著名なフランス人ミステリ作家の人気作『デダリュス』完結編の翻訳の為、各国から9人の翻訳家が召集された。彼らが集められたのは人里離れた洋館。情報流出を防ぐ為、電話、インターネットを含み外部との接触を一切絶って、毎日1章ずつ翻訳を進めろというのだ。しかし編集者の元に、「冒頭10ページをネット公開した。24時間以内に500万ユーロを支払わなければ次の100ページも公開する」とメールが入る。監督・脚本はレジス・ロワンサル。
 百科事典や参考文献はあるがインターネットが使えない環境での翻訳、しかも通し読みなしでページ順に翻訳するのって現実離れしていない?と翻訳経験のない私ですら想像がつくから、プロの翻訳家の方が見たらこの部分の設定はかなりおかしいのではないだろうか。ただその一方で、翻訳のみで生活するのは厳しいとか経済的に汲々だとか、仕事をするのに家族は邪魔(これは翻訳に限らずそういうタイプの人はいるだろう)とか、翻訳家の地位の低さとか、これは「翻訳家あるある」なんじゃないかなと想像がつくものも。特にお金関係と、「創造力」関係はなかなかせちがらい。「創造力」に関しては、そういう動機で翻訳の道を進む人ばかりではないと思うが。
 フランスのミステリ小説やミステリ映画に触れると、故・殊能将之氏ではないがフランス人のミステリ観てちょっと変だなと思ことが多い。ちゃんと筋の通った謎解きになっていても、妙に過剰というか、ケレン味の盛りが良いのだ。謎解きのロジック、整合性そのものよりも、あっと言わせること、意外性があることの方に重きが置かれている気がする。本作も同様で、論理性を無視しているわけではないのだが、びっくり度の高さの方が優先されている。そもそも原稿流出が発覚した際、一番ありそうな可能性に言及されない。なぜかなと思っていたら、終盤でなるほどと。ある程度読めてしまうのだが、そこに至るまでの構成がひねられており、どこがどこに結びつくのかという部分で意外性と観客の興味をキープしている。
 ケレン味は強いのだが、翻訳という仕事に対する敬意が一貫しており、何より文学への愛がある。作中で一番のクズとして造形されている人物の職業ポジションを鑑みると、出版業界で一番憎まれているのがどういう人なのかが見えてきてしまうかも。

全身翻訳家 (ちくま文庫)
鴻巣 友季子
筑摩書房
2011-08-09