カミラ・レックバリ著、富山クラーソン陽子訳
 4歳の少女ネーアが行方不明になった。知らせを受けた警官のパトリックは、30年前に4歳のステラ・ストランドが行方不明になった後、他殺死体で発見された事件を思い出す。ステラが暮らしていたのは、今現在ネーアと家族が暮らしている家だった。さらに、ステラ殺害の容疑者で当時未成年だった女優のマリーが撮影の為に町を訪れていた。当時、マリーと親友のヘレンが2人でステラを殺害したとみなされていたのだ。
 久しぶりにこのシリーズを読んだのだが、エリカの妹アンナの様子がだいぶ落ち着いてほっとした。また、トラブルメーカーのメルバリが珍しくまともなことを言っている…と思ったらまた余計なことを!それでも愛すべきところがシリーズ重ねるごとに出てきて、いいキャラクターだ。キャラクター問わず、大事なことをここぞというところで忘れてしまう、見落としてしまうというパターンが何度も出てくるのが構造としてはちょっと気になった。
 現代の事件と30年前の事件、そして17世紀の事件が交互に語られる。17世紀の事件は本作の題名に最も深く関わる内容だが、それだけに「彼女」の運命が見えて辛い。魔女を作り出すのは自分たちには理解し難い、異なる存在に対する周囲の恐怖と無理解で当人の意志ではない。30年前の事件や現代の事件の背後にも同じものが見え隠れする。偏狭さがある人たちを後戻りできない所まで追い込んでしまうのだ。今回は移民問題も絡んできて、今の日本と同じような不寛容の蔓延が不穏な影を落とす。シリーズの方向性にもかかわってくるのだろうか。