父・和男(伊原剛志)、叔父・明男(別所哲也)とラーメン店を営む直人(斎藤工)。しかし父が急死した。直人は若い頃に亡くなった母メイリアン(ジネット・アウ)の日記を見つけ、彼女の故郷であるシンガポールを訪れる。地元のフードブロガー、美樹(松田聖子)の助けを借りて、現地で母の弟である叔父ウィー(マーク・リー)と再会した直人は、父と母のなれそめだったパクテー作りを学ぶ。同時に、祖母マダム・リー(ビートリス・チャン)が実の娘である母をずっと許さずにいると知る。監督はエリック・リー。
 監督が『TATSUMI マンガに革命を起こした男』の人だと気付いて見に行ったのだが、掘り出し物的な良さがあった。地味だが落ち着いた良さがある。高崎市とシンガポールのご当地映画としても楽しい。料理がモチーフの作品なだけあって、冒頭に出てくるラーメンから、シンガポールで次々と登場するシンガポール料理まであますところなく美味しそう!これはシンガポール料理店に行かなくては!という気分になってくる。料理を食べているシーンも自然で良かった。ウィーとその家族が直人に食事をふるまい、これも食べろ!とご飯の上に次々とおかずを分けていく様は、中国映画で良く見た風景。中国の文化圏でもあるという様子が垣間見られる(他にも色々な民族が流入しており、その多様さが食文化の多様さに反映されているそうだ)。食事の記憶が人の心をほぐし、繋げていくという話だから、食事のシーンに魅力がないと話にならないわけだが、その点は安心できる。
 シンガポールと日本の関係が常に円満だったわけではない、戦争が影を落とした時期もあることにも言及されている。マダム・リーにとっては戦争はまだ終わっていないとも言える。直人は歴史を学び、おそらく彼女の心情も察するのだろうが、それでも母を許さなかったことについて、酔ってマダム・リーに詰め寄ってしまう。彼のやっていることは八つ当たりで、大分身勝手に見えるのだが、それでも言わずにはいられないという所に逆に説得力があった。母を失ったこと、母が失意のうちに亡くなったというこが彼の中ではとても大きく、苦しいことで、それを今まで誰かと分かち合うことが出来なかったんだなと。
 なぜか松田聖子が出演しているのだが、彼女の違和感が何かすごかった。他の人たちはその土地に馴染んでいる感じがするが、一人だけ浮いており、「芸能の人」感が強烈。とてもブロガーには見えないよ・・・(なお作中に出てくるブログはデザインが一昔前っぽかった。というかあれはブログではないような・・・)。とはいえ発声がはっきりしており台詞は聞き取りやすいので、シンガポール料理の解説にはぴったりだった。


 
TATSUMI マンガに革命を起こした男 [DVD]

別所哲也
KADOKAWA / 角川書店
2015-06-10



スパイシー・ラブスープ [DVD]
ワン・シュエピン
ポニーキャニオン
2000-05-17