事故で半身不随となったリョン・チョンウィン(アンソニー・ウォン)は離婚して妻子とは別居、妹とも疎遠で一人暮らし。フィリピン人のエブリン(クリセル・コンサンジ)を住み込み家政婦として雇うが、彼女は英語は喋れるが広東語は喋れず、リョンは英語がわからない。最初はお互いイライラしていたが、徐々に親しみと信頼を築いていく。監督・脚本はオリバー・チャン。
 フルーツ・チャン製作とのことで、久しぶりに彼が関わる作品を見られてうれしい。フルーツ・チャン作品の常連だったサム・リーもリョンの友人ファイ役で出演しているが、これがまたいい。どこかセクシーなんだよな。
 リョンとエブリンは雇用主と被雇用者という関係で、最初は双方上下関係を意識している。広東語がわからないエブリンのことをリョンは侮ってもいる。エブリンの方も家政婦仲間から「広東語がわかるとアピールしてはだめ、バカの振りをした方が余計な仕事が増えない」とアドバイスされる。しかしリョンは英語を少しずつ学び始めるし、エブリンもバカの振りはしたがらない。面倒くさくても、お互いに人格を持った個人として付き合っていこうとする。雇用関係が維持されたまま、対等の関係を築くことは可能だろう。「奥様」の死を嘆き悲しむ家政婦仲間にも、おそらく同じような関係があったのだ。
 実の母親よろいもリョンの方がエブリンの意志を尊重し彼女の力を信じているというのは、少々皮肉でもある。リョンは肉親とは疎遠で、エブリンは離婚手続き中で母との関係は良くなさそう。肉親よりも近くにいる他人の方がお互いに理解と尊重を持っているのだ。親密ではあるが、疑似家族とはまた違う。ファンは時にリョンの息子のようでもあるが、あくまで「親友」であり、他人同士であるというところはぶれない。他人として支えあう(が、一線は越えない)というのが現代的だった。

冷たい雨に撃て、約束の銃弾を [DVD]
ジョニー・アリディ
Happinet(SB)(D)
2013-05-02


ハリウッド★ホンコン [DVD]
ジョウ・シュン
レントラックジャパン
2003-12-19