アストリッド(アルバ・アウグスト)は教会の土地に住む信仰に厚い家庭に育ったが、教会の教えや倫理観、保守的な土地柄に息苦しさを覚えていく。文才を見込まれ地元の新聞社で働くようになった彼女は能力を発揮し始めるが、親子ほど年の離れた社主ブロムベルイ(ヘンリク・ラファエルセン)と恋に落ち、彼の子供を身ごもる。妻子があるブロムベルイは不貞が露見し罪に問われることを恐れ、アストリッドをストックホルムの秘書専門学校へ送り出す。監督はペアニレ・フィシャー・クリステンセン。
 スウェーデンの国民的児童文学作家、アストリッド・リンドグレーンの若かりし日を描く伝記映画。日本語題名はリンドグレーンだが、正確には彼女がリンドグレーン(結婚後の夫の姓なので)になる以前の物語だ。リンドグレーンの作品には長靴下のピッピを筆頭に好奇心旺盛で元気いっぱいな女の子がしばしば登場するが、本作を見るとそれはアストリッド自身が持ち合わせていた気質らしい。保守的な田舎ではかなり自由奔放、かつ落ち着きのない気性と見なされていたのではないだろうか。両親や兄弟に愛されていても、教会が所有する土地に住み、父親が教区の中でもそこそこのポジションにいる家庭だったそうなので、娘がシングルマザーになるということに両親はかなり頭を悩ませたのでは。一方で、スモーランド地方の自然豊かな環境や家畜に囲まれた生活が、後のリンドグレーンの作品に投影されていることもわかる。
 そんな自由闊達なアストリッドが、ブロムベルイとの関係にどっぷりはまってしまい、ストックホルムで彼を待ち続けやきもきする様はどうにも歯がゆい。保守的な価値観からは逸脱したところのある人だったろうが、こういう所は、仕方のないことではあるが当時の価値観から離れられない。ただ、ある時点でブロムベルイに対する態度を変える。仕事をはじめ、子供が生まれたことで世界が広がった彼女には、ブロムベルイの不誠実さが見えてしまったということだろう。このあたりの葛藤にストーリーの大分を割いており、作家への道は本作中内では提示されないので、作家リンドグレーンの姿を期待するとちょっと肩すかしだった。
 なお、アストリッドの幼い息子役の子役が大変上手かった。拗ねる姿がすごくリアル。また、子供の咳の音が生々しくて喘息持ちとしてははらはらしてしまった。更に具合悪くなる時の、深い咳の音なのだ。