1969年のハリウッド。テレビ俳優リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)はキャリアのピークを過ぎ、映画スターへの転身を図っていた。リック専属のスタントマンで付き人も兼ねるクリス・ブース(ブラッド・ピット)とは強い絆で結ばれていた。ある日リック宅の隣に、時代の寵児となった若き映画監督ロマン・ポランスキーと、その妻で女優のシャロン・テート(マーゴット・ロビー)が引っ越してくる。やがて1969年8月9日が訪れる。監督・脚本はクウェンティン・タランティーノ。
 題名の通り、昔々ハリウッドでは・・・というタランティーノ流おとぎ話で、スタイルとしては『イングロリアス・バスターズ』に連なる。実在の人物が登場し、実際にあった事件を扱っている(本作を見ようと言う人は大体シャロン・テートとマンソンファミリーのことは知っているんだろうけど、事前におさらいしておくことをお勧めする)。その上での力技だ。映画はハッピーエンドでなければ!というタランティーノの祈りと言えるのだろうが、実在の人物の関係者はどのように感じるのかは微妙な所ではないか。また、実際に起こったことに対するアプローチとして誠実なのかどうかがちょっと何とも言えないんだよな・・・。映画としてはすごくいいんだけど、当事者じゃないからそう思えるという側面がかなりあるんじゃないだろうか。クライマックスで無理やりファンタジーの勝利に持ち込む力技は清々しい。せめてここでだけは、というタランティーノの映画というフィクションに対する愛と祈りが込められているように思う(が、前述の通り関係者がどういう風に思うかはわからないよな・・・冒涜になりかねないとも思うし)。
 とはいえそれ以上に、俳優という職業の悲哀と歓びが濃い陰影を残す。リックは西部劇TVドラマのスター俳優だが既にピークは過ぎており、落ち目。思い切ってイタリアに渡り映画俳優への道を選ぶか、ハリウッドでの仕事で粘るか、俳優を引退するかという選択を迫られている。自分の人生だけではなく専属スタントマンであるクリスの人生もかかっているわけで責任重大だ。演じる役柄はタフガイが多いが当人はどこか気が弱く思い悩みがちというギャップがおかしくも哀しい。泣きごとをいいつつ、やはり演じること、俳優という仕事が好きなんだと痛烈に感じられるシーンがあり、ぐっときた。やめられないんだろうな。
 一方でクリスはいつもクールで動じず、リックが泣きついても平然としている。とはいえ、「(リックの友人であろうと)努力している」という言葉からは、リックとの関係の中でその態度が培われたとのかなとも思え、その献身に泣ける。本作のブラッド・ピットがまたえらくセクシーでちょっとびっくりした。若い頃は自分の中で全然ぴんとこなかったのに、ここにきてヒットしまくるな・・・。

イングロリアス・バスターズ [Blu-ray]
ブラッド・ピット
ジェネオン・ユニバーサル
2012-04-13





デス・プルーフ [Blu-ray]
カート・ラッセル
ジェネオン・ユニバーサル
2013-12-20