子供の頃はポケモン大好きでポケモンマスターを目指していたティム(ジャスティス・スミス)は、探偵だった父親のハリーが事故で亡くなったと連絡を受ける。人間とポケモンが共存する都市、ライムシティにある父の事務所を訪れたティムは、自分とだけ会話ができるピカチュウと出会う。ピカチュウはハリーが生きていると確信しており、ティムと共に捜査を始める。監督はロブ・レターマン。
 名探偵ピカチュウを実写映画化ってどういうこと・・・?フェイクニュース・・・?と思っていたが、完成作を見てみたらすごかった。制作側が本気すぎる。ストーリーは正直大分大味でさほど出来がいいというわけではないのだが、「ポケモンがいる世界」の再現度、説得力が凄まじい。私はポケットモンスターの熱心なファンというわけではないしポケモンの種類・名前にも詳しくはないが、冒頭、鳥型のポケモンが空を飛び、草原をポケモンの群れが移動している様を見るとそれだけで何だか感動してしまった。あの2次元のキャラクターが3次元の世界に実在したらどんな感じなのか、人間とポケモンが一緒に生活しているのってどういう感じなのか、一心に考えて作り上げたという気迫がひしひしと伝わってくる。本作の魅力はここに尽きると思う。
 ポケモンの質感にしてもふさふさだったりつるっとしていたり、鱗っぽい凹凸があったりと、バラエティがありつつ「あの」ポケモンだとすぐ納得できて違和感がない。ポケモンの造形だけでなく、舞台となる街並みとか車などのデザイン、サイズなど、デザイン全体が本当によく出来ている。2.5次元てこういうこと・・・?
 父と息子の物語としてはとてもオーソドックス。ティムとハリーの間のわだかまりにしろ、もう1組の父息子のすれ違いにしろ、あっさり風味ではあるが、きちんと王道押さえたエピソードだ。「父の過ちだが後ろめたい、罪悪感を感じる」という言葉がちらっと出てくるのだが、父親を尊敬している、あるいは絆がある(求める)からこそのジレンマではないか。ちょっとした部分なのだが、親子問題の厄介さを象徴しているように思った。自分のせいではなくてもひっかかっちゃうんだよね。