは年取ってから読んだ方が味わいがわかる気がする。