リチャード・パワーズ著、木原善彦訳
 南北戦争前のニューヨークから現代へ。四世代にわたって庭の栗の木の写真撮影を受け継ぐアーティスト、ベトナム戦争で空から落下しベンガルボダイジュに救われた空軍兵、感電死の後に蘇った大学生、植物に対する愛を父親から受け継ぎ樹木同士のコミュニケーションを発見する科学者。9人の人物の人生が樹木を媒介にパズルのように組み合わさり、アメリカ大陸最後の原生林を救う闘いに集約されていく。
 登場人物一覧表を作りながら読むべきだった…。最初は個々の人物のエピソードが並列されているのだが、2章目「幹」以降(根、幹、樹冠、種子と樹木の形状に合わせた章分け)、あのエピソードのあの人がこんなところに、という具合にどんどん増幅し絡み合っていく。大きな流れの中に、ごく身近にも感じられる個人の人生の悲喜こもごもが織り交ぜられていく。それこそ様々な植物が一つの共同体を成している雑木林みたいな具合だ。その広がり方や絡み合い方、相互作用の仕方が森林ぽい。肥沃な森林のように壮大な物語だが、その森林が刈り込まれていき、伐採に対する無謀な戦いが展開されるというのは皮肉だ。樹木の「声」を聞き樹木の生存権を訴える彼らは、人間の社会からは理解されない。人間とは異なる存在の仕方、異なる時間の流れを知ることで彼らの生は豊かになるが、それは周囲からは理解されないし、異なる世界を知れば知るほど「人類の英知」とは真逆のもの、人間社会という群れの一員としては異物なものとして扱われる。それが個人を、そして個々の繋がりを引き裂いていくのだ。こういったペシミズムが近年のパワーズ作品には散見されるように思う。
 ただ、樹木は人間よりも圧倒的にタフで息が長い。円環するようにまた1本の栗の木に集約され、ここからまた次の円環、また別の時間の流れが始まるのではと予感される。

オーバーストーリー
リチャード パワーズ
新潮社
2019-10-30