文具メーカーの営業マン、宮本浩(池松壮亮)は不器用だが正義感が強い熱血人間。会社の先輩である神保(松山ケンイチ)の仕事仲間である中野靖子(蒼井優)と恋に落ちる。しかし靖子の元彼・裕二(井浦新)が現れる。靖子に暴力を振るった裕二に対し、宮本は「この女は俺が守る」と言い放つが。原作は新井英樹の同名漫画。新井は宮本の父親役として出演もしている。監督は真利子哲也。
 宮本の熱血バカ、スポーツできないのに体育会系気質な所(というよりもそういう環境に投げ込まれている)は、受け付けない人はとことん受け付けないだろう。宮本という男性の造形にしろ、本作における男女の関係の在り方にしろ、かなり古さを感じることは否めない。そもそも原作がそこそこ以前に描かれたものだから仕方ないのかもしれないが。私も宮本のようなキャラクターは本来苦手なはずなのだが、なぜかするっと見ることができたし不快感もさほど感じなかった。真利子監督のタッチがかなり乾いているからか。また、宮本の行動を全面的に肯定・共感するわけではない、彼にしろ靖子にしろちょっと引いた目線で撮られているというのもよかったのかもしれない。登場人物たちはかなりストレートに感情をぶつけ合い、激情を示す。俳優たちも熱演しているのだが、池松と蒼井の演技がすごくいいかというと、いいことはいいが突出していいという感じではない。むしろ、ふっと力が抜けたようなシーンの瞬間的な表情の方に、はっとする良さを感じた。これは演じる側と撮る側の力のバランスが取れているからだろうなと思う。路上のキスで柄にもなくぐっときた。
 宮本の「頑張り」は実は具体的に何か・誰かの役に立っているわけではない。靖子になじられるように自分の為だ。むしろ、一番肝心な時に彼は何もできず気付きもしない。ただ、自分が納得するために悪あがきして、空回りで何が悪い!という突き抜けた感じがする。この人はこうすることしかできない人、考えるよりとにかく動いた方が前に進める人なのだと納得できる見せ方になっていた。現代的ではないのだろうが、現代でも確かにこういう人はいるよなと。
 宮本の取引先のお偉いさん方と靖子とを交えたシーンが、本作中一番きつかった。前時代的なパワハラ・モラハラの嵐なのだが、今でもこういう関係性は間違いなくそこかしこにあるし、こういう営業がまだまだあるんだよなー。待ち合わせに遅れてきた靖子が、赤の他人である宮本の取引先の真淵(ピエール瀧)に勢いよく頭を下げる、それを聞いた真淵が気をよくして「ついてこい!」と飲みの席に彼女を同席させるという流れがたまらなく嫌だった。真淵らが勝手に来てるんだから謝る筋合いないんだけど、そうやって場を収めるのがベストという判断が靖子の身に付いてしまっているというのが辛い。

宮本から君へ DVD-BOX 
池松壮亮
ポニーキャニオン
2018-10-03


定本 宮本から君へ 1
新井 英樹
太田出版
2009-01-17