ダイアン・レイク、デボラ・ハーマン著、山北めぐみ訳
ヒッピー文化に染まった両親に連れられ、あちこちを転々としてきた14歳のダイアンは、チャールズという男と彼の仲間の女性達と知り合う。家庭に居場所がなかったダイアンはチャールズらが本当の“ファミリー”だと感じて彼らの仲間に加わる。しかし、ファミリーはカルト集団に変貌していき、やがて無差別殺人を犯すのだった。“マンソン・ファミリー”の一員だった著者に手記。
 マンソンファミリーといえばシャロン・テート殺人事件。とはいえ著者は殺人事件に直接的には関わっておらず、事件についての言及も多くはない。本作はあくまで著者の体験談で、14歳の少女だった著者にチャールズがどのようにつけこみ、自分のコントロール下においていくのかという過程がありありと記録されている。自分の体験を客観化し読み解いており、チャールズの人心掌握術の分析も的確なことから、ダイアンが本来聡明(作中、勉強は好きで成績もよかったし学校には通いたかったと何度か言及されている)なことが窺える。また、母親の手伝いをしている描写からは器用で要領もいい様子が見て取れる。そういう人がどうしてマンソン・ファミリーに魅力を感じ抜け出せなくなったのか。カルトやDVパートナーに付け込まれやすいのはどういう人なのか、取り込まれていくとその人の認知がどのように歪んでいくのかという典型的な事例だと思うし、それ故にとても怖い。
 ダイアンの場合は両親が保護者であることを引き受け切らず、十分に「子供」として保護されなかったことが大きな要因だろう。父親は家庭への責任を忌避し(このあたりの描写はかなり冷静に観察されており辛辣)、母親は子供への愛情はあるが父親の言いなり。2人は娘を一人前扱いするが、それは自分達にとって都合のいい一人前扱い、つまり子供へのケアを放棄して構わないということでしかない。そんな家庭の中にはダイアンが安心できる、必要とされる場所がないから外部に居場所を求め、最悪の選択をしてしまうのだ。チャールズの元に集まってきた人たちは多かれ少なかれそのような一面があったことも垣間見える。その行きつく先が無差別殺人というのはやりきれないよな・・・。