1960年代、モンタナ州の田舎町に住む14歳のジョー(エド・オクセンボールド)。父ジェリー(ジェイク・ギレンホール)は働いていたゴルフ場をクビになってしまった。母ジャネット(キャリー・マリガン)はスイミングプールで働き始め、ジョーも写真館でアルバイトするように。就職活動もしないまま、ジェリーはジャネットの反対を聞かず山火事を消化する出稼ぎに行ってしまう。ジャネットは不安と孤独にさいなまれていく。監督はポール・ダノ。
 試写で鑑賞。俳優ポール・ダノの初監督作で、脚本・制作はゾーイ・カザンと共同だそうだ。ダノは監督としてもセンスいい!奇をてらわない地味な作品だが、抑制のきいた情感があってとてもよかった。
 それにしてもしんどい話だ。ジェリーもジャネットも基本的に良い人、良い親ではあるのだが、自分達の心・環境が揺れている時もそれを維持していられるほどには強くない。14歳の子供にとって、親の弱い面を目の当たりにするのはかなり辛いし、どうしたらいいのかわからないだろう。彼にとっては愛する両親、自分を愛してくれる両親なのに、どんどんそれに当てはまらない面が見えてくる。ジョーは概ね途方に暮れたような顔をしているのだが(オクセンボールドの表情の作り方が素晴らしい)、それも無理ない。
 いわゆる「男性らしさ」に絡め取られている故の妙なプライドをこじらせ家族から離れてしまうジョー、生活の不安から裕福な男性にすがってしまうジャネット。2人とも、その気持ちわからなくはないけれどもうちょっと一人で踏ん張れないだろうか・・・という気持ちになってしまった。一人で踏ん張るのは確かに辛い。が、子供の前で見せてはならないものがあるだろう。ジョーがもうすこし年長だったら親も「親」としてではない顔を併せ持つ一個人だと受け入れられるかもしれないが、まだそれには早い。ジャネットが浮気相手の家にジョーを同行させる(そして息子の前でいちゃつく)のにはちょ、ちょっと待って・・・と。そりゃあジョーも接し方分からないだろう。ジェリーはそういう面は見せないが、その代わりに親・夫としての責任から逃避してしまう。どっちもどっちだ。
 自分を保てない人と生活する辛さをしみじみと感じさせる作品だった。家族仲の円満、不和は経済的な問題から生じることが多々あると実感させるのもかなりきつい。経済的不安は精神状態悪化させるんだよな・・・。

ルビー・スパークス [AmazonDVDコレクション]
ポール・ダノ
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-07-04





マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ (ヴィレッジブックス)
レイダル イェンソン
ソニーマガジンズ
2003-06