著名なミステリ作家ハーラン・スロンビー(クリストファー・プラマー)が、85歳の誕生日パーティーの翌朝、遺体で発見された。警察は自殺と見るが、名探偵ブノワ・ブラン(ダニエル・クレイグ)は殺人の可能性を示唆し捜査を開始する。ハーランの子供や孫、家政婦、看護師ら、屋敷にいた全員が容疑者になるが、ハーランの莫大な資産をめぐり、人間関係のこじれが浮かび上がっていく。監督・脚本はライアン・ジョンソン。
 『BRICK』のライアン・ジョンソンが帰ってきたぞ~!NY郊外の屋敷を舞台にアガサ・クリスティー風のフーダニットを仕掛け、非常にひねりを加えたワトソン役を設定し、更に「南部」をにおわせ現代のアメリカが抱える病巣を示唆する。ある「型」を用いて別の「型」を展開するという遊び。パーツと大筋はベタだが各所でひねりが加えられている。やっぱりこういうのが好きだし得意なんだろうなぁ。ダサい邦題サブタイトルも本格ミステリという「型」と思えばまあ許せる。序盤で一回転半ひねってくるのでおおそうきたかと思ったが、その後の謎解きはむしろスタンダード。本格ミステリとしてはそんなに突拍子もないわけではない。クレイグ演じる探偵がある意味空洞的というか(別の意味で「ドーナツの穴」は出てくるけどそれとは関係ない)、背景を一切説明されない(アメリカ南部出身のフランス系か?と思いきやそれもかなり怪しい)所こそ、探偵は一つの装置であるという本格ミステリの醍醐味であるように思った(私は探偵にキャラ性はあまり求めないので)。
 ハーランの死を巡るあれこれは、ある人物の意図に基づくゲームでもある。他の人たちは皆ゲームの装置であり駒だ。ハーラン自身が大のゲーム・クイズ好きで作中でも頻繁に「ゲームに勝て」ということが言われる。しかし、ゲームに乗る必要が本当にあったのか。他人のゲームに乗らず、自分のルール=倫理を曲げなかった者が真の勝者になるのでは。まあハーランは自分のゲームをやめなかった為に死んでしまった面もなきにしもあらずだが…。
 クレイグが久しぶりに眉間にしわが寄っていない、すっとぼけた振る舞いで案外板についている。コメディももっと演じてほしいなと思った。またクリス・エヴァンズが噂通りキャプテン・アメリカとは真逆のゲス男を好演!近年珍しい、顔しかいいところがない男役だった。

BRICK‐ブリック‐ [DVD]
ジョセフ・ゴードン=レヴィット.エミリー・デ・レイヴィン.ノラ・ゼヘットナー.ルーカス・ハース.ノア・フレイス.マット・オリアリー
video maker(VC/DAS)(D)
2007-11-09