ローレンス・オズボーン著、田口俊樹訳
 72歳となった私立探偵フィリップ・マーロウ。メキシコで隠居生活をしていたが、保険会社からある依頼を受ける。溺死した不動産業者が本当に事故死だったのか調べてほしいというのだ。マーロウは妻で若く美しいドロレスと出会う。
 フィリップ・マーロウシリーズの「新作」として書かれたという本作。チャンドラー作品へのオマージュであるのはもちろんなのだが、チャンドラーの文体の模倣をちょっとやりすぎていて(笑)レトリックがくどい。妙に迂回する構造というか、どんどん足元がおぼつかなくなっていくストーリーラインも踏襲されている。ただ、読み進めていくうちにこなれていく(読む側が慣れるだけかもしれないけど)。カリフォルニアとメキシコの行き来をする話なのだが、それぞれの土地の雰囲気、異国感の描写が楽しい。また、マーロウの最晩年とまではいかないがそこそこ老化したなというちょっとした描写には、老人小説としての味わいがある。諸々の欲が薄くなっている感じだ。マーロウって若い時分のまま加齢していったら結構なクソおやじだったと思うのだが、そこはうまいこと丸くなったというか、老いに逆らっていない。ただ、弱い者を踏みにじる者への怒り、そういう行為を見逃せない所は健在。
 なお、さすがに殴られて気絶するお約束はもうやらないかなーと思ったら、気絶はちゃんとしていた。なぜか日本要素がちょいちょい出てきて(80年代が舞台なのだが流行していたのか?)、なんちゃって日本感(特に仕込み杖)に笑ってしまった。

ただの眠りを (私立探偵フィリップ・マーロウ)
ローレンス オズボーン
早川書房
2020-01-09


大いなる眠り (ハヤカワ・ミステリ文庫)
レイモンド チャンドラー
早川書房
2014-07-24