ケント・レスター著、石垣憲一訳
想定外の大規模自然災害「ブラック・スワン事象」の予知プログラムをニューロシス社で開発していたダン・クリフォードは、社長と対立し解雇されてしまう。社長の強引な方針に何か裏があると感じたダンは、ホンジュラスの自社工場で不審な点を発見。更にダイビング中に死体を発見する。その死体の関係者である生物学者レイチェルと共に事件を追うことに。ニューロシス社の動きの背後には、更に大きな策略が潜んでいた。
海洋サスペンスに企業間の謀略、ダイイングメッセージに更に収拾つかなそうな大問題の発生という、盛りに盛ったサービスの良さ。あらゆるジャンルを詰め込めるだけ詰め込んだ感じだ。とはいえ、荒唐無稽になりすぎていない(いや荒唐無稽ではあるけどなんとなく納得させられちゃう程度の科学「ぽさ」が設定されている)匙加減がちょうどよかった。ストーリー展開は結構目まぐるしく派手なのだが、主人公であるダンは意外と普通の人で、強い個性はない。真正直でちょっと頑固なくらいだ。彼とコンビを組むことになるレイチェルの方が、冒頭の南極での一幕でもわかるように気風が良く大胆でキャラが立っている。レイチェルに限らず、脇役の方が個性がはっきりしているように思った。ただ、これは作品の難点ではなく、周囲が目まぐるしいからダンの普通さが中和剤になっているのだ。バランスがとれている。

第七の太陽(上) (海外文庫)
ケント・レスター
扶桑社
2018-07-01





第七の太陽(下) (海外文庫)
ケント・レスター
扶桑社
2018-07-01