1962年。ニューヨークの高級クラブで用心棒をしているトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)は、南部でコンサートツアーを計画している黒人ピアニストのドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)の運転手兼雑用係として雇われる。黒人差別が根深い南部でのツアーは危険をはらんでいた。性格も背景も全く違う2人は衝突を繰り返していく。監督はピーター・ファレリー。
 凸凹ロードムービーのようで楽しく愉快。しかし、そんなに楽しくていいのか?という気もする。人種差別を描いているから楽しかったらダメということではなく、差別されない側、安全圏から描いた話だなという印象が否めないからだ。
 本作はあくまで白人男性であるトニー中心の話で(実話が元で、脚本には実在したトニー・リップの息子が関わっているそうだ)、彼が深く傷つくことはない。黒人であるドクターが置かれている状況がどのようなものなのか、どんな覚悟でディープサウスへ向かったのかは、おそらくトニーにはぴんときていない。トニーはドクターから黒人に対する偏見を指摘され、「イタリア人が皆スパゲティ好きだと思われていても俺は気にしない」と言う。この「自分は気にしない」「私はそういう思いをしたことはない」という言説、差別や偏見の存在を否定する時によくつかわれるけど、そういう問題じゃないんだよなと毎回思う。個人的な体験を一般化できる問題ではないだろう。
 イタリア系であるトニーもまた、白人社会の中では低く見られる存在だ。作中でも「半分ニガーだろ」と中傷される。ただ、それに対してトニーが「俺もニガーだ、むしろ俺がニガーだ」と言うのは違うだろう。白人男性である彼が受ける差別と、黒人が受ける差別とは全然緊迫度が違う。少なくとも、車から降りて外を歩くだけで異様な緊張感がただようなんてことはないだろう。
 ドクターは黒人だが、ロシアで英才教育を受けたインテリであり、アメリカの黒人社会では全く異質で住む世界が違う。しかし同じように教育を受けた白人から見ると「ニガー」扱いだ。どこにも居場所がないのだ。彼が学んだのはクラシック音楽だが、クラシックの世界にも黒人の居場所はない。黒人に期待されるミュージシャン像は、彼の音楽に即したものではないのだ。トニーは「ショパンは誰でも弾ける」と言うが、そういう問題じゃないんだよね・・・。「私が弾くショパンは私だ」というドクターの言葉の方が正しい。終盤のバーでの演奏はそういう意味でひっかかった。ジャズナンバーで終わっちゃだめだろう。それは彼の音楽ではないのに。

ふたりにクギづけ〈特別編〉 [DVD]
マット・デイモン
20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
2005-10-28






地下鉄道
コルソン ホワイトヘッド
早川書房
2017-12-06